30代の転職って不利?成功を掴むコツをプロが徹底解説!

  • !

30代 転職 失敗

    この記事では30代の転職事情について解説しています。

    難しいと言われている30代からの転職を成功させるコツや、よくある失敗例、女性のキャリア設計についてまで解説しているので、関心のある人はぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

転職者

30歳を過ぎてからの転職ってやっぱり難しいのかなぁ…

こう不安に思われる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、現役のキャリアアドバイザーとして10年以上転職サポートをしてきた私が、30代の転職事情についてぶっちゃけていきたいと思います!

30代での転職を検討している人にとっては役立つノウハウも発信していますので、ぜひ参考にしてください!

この記事のまとめ

●30代で転職している人は13%〜15%ほど
●30代の転職を成功させるには即戦力になることをアピールする必要がある
●女性は結婚・出産とキャリア設計を分けて考えたほうが良い
●明確な課題がないまま転職するのは控えるべき

30代の転職事情

まず初めに、30代で転職を考える人のタイプについて解説していきます。

30代で転職を考える人は以下の2タイプのどちらかに当てはまる人が多いです。

  • これまで積んできた経験を元にスキルアップしたい人
  • 自分の経歴、経験、スキルに自信がない人

「これまで積んできた経験を元にスキルアップしたい人」は、これまでの仕事の経験を生かしてより専門性を高めたい、収入を高めたいなど自分の目標達成のために転職を検討するケースが多いです。

一方「自分の経歴、経験、スキルに自信がない人」は、現在の仕事を続けていて将来大丈夫なのか、とキャリアに漠然とした不安を抱えて転職を検討するケースですね。

続いて、30代で転職している人が何人いるのか、30代の転職理由として多いものは何かについてお伝えしていきます。

以下のグラフをご覧ください。

30代の転職者の割合

厚生労働省:-2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概況-

こちらは厚生労働省が年齢別で男女それぞれの入職率、退職率をまとめたグラフです。

このグラフによると30代の入職率は約15%、離職率は約13%となっています。およそ10人に1人は30代で転職していることになりますね。

また、厚生労働省のデータによると、30代の転職理由は以下のようになっています。

転職理由
1位 労働時間、休日等の労働条件が悪かった
2位 給料等収入が少なかった
3位 会社の将来が不安だった
4位 職場の人間関係が好ましくなかった
5位 契約期間の満了
6位 能力、個性、資格を生かせなかった
7位 会社都合
8位 仕事の内容に興味を持てなかった
9位 出産・育児
10位 結婚

厚生労働省:-2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概況-

転職理由に関して、男女ともに労働条件に不満を抱いて転職する人が最も多いのですが、その他の理由を見ると、男性は収入や会社の将来性、女性は職場の人間関係に不満を抱いて転職する傾向があります。

30代の転職は即戦力アピールが重要

結論から言うと、30代で転職を成功させるには自分が即戦力として活躍できることをどれだけアピールできるかが大事になってきます。

なぜなら、企業は即戦力になれる人材を中途採用で求めているからです。

30代後半にもなると同業界・職種のスキル・経験はもちろん、マネジメント経験も求められるケースが多いですね。

そのため、面接に臨む前にこれまでの仕事を振り返って自分の強みは何なのか、入社後その強みをどのように生かしていくのかを、一貫性を持って主張できるように整理しておきましょう。

選考対策が不安な人はリクルートエージェントdodaなどの転職エージェントに相談するのも一つの手です。

転職エージェントは簡単な登録を済ませると、無料で企業の評価ポイントに合わせた対策や過去の質問を踏まえた面接練習を実施してくれるのでおすすめですよ。

末永おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント
    業界No.1の求人数!充実した求人で転職者の8割が利用する定番エージェント
  • doda
    利用者満足度No.1!面接対策を手厚くサポートするエージェント
  • マイナビエージェント
    大手からベンチャー、隠れた優良企業の求人を多数保有。未経験でもチャレンジ可能な求人アリ

