女性必見!転職の面接の服装は何を着て行けばいいの?

The following two tabs change content below.
末永 雄太
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職面接では、どんな服装を選ぶのが良いのか悩んでしまうものだと思います。

女性はスカートスタイルとパンツスタイルの2種類がありますし、オフィスカジュアルや服装自由の場合は選択肢が増えてしまいますよね。

どんな格好が転職面接にふさわしいのか、悩んでいる女性に向けて「パンツとスカートはどちらが良い?」「転職面接で面接官への印象が良い着こなし」など。

女性の服装に関する悩みを解決するべく、おすすめの着こなしまでご紹介していきます。

人の印象は出会って5秒で決まる

アイロンで髪を整える女性

メラビアンの法則によると、人の第一印象が決まるのは3〜5秒だと言われています。見た目や表情、仕草、視線などの視覚情報が55%を占めています。

だからこそ、面接では好印象を与えられるように服装のマナーを守る必要があります。その中でも最も重要なのが清潔感です。

面接官は服装から「TPOをわきまえているかどうか」を見ています。きちんとスーツを着こなせば、「TPOをわきまえている」「ビジネスマナーが身についている」という、信頼や安心感が与えられます。

女性は男性よりも比較的、服装に自由度があるので迷うことが多いかと思います。そこでどのような服装が好ましいのか、詳しくご紹介していきます。

メラビアンの法則とは
心理学者アルバート・メラビアンが1971年に提唱した概念のことです。人物の第一印象は、初めて会った時の3〜5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ている概念です。

初対面の人物を認識する割合は、見た目・表情・仕草・視線などの視覚情報が55%。

声の質・話す速さ・声の大きさ・口調などの聴覚情報が38%、言葉そのものの意味・話の内容などの言語情報が7%だと言われています。

リクルートスーツは避けるべき

ダメ出しをする女性

リクルートスーツは新卒時に着る定番のスーツなので、基本的に着用は避けましょう。頼りない印象を与えてしまうため、ふさわしくないという見方があります。

特に30代の方がリクルートスーツを着てしまうと、「常識がない」と思われてしまう可能性が高いです。

20代後半からはリクルートスーツの着用は避け、ビジネススーツで面接に臨みましょう。

ただ、20代前半であれば着用してもOKです。その理由はフレッシュさをアピールすることに繋がるからです。

パンツとスカートはどちらが良い?

考え込む女性

女性のスーツはパンツスタイルとスカートスタイル、どちらでも良いです。業界や職種問わずパンツスーツは避けた方が良いのでは…と思っている方もいると思いますが、決してそのようなことはありません。

ご自分が希望する業界や職種に合わせて、使い分けるのが1番良いかと思います。どのように使い分けたら良いのか、解説していきますね。

パンツスタイルの場合

パンツスーツは、きっちりしている、ハキハキしている、フットワークが軽い、仕事ができそうに見えるなどのイメージが与えられます。

ですので、キャリアアップするための転職や外回りの営業職を希望する方にオススメです。

注意点
ダボダボしていたりパツパツしていたりするスーツは、印象が一気に下がるのでNGです。

スカートスタイルの場合

スカートスーツは、穏やかさや安心感、安定感がある、華やかさがあるというイメージを与えられます。

女性らしさを印象づけられるので、受付や事務職、経理の面接にオススメだと言えます。

面接官が年上の場合、「女性=スカートを履くもの」という考えを持っている面接官も中にはいます。ですので、年次の方が出てくる面接は、スカートスーツが良いかもしれません。

注意点
膝丈よりも短いスカートはNGです。なぜなら、椅子に座った時に裾が上がりやすく、さらに短くなってしまうためです。また、白や原色に近いカラーも避けましょう。

転職面接で面接官への印象が良い着こなし

グッドサインを出している女性

転職面接はできるだけ良い印象を残したいものですよね。そこで、面接官への印象が良い着こなしについてご紹介したいと思います。

表にしてご紹介していきますので、ぜひ服装選びの参考にしてみてくださいね!

