20代で転職を検討されている方へ


女性が年収を上げる方法!副業・昇進・資格・転職に分けて徹底解説!

The following two tabs change content below.

末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職のプロがぶっちゃける形で転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

女性の年収は男性と比べ、明らかに低いことが多いですよね。同じように働いているのに、なぜ……?と思う人も多いかと思います。

大きな理由としては女性は妊娠出産、そして子育てがあるからです。妊娠や出産で休職してしまうので、休まずに働き続ける男性のほうが昇進しやすいです。

今回は男性よりも年収が低いことが多い女性のために、年収を上げる方法を副業・昇進・資格・転職に分けて詳しく解説していきます。

一般的な女性の平均年収は?


自分の年収が平均より高いのか低いのか、知ってますか?

年収の話はなかなか人には聞きにくい内容だと思います。同世代の女性と比べ、自分の年収が高いのか低いのか、知っている人は多くないですよね。

ただ、同世代と比べ、自分の年収が高いのか低いのかを知るということは、今後のキャリアプランを考える上で大切なことになってきます。

そこで年代別で平均年収を調べてみました。

年代 全体 男性 女性
20代 346万円 365万円 319万円
30代 455万円 487万円 386万円
40代 541万円 587万円 423万円
50代 661万円 707万円 445万円

参考:年齢別の平均年収ランキング2017(DODA調べ)

DODAの「年齢別、平均年収ラインキング2017」によると、20代女性の平均年収は319万円です。同世代の男性と比べ、46万円の違いがあります。

男女で20代の間はそこまでの違いはありませんが、30代以降になると平均年収の差は顕著に現れてきます。

30代なら101万円40代なら164万円50代であれば262万円もの違いが出てくるのです。

女性は男性と違い、ライフイベントに妊娠出産があって、一旦休職や離職をしてしまうとキャリア形成が止まってしまうのも要因です。

また、女性の社会進出が年々進んでいるものの、いまだに高年収の専門職に就いている女性が少ないのも、男性より年収が低い理由の1つでしょう。

ライフイベントにかかる費用は?


女性が年収を気にする考えの裏には、ライフイベントで多額の費用がかかるからです。

結婚や出産、育児、マイホーム購入など、今後の人生で数千万円のお金が必要になってきます。

ライフイベント 費用
婚約〜新婚旅行 463万円
出産から22年間の養育費 1640万円
教育費(公立) 1345万円
マイホーム購入費 4,000万円以上
合計 7448万円

