2019.08.16

転職面接ではスーツが基本!印象が良くなる着こなしをプロが伝授!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職面接の場でどんなスーツを着たら良いのか、悩んでしまうものですよね。具体的にどのスーツやシャツを着こなせば良いのか、男女で変わってくるので選ぶのも大変です。

中には、リクルートスーツとビジネススーツって何が違うの?という疑問をお持ちの方もいると思います。

今回は転職面接で着るスーツに悩む方へ向けて「転職面接でスーツを着る理由」「リクルートスーツとビジネススーツの違い」などをご紹介します。

また、「転職面接の基本的なスーツの着こなし」では、男性編・女性編の2つに分けてポイントを確認していきます。

転職面接でスーツを着る理由

胸に手を当てるスーツを着たビジネスマン

転職の面接でスーツを着るのは、「実際に働いている姿を想像しやすいから」です。業界を問わず着こなせますし、スーツに悪い印象を持っている方も少ないことが理由として挙げられます。

他にも、スーツを着ていると比較的しっかりとしているように見える、という理由もあります。

業界によっては、ビジネスカジュアルや私服など自由でOKな場合もありますが、よほどのことがない限りはスーツを着て行くのがベターだと言えますね。

また、私服とスーツのどちらの場合も、アクセサリーは避けるのが良いです。

リクルートスーツとビジネススーツの違い

右手にAを持ち、左手にBを持つ女性

リクルートスーツとビジネススーツの違いは、簡単に言ってしまえば「リクルートスーツ=学生が就活時に着るもの」「ビジネススーツ=仕事時に着るもの」です。

基本的にリクルートスーツは、無地のスーツ、白いシャツに限られています。具体的には、ブラックで無地のものが主流です。ブラックの他にも、チャコールグレーやネイビーもあります。

一方、ビジネススーツはブラックだけではなく、ネイビーやライトグレーなどカラーバリエーションが豊富です。デザインもチェックやストライプがあります。

シャツのカラーも指定がなく、スーツに合ったシャツを選べるのが魅力です。

また、どちらを着るとしてもネクタイは着用すると無難で、ノーネクタイはおすすめしません。

リクルートスーツは着ても良いのか

転職の面接では、リクルートスーツを着るのは避けましょう。なぜなら、転職者の身だしなみとして適切ではないと判断されてしまう可能性があるためです。

リクルートスーツは、「学生が就活時に着るもの」という印象が強いです。そのため、転職者がリクルートスーツを着てしまうと、学生のように見えてしまい、未熟な印象を与えてしまいます。

20代の転職であれば、リクルートスーツでもOKというケースがあります。その理由はスーツ選びよりも清潔感を優先していることや、ビジネススーツと見分けがつきにくいからです。

ただし、20代後半の転職の場合は、きちんとしたビジネススーツにしましょう。理由は頼りなく見えてしまうからです。

ちなみに、30代でリクルートスーツを着てしまうと、面接官に悪印象を与えてしまいます。リクルートスーツは「就活用のスーツ」という認識が広まっているので、「常識がない」と思われてしまいます。

