30代の転職って不利?成功を掴むコツを転職のプロが徹底解説!

30代の転職は何を求められるのかを解説しています。

また、未経験業界への転職難易度、30代女性、よくある失敗例などについても合わせて紹介しています。

30代の転職では即戦力性を求められる

30代の転職は、20代のときと違ってポテンシャルよりも実務経験やスキルなど、即戦力性を求められます。リーダーとしてチームをまとめたことがあるかなど、マネジメント経験も求められることが多く、20代と比べると転職は難しくなります。

さらに指示されるだけでなく、価値を作る側としての経験があるのかどうかも重要になってきます。

また、20代の社員が先輩になったりと、自分よりも年下の人が上司になる可能性もあります。親しみやすさ、若々しさ、適応能力、コミュニケーション能力なども大切になります。

このように30代の転職は、20代と同じ感覚で転職活動をしてしまうと、お見送りが続いてしまう原因になります。企業が30代の転職者に何を求めているのかを理解し、面接でしっかりとアピールしましょう。

自分でどうやってアピールすれば良いのかわからない場合は、転職エージェントを頼るのが1番です。転職エージェントでは、面接対策をおこなってくれ、どのように答えれば良いのかアドバイスしてくれます。以下に、おすすめの転職エージェント3社を紹介します。

30代におすすめの大手転職エージェント

資格よりもとにかく経験が求められる

30代の転職で、資格の有無は正直そこまで影響しません。それよりも、とにかく経験やスキルを重要視されます。

とはいえ資格といっても、美容師や介護のような国家資格で、法律上その資格がないとそもそも業務さえできない場合は、応募資格がある分有利にはなります。

ただ、IT系の資格など、民間資格に関しては持っていても転職で特別有利になることはありません。

30代の転職=必ず不利という訳ではない

30代の転職は、20代と比べると転職は難しいと説明しましたが、状況によっては有利になることもあります。

例えば、即戦力を求めている企業に応募したとしたら、業界・職種経験者の30代は重宝されます。むしろ、経験が浅くまだ即戦力と言えない第二新卒と比べても、即戦力性の高い30代を採用する可能性は高いと言えます。

ただ、これについては同じ会社でずっと勤務している人か、会社は変わっていても同じ業界・職種で勤務している人に限ります。いくら30代と言えど、複数の業界・職種を経験していて、1つ1つの経験が浅くては意味がありません。

また、転職の回数も1〜2回程度なら良いですが、それ以上転職をしていると、転職回数が多いと見なされてしまう可能性があり、またすぐに転職してしまうのでは?と懸念を抱く面接官が多いです。

転職回数が多いとなぜ選考で不利になってしまうのかについては、以下の記事を確認ください。

関連記事転職回数が多い人向け!内定を獲得する方法をプロが伝授!

未経験業種への転職はかなり難しい

30代で未経験業種へ転職するのは、ハッキリ言って厳しいです。30代前半なら、業界を選ばなければまだ採用してくれる企業もありますが、年齢を重ねていくごとに未経験業種への転職は難しくなっていきます。

30代前半であっても、企業へ馴染みやすいような吸収力の高い人でないと、入社後に苦労します。30代になると、前職のカルチャーや自分のスタイルがある程度確立してきていますよね。

ただ、転職するということは、今までと大きく環境が変わります。業務内容はおろか、会社によって業務の進めかたなども変わってしまいます。

20代のようになんでも吸収できれば良いのですが、歳を取ると保守的になりやすいので、頑なに自分のスタイルを崩そうとしない人がいます。自分のスタイルを貫くことは悪いことではないのですが、企業からすると自社のカルチャーに馴染めないと判断されてしまいます。

女性の転職について

30代の女性でも、転職することはできます。ただ、20代と比べるとやはり転職の難易度は上がります。30代で転職するなら、30代前半のうちは比較的転職しやすいですが、後半になってくると求人数が激減してしまい、転職はかなり難しくなってしまいます。