未経験業種への転職はかなり厳しい

厳しいように聞こえますが、30代から未経験業種への転職はかなり難しいでしょう。

先ほどもお伝えした通り、企業は中途採用で即戦力となる人材を求めているため、転職後すぐに活躍できる見込みがないとその時点で高評価は期待できないからです。

また、自分の上司が年下になる可能性も高く、仕事の進め方も転職先のやり方に合わせる必要があるため、ある程度社会人経験を積んでいる30代は会社に馴染むのが難しそうとの理由でお見送りになるケースが多いのです。

30代女性の転職事情

女性の場合も同様に、30代での転職は「即戦力になれるかどうか」が問われてきます。

基本的に年齢が上がれば上がるほど企業からの期待値は高まってくるので、すでに転職を検討されている人は早めに準備を進めるようにしましょう。

また女性の場合、出産や育児など女性特有のライフイベントも考えられますので、現在既婚か未婚かで企業から懸念されるポイントも変わってきます。

そこで、ここからは30代の女性が転職するうえで気をつけるべきポイントを紹介しますので、女性の人はぜひ参考にしてください。

30代既婚女性の場合

30代女性ですでに結婚している場合、スキルや経験以外に「転職後すぐ産休・育休に入ってしまわないか」「育児と両立させるために時短勤務にならないか」などを懸念されるケースが多いです。

というのも、企業側はコストをかけて中途採用をおこなっているので、せっかく採用したのにあまり稼働できなければコスト面でマイナスになってしまう可能性があるからです。

そのため、現在時点で出産や育児を検討していないのであれば、その意思をはっきりと伝えるようにしましょう。

ただ一点断っておくと、産休・育休を取ることは決して悪いことではありません。

すでに子育てを考えているのであれば、ミスマッチを防ぐためにも女性のライフイベントに理解がある企業を選ぶようにしましょう。

30代未婚女性の場合

30代未婚女性の場合は、男性と変わらず即戦力かどうかを第一に判断されます。

ですので、繰り返しにはなりますが、自分が転職後どのように活躍できるかしっかりアピールできるように準備しておきましょう。

結婚・出産に関しては、既婚女性ほど懸念されることは少ないです。

ただし、企業側からは今後結婚・出産する可能性もあると思われるので、当分そのような予定がなければ、既婚女性と同様にその意思をはっきり伝えるようにしましょう。

30代の転職で年収を上げるには

転職する目的の一つに「キャリアアップして今よりもっと年収を上げたい!」と考えている人も多いかと思います。

結論、30代の転職で年収が上がるかどうかは自身のスキルと経験次第です。

20代のうちにどれだけスキル・経験を積んできたかがカギになります。

ただし、転職してすぐ年収アップを目指せるのは同業界・職種へ転職する場合がほとんどで、未経験業界・職種への転職だと現職より年収が下がるケースが多いため注意してください。

とはいえ、未経験業界・職種への転職で一旦は年収が下がるものの、その後専門スキルを身につけていくことで年収を上げることはできますよ。

30代の転職を成功させる人・失敗しやすい人の特徴

ここからは30代での転職を成功させる人と失敗しやすい人の特徴を解説していきます。

まず、以下から一覧で紹介しますね。

30代での転職を成功させる人の特徴5選

  • 業界・職種を変えずに転職する
  • 現職で成果をきちんと残している
  • 業界・職種や会社規模を変えることで発生する課題をイメージできる
  • 自分の強みを活かしてどのように転職先で活躍できるかを考えられる
  • 内定ではなく入社後の活躍をゴールに考えられる

30代での転職で失敗しやすい人の特徴5選

  • 現状からの逃避が目的になっている
  • 年収をあげるためだけの転職を目指している
  • 現職がまだ短期である、もしくは成果を挙げられていない
  • 会社に依存する思考や他責思考になっている
  • 転職先での仕事の進め方に合わせることができない

