【目的別】プロ厳選!30代におすすめな転職エージェントをご紹介!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

30代で転職を検討している人の中には、「転職エージェントを利用したほうが良いのかな?」って悩んでいる人もいると思います。

面接対策など色々なサポートをしてくれるらしいし、自分で転職活動をするよりも有利になるのなら使ってみようかな?と考えて、この記事を読んでいるのではないでしょうか。

今回はそんな転職を考えている30代におすすめの転職エージェントをご紹介します。また、転職エージェントを利用する際の注意点も合わせて解説していきます。

30代の転職は転職エージェントを使うべき!

両手の人差し指を立てている女性

30代の転職はぶっちゃけると厳しいので、少しでも転職を有利にしたいのなら転職エージェントは利用するべきです。

転職エージェントではキャリアアドバイザーがあなたのキャリアを棚卸しして、強みや魅力を把握した上できちんと選考の対策をしてくれます。

また、あともう一押し!ってときに、キャリアアドバイザーが応募企業に対してプッシュしてくれます。実際に筆者がサポートをしていた転職者も、この一押しで無事に内定を獲得できたというケースがあります。

このように自分で転職活動するよりも転職エージェントを利用すれば、希望する会社に転職できる可能性を高められるので、30代で転職を考えている人は絶対に利用するべきです。

ちなみに、30代は前半なのか後半なのかにもよって転職難易度が格段に変わってきます。なぜなら、30代前半は即戦力となるスキルや実績が求められるのに対し、半ばから後半になるとマネジメント力も求められるようになるからです。

大手人材紹介会社のdodaの調べによると、30代の転職決定者の割合が2018年時点で、30代前半は23.3%、30代後半が13.0%となっています。え、こんなに低いの?って思われた人は、求人企業に合わせて対策をおこなってくれる転職エージェントを積極的に利用するべきなんです。

30代におすすめの転職エージェント

30代に限らずオススメの転職エージェントを5社ご紹介します。

特に、「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「doda」は大手転職エージェントなので、求人も非常に多いです。転職はたくさんの求人と出会うことが成功させるコツなので、求人を網羅するためにもこの3社には必ず登録することをおすすめします。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

リクルートエージェントに並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント

ポイント
  1. 10万件を超える求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

dodaの評判は?現役転職エージェントが正直な話をぶっちゃける!

 

ワークポート

IT業界に特化した転職エージェントの中では、取り扱い求人数がNo.2!
分野別にキャリアアドバイザーが在籍
きめ細かいサポートで利用者の満足度が高い

ワークポート

ポイント

  1. 35万人が利用しており、転職実績が豊富。
  2. 企業からオファーをもらえるスカウトサービスあり!
  3. 転職フェアや個別相談会などのイベントを定期的に開催。

 

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントのキャリアアドバイザーは、専門領域に精通しており知識豊富
求職者の市場価値を正確に把握しているから、求職者と企業側のミスマッチが防げる!

Spring転職エージェント

ポイント

  1. キャリアアドバイザーが職種ごとに分かれている!
  2. アデコグループならではの豊富な求人数
  3. コンサルタントによるキャリアセミナー・個別転職相談会を実施

キャリアアップしたい30代におすすめのエージェント

30代でキャリアアップを検討している方、またはアピールできる専門スキルや経験をお持ちの方にオススメの転職エージェントを3社ご紹介します。

特に「JACリクルートメント」と「ビズリーチ」は年収600万円以上の求人や管理職など、ハイクラス層向けの求人を多く取り扱っています。キャリアアップや年収アップを目指している人は、この2つは必ず登録しておくと良いでしょう。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

 

パソナキャリア

求職者の年収UP率67.1%!
転職支援実績が25万人!
今よりもっと好条件で働くために、転職のプロが最後まで徹底サポート

パソナキャリア

ポイント

  1. 2019年オリコン顧客満足度第1位!
  2. 求人件数5万件以上、取引実績1万6千件以上(2018年9月時点)
  3. 有名・大手企業に強く、種類豊富

女性におすすめの転職エージェント

30代に限らず女性の方にオススメの転職エージェントを3社ご紹介します。

女性のための求人を数多く扱っているのが特徴で、女性が活躍できる業界やワーク・ライフ・バランスを重視している方にもオススメですよ。

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

 

リブズキャリア

日本で初めてのキャリア女性専門の会員制転職支援サービスサイト!
キャリアアップのみならず、出産や子育てなどと両立をして無理のない働き方がしたい女性におすすめ

以前、キャリアの総合職などとしてバリバリに働いていた経験があり、結婚や出産を機に退職している方で、また活躍したいという女性も利用可能です!

