20代で転職を検討されている方へ


【必読】20代女性は転職を成功させられる!方法や体験談を徹底解説!

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

20代女性の転職が増えていますが、この年代は今後の人生を大きく左右する結婚出産といったライフイベントがあります。

育児と仕事を両立させるのは、職場環境によっては非常に大変なことです。

そのため仕事と私生活を両立させるために、転職を検討している20代女性も多いと思います。

今回はそんな20代女性のために「20代女性に多い転職理由」「20代女性の転職に多い3つの失敗」「20代で転職した女性のリアルな声」「20代女性の転職を成功させる方法」など、あますことなく気になることを徹底的に解説していきます。

20代女性は転職を成功させるチャンス!


実は20代女性って転職を成功させられるチャンスが非常に高いのです!

厚生労働省が発表した2018年9月の有効求人倍率は1.64でした。面接を受ければ必ず採用されていたバブル時代が1.46倍なので、0.18も上回っているのです。

つまり、現在はバブル時代よりも売り手市場であることを意味しているのです。

しかも20代は中途採用市場で言えば、「第二新卒」や「若年層」にあたるので、積極的に採用したいと考えている企業が多いです。

新卒採用は中途採用よりも売り手市場が激化しており、新卒を採用できない企業も多く、その打開策として新卒に近い20代に目をつけたわけです。

また、20代であれば「社会人経験」や「短期間であるものの業務経験」があるため、新卒と比べ教育に手がかからないのも好まれる理由の1つです。

未経験業界・職種にも挑戦しやすい!

新卒で入った業界や職種が肌に合わなく、他の業界や職種へ転向したい場合でも、20代は非常に有利です。

20代向けの求人情報を見ていると「未経験歓迎!」と記載されているほど、様々な業界・職種で応募を歓迎する傾向になっています。

20代の女性でもし他業界・職種へのチャレンジやキャリアチェンジを考えているのなら、今は1番良い時期であると言えるでしょう。

30代女性は転職が難しい?


30代は20代よりも転職が少し難しくなると考えたほうが良いでしょう。

なぜなら、30代の中途採用になると即戦力として活躍できるスキル」「知識」「経験」が求められるからです。

20代の頃にしっかりと成果を残し、自分の経験やスキルを面接時にアピールできるのであれば「30代でも転職を成功」させられます。

つまり、数年、数十年先の自分がどうしたいのかをよく考え、「20代の間はキャリアアップに必要な経験やスキルを磨き、成果を残す」という方法もあるので、20代だからといって焦って転職をする必要はありません。

20代女性にありがちな転職理由って?

20代女性にありがちな転職理由は、「やりがいがない」「仕事の幅を広げたい」というものです。

なぜなら、専門性の高い仕事など、数字として評価される仕事に就きたいという欲求があるためです。

また、「ワーク・ライフ・バランスを重視したい」という理由も挙げられています。

重視する理由は、子育てをしながらも無理なく働ける環境を得たいと考えているからです。

共働きの夫婦の場合は、育児や介護がありますから、残業なども厳しいですよね。

20代女性の転職に多い3つの失敗


前職よりも良い環境で働きたい、本当にやりたい仕事をやりたいなどで、転職したものの後になって後悔する20代女性は多いです。

20代女性の転職で多い失敗には共通する特徴があります。

それはズバリ「転職先の選び方」なのです。

転職先を選ぶときに、どういう点が失敗に繋がるのか以下で詳しくご紹介します。

仕事内容のみ重視

転職先を決めるときに、やりたい仕事かどうかという部分だけで決めてしまうのはNGです。

年収や業界の動向など、長期的に働いていく上で大切な項目を見ないのは、非常にリスクが大きいです。

例えば、デザインの仕事がしたくて「デザインの仕事ができそう!」だけで判断してしまい、実は「毎日残業をしないと生活ができない」なんて後悔してしまうケースがよくあります。