表のように、ライフイベントが発生する度に、多額のお金が必要になります。

とくに子供の養育費と教育費は合わせると2千万円以上のお金がかかるようになります。

これは子供1人分なので、2人以上にさらにお金が必要になるというわけです。

また、教育費はすべて公立学校で考えた場合です。将来、子供の進路によっては私立学校へ通う場合も出てきます。

私立学校に通うとなると、さらにお金が必要になってしまうのです。

ゆとりある生活を送るために、女性の多くが年収は高いほうが良いと思うわけです。

女性が年収を上げる方法~副業~


なかなか昇給しない、家族がいるので残業ができないなどで年収が上がらない人は、副業を始めてみるのも1つの方法です。

副業によっては、月に1万〜5万円を稼ぐことができ、これを年単位にすると12万円〜60万円になります。

今の年収に12万円〜60万円を足すと、多少ですが増えるというわけです。

副業は継続的な努力が必要になりますが、最近では副業からの収入のほうが本業の給与よりも多いという人もいます。

女性が本業とは別に副業で稼ぐには、どういうものがあるのかご紹介しますね。

FXなどの金融系

FXなどの金融系の副業は、ある程度の知識が必要になります。また、ハイリスクハイリターンで損をすることもあります。

投資するものによっては、すぐに利益に繋がらず、コツコツを続けていく必要があるものもあります。

・FX
・先物取引
・純金積立
・個人向け国債
・株主投資
・定期預金
・投資信託
・不動産投資

金融系の副業には上記のようなものがあります。リスクが高いものから、低いものまで様々です。

もちろん、FXや投資信託など、リスクが高いものは利益が多く見込めますが、その分損をする場合もあります。

ちなみに1番リスクが低く、簡単に始められる投資先は、個人向け国債定期預金です。知識がなくても始められるため、受け取れる利益は少ないです。

金融系の副業はメリットとデメリットをしっかり確認してから、始めるようにしましょう。

ネットで副業

ネットでできる副業には多種多様なものがあります。

ネットが普及し、現在では我々の生活から切っても切り離せなくなります。そのため、ネットを利用して稼ぐ人も多いです。

・クラウドソーシング
・アフィリエイト
・データ入力
・空き時間販売
・ポイントサイト
・輸出、輸入ビジネス

ネットでできる副業は、知識がない素人でもできるものが多いため、利益は非常に出づらいデメリットがあります。

ただ、特別な知識がなく、短時間でもできるのでコツコツとした作業が得意な人には向いているでしょう。

中でも輸出、輸入ビジネスといった語学力が必要なものは大きな利益が出やすいですよ。

クリエイティブな副業

クリエイティブな副業には今流行りの「Youtuber」が含まれています。

Youtuberは小学生のなりたい職業にも選ばれています。

・Youtuber
・インスタグラマー
・プラモデル製作
・ハンドメイド販売
・WEBライティング
・LINEスタンプ

クリエイティブな副業は在宅で稼げるとして人気があります。

ただ、専門的な技術が求められるため、その技術を習得できるまで時間がかかってしまうことも……。

技術や知識が求められるので、上記で紹介したネット副業よりも利益が出やすいのが特徴です。

代行業務で副業

恋人代行結婚式出席代行など、聞いたことがある人も多いですよね。

代行業務とは、見合いを勧める両親をかわすために依頼したり、友人が少なく結婚式に呼ぶ人が足りない場合によく利用されています。

・恋人代行
・結婚式出席代行
・買い物代行
・家事代行
・遺品整理代行
・翻訳

上記のような代行業務の需要は年々増えています。

技術などを求められることも中にはありますが、比較的始められやすい副業の1つです。

ただ、恋人代行や結婚式出席代行は演技力も求められるため、ハードルは少し高いと言えます。

モニターや懸賞で稼ぐ

懸賞モニターで稼ぐ方法もありますが、これはお小遣い稼ぎ程度になると考えたほうが良いでしょう。

懸賞であれば、応募して抽選に当たれば数万円から数十万円などの賞金を得ることができます。ただ、外れれば1円も入りません。

アンケートモニターや商品ミニターは報酬が数十円から数百円なので、そこまで利益が得られないです。

・懸賞
・アンケートモニター
・商品モニター

副業NGと規定されている場合は、大きな収入にはなりませんが、モニターや懸賞でコツコツ稼ぐのが良いかもしれませんね。

女性が年収を上げる方法~昇進~


そもそも現職の年収が高ければ、わざわざ副業をする必要はないですよね。

せっかくのプライベートの時間を自分のために使いたい、という人は昇進して年収を上げたほうが良いでしょう。

そこで、昇進する女性の特徴を以下で説明します。

①目に見える成果を出している

学生の頃と違い、社会人は頑張っているだけで昇進できるほど甘い世界ではなく、きちんと「目に見える成果を出している人」が昇進します。

実際に評価をする上司は客観的に成果を判断し、また昇進させるのにも成果に基づいた理由が必要になります。

つまり、目に見えない「頑張っている」では理由としては不十分ということです。

女性が年収を上げるためには、「会社の売り上げにどれだけ貢献したか」が重視されるのです。

営業職であれば、どれだけ契約が取れたのかが判断されるということです。

②周囲に仕事を依頼できる

自分の仕事を他の人に依頼できる女性は昇進しやすいです。

1人で仕事を抱え込んで頑張ったとしても、それが結果に繋がらなければ上司は評価してくれません。

昇進する優秀な女性は、大量の仕事を1人では処理せず、周囲に依頼することができる人です。

自分の仕事を他の人に振ることで、自分には余裕が生まれます。また残業時間が減るので、資格を取得するための勉強時間を確保できるようになるのです。

そもそも仕事を依頼できる人は、依頼する人の得意なこと抱えている仕事量などを把握しています。さらに、気軽に依頼できるように日頃からコミュニケーションを取って、良好な関係を築いていることが多いです。

昇進するということは、部下ができることになるので、上記のようなスキルが求められます。昇進をする前から周囲の状況は把握したり、コミュニケーション能力がある人であれば、昇進後も心配ないと上司に判断してもらえる可能性が高いです。