転職面接のスーツの着こなし〜男性編〜

着こなしと言っても、文章だけでは想像しにくいですよね。

そこで、男性の基本的なスーツの着こなしをわかりやすく、コーディネート写真でご紹介します。

基本的なスーツを着た男性

かっちりとした雰囲気を出すために、ブラックのジャケットとパンツに、白のワイシャツを合わせてみました。

着用しているジャケットは2つボタンですが、アンダーボタンは留めていません。

それは、アンダーボタンは"捨てボタン"と言われており、留めないことが前提になっているからです。

上のボタンと同じくアンダーボタンも留めたくなるところですが、1番下は開けるようにしましょう。

ネクタイはダークカラーをチョイス。ネクタイのカラーはスーツと合わせたカラーにしたので、全体的に統一感が出て引き締まって見えますよね。

「ブラックの革靴の方が無難なんじゃないの?」と思う方もいると思いますが、このくらいのブラウン系ならアリです◎

それぞれのポイントを一覧にまとめました。

スーツ ネイビー(紺)やグレーといった濃い色、ブラックが良いです。無地のデザインにするのが◎ ボタンは2つボタン、3つボタンどちらでもOKです。
ワイシャツ 清潔感が感じられる白がベストです。ただ、ボタンダウンシャツはカジュアルなシーンで着るものなのでNGです。
ネクタイ 派手なものではなく、スーツに合わせたものを選びましょう。 迷ってしまった時は青を選ぶと良いですよ。青は真面目で知的な印象を与える色なので、無難だと言えます。
靴・靴下 靴は、ダークな色の本革で紐付きの靴が良いです。紐付きであれば、ストレートチップ・プレーントゥでもOKですよ。
靴下は、ブラック、ネイビーなど濃い色が基本です。くるぶし丈やハイソックスはNGです。
ベルト 靴の色に合わせるのがベストです。白などの明るい色のもの、バックルが派手なものはふさわしくありません。
カバン 書類を綺麗に収納できるA4サイズが良いです。色は、ブラックやダークブラウンが望ましいです。
大事なポイントは、床へ置いた時に自立するタイプのバッグであることです。
時計 手首にフィットしたもので、盤面がシンプルな時計が良いです。
バンドの色は、ブラック・ブラウン系が好ましいですね。
金属系のベルトの場合は、シルバーなど一式で軽量感あるものが良いでしょう。

【男性編】オフィスカジュアルの場合

オフィスカジュアルの着こなしも、文章だけではなかなか想像できないものですよね。

男性のオフィスカジュアルの着こなしをわかりやすく、コーディネート写真でご紹介します。

オフィスカジュアルを着た男性

ネイビーのジャケットとパンツで統一感を出し、ワイシャツは清潔感と落ち着きのあるブルーをチョイス。

ネクタイが見えやすいよう、この写真ではボタンを外していますが、ジャケットのボタンは閉めておくのがベストです。

ワイシャツは袖から少し見えるようにするのが良いでしょう。ネクタイは派手なカラーを避け、スーツの色合いに合わせてブラウン系にしてみました。

靴はブラックの革靴で、自分の足サイズにぴったりのものを選ぶのが大切です。

金銭的な負担を少しでも減らしたいという方は、ユニクロに頼ってみるのも良いと思います。

転職面接のスーツの着こなし〜女性編〜

女性のスーツの着こなしも同じく、文章だけでは想像するのが難しいですよね。

こちらも同じく、女性の基本的なスーツの着こなしをわかりやすく、コーディネート写真で例をご紹介します。

基本的なスーツを着た女性

ジャケットとスカートはかっちりとしたブラック、インナーは清潔感があるホワイトにしてみました。ポイントは膝丈スカートを着用することですね。

ジャケットのボタンはしっかりとしめ、袖も長くなく手首のあたりまでの長さにしましょう。今回インナーはホワイトカットソーですが、淡いブルーでもOKです。

自分の肌にあったベージュのストッキングを着用し、靴はスーツのカラーに合わせてブラックのパンプスをチョイス。着用しているヒールの高さは4㎝と、転ばない高さのものです。

スーツ 色はネイビーやグレーなど、濃い色のものが良いでしょう。
黒でもOKですが、目立たない柄が入ったものが好まれます。
インナー シャツ・ブラウス・カットソーどれでもOKです。色やデザインはシンプルなもので、清潔感が感じられるものを選びましょう。
色は白、もしくは薄い水色やピンクが良いです。
靴・ストッキング 靴は、ダークな色のパンプスが良いです。 濃い色のスーツなら濃い色のパンプスを、オフィスカジュアルならベーシックな色のパンプスがオススメです。
ヒールの高さは、5〜7㎝で細すぎないものがベスト。
ストッキングは、肌色で無地なものにしましょう。自分の肌と同じ色のものを選ぶのがよいです。
ベルト スーツのインナーに合う、シンプルなベルトであれば問題ありません。
ただ、パンツスタイルでベルトループがついている場合は、ベルトをつける必要はありません。
カバン ダークカラー系のA4サイズのカバンが良いです。
派手なものやブランド物のカバンは「自己主張・個性が激しすぎる」という印象を与えてしまうためNGです。
時計 落ち着いたシンプルなデザインな物にすることを心がけましょう。
男性と同じくブラック・ブラウンを選ぶのがポイントです。

