履歴書の渡し方のマナーとは?面接で失敗しないための注意点を解説!

面接時に履歴書を手渡しする際のマナーについて解説しています!

また、履歴書を入れる封筒の選び方・書き方、入れる際の注意点、履歴書の渡し方が合否に影響するのかについても紹介します!

履歴書を渡すときのマナー

履歴書を渡すときの一般的なマナーを紹介していきます。これから面接を受ける人は、以下の内容を参考にし、実践してみてください。

履歴書の渡し方は封筒から出して渡すのがベター

履歴書の渡し方

履歴書を直接手渡しするのであれば、封筒から取り出して渡すのがベターです。

面接官は数多くの応募者と面接を重ねているので、履歴書を封筒から取り出す作業を手間に感じてしまうことや、履歴書を手渡しする場合はその場で内容を確認することが想定されるためです。

履歴書を手渡しするときは、履歴書の下に封筒を重ね、両手で持って面接官が受け取ってそのまま確認できる方法に向け、渡しましょう。

また、クリアファイルについては原則入れないといけないという決まりはありません。ただ、クリアファイルに入れておけば、カバンの中で履歴書が折れ曲がったり汚れてしまうというリスクを防げるので、入れておくのがおすすめです。

受付に渡すときは封筒に入れたまま渡す

企業によっては、持参した履歴書を一旦受付に渡す場合もあります。このときは、封筒に入れたまま履歴書を受付に提出しましょう。

受付の人は、履歴書を面接官に取り次ぐ必要があり、中身を確認することは決まりとして許されていないことがほとんどです。封筒から出して渡してしまっては、自然と履歴書の内容が目に入ってしまうので、気をつけましょう。

ただし、受付に封筒から出してくださいと言われた場合は、素直に企業の方針にしたがってください。

また、受付に渡すときも必ず両手で持って渡しましょう。企業によっては、受付時のマナーもチェックポイントに入ってることがあります。

封筒の書き方と選び方

履歴書の封筒

次に、履歴書を入れる封筒の書き方と選び方を紹介していきます。

封筒に宛先は書かないで良い

郵送などで履歴書を送るのと違い、履歴書を直接手渡しする場合は宛先は書かなくて良いです。宛先を書くのは郵送で履歴書を送る場合のみです。切手に関しても貼る必要はありません。

封筒に書くものは、主に以下になります。

  • 表面左下に履歴書在中
  • 裏面左下に住所と指名
  • 必要であれば日付

履歴書を入れる封筒に必ず書かなければいけないのは「履歴書在中」と「住所・氏名」です。日付に関しては、購入した封筒に書く欄がある場合のみで良いです。

履歴書在中は、購入した封筒に元から書かれている場合は自分で書く必要はありません。また、スタンプを持っているなら手書きでなくとも良いです。

履歴書のサイズに合った封筒を選ぶ

封筒を購入するときは、自分が買った履歴書のサイズに合わせて購入してください。一般的に販売されている履歴書は、A3かB4になります。

A3のサイズの履歴書は、2つ折りにしてちょうどA4サイズになるので、A4の封筒を購入すればちょうど良いです。B4サイズの履歴書なら2つ折りでB5になるので、B5の封筒を購入しましょう。

ちなみに、よく使われている封筒のサイズはA4サイズなので、A4の封筒を購入するのが無難です。

また、色については白か茶色が良く販売されています。封筒の色は厳密に指定はありませんが、白を購入するのが一般的に使われている色のため、間違いありません。

履歴書を封筒に入れるときの5つのマナー

履歴書の入れ方

履歴書を封筒に入れるときは、以下の5点に注意しましょう。

  1. 履歴書→職務経歴書→その他の順に重ねて入れる
  2. 履歴書は封筒のサイズに合わせて2つ折りにする
  3. 重ねた書類は封筒と裏表上下を合わせて入れる
  4. 原則ではないが重ねた書類はクリアファイルに入れたほうが丁寧
  5. 封筒は糊付けしないで良い

上記5点で詳しく解説する必要があるのは「履歴書は2つ折りにする」ことと「封筒は糊付けしないで良い理由」の2点です。

まず履歴書の折り方については、2つ折り以上は折り目が文字に被ってしまう可能性が高くなってしまうためです。先ほど封筒の選び方の話をしましたが、履歴書を2つ折りにしてちょうど良い封筒を選ぶのが良い理由は、この折り目の話に繋がります。

例えば一般的に販売されている縦長の封筒だと、3つ折りくらいにしないと履歴書を収納できません。折り目が増えてしまうと、内容を読みにくくなってしまうのと、見た目的にも綺麗ではないので、おすすめしません。

また封筒を糊付けしなくて良い理由としては、履歴書を手渡しする場合面接しているその場で履歴書を確認することがほとんどです。

糊付けされている封を剥がす手間を省くためにも、封筒は糊付けしないで良いです。

履歴書の渡し方が合否に影響することはほとんどない

ここでまで履歴書の渡し方について解説してきましたが、ぶっちゃけ履歴書の渡し方で面接の合否にはほとんど影響しません。

例えば履歴書を封筒に入れずポケットにしまった状態で持っていったり、渡す際に片手でぶっきら棒に渡すなど、明らかに常識から外れた渡し方をしなければ基本的には大丈夫です。

一応、大手企業の面接を受けるのであればマナーを意識しておくのは無難ではあります。ただ個人店や中小企業の面接を受けるのであれば、最低限のマナーを意識しておけば良いです。

マナーとして、面接で履歴書を渡すときは封筒から出して渡すと説明しましたが、正直封筒に入ったまま渡しても、内定をもらえることは十分にありえるので、履歴書の渡し方にそこまで神経質になる必要はありません。

面接でのマナーを知りたいなら転職エージェントがおすすめ

面接の際に、しっかりとしたマナーを身に付けたいなら転職エージェントに登録するのがおすすめです。

転職エージェントは、求人の紹介だけでなく転職者が内定を獲得できるように、面接対策もおこなってくれます。

面接のマナーもサポートしてくれるので、履歴書の渡し方もレクチャーしてくれます。

とはいえ、転職エージェントならどこに登録しても良いというわけではありません。転職エージェントを選ぶ基準は、担当になったキャリアアドバイザーとの相性で選ぶのが良いです。

相性の良いキャリアアドバザーを探すには、同時に2〜3社の転職エージェントに登録をして、複数のキャリアアドバイザーと面談を重ねるのが効率的です。

転職エージェントに登録するのに抵抗がある人は、以下の記事で面接マナーを解説しているので、確認してみてください。

関連記事転職面接で失敗しない基本のマナー!入室から服装まで徹底解説!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント