30代の転職って不利!?成功を掴むコツを転職のプロが解説します!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

30代をどう生きるかで今後の人生が決まる、と言われているぐらい、実は大切な時期です。

大切な時期に転職で間違った選択をして失敗したくない…30代だからもうやり直せない…という不安を抱いている人は多いと思います。

そこで、そんな30代で転職を考えている人向けに、転職のプロである筆者が「30代の転職は不利になるのか」「未経験職種へ挑戦してもいいのか」「30代の転職に求められること」など、30代の転職を成功させるためのノウハウをご紹介したいと思います。

30代の転職は必ずしも不利ではない

腕を組んで悩んでいる男性
30代の転職は、難しいと言われていますが、状況によっては有利になることもあります

有利になるかどうかは、その業界に何年いて、どのようなスキルを身につけたかによって変わってきます。同業界で長く働き、実際に成果を出しており、さらにマネジメント経験がある人は転職が有利になります

例えば、その業界で働いていた年数が1年の人と、5年でしっかり成果も出している人なら、断然5年の人が評価されますよね。なぜなら、1年だと業界経験にならないと判断されてしまうからです。

また、1年で転職してしまう人には、次もまた1年で辞めてしまうのでは?と懸念を抱く面接官が多いです。

未経験職種への転職は厳しい

頭を抱えている女性
ツライ現実を突きつけるようですが、30代で未経験職種への転職は厳しいです。

30代前半なら業界を選ばなければ、まだ採用をしてくれるところもありますが、年齢を重ね、後半に近づけば近づいただけ、異業種へ挑戦するのは難しいです。

30代前半でも、企業へ馴染めてなんでも挑戦できるスポンジのような吸収力がない人だと働き始めた後が大変です。

なぜなら、今までの環境と大きく変わり、業務内容も変わってしまうからです。20代のようになんでも吸収できれば良いのですが、歳を取ると保守的になりやすいので、頑なに自分のスタイルを崩そうとしない人がいます。

自分のスタイルを貫くことは悪いことではないのですが、企業からすると自社のカルチャーに馴染めないと判断されてしまいます。

30代の転職で求められること

人差し指を立てている男性
30代と20代の転職では求められることが違います。20代であれば、経験はまだまだだけど、これから成長して活躍するだろう、と期待して採用しています。

一方で30代は、即戦力として活躍できるスキルや経験を持っている人が求められています。また、リーダーとしてチームをまとめたことがあるのか、そのマネジメント経験も求められていますね。

さらに指示されるだけでなく、価値を作る側としての経験があるのかどうかも重要になってきます。

他にも、入社すると20代が先輩になったり、場合によっては年下の上司の下につく場合もあります。必然的に年下とも関わってくるので、コミュニケーションの取りやすさ、親しみやすさ、若々しさ、適応力も求められています。

でも、実際にこのことを分かっている30代の転職者は少ないです。今までと同じような感覚で転職活動に臨んでしまって、お見送りが続いてしまう人が多いのではないでしょうか。

企業が30代の転職者に何を求めているのかを理解し、面接でしっかりとアピールすることが大切です。

ぶっちゃけ30代の転職で年収は上がるのか

1万円札が並んでいる写真
30代で転職を考えている人には、先々のことを考えて、年収を上げたいと思っている人が多いと思います。

年収ですが、ぶっちゃけると本人の能力と経験で変わってきます。

20代でしっかりとスキルを磨き、実績を積み重ねてきた人は転職先でも評価され、年収が上がる傾向です。

スキルが身についていることが前提ですが、同業界への転職は年収が上がりやすいですね。業界内のことを熟知しているだけでなく、スキルも身についている優秀な人材は貴重なので年収も上がりやすくなっています。

異業種への転職は経験がないのもあって、年収は下がる場合が多いですね。

下がったとしても頑張って働けば、年収は上がります。転職後に年収が上がるかは、ぶっちゃけ自分の頑張り次第です。

自分の価値を自分で上げていく姿勢が大切です。社内で価値を上げることも大切ですが、社外でも上げて行きましょう。

社外、つまり転職市場での価値が上がれば、次の転職では年収を上げることができますよ。

30代の転職に多い悩み

頭を押さえて悩んでいる男性
30代の転職者が抱きやすい悩みについてもご紹介しますね。

ほとんどの人は30代でも本当に転職できるのか不安に思っていることが多いです。これまでやってきた経験に自信がなく、不安を抱いているようですね。

他にも転職したいけど、どこへ転職すればいいのか分からないのも、転職のサポートをしているときによくお聞きする悩みです。

30代はプライベートも充実してくる時期です。結婚して、子供が生まれて……マイホームの購入を考えたり、先々の養育費を考えて、今よりももっと条件のいいところで働きたいと思っている人が多いです。

もしくは、この先、ずっとこの会社で定年まで働けるのだろうか……業界は先細り、30年後には会社がなくなっているかもしれない……まだ若いうちに転職したほうが良いのでは?と将来に対する不安から転職を考えるようです。

