【転職エージェントが語る】30代で年収700万を実現させる方法とは

The following two tabs change content below.
末永 雄大

末永 雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は、30代で年収700万円を目指す方向けへの記事を執筆したいと思います。

30代で年収700万円は実現可能?

Professional programmer engineer working writing code at his big desk with multiple displays and laptop computer. Modern colorful flat style vector illustration isolated on white background.

30代でも年収700万円を実現することは可能です。
但し、かなり職種と業種が限られてきます。

一般的な30代の年収が450万円ほどです。
平均より250万円以上高い年収を得るのですから、当然、仕事内容も質が変わってきます。

→30代で年収700万を実現するために、転職を考えている方は、弊社・アクシスにご相談下さい!

30代で年収700万は高い?安い?

30代で年収700万円はかなり高いです。
従業員数2000名程度の大企業の40代の課長職が概ね年収850万円程度が相場なので、かなりの高賃金と言えます。

また地方公務員の大卒でも30代の平均年収はおおむね400万円代で、30代後半でやっと500万円あるかないかという世界です。

中小企業などでは、残業代等を全て足しても、30代で年収700万円には到底、到達しないことが圧倒的に多いです。
良くて年収480万円というのが30代の相場です。

→30代で年収700万を実現するために、転職を考えている方は、弊社・アクシスにご相談下さい!

30代で年収700万を実現するために選ぶべき企業は?

ハッキリ言ってそこまで高い年収を提示できるのは大企業か、儲かっているベンチャー企業くらいなものです。
一般的な企業では平均年収が400万円後半から良くて500万円といった年収が相場です。

年収700万円を本気で目指すならば選ぶべきは大企業またはメガベンチャー企業です。

特にメーカーで高収入を目指す場合には、小さくて性能のいいものを販売している企業か、その正反対で大きくて他ではとても設備投資をして参入できないような自動車や重機のようなものを製造している会社の給与が高いです。

参入するのに100億円単位での資本金が必要な産業は参入障壁が高いのでライバルがいません。

またメガベンチャー企業で高収入を目指す場合には、DNAといったIT系の成長しきった企業です。

特にメガベンチャーは給与が高いです。

理由としては、いくら有名で大企業並みの待遇を用意しても不安定なイメージがついており、まだまだ昔からある大企業の方が就職では人気があります。

30代が転職先に求めるものはいつの時代も「安定」です。
それが満たせないメガベンチャーは給与を釣り上げる傾向にあります。

→メガベンチャーへの転職を考えている方は、弊社・アクシスにご相談下さい。

30代で年収700万を実現するために必要なスキルは?

30代で年収700万円を実現するために必要なスキルは、一貫した何らかのスペシャリストの職務スキルです。

人事ならば、いままでない柔軟な発想を持ち、確かな労働法の知識を持った人材です。
経理ならば最低でも、財務のように企業の未来を見通せるような仕事が出来るスキルが必要です。
ITエンジニアであれば、その転職したい高年収の企業が欲しがっているであろう技術を身に付けている必要があります。

スペシャリストとしてのスキルが問われます。

→30代で年収700万を実現するために、転職を考えている方は、弊社・アクシスにご相談下さい!

30代で年収700万を実現するための求人企業一覧

30代で年収700万円を実現するための求人を行っている企業は、以下の通りです。

  • 自動車の完成品メーカー(例:トヨタ自動車・本田技研)
  • メガバンクをはじめとした金融機関(例:三菱UFJ銀行)
  • ハイテクノロジーを売りにした企業(例:島津製作所・村田製作所)
  • 重電産業(例:川崎重工業)
  • ITメガベンチャー企業(例:DeNA株式会社・サイバーエージェント)

なお、IT系ベンチャー企業は東京に勤務地が集中していますが、超大手の製造業は世界中どこで勤務することになるか分かりません。

総合すると、東京での就職に拘りながら高収入を目指すならば、DeNAやサーバーエージェントのようなメガベンチャー企業での仕事が望ましいです。

→メガベンチャーへの転職を考えている方は、弊社・アクシスにご相談下さい。

30代で年収700万を実現するために転職エージェントを使った方が良い理由とは

30代で年収700万円という高収入を手に入れるために、転職エージェントの活用をおススメします。

理由としては、そもそも転職サイトや自社ホームページ、そしてハローワークを活用して求人を出す企業はお金を節約して採用をしようとする傾向にあります。

いい人材を採用したいと考えたときに、まずハローワークに求人はかけません。
また、転職エージェント経由でないと求人をしていることが社内にばれてしまいます。
これは人事としては避けたい事態です。

なぜならば、高年収の求人を出して、それが社内の人間にバレるともっと安い給料で働いている他の社員に採用予定の新人の給料がバレることがあります。社員の離職に繋がりかねません。また守秘義務の問題もあります。

高年収のハイテク企業が人を採用しようとしたときに、転職サイトやハローワークで求人を行うとすると、具体的に欲しいスキルを持った人材を特定してから採用したい場合には、求人票にその仕事内容の詳細を記載する必要があります。

年収700万円代の高年収を支払う求人をハローワークに出せば企業が何で儲けているか一般の転職希望者に分かってしまう可能性があります。これは避けたい事態です。

そこで、転職エージェントを使って秘密裏に採用を手早くお金を使って済ませたいというのが企業の思惑です。
企業側の事情も配力して、転職エージェントを活用するようにしましょう。

→30代で年収700万を実現するために、転職を考えている方は、弊社・アクシスにご相談下さい!