ジャケット 襟のあるジャケットを選ぶのが無難です。袖の長さは親指の付け根あたりまでの長さがあればOKです。

色はブラックやグレー、ネイビーなどダーク系が一般的です。

ただし、ノーカラージャケットはNGです。なぜなら、比較的カジュアル要素が強いものだと言われているからです。

シャツ・ブラウス 清潔感があって顔色を良く見せる白シャツがベストです。白であれば、シャツでもカットソーでもお好きな方でOKです。

リクルートスーツに近いスーツに見えてしまう場合は、フリルなどのデザインのあるものを選ぶと、学生っぽさが緩和されますよ。

インナー 白いブラウスやワイシャツの場合、インナーが透けてしまいますので、ベージュのインナーを選びましょう。

タンクトップ、またはクルーネックのキャミソールがオススメですね。

ストッキング 自分の肌の色に近い肌色のストッキングを選びましょう。

もちろん、柄が入っているものはNGです。伝線してしまうことも考えて、予備を持ち歩くことをおすすめします。

靴は黒のパンプスが良いです。ヒールは5㎝未満のほうが、バランス良く見えますよ。ヒールの太さは安定したものを選びましょう。

スーツがベージュ系なら、パンプスの色は茶系で合わせるのがベストですよ。

バッグ 折らずに書類が収納できるA4サイズを選びましょう。色はブラックが無難だと言えます。床に置いても倒れないように自立型が好ましいですね。

口がオープンなトートバッグ、リュックは書類やパンフレットが入らないためNGです。

アクセサリー アクセサリーをつけるのはOKですが、シンプルなものであることが大前提です。

細いシルバーチェーンにワンポイント、何か小さな宝石がついているタイプにすれば、控えめに見えて印象も良いです。

ピアスも小ぶりの目立たないものであれば大丈夫ですが、指輪は外しましょう。結婚指輪ならつけていてもOKですよ。

コート 無地のブラックやベージュなど、ベーシックカラーのシンプルなコートにしましょう。

おすすめなのはトレンチコートですが、チェスターコートも転職面接に適しています。

髪色や髪型について

女性は髪型も悩んでしまいますよね。そこで、どんな髪型にすると印象が良くなるのか知りたい方も多いと思います。

まずは気になる髪色ですが、黒髪もしくは茶髪が良いでしょう。落ち着いた髪色にすることで、面接官からの印象も良くなります。

髪型については、わかりやすく表にしてみました。

長い髪の場合 後ろで髪を束ねてポニーテール、もしくはシニヨンがオススメです。前髪やサイドの髪が落ちてしまわぬように、スプレーでセットしましょう。

前髪は下ろしていても大丈夫です。ただ、目にかかってしまわないようにするのがポイントです。

ヘアピンは使っても良いですが、見えないよう隠すようにするのがベストです。

短い髪の場合 髪が短い方は、少々まとめにくく目や耳にかかりやすいので、前髪とサイドの髪をスプレーやヘアピンを使って固めておくことをオススメします。

しっかり顔が見えるようにセットすれば、表情がはっきり見えて印象も良くなりますよ。

化粧について

化粧はナチュラルメイクが基本です。顔立ちをくっきりさせる、メリハリを出すようなメイクにするのが良いです◎

リップも少しだけ明るい色にして、血色を見せることで顔が元気に見えますよ。

ただし、ノーメイクは絶対にNGです。これはマナー違反になってしまいますので、控えめにメイクをしましょう。

服装自由の場合はどうしたら良い?

服装自由だと言われた場合、ますますどんな服装にすべきか悩んでしまいますよね。そんな時にオススメなのが、下記のようなコーディネートです。

服装自由と言われたときにおすすめのコーディネート

ブラックのジャケットとパンツに、インナーはベージュのカットソーという組み合わせが無難だと言えます。写真ではジャケットのボタンをせず開けていますが、もちろんボタンをしっかり閉めても大丈夫ですよ。

ここでは裏生地がどんな感じなのか見えるようにジャケットの袖をまくっていますが、転職面接では腕捲りは基本的にNGです。夏場でも腕捲りはNGなので、長袖のまま着用しましょう。

着用しているインナーはV字デザインですが、もちろん丸襟でもOKです。ただ、透けてしまわぬようにきちんと対策をすることを忘れないようにしてください。

パンツスタイルでも足元が見えるので、ベージュのストッキングを着用しましょう。靴はブラックのカジュアルなパンプスで大丈夫ですよ。

少しでも金額を安く抑えたいという方は、ユニクロやGUで探してみるのもアリですよ。

転職の成功率をあげたいなら転職エージェントを利用すべし

「志望企業の内定をどうしても獲得したい!」
そう思えば思うほど、「服装はどうしたらいいんだろう?」「志望動機や転職理由はどういうことを言えば正解なの?」などいろんなことが不安になりますよね?

面接の通過率を高めて転職を成功させたいなら、一度転職エージェントに相談してみるのもオススメです。

転職エージェントでは、キャリアについての相談はもちろん、応募書類の添削や企業別の面接対策など、転職のあらゆるサポートを無料で行なっています。

しっかりしたヒヤリングの上で、キャリアアドバイザーがあなたにマッチしそうな求人も選んでくれるので、まだ見ぬ優良求人に出会える可能性もありますよ!

担当になるキャリアアドバイザーによって、相性や経験スキルが微妙かも・・・という場合もあるので、定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度。まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、サポートを進めてもらうエージェントを、比較・検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

転職面接に役立つおすすめの関連記事

おすすめをする2人の女性

転職面接はどんなスーツにしようか悩んでしまいますが、面接でのマナーも不安ですよね。

失礼な行為をしてマイナスに評価されたくない、少しでも面接官に良い印象を与えたいと思っている方もいると思います。

そんな悩みを抱える方に向けて、面接のマナーなどに関する記事をご紹介します。ぜひ、目を通してみてくださいね。