③愛嬌があり存在感がある

人を引っ張っていく人は存在感がある人ばかりです。

例えば、高校の生徒会長になる人は人気者だったり、発言力がある人だったり、みんなに愛される人だったり、必ず目立つところがあったはずです。

この存在感は会社でも必要になります。会社に「なくてはならない人」と思わせることが、昇進するためにもっとも大切なことです。

つまり、仕事で成果を出し「存在感」を示すこと、また上司に愛される部下であることが大切なのです。

部下の評価は上司がするので、同じ成果を出している生意気な部下と可愛げのある部下であれば、後者を昇進させるのは当然のことですよね。

④資格がある人

会社で活躍する女性の多くは資格を持っています。

誰もが持っているような資格ではなく、評価アップや昇進に繋がる社内資格を重視して取得すると良いでしょう。

資格はどれだけ自分にスキルや知識があるのかを表すものです。持っているだけで、この人にはこの能力があると判断できます。

また、資格を持てば自分の市場価値をあげることにも繋がります。

女性が年収を上げる方法~資格~


資格取得といっても、業務内容と関係のないものであれば年収アップに繋がりません。業務に役立つものでなければいけません。

しかし、資格取得にはお金と時間がかかります。

評価される資格ほど、取得するのに時間がかかるものです。また、勉強するための参考書代などのお金も必要になってくるのです。

年収アップが期待できる資格と、どれぐらい年収が上がるのか、必要な勉強時間についてご紹介しますね。資格を取得したい女性の方は参考にしてみてください!

資格 年収 合格率 勉強時間
ファイナンシャルプランナー 300万円~1000万円以上 学科:20~25%
実技:50%
6ヶ月ぐらい
社会保険労務士 250万円~3000万円 10% 半年〜1年ぐらい
中小企業診断士 800万〜1000万円 10~20% 1年以上

評価される資格は取得するまでに、半年〜1年以上の時間がかかります。毎日、コツコツと勉強を続ける必要があるのです。

ただ、取得できれば年収は大幅アップになるだけでなく、将来のキャリアプラン形成に大きく役立ちます。

女性が年収を上げる方法~転職~


現職がなかなか昇給しない職場であれば、転職するのも年収を上げる1つの方法です。

ずっと働き続けても昇給が望めない環境よりも、自分の市場価値を評価してくれる会社に転職したほうが年収が上がることが多いです。

年収がどれぐらい上がるかは、職種・業界の相場や自分の市場価値によって大きく異なります

ちなみに、専門商社であれば60万円ぐらい年収が上がるケースもありますよ。

今より年収を上げたい人は、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。転職エージェントでは年収交渉を代行してくれます!

女性におすすめの転職エージェント


転職するのなら今より年収が良いのが望ましいですよね。

そんな時に役に立つのが転職エージェントです!

転職エージェントでは自分の希望に合った求人の提案、面接対策などのサポートだけでなく、年収交渉も代行してくれます。

年収交渉を自分でおこなうと上手くいかないことが多いのですが、慣れているプロが代行してくれることで成功しやすいです。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性にオススメの、事務の求人や残業なし・少なめの求人も多数取り扱い!
女性の方は間違いなく登録しておくべきエージェントです!

※サポートエリアが1都3県に限られます。
希望勤務地が上記のサポート対象外の場合は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。


特徴
【メリット】

  1. 女性のアドバイザーが担当
  2. 女性にオススメの求人を多数保有している
  3. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  4. 女性の転職に10年以上のノウハウ

【デメリット】

  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!

  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

まずはここに登録すべし!定番エージェント!

紹介実績、求人数共に業界No1!転職者の8割が利用している転職エージェント。

特徴
【メリット】

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

【デメリット】

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方

大手エージェントの中でも、特に20代・若手に強みをもつエージェントです。

特徴
【メリット】

  1. 大手の転職エージェント
  2. 若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート
  3. 20代の若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有
  4. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案を行ってくれます

【デメリット】

  1. 大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 20代で転職を考えている方
  2. 異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方

リクルートエージェントと並ぶ、業界最大手のエージェント。リクルートと比べると、多くの求人の中から、コンサルタントが厳選して求人を紹介してくれるスタイルです。
マイナビ、リクルートと平行して登録し、比較検討することをオススメしています。

特徴
【メリット】

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます

【デメリット】

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

第二新卒・未経験転職に強い転職エージェント


ジェイック


第二新卒・未経験の転職に強い転職エージェント。

面接対策・履歴書の書き方・ビジネスマナーなどの無料講座を提供しており、転職決定するまで1対1で個別サポートしてくれます。

特徴
【メリット】

  1. 面接対策・履歴書の書き方の無料講座を受講できる為、面接対策は万全!
  2. 専任のスタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に除外しており、転職後の定着率は94.3%!

【デメリット】

  1. 「無料講座を受講 ➡︎ 求人紹介」 という流れになる為、無料講座の受講が必須となります
こんな人がおすすめ!
  1. 大手の転職エージェントに登録したものの、面接対策に不安のある方
  2. 経歴に自信がないから無料講座を受けてみたい方
  3. フリーターから正社員への就職を目指している方

「大手転職エージェントを利用したけどサポートしてもらえなかった。。」という方も、ジェイックではサポートを受けることが可能です!


年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

特徴
【メリット】

  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる

【デメリット】

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!

  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方


特徴
【メリット】

  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)

【デメリット】

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!

  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方