また、女性の場合は既婚か未婚かで転職に少なからず影響してきます。以下から、既婚女性と未婚女性で転職の難易度はどのように違ってくるのかを解説していきます。

30代既婚女性の転職

30代既婚女性の転職が難しいと思われる理由について、出産や育休が関係していることが非常に多いです。それというもの、せっかく入社が決まったとしても、すぐに産休や育休に入ってしまわないかと懸念されやすいためです。

基本的に多くの企業は、産休や育休は入社して1年以上経ってから取得可能な企業がほとんどです。入社してすぐにそういった制度を利用したいとなると、会社のルールにのっとれないんですよね。

また、出産後も育児のため時短勤務にならないかなど、労働条件に縛りが生まれてしまわないかも不安に思われやすいです。

こういった子育てに関して不安に思われることが多いので、面接時に「まだ子供は考えていない」ということをハッキリ伝えれば問題ありません。

30代未婚女性の転職

30代未婚女性の場合、まず男性とも変わらず即戦力かどうかを判断されます。女性特有のものとしては、今後のライフイベントも不安に思われる要素になっています。

未婚者の場合、今後どこかのタイミングで結婚や出産などのライフイベントがあり、長期休暇あるいは退職してしまわないかを懸念されることもあります。

とはいえ、まだ当分結婚の予定がなければ、面接時にその旨をしっかり伝えればそこまで問題はありません。

30代の転職で年収は上がるのか

年収が上がるかどうかについては、ぶっちゃけ本人の能力と経験で変わってきます。20代の頃にしっかりとスキルを磨き、実績を積んできた人は年収が上がる傾向ですね。

とはいえ、年収が上がりやすいのは同業種への転職に限ります。同じ業種で転職をするなら、業界内のことを熟知しているだけでなく、スキルも身についている優秀な人材は貴重なので、年収も上がりやすくなっています。

異業種への転職は経験がないのもあって、年収は下がる場合が多いですね。ただ、入社時は年収が下がる事はあって、その後の頑張り次第で年収が上がる可能性はあります。

また、年収を上げるために社内での価値を上げることも大切ですが、社外の価値も上げていくと良いです。社外、つまり転職市場での価値が上がれば、もしまた転職することがあったら年収を上げることができますよ。

30代の平均年収について、さらに詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事30代の平均年収は?今より手取りをUPさせる職種・業界を大公開!

30代の転職は転職エージェントの利用がおすすめ

30代で転職したい人は目的がはっきりとしていると思います。たとえば「年収600万以上」「管理職」「家族との時間を大切にしたいのでワークライフバランスを保って働きたい」など、20代のときよりも目的がはっきりしています。

しかし、好条件の求人は非公開求人になってしまいます。理由は主に2つあります。

① 社内情報を競合他社に漏らさない

たとえば、新規事業の責任者を堂々と公開してしまったら重要な情報が競合に丸見えです。

② 企業側が採用コストを抑えたい

好条件、人気企業の求人は公開してしまうと応募が殺到してしまいます。企業がその応募全てに対応するのはコストパフォーマンスが悪いため、転職エージェントに非公開求人として依頼し、フィルターをかけてもらうのです。

非公開求人は、各社転職エージェントが保有する総求人数の8割を占めていて、中には応募が殺到してしまう人気企業・大手企業の求人情報や幹部クラスの求人情報もあります。

なので、年収upやキャリアアップを転職の目的にしている人に転職エージェントはおすすめです。

業界大手の転職エージェント

30代で転職して良い人・しないほうが良い人の特徴

30代で転職して良い人としないほうが良い人の特徴を解説していきます。まず、以下から一覧で紹介しますね。

転職して良い人の特徴

  • 業界・職種を変えずに転職する
  • 現職で成果をきちんと残している
  • 業界・職種や会社規模などを変えるならそこで生まれる軋轢などをイメージできる
  • 自分のキャリアを客観視して中長期的にどのように会社に貢献するのかを考えられる
  • 転職ではなく入社後の活躍をゴールに考えられる

転職しないほうが良い人の特徴

  • 現状からの逃避が目的
  • むやみに年収をあげたい
  • 現職がまだ短期である、もしくは成果を挙げられていない
  • 会社に依存する思考・他責
  • これまでの会社のやり方を引きずってしまう

