50代女性でも正社員に転職できる!?成功するコツを徹底解説!

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

様々な理由で転職を考えている50代女性が多いかと思います。

労働条件がよくない、もっと満足のいく仕事がしたい、収入を増やしたいなど、理由は様々です。

しかし、50代ともなれば転職は難しいのでは?と不安に思う人も多いですよね。

そこで今回は50代女性向けに、気になる「50代でも正社員へ転職できるのか」「50代女性の転職体験談」「50代の転職を成功させるためのコツ」など、転職のプロである筆者が徹底的に解説していきます!

50代女性でも正社員へ転職できる?


50代女性の転職となるとなかなか大変なイメージですが、正社員へ転職することは可能でです。

実は、ここ数年で50代女性でも正社員として、転職しやすくなってきています。

ただ、アルバイト・パートの経験しかない場合は、即戦力となるスキルや経験がないと判断されるため、正社員へ転職はできないと考えてください。

それではなぜ50代女性でも正社員へ転職しやすくなってきているのか、主な理由を2つご紹介します。

女性の働き方に対する考え方が変わってきた

近年、女性活躍推進法を導入する企業が増えてきていることから、女性が活躍できる環境が整い始めています。

そのおかげで、50代女性でも貴重な人材として、採用する企業が増えてきています。

50代女性が持つスキルと、企業が求めるスキルがマッチすることで、正社員として転職できるチャンスが出てきています。

また、売り手市場で慢性的な人手不足が進んでおり、年齢を問わず優秀な人を採用する企業が増えています。

若い世代よりも雇いやすい場合がある

50代女性の多くは、子育てがひと段落ついて時間にも余裕が出始めます。

また、働く体力もまだまだあるため、企業にとって正社員雇用しやすい人材となるのです。

もちろん、伸び代が十分にある20〜30代の女性のほうが転職に有利ですが、この世代は結婚・出産で退職することが多いです。

退職しなくても、子育てや家庭の事情により、働き方に制約が生じるケースもよくありますが、50代女性にはその心配が少ないため、雇用する企業があるのです。

50代女性の転職で不安だと思うこと


転職は誰しもが不安に感じることだと思いますが、50代女性がどのような不安を抱くのか、以下でご紹介します。

自分の年齢でも求人に応募できるのか
通勤時間の長さ
自分の体力で問題なく働けそうか

50代女性の多くは、自分の年齢でも求人に応募できるのかどうかに対して不安を感じている人が多いです。

また、家庭との両立をきちんとできるのかを心配している人は多いようです。そのため、家庭と仕事を両立するために、通勤時間の長さを気にする人もいるとか。

あとは若い頃よりも衰えてしまった体力で、きちんと業務をおこなえるのか……と不安に思っているみたいですね。

50代女性の転職体験談


50代になると、20代や30代と比べて成功しづらいのですが、中には希望する会社へ転職を果たしている女性もいます。

そこで50代女性の転職体験談をいくつか集めてみました。成功した女性、失敗した女性に分けてご紹介しますので、参考にしてみてください。

50代女性で転職に成功した人の体験談

事務・55歳
実家の仕事を手伝いつつ、結婚をしました。しばらくして子供もできて、私はそのまま子育てに奮闘しました。

でも、死ぬまでずっと幸せな家庭を築けるかどうかは、ある意味運みたいなものだと思うのです。

私は色々とありまして、その後離婚。子供を抱えて、ガムシャラに働きました。どんな仕事でもして、ある小さな会社の正社員として雇ってもらえることになりました。

小さな会社なので業務内容は幅広いので、大変なのですが、社長もとても良い人で……ある日「50過ぎのおばさんをよく雇いましたね」って理由をきいてみました。

「私の母も同じような境遇で、すごく苦労して育ててくれたので」と言ってくれました。その言葉のおかげで、今も頑張って働き続けています。

看護師・53歳
看護師として働いていたのですが、48歳の頃に母が倒れて介護が必要になりました。

病院でもそこそこの地位にいた私でしたが、母の介護のために病院を辞めることにしました。

介護というものは、看護とは違って先がないものなのですよね。病気や怪我で入院したとしても、いつか良くなって退院していく。でも、介護は老いを少しずつ遅らせるもので、必ずいつかはやってくるのです。