基本的に、30代になると転職市場ではマネージャー候補としてふさわしいかどうかを判断されるため、自分をアピールできるように現職で成果を残しておきましょう。

現状から逃げるためであったり他責思考で転職活動をしている人は、企業から「課題に直面したらまたすぐ退職するのでは?」と懸念を持たれやすいので、転職を成功させることは難しいですね。

また、年収だけを基準に転職してしまうと業務内容や社内の雰囲気が合わず短期離職につながってしまう恐れがあるので、自分にとってどの条件を優先するのか慎重に吟味しておきましょう。

30代の転職でよくある悩み

ここからは30代の転職でよくある悩みについて、筆者である末永が質問形式でお答えしていきます。

現在、30代で転職を考えている人にとっては参考になる内容となっていますので、ぜひご覧ください。

相談者

自分のキャリアに不安があって、とにかく転職してなんとか自信をつけようと思うのですがこのまま転職活動を進めても大丈夫でしょうか…?

末永

私の経験上、明確な課題がないまま転職をしようとしている人ほど失敗しやすい傾向にあるので注意が必要ですね。

このような人は、企業をよく選ばずに転職したことでミスマッチにつながっているんです。

転職を繰り返すとキャリアにも傷がついてしまうので、転職したいなら「なぜ転職したいのか」を明確にしておきましょう。

30代の転職を成功させるポイント2選

続いて、30代の転職を成功させるためのポイントについて紹介していきます。

転職を成功させるためには以下の2つを意識しておきましょう。

それぞれ解説していきます。

自分の市場価値を把握する

転職を成功させるには、まず自分の市場価値を把握することが大切です。

自分の市場価値を把握することで、自分はどの業界のどんな仕事で活躍できるのかが明確になりますし、自分の市場価値に合った企業へ転職することで長期的に活躍することができるからです。

また、自分の市場価値を把握していると、選考でも自分の強みをアピールしやすくなりますよ。

ただし、自分の市場価値を見誤ってしまうと、転職できてもミスマッチになってしまい短期離職につながってしまうこともあるので、転職活動を進める際は注意が必要です。

会社に適応できることをアピールする

会社に適応できることをアピールするのも、転職を成功させるために重要なポイントの一つです。

先ほども軽くお伝えしましたが、30代はある程度社会人経験を積んでいるので企業側から「この人はうちの風土、やり方に馴染めるのか?」と懸念を抱かれることが多いからです。

転職者の中には「前職のやり方が絶対」と思い込んでいる人もいますし、面接官もそれをわかっているので、選考では自分の強みに加えて素直さ、柔軟性をアピールするようにしましょう。

転職の成功率を上げるコツについては以下の記事でも詳しく解説しています。

30代で転職を考えている人へ

繰り返しになりますが、30代での転職は難易度が高いです。同業界・職種への転職であっても、企業の求める専門スキルのレベルが高いからです。

そこで、少しでも内定獲得に近づきたい人には転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが企業の採用基準に合わせて選考対策を実施してくれるので、内定獲得率を上げることができるからです。

30代での転職は、どれだけ即戦力として活躍できることをアピールするかが大事なので、そこは転職のプロの知見を借りて対策するほうが得策でしょう。

ただ、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なるので、まずは2~3社複数登録して、そこから自分に合ったキャリアアドバイザーと転職活動を進めていくのがベストですね。

転職エージェントについては以下の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

エンジニア・デザイナーの転職におすすめの転職エージェント

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

ポイント

  1. 転職者の約8割が利用するエージェント
  2. 求人数は業界No.1!全ての職種を網羅
  3. プログラマー・Webエンジニア、社内SEなど人気の求人も多数保有

リクルートエージェント
に相談する

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリア
に相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENT
に相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカー AGENTへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカー AGENT
に相談する

30代の転職にオススメの関連記事

30代の転職にオススメの関連記事をいくつかご紹介します。

どの記事にも転職のノウハウが詰まっているので、気になるものがあれば、ぜひ読んでみてください。

人気の転職エージェント