女性の転職活動で採用されやすい職種とは?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

弊社にご相談に来社される方には、女性の方も多いのですが、女性にとっての転職は結婚・出産というライフイベントもありますので、慎重になる傾向がありますね。

今回は、女性の転職について記事を執筆いたします。

女性の転職の年齢は?

女性の転職で、気になることの一つに年齢があります。

中途採用では基本的に、即戦力となる経験者を採用したいと考える企業が多いのは事実。

とはいえ、男性とは異なり、女性の転職は年齢がネックになるものです。

結婚・出産など、女性にとって大きく環境が変わる30代。「家庭と仕事の両立」をより重視する方が増えてきます。

よく、女性は30歳が転職のリミットと言われますが、総合職や専門職であれば、男性と同じように年齢にリミットはないかと思います。

ただ30歳という区切りがあるのは、女性にとって、「結婚」「出産」というライフイベントがあり、そのライフイベントによって、仕事ができなくなることを気にする企業もあり、採用に慎重になる傾向はあります。(会社によりますので、必ずしもというわけではありません。)

企業は即戦力のある人材が必要で中途採用をしているので、1年や2年で抜けられると困りますよね。「30代の女性だから採用しない」というのはなく、年齢にかかわらず、結婚が近いと思われる年代の女性はそのように企業から見られることもあります。

→【3分で簡単登録】20代・30代の女性必見!首都圏に特化した「type女性の転職エージェント」に登録をしてみましょう!

女性の転職、正社員で働くには?

正社員として転職を希望している女性は多くいます。

正社員となると、会社にもよりますが拘束時間が長いこともあるので、女性の年齢による独身・既婚のあり方で正社員登用に大きく関わってきます。

独身の場合、「今後結婚するか?」が問われ、その場合、結婚した後のライフプラン(働き方、出産など)をしっかりとご自身なりに描けているかどうかがポイントになってくるかと思います。

既婚の場合、時間の縛りがあるかないか?が正社員雇用の1つの雇用対象となっているのでその点は重要ですね。

2015年8月の国会で「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(通称:女性活躍推進法)が成立し、昨今は女性の採用を積極的に行う企業が増えて、少しずつ女性の働き方に変化があるものの、まだまだ結婚や出産によるライフイベントによって女性の働く環境が整っていないことも現実です。

とはいえ、女性の結婚の有無や年齢に関わらず女性の正社員雇用を歓迎している会社もありますので、もし転職を考えているのであれば、諦めずに転職活動をしましょう。

女性の転職人気企業って?

女性にとって、転職を希望する方は、キャリアアップや年収アップを目的にされる方が多いですが、ワークライフバランスの充実、女性でも長く働ける環境を求める方も多いですね。

dodaの調査によると、2016年の転職人気企業ランキングは、

1位 グーグル

2位 トヨタ自動車

3位 資生堂

4位 オリエンタルランド

5位 楽天

参照元 : 転職人気企業ランキング 2016 |女性の転職・求人情報 ウーマン・キャリア

女性が転職をして活躍している企業には以下があります。

1位三越伊勢丹ホールディングス

2位資生堂

3位は富士通

4位富士フイルムホールディングス,明治安田生命保険

参照元 : 最新!「女性が働きやすい会社」ベスト300 | CSR企業総覧 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

育児環境や各種制度が整っていますので、女性にとって働きやすい企業のようです。

女性の転職についておすすめの職種

昨今はITツールが発達していることもあり、事務職の求人が減っている傾向はあります。

職種別にみますと、以下が女性の活躍出来る職種の一例です。

営業

法人向け企画営業、個人向け企画営業

営業は未経験で中途採用を募集しているケースもあります。経験者であれば、転職により年収アップも見込める職種にはなるかと思います。

特に、女性が多く活躍している業界として生保、損保の営業がありますね。

企画・マーケティング・広報系

商品企画、マーケティング、広報PR。

経験者採用がほとんどです。

販売系

アパレル/ファッションなどの販売。

女性が活躍する職種の一つになるかと思います。アパレル/ファッション会社ですと、営業や企画などの職種の配属の前に、店舗での販売から経験するというケースも多いです。

事務・経理・人事系

一般事務、営業事務、営業アシスタント、経理、人事など該当します。

これらはオフィス内での業務で活躍している女性も多いです。

クリエイティブ系

Webデザイナー、Webディレクター、Webマーケティングなど。

専門的なスキルや知識が必要になりますが、専門職として活躍出来ますし、実績により年収アップも見込める職種です。

エンジニア系

プログラマー、SE、テクニカルサポートなど。

こちらも専門的なスキルや知識が必要になりますが、専門職として活躍出来、長期的に働くことが出来る職種です。

介護・医療・福祉系

これから、介護大国になるであろう日本。

また昨今、待機児童問題になっている保育園での保育士人数不足の問題。

介護ホームヘルパー、保育士、看護師、薬剤師など、資格をもったこれらの専門職種は今後需要が見込める職種です。

経験や実績によっては年収アップも見込めるかと思います。

→女性にオススメの転職エージェントと言えば、転職者満足度No.1のdodaに登録をしてみましょう!

まとめ

女性の社会進出が増加している今、女性でも転職しやすくはなってきていますが、「仕事の満足度をどこに求めるか?」、各個人の満足度は異なりますね。

勤務時間なのか?給料なのか?活躍できるキャリアアップを目指すのか?家庭と仕事の両立を重視する働きかを望むのか?

仕事のどこに満足感を求めるのか、しっかりと考えてみると転職の方向性が見えてくるかと思います。

また、女性が転職を成功させるには、何よりも正確な情報収集が大切です。

そんなときに強い味方になってくれるのが、転職エージェントです!

自分では調べづらかったり、調べられない企業の内情について、転職エージェントは詳しい情報を持っていることが多いです。

また、女性が働きやすい会社の求人を紹介してくれたり、今後のキャリア形成についてのアドバイスなどのサポートもしてくれます。

ライフイベントなど、女性特有の悩みについても相談に乗ってくれるので、1人で転職活動を進めていくのが不安な人にもおすすめです。

ただ、「あれ…。なんかこの人とウマが合わないな…。」となってしまった場合には不幸です。
そうなった場合にウマの合う転職エージェントを他で見つけるためにも違う転職エージェントに登録すべきなのです。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08