30代の転職でよくある失敗

頭を抱えて落ち込んでいる男性
実際に30代の転職をサポートしていて感じるのは、明確な課題がないのに転職を考えている人ほど転職に失敗しやすいということです。

このままだとヤバイという漠然とした不安から転職を考えている人、20代の頃に頑張らなかったから出世コースから外れて焦って転職する人。

このような人たちは、漠然とした焦りから転職をしてしまって、転職先の雰囲気が合わなかったり、思ったように活躍できず、また転職してしまうことが多いです。

短期間で転職を繰り返せば、それだけキャリアに傷がついてしまうので、自分が思い浮かべていたような良い転職をすることはできません。

むしろ、転職しないほうが実は良かった、なんてこともよく聞く話です。転職したい理由を曖昧にせず、なぜ転職したいのかを明確にすることで、起こり得る失敗を防ぐことができますよ。

30代女性の転職について

営業をしている30代女性
30代女性の転職ですが、産休・育休の取得実績があるのかを事前にしっかり確認することをおすすめしますね。

産休は労働基準法で規定されているため、必ず取れるものですが、育休は違います。労働者の希望によって、取得できるものなので必ず休業する必要はありません。

必ず取得しないといけないわけではないので、企業の中には育休が形だけの制度になっていることもあります。制度があっても、前例がないからと取得を渋られるケースもあるため、取得率がどのようになっているのか事前に確認しておきましょう。

他にも企業独自の働く女性をサポートする制度があります。復帰一時金の支給や時短勤務の対応など、会社が独自に設定しているため、働きながら子育ても頑張りたい女性は転職時にこの辺も意識すると良いと思いますね。

ただ、産休・育休ばかりに気を取られてしまい、転職することで解決しようと思っていた課題を後回しにしては元も子もないです。例えば、もっとキャリアを積みたいのであれば、望むようなキャリアを積める会社を探すことに集中したほうが良いです。そうしたほうが転職の軸がしっかりしており、転職を成功させやすいです。

30代の転職を成功させるためにするべきこと

ガッツポーズをしている女性
30代の転職を成功させるためにするべきことですが、「自分の市場価値を把握する」「会社に適応できることを志望動機に織り交ぜて伝えられるようにする」の2つです。

次で、それぞれについて詳しく説明しますね。

自分の市場価値を把握する

1つ目は自分の市場価値を把握することです。自分にはどのようなスキルがあって、どれぐらいの価値があるのかを把握することで、自分がどのような企業で活躍できるのかを判断することができます。

自分の市場価値を知っていれば、見当違いの企業の求人に応募することもなくなるので、効率的に転職活動を進めることができます。

また、転職後のミスマッチが発生し難く、短期離職を防ぐことができます。

会社に適応できることを志望動機に織り交ぜて伝えられるようにする

2つ目ですが、求人企業は転職者が自社に馴染めるのかを大事にしていますが、30代になると安定を求め、保守的になってしまいがちです。

そのため、今までの考え方や働き方を変えられず、「こんな会社だと思わなかった!」と思ってすぐに辞めてしまう人が非常に多いです。それを求人企業は把握しているので、柔軟に対応できる人なのかどうかを志望動機などから測ろうとしています。求人企業のその意図を認識した上で、志望動機を考えるようにすると良いでしょう。

さらに社会人になってから10年以上経っており、なぜ30過ぎてから転職しようと思ったのかも気になるところです。なぜ転職しようと思ったのかを、自分の口でしっかりと説明できるようにすると良いでしょう。

例えばですが、30代になってもっと活躍できると思ったが、業界は縮小していき思ったように活躍できないこと、また将来は経営に関わっていきたいものの、年功序列でその機会が訪れないこと、自分の持つスキルで転職先ではこういう価値を生み出していきたいなどを面接で言えるようにすると、転職の成功率は上がります。

30代で転職を成功させたいのなら

30代となるとなかなか時間が取れず、転職活動が思うように進まない人が多いと思います。

本気で転職を成功させたいのなら、「転職エージェント」を利用することをおすすめします。

転職エージェントでは、転職者の希望や適性に合った求人を紹介してくれます。また、スキルや経歴の棚卸しをしてくれるので、自分が何をできるのかをしっかりと把握できるようになります。

さらに履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など、転職が成功するように様々なアドバイスと、スケジュール管理をおこなってくれます。

あと、注目すべきなのは「非公開求人」です。非公開求人とは転職サイトなどで、一般公開されていない求人情報のことです。ちなみに非公開求人は転職エージェントを利用しないと見ることすらできません。

そこで30代の転職におすすめの転職エージェントをいくつかご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメです。

特徴
【メリット】
  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有
【デメリット】
  1. 関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

こんな人がおすすめ!
  1. メーカーエンジニアの経験を生かして、ものづくりの業界での転職を検討している方