母が他界し、私は仕事に復帰することにしました。看護師として長く働いていたので、転職先はすぐに見つかりました。

ただ、医療技術は日進月歩で離れている5年の間で、変わっていることもたくさんありましたが、自分より年下の先輩に教わるのはちょっと新鮮で楽しいです。

娘ぐらい年が離れている先輩と遊びにいくこともあって、これはこれで悪くないと感じています。

企画・51歳
企画の仕事に携わっており、新しいものを生み出すことにやりがいを感じていたのですけど、上司がかわりまして。

上司は全部自分で決めなければ気がすまない人で、新しいアイディアを受け付けないことが多々ありました。

このまま、この会社にいても自分のやりたい仕事はできないと考え、転職を決意。

そのことを信頼できる先輩に相談したところ、他の会社をいくつか紹介してくれました。

結果から言えば、紹介してもらった会社へ転職したのですが、移ってよかったと思っています。私の考え方に共感し、成果をしっかり評価してくれるので。

とても良い会社を紹介してくれた先輩には感謝しきれません。

50代女性で転職に失敗した人の体験談

営業・54歳
私は結婚もしておらず、年齢も年齢だったので将来のことを考えて、より給与が高い職場を選びました。

結婚して安定していれば、もう少ししっかりと転職先を選んだと思うのですけど……当時の私は何よりもお金が大切でした。

お金で選んだ職場なので、仕事はやはりキツイものばかり。残業や休日出勤も多くて、体力的にもキツかったです。

結局、体調を崩して3年ぐらいで辞めてしまいました。お金も大切だけど、体力や自分のスキルをちゃんと把握して、今は別の職場で働いています。

サービス業・52歳
52歳にもなると年下の上司や先輩ばかりで、肩身が狭かったです。

年齢も年齢で、これ以上のキャリアアップは望めない……そんな状態が大変でした。

同僚の皆さんは気さくで、とてもいい人ばかりでしたが、私の高いプライドがそれを許さなかったのです。悪い癖だとは理解しているのですけど……

結局、イヤになってしまって辞めてしまいました……

パート・57歳
体を壊して、長年働いていた会社を退社することになりました。長期の入院を経て、なんとか働けるところまで体は良くなったのですが、50歳を過ぎた女を雇ってくれる会社が見つかりませんでした。

入院したことで貯金が底を尽きかけ、私には多くの時間が残されていませんでした。

最終的には、正社員の道を諦め、今はスーパーでパートをしています。まったく働き口がないよりはマシですが……

50代の転職を成功させるためのコツ


将来のことを見すえて転職を考えている女性、現在進行形で転職活動をしている女性、不採用が続いている女性など、50代女性の転職活動で1番気になるのは、転職を成功させる方法ですよね。

転職活動が長期化すれば、それだけ経済的にも精神的にも影響を受けてしまいます。

できる限り、短期間で転職を成功させるコツがあれば、ぜひ知りたくなりますよね。

1人でも多く転職できるように、50代女性の転職を成功させるためのコツを3つご紹介します!

今行き詰まっている人やこれから転職活動を始める人は、ぜひ参考にしてみてください。

これまでの経験・スキルを活かせる仕事

一般的に、30代以上の転職者には「即戦力として活躍できるスキルや経験」が求められます。

50代女性が正社員雇用を目指すのであれば、雇用形態にこだわらず、これまで築き上げてきたキャリアを活かした転職をしたほうが良いでしょう。

自分にはどんなスキルがあるのかをしっかり把握し、即戦力として活躍できる仕事を探すのが転職を成功させるポイントです。

とくに年相応のコミュニケーション能力の高さ物腰の柔らかさが最大のアピールポイントになります。この2つは、サービス業や福祉業界で高い需要があります!

