転職エージェントが教える!富士フィルムへの転職(中途採用)成功法!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

「富士フィルムに転職したいと考えていませんか?」

今回の記事では、富士フィルムの転職情報(事業内容・募集職種・福利厚生・やりがい・残業・年収・面接)についてご紹介します。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

富士フィルムって何をしている会社?(事業内容・サービス内容)

富士フィルムの事業内容は主に、写真などの加工技術を駆使したイメージングの事業や、レンズケアなどの光学デバイスのメンテナンスです。

また昨今では新しい事業への挑戦として、ヘルスケア領域にも進出しています。

富士フィルムのイメージは写真なので、少し意外ですね。

富士フィルムの直近の業績

売上高はセクションごとに発表されています。

ドキュメントソリューションが10478億円、イメージングソリューションが3830億円、ヘルスケア&マテリアルソリューション10026億円です。

富士フィルムの募集職種・仕事内容・求められる人物像

募集職種
画像・情報技術 医療分野
AI・IoT開発及び活用
情報技術‐ビッグデータ解析及びソフトウエア基盤技術の構築
システム開発
商品開発
工場設備
医療機器開発
企業法務 全般
経理業務全般

画像・情報技術

画像処理技術職の経験2年以上の人材を求めています。

医療分野

医療分野の画像処理の経験3年以上の人材を求めています。

AI・IoT開発及び活用

最先端技術であるAIの技術研究をする部門です。

情報技術‐ビッグデータ解析及びソフトウエア基盤技術の構築

プログラミングスキルを持ち、開発経験がある方かつ、化学、物理、生物、数学のいずれかに豊富な専門知識を持つ方を募集しています。

システム開発

オンラインシステムの開発を行います。
オンラインアプリケーションの開発経験3年以上かつTOEIC700点以上の人物を求めています。

商品開発

インスタントカメラであるチェキの開発を行います。

求められる人物像は、コンシューマ向け機器の開発経験者です。

工場設備

工場設備の保全マンを求めています。

機械設備の故障対応などが必要な経験です。

メーカーでの保全の経験者は有利です。

医療機器開発

大卒で経験5年以上で、機械工学全般の知識を有し、電機/精密機器メーカー等にて 機械設計の実務経験を有する人物を求めています。

CADも使える方が良いです。

企業法務 全般

弁護士資格の有資格者かつ、法務の実務経験3年以上の人材を求めています。

経理業務全般

大卒で経理の実務経験5年以上の人材を募集しています。
会計士または税理士の資格保有者歓迎
実務で英語を使用した経験がある
メーカーにおいて経理、財務、においていずれかの経験5年以上の方
米国会計基準、IFRSの知識がある
海外含む関係会社管理、現地経営の経験がある

これらの資格も必要です。

経理は決算期は激務なので、それを覚悟出来る人が応募した方が良いです。
基本的にメーカーなので技術系の求人が多いです。

富士フィルムの将来性は?

化粧品や医薬などの事業が今後の将来性に期待がかかっています。

富士フィルムの本来の役割は写真などの印刷技術でしたが、昨今ではかなり下火になってきています。

この新しく参戦した分野をどれだけ伸ばせるかに将来がかかっています。

会社自体は安定した優良企業です。

富士フィルムの働く環境の評判は?(口コミ情報)

富士フィルムの働く環境 口コミ
やりがい 若い頃からの責任感
福利厚生 過剰残業の禁止など
オフィス環境 新しい本社ビル
休日休暇・有給休暇・育児休暇 完全週休二日制、育児休暇
労働時間 同業他社よりも短い
教育制度 技術職は社内研修がある。
社内評価制度 年功序列と成果主義の両面がある

やりがい

若いうちから重要な課題を任される点にやりがいがあります。

メーカーは社内の高齢化が進んでいる企業が多いので、その傾向にあり、若手を後任にしたいという企業も多いです。

福利厚生

過剰残業などを防止する仕組みがあり、また福利厚生は充実しています。

住宅手当や家族手当があります。

オフィス環境

本社ビルは新しく毎日清掃されており清潔な環境で仕事をすることが可能です。

休日休暇・有給休暇・育児休暇

基本的に土日祝休みの完全週休二日制に近い勤務体系になっており、育児休暇も取得可能。

大型連休もあります。

大企業らしい働きやすい体制です。

労働時間

労働時間は同業他社よりも短いです。

残業

残業抑止のためにノー残業デーを実施しています。

教育制度

技術職は社内研修が多いですが、事務系は少ないです。

大手メーカーはどの会社もこの傾向にあるので、大きな問題ではありません。

社内評価制度

社内評価制度は充実しています。

大企業は年功序列と成果主義が混ざっているので、完全な成果主義ではありませんが、しっかりと社員を評価しようとする姿勢を持っています。

富士フィルムの年収(給料)

富士フィルムの年収は大企業だけあって非常に高いです。

賞与は年間5.5ヶ月ほどあります。

メーカーなので事務職と技術職で少しだけ給料差があります。

  • 事務職:700万円程度(40歳)
  • 技術職:800万円程度(40歳)

メーカーなので技術系の方が年収が少し高いです。

富士フィルムの面接・SPIなどの選考難易度

面接の流れ

インターネットで富士フィルムの自社サイトに応募します。

すぐに応募したい職種がない場合は登録だけしておく方法もあります。

面接での質問例(口コミ)

  • 会社の同僚に嫌な人がいたらどう対応しますか?
  • 富士フィルムで何ができるか
  • あなたにとって仕事とは?

特に圧迫面接ではなく、上記のような一般的な質問が多く見受けられます。

なぜ斜陽産業になりつつある写真業界で仕事をしたいのかをしっかり答える必要があります。

なぜうちの会社が良いのかを答えられるようにしましょう。

SPI

キャリア採用(中途採用)に関して、具体的なSPIについてはないが新卒採用の場合だとeF-1G(エフワンジー)という珍しい形式のweb能力・性格テストと、テストセンター形式のSPIの両方が課されます

富士フィルムに転職するための最善の方法

転職エージェントを活用しよう!

転職エージェントの利点

転職エージェントの最大の利点は大企業に応募出来ることです。

自社サイトで募集をしていて採用に事足りているような印象を富士フィルムからは受けるかも知れませんが、そうではありません。

大企業ほど高いお金がかかっても転職エージェントを利用します。

1人で転職活動をすると客観性を失います。

転職エージェントを活用することで的確なアドバイスを得ながら転職活動を行いましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08