その結果、転職を繰り返してしまうので、注意するようにしましょう。

自分の思い込みだけで判断

自分自身で「自分は●●の仕事が嫌だから、〇〇に向いているはずだ」と、向き不向きを自分の思い込みで判断してしまうのもダメです。

自分の中ではしっかり向き不向きを把握できていると思いがちですが、客観的に見たら違うというケースもあるからです。

パートナーとの人生を勝手に優先

20代女性の転職で1番多いのが、パートナーとの人生を勝手に優先してしまうことです。

結婚したときに夫の転勤にも対応できるように派遣の仕事がいい、など将来の結婚生活に合わせて転職先を探すのはNGです。

まだ結婚していない独身の女性は、将来のことは考えず、まずは自分を優先して考えるようにしましょう。

20代で転職した女性のリアルな声


現役の転職エージェントをしていると、20代女性から転職に関するリアルな声をたくさん聞きます。

そんな20代女性のリアルな転職事情について、成功した体験談と失敗した体験談に分けていくつかご紹介します。

転職に成功した女性の体験談

医療関係・27歳
もっと人の役に立つ仕事がしたくて、転職を決意しました。前職は毎日同じことの繰り返しで、嫌気がさしてしまったのもあります。

そこからは転職に役立つ資格取得に向けて猛勉強。頑張って資格を取ったのもあって、転職は見事に成功しました。

資格って自分のスキルや知識を手っ取り早く理解してもらえるので、頑張ってよかったです。

アパレル・25歳
介護の仕事をしてたのですけど、不規則な労働時間、想像以上の重労働……そして収入の少なさから転職しました。

施設の高齢者から感謝されることがやりがいだったのですが、それ以上に肉体的・精神的な負荷が耐えられませんでしたね。

そこからはどんな仕事ができるんだろう……って考えて、人と関わる仕事がしたいのでアパレル業界へ。未経験業界でしたが、以前よりも心にも余裕ができて毎日が楽しいです。

営業・29歳
飲食店でアルバイトをしていたのですけど、そろそろまずいなーって思って。自分の将来のことを考えたら、アルバイトって不安だし……

でも、アピールできる経験はないし、すごく悩んだのですけど、私みたいに経験がなくても正社員になれるって転職エージェントの方に言ってもらえました。

転職エージェントの方と二人三脚で頑張って、正社員として採用してもらえました。営業は色々と大変ですが、将来に対する不安がないのが何よりも良いです。

転職に失敗した女性の体験談

営業・25歳
何も考えず、勢いで退職。すぐに転職先が決まるだろうって安易に考えていたけど、いつも届くのは不採用メールばかり……

少しの蓄えがあったけど、転職活動中にどんどん減っていって……それも精神的に辛かった。なんとか営業職として採用してもらえたけど、できればもう転職したくない……

飲食・28歳
付き合っていた彼氏との結婚を意識していて、まあ、アルバイトのままでも良いかなって思ってたのですけど……そのあと別れてしまって。

同棲してて、家賃や生活費は正社員の彼氏が負担してたのもあって、一気に生活が苦しくなって。そこから社員として雇ってもらえる会社を探したのですけど、全然見つからず……なんの経験もないと雇ってもらえないです……

不動産業界・29歳
給料とか条件が良く、きちんと業界や企業研究をせずに入社を承諾しました。

毎日遅くまで残業の日々。ときには休日出勤もあって、自分の時間が持てなくなりました。もう辞めたいです。

20代女性にとってのライフワークバランス


20代の女性の多くは結婚、その後の出産・育児を意識して、転職活動をしている人が多くいます。

仕事一辺倒ではなく、プライベートも大切にしたいと考える人が多くなかったからでしょう。

実際に「ワークライフバランスを重視するため」が転職理由としても多いのです。

そこで人生を変えるほど重大なライフイベント「結婚」と「出産」の2つに焦点を当て、転職にまつわるあれこれをご説明します。

⇨ワークライフバランスを意識した転職について詳しく知りたいのならこちら

結婚を機に転職するのなら前と後どっち?

結婚を機に転職するのなら、スバリ「結婚1年前」がベストタイミングになります。

結婚1年前であれば、精神的に余裕を持って転職活動を進められます。また、選考時に面接官に「入社後、すぐに産休に入られるのでは?」という不信感を拭うことができます。

結婚前の転職には様々なメリットがあるので、控えている人は結婚前に転職活動をしたほうが良いでしょう。

⇨結婚前に転職するメリットなどを知りたいのならこちら

出産を機に転職するのなら前と後どっち?