精神的・体力的に続けられそうな仕事を選ぶ

50代ともなると体力が衰え、若い頃と同じようにガムシャラに働くことはできなくなっています。

そのため、50代での転職は、応募や選考の段階で、無理なく働き続けられる職場かどうかを吟味することが大切なポイントです。

希望転職先が精神的・体力的にも定年退職まで働き続けられるかどうか、求人情報などを元にしっかり吟味するようにしましょう。

無理して体を壊してしまっては元も子もないです。せっかく転職できたとしても、体調を理由にまた退職してしまうのはよくあることです。

自分が納得でき、やりがいを感じられ、楽しく働き続けられるように、よくよく考えた上で判断するようにしましょう。

転職エージェントを活用する

50代の転職にこそ、転職エージェントを利用することをおすすめします。

でも、転職エージェントってなんなのかよく分からないし、ちょっと胡散臭いと感じている人も多いかと思います。

自力で転職活動をするのに限界を感じている50代女性の方、騙されたと思って転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントでは、転職者の希望に沿った求人の紹介から、履歴書・職務経歴書の添削面接対策など、転職に関わる様々なサポートを無料でおこなってくれます。

また、転職は何かと不安になりやすいのですが、その相談にも乗ってくれるのです!

転職のプロが転職者と二人三脚で転職を進めてくれるので、50代の転職成功率をあげることができます。

50代女性の転職におすすめな転職エージェント


世の中には様々な転職エージェントがありますが、50代の転職に強みを持っている転職エージェントを以下でいくつかご紹介します。

それぞれ強みや特徴が違うので、気になる転職エージェントに2〜3社登録して、自分と合うキャリアコンサルタントと転職を進めていくのが成功への近道です。

本気で転職したい女性の方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

非正規雇用でも良い場合


自分のキャリアを考えると正社員は難しい、家庭のことを考えると長時間労働は難しい……といった非正規雇用でも良い50代女性には転職サイトがおすすめです。

転職サイトは自分の条件に合う企業を気軽に検索できるため、応募するまでのハードルが低いのが最大のメリットです。

転職サイトの仕組み

転職エージェントと違い、自分で企業検索から応募まで直接おこなうので、ちょっとした隙間時間に探せるのは嬉しいポイントです。

ちなみに、転職サイトには「総合型」と「特化型」の2種類に分かれています。

総合型は業界や職種に関係なく、幅広く求人を取り扱っており、特化型は特定の業界や職種などの求人を取り扱っています

以下で、総合型と特化型に分けて、有名な転職サイトをいくつかご紹介します。

【総合型の転職サイト】

自分が何をやりたいのか明確に決まっていたり、専門性の高い業種・職種の場合は特化型の転職サイトを利用すると良いでしょう。

リクナビNEXT

保有求人数は、公開と非公開を合わせて12万件以上で業界トップクラス。

全国に拠点を持っていることから、地方でも安心して利用できます。

doda

保有求人数はリクルートエージェントと並んで業界トップクラス。

年収査定システムなどのサービスや職種別求人などのサービスが充実しています。

【特化型の転職サイト】

漠然と転職したい、幅広く検討したい場合は総合型の転職サイトがおすすめです。

ミラエール

女性を中心とした事務職限定の転職サイトで、無期雇用や週末が休みの仕事を派遣中心に幅広く紹介してくれます。

マイナビ薬剤師

薬剤師に特化した転職サイト。

求人件数は5万件以上、平均紹介件数は1人平均18件で、薬剤師の転職支援サービスでは満足度NO.1を謳っています。

保育士バンク

保育士に特化した転職サイトで、利用した保育者数は過去75,000名。「プライバシーマーク」の認証を受け、個人情報は厳密に管理されています。

クリーデンス

アパレル業界に特化した転職サイトで、公開求人数はファッション系を中心に約500件ほど。