リブズキャリア

ポイント

  1. 女性ならではの条件で求人が探せる
  2. 女性視点の情報を記載した求人を提供!
  3. 現役のキャリア女性に限定されていない

 

ウーマンウィル

マイナビの他に提供している転職サイトのパイプを活かした転職エージェント
大手ならではの圧倒的な求人数!
女性が抱きがちな転職の不安を解消した上で転職活動をサポート!

ウーマンウィル

ポイント

  1. 女性の転職に特化!
  2. 業界に精通したキャリアアドバイザーが徹底的に悩みをヒアリング
  3. 面接対策をはじめとした転職活動をトータルサポート!

転職エージェントの選び方

両手のひらの上にCheckの文字を浮かばせているビジネスマン

転職エージェントの選び方ですが、キャリア別で選ぶのが良いです。

例えば、正社員未経験者なのか、ブランクがあるのか、マネジメント経験があるかないか、などによって利用する転職エージェントを選ぶのがベストです。

また、充実したサービスをおこなっているかどうか、という点もしっかりチェックしておくことをオススメします。迷ってしまった場合などは、気になった転職エージェントの評判を検索したり、ランキングを見たりするのも良いですよ。

転職エージェントについて詳しくご紹介している記事がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

転職エージェントに使われるな、使え。〜成功のための3つのテクニック〜
転職エージェントの選び方!属性ごとにおすすめのエージェントも紹介!

転職エージェントを使う時の注意点

人差し指を出すビジネスマン

転職エージェントを使うときに注意したいのは、「キャリアアドバイザーのトークに乗せられて謝った転職をしない」「転職市場価値が低い場合、案件紹介を受けられない」「転職に時間がかかる」ことです。

キャリアアドバイザーにもノルマがあるため、中にはノルマを優先に考えて多額の報酬を得られる企業への転職を勧めてくる場合があります。

もちろん、すべてのキャリアアドバイザーが該当するわけではないので見極めが必要なのですが…。

また、自分の転職市場価値が低い場合、案件を紹介してもらえないケースもあります。例えば、正社員のブランクが長いとか、未経験から正社員に挑戦するときですね。

転職に時間がかかるというのは、企業とあなたの間にキャリアアドバイザーが介入し、電話や面談をしながら進めるためです。

【必読】転職エージェントを活用するための注意点を伝授!

転職エージェント以外の転職方法

右手を口元に当てながら悩むビジネスマン
転職エージェント以外の転職方法は、「転職サイトの利用」「公的支援サービスの利用」の2つがあります。

次でそれぞれについて、詳細をご紹介していきますね。

転職サイトの利用

転職サイトを利用するなら、おすすめなのがリクナビネクストです。業界最大手なので、求人案件数が多いため、それだけ自分にぴったりの求人に出会える確率が高まります。

その一方で、1つの求人に応募が殺到しやすいことや、書類選考に落ちやすいというデメリットがあります。

リクナビネクストの評判について詳細をご紹介している記事がありますので、ぜひこちらもご覧になってみてくださいね!

リクナビネクストの評判ってどう?転職のプロが徹底的に解説します!

公的支援サービスの利用

公的支援サービスの利用でおすすめなのはハローワークです。厚生労働省が運営している就職支援・雇用促進のためのサービスとして知られています。

地元求人や中小企業の求人を数多く取り扱っているので、地元で転職したいという方におすすめです。無料で求人掲載できるので、転職サイトなどでは見かけない求人と巡り会えることもありますよ。

ただ、担当者が企業の詳細なニーズを把握できておらず、説明が不十分である傾向が見られますね。

ハローワークVS転職サイト 徹底比較してわかる活用法