【女性編】オフィスカジュアルの場合

オフィスカジュアルの着こなしも、文章だけではなかなか想像できないものですよね。
女性のオフィスカジュアルの着こなしをわかりやすく、コーディネート写真でご紹介します。

オフィスカジュアルを着た女性

ブラックのジャケットとパンツに、インナーはベージュのカットソーという組み合わせにしてみました。ジャケットのボタンは閉めずに開けたままでもOKです。

裏生地がわかりやすいようにジャケットの袖をまくっていますが、転職面接では腕捲りはNGですので、長袖のまま着用しましょう。

インナーはややV字デザインですが、もちろん丸襟でも大丈夫ですよ。ただ、透けてしまわぬように対策をしっかりすることが大切です。

足元が見えるので、ベージュのストッキングを着用し、靴は基本のコーディネートと同じく、ブラックのパンプスで全体的に統一感が出るように調整してみました。

少しでも金額を安く抑えたいという方は、男性の場合と同様、ユニクロやGUで探してみるのもアリですよ。

転職面接で印象が良いスーツの選び方

スーツをハンガーにかけて収納

転職面接で少しでも印象を良くしたい、と思う方も多いのではないでしょうか?やはり内定をもらうために、少しでも面接官に良い印象を与えたいですよね。

そんな方のために、男女別で良いスーツの選び方をご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

男性編

ビジネスシーンでは、ボタンの並びが1列のシングルスーツが基本です。

スッキリした印象を与えたい場合は2つボタンでVゾーンが広いスーツを選ぶと良いです。かっちりとしたクラシックな印象を与えたいなら、3つボタンでVゾーンが狭いスーツがオススメです。

どちらも自分のサイズにあったものを選ぶのが、大事なポイントですよ。

女性編

女性はパンツスタイルとスカートスタイルの2通りスーツがあります。

パンツスタイルは、活発な印象を与えたい方、営業職を希望している方にオススメです。リクルートスーツならセミワイドのシルエットが良いです。クロップドパンツも洗練された大人の雰囲気が出せますよ。

また、体型が長身で細身の方もパンツスタイルがよく似合います。

一方、スカートスタイルは、女性らしく華やかな印象を与えたい方、事務職や受付を希望する方にオススメです。

スカート丈は膝にかかるくらいがベストですね。ジャケット丈が短いなら、ハイウエストのタイトスカートを選ぶのが良いですよ。

転職面接の悩みはプロに相談してみよう

今回は「スーツの着こなし方」という切り口で、転職面接のアドバイスをさせて頂きました。

もし、あなたが少しでも転職について不安があるなら、転職のプロであるエージェントに相談することをオススメします。

転職エージェントは、面接対策が充実していることで内定獲得率がアップするだけではなく、転職者からヒヤリングしてから求人を提案するので、「転職したけど、この会社イマイチだった。。」なんてことを防ぐことができますよ。

ただ、担当のアドバイザーによっては対応が丁寧ではないこともあるので、2~3社の担当者と面談してみて、信頼できるアドバイザーにサポートしてもらうのがおすすめです!

オススメの転職エージェントを下記にまとめましたので、ぜひご活用ください。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。

そういった方は、幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

また、第二新卒に強い転職エージェントをこちらの記事(第二新卒にオススメする転職エージェント8選)で紹介していますので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

大手の転職エージェントでは、正社員経験のある人が優先的にサポートされ、既卒の方や正社員経験が少ない方は対応もらえないケースもあります。
不安な方は既卒・フリーターの就職支援に強い以下のエージェントにも相談してみましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント

  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイックに
相談する

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

転職面接に役立つおすすめの関連記事

転職面接ではスーツの着こなしの他に、服装やマナーについてもチェックされることになります。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策などの選考に関してわかりやすく解説している記事がありますので、ぜひ参考にしてみてください! 

転職面接で迷う服装|男女別に印象が良くなる選び方などをご紹介!
転職面接で失敗しない基本のマナー!入室から服装まで徹底解説!
転職の履歴書はどう書く?書類選考で落ちないための完全マニュアル!
人事の目に留まる転職の職務経歴書の書き方完全ガイド
転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。