結婚と同様に、出産も出産前に転職活動を進めたほうが良いです。

なぜなら、育休制度は労使協定によって、「入社後1年以上勤めていないと取得できない」としている企業が多いからです。

また、育児休暇中は「育児休業給付金」が雇用保険法によって申請者へ支払うことが定められていますが、「育児休暇を取得するまでの2年間に、被保険者期間が12ヶ月以上である」など、給付を受けるためには様々な条件があります。

そろそろ子供が欲しいと考えている女性の方は、出産の1年前には転職しておいたほうが良いです。

20代女性が企業に求められていることって?

企業が求めているのは、「会社に寄りかかる人ではなく、自ら会社に貢献してくれる人」です。

利益を生み出すことや人材育成ができるマネージャーといった周囲のことを考えて行動できるなど、会社にプラスとなる人材を求めています。

なぜなら、自分の頑張り次第で続けていける力を20代のうちに培うことを、会社が望んでいるためです。

ちなみに、20代前半の場合は、ポテンシャル吸収力素直さが重視されますね。

20代後半の場合であれば、ビジネスマナー経験職種のスキルなども求められます。

女性が働きやすい会社の特徴


自分のライフイベントやキャリアプランを考えながら転職活動をしていると、「自分に合う会社ってあるの?」「どういう会社が働きやすいの?」って悩んでしまうと思います。

求人情報には「女性が多数活躍!」「育児支援制度あり!」など、魅力的なキーワードが並んでいますが、全ての鵜呑みにしてはいけません。

どれも女性が働きやすい環境ではあるのですが、自分自身の考える「働きやすさ」とマッチするとは言えないのです。

一般的な働きやすさを考慮しつつ、自分が譲れない要素をピックアップして、そこから転職先を探していくのが一番良い方法です。

⇨女性が働きやすい企業の見分け方について知りたいのならこちら

【年代別】20代女性の転職を成功させる方法

「やりがいがない」や「ワークライフバランスを重視したい」といった理由で転職する女性が増えています。

ただ、仕事内容や思い込みで判断するのではなく、企業がどんな人材を求めているのか。

年代によって求められるものが違うことを、しっかりと把握した上で転職をしましょう。

20代女性の転職を成功させる方法があるなら、ぜひとも知っておきたいですよね。以下で、20代前半・後半に分けて、その方法をご紹介していきます。

20代前半の女性

25歳までは第二新卒として扱われます。

フレッシュさ柔軟さ素直さが強みとなるため、アピールポイントになります。

新卒入社者が退職したタイミングで社員募集している企業の場合は、新入社員研修を受けて、社会人としてのマナーを習得していることをアピールすると良いでしょう。

20代後半の女性

20代後半になると、社会経験3年〜6年ほどの経験と知識が求められます

前職までの業務内容・成果について、そしてトラブルが起きた際、どのように対処したのかを伝えましょう。

前職での指導経験を持っている場合は、入社後に後輩の指導ができることをアピールすると内定獲得率をあげることができますよ。

20代女性におすすめな転職エージェント3選


女性の転職は男性とはまた少し変わってくるので、不安を抱いている人も多いと思います。

育児をしながら働きたい、結婚していてこれから子供を作りたいと考えている女性の方、転職に失敗してしまった……という女性の方には、転職エージェントを活用することを強くおすすめします。

キャリアアドバイザーに、育児・家事と両立させられる働き方がしたい、育休制度が充実している会社に入社したい、などを相談しながら、転職活動を進められるので安心感があります。

また、女性を積極的に採用している企業も紹介してくれるので、理想の転職先を見つけることができます。

そこで20代女性向けに、女性の転職に強みを持っている転職エージェントを3社ご紹介します!

type 女性の転職エージェント

<メリット>
・女性のアドバイザーが担当

・女性にオススメの求人を多数保持している

・未経験でも挑戦できる職種が多数

・女性の転職に10年以上のノウハウ

<デメリット

・40代以上の求人が少なく感じる

<こんな人にオススメ>

・女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメ!

・「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

 

doda

<メリット>
・国内第2位の求人数を保有

・面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い

・マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれる

・女性のアドバイザーが担当

<デメリット>
・求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性がある
<こんな方にオススメ>
・「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

 

マイナビエージェント

<メリット>
・大手の転職エージェント

・営業系の転職先を多数掲載

・若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート

・20代の若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有

・20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案をしてくれる

<デメリット>
・大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性あり

<こんな方にオススメ>
・20代で転職を考えている方

・異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方