30代になると基本的にマネジメント候補として見られるので、現職での実績はきちんと上げておいたほうが良いです。また、他責や逃げの転職、依存型の人は企業からしたら嫌悪されがちです。

年収だけを考えて転職活動していると、仮に内定をもらえたとしても、企業とのミスマッチの確率が高まります。30代の転職は、20代と違い短期離職してしまうとリカバリーがしづらくなってしまうので、良く企業を調べるなどして、慎重に行動すべきです。

30代の転職でよくある失敗

筆者が実際にサポートしてきた30代の転職者を考えると、明確な課題がないまま転職をしようとしている人ほど、失敗しやすい傾向にあります。

例えば、このままだとヤバイという漠然とした不安から転職を考えている人、20代の頃に頑張らず出世コースから外れて焦っている人などです。

このような人は、漠然とした焦りから転職をしてしまって、転職先の雰囲気が合わなかったり、思ったように活躍できず、また転職してしまうことが多いです。

短期間で転職を繰り返せば、それだけキャリアに傷がついてしまうので、自分が思い浮かべていたような良い転職をすることはできません。

むしろ、転職しないほうが実は良かった、なんてこともよく聞く話です。転職したい理由を曖昧にせず、なぜ転職したいのかを明確にすることで、起こり得る失敗を防ぐことができますよ。

30代の転職を成功させるためにするべきこと

では、30代の転職を成功させるためには何が必要なのかを、以下から解説していきます。

自分の市場価値を把握する

自分自身の市場価値を把握することで、自分にどのようなスキルがあるのか、どの程度の価値があるのかを把握し、自分がどのような企業で活躍できるのかを判断することができます。

自分の市場価値を知っていれば、見当違いの企業の求人に応募することもなくなるので、効率的に転職活動を進めることができます。また、転職後のミスマッチが発生し難く、短期離職を防ぐことができます。

会社に適応できることをアピールする

会社に適応できることをアピールするのは、志望動機に織り交ぜて伝えられるようにするのが良いです。

企業は転職者を自社に柔軟に対応できるかどうかを志望動機などから測ろうとするためです。この、会社に対応する柔軟性は非常に重要で、30代の転職者になると安定を求め、保守的になってしまいがちなんですよね。

今までの考え方が通用せず「こんな会社だと思わなかった!」とすぐに辞めてしまう人が非常に多いのです。

そのため企業は、転職者が自社に馴染みやすそうかどうかを慎重に判断しているわけです。その意図を理解した上で、志望動機を考えるようにすると、少しは内定獲得に近づきます。

さらに社会人になってから10年以上経っており、なぜ30過ぎてから転職しようと思ったのかも気になるところです。なぜ転職しようと思ったのかを、自分の口でしっかりと説明できるようにすると良いでしょう。

詳しい志望動機の伝え方については、以下の記事を確認ください。

関連記事【回答例付】プロが教える転職面接で面接官に響く志望動機の考えかた!

30代で転職を成功させたいのなら

30代は20代よりも転職難易度が高まり、思うように転職活動ができない人が多いと思いますが、そんな人こそ転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントでは、転職者の希望や適性に合った求人を紹介してくれます。また、スキルや経歴の棚卸しをしてくれるので、自分が何をできるのかをしっかりと把握できるようになります。

さらに履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など、転職が成功するように様々なアドバイスと、スケジュール管理をおこなってくれます。

あと、注目すべきなのは「非公開求人」です。非公開求人とはリクナビNEXTといった求人サイトなどで、一般公開されていない求人情報のことです。ちなみに非公開求人は転職エージェントを利用しないと見ることすらできません。

そこで30代向けの転職エージェントをいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという人は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、求人サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがおすすめです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

女性向け転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

転職エージェントについては、以下の記事でも詳しく書かれています。気になるようであれば、ぜひ読んでみてください。

関連記事30代は転職エージェントで内定率を上げられる!プロがおすすめ徹底厳選!
関連記事転職エージェントに使われるな!成功のための3つのテクニック

30代の転職に役立つサイトについて詳しく知りたい人は、以下の記事も読んでおきましょう。

関連記事30代におすすめの転職サイトを分野別に紹介!活用するコツなども解説

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント