20代で転職を検討されている方へ


【プロ直伝】面接で有利になる転職理由の伝え方【回答例付】

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

著者である末永は、ヤフーニュースオールアバウトなどで転職やキャリアについてのコラムを多数執筆しており、転職のプロであると自負しています。

希望する企業の内定を得るために避けては通れない面接では、面接官に自身の転職・退職理由を話さないといけません。あれこれ考えた結果、「やりがいがある仕事がしたいため」「スキルアップのため」「より将来性のある業界にチャレンジしたい」などとアピールしたものの、イマイチ面接官に刺さらず面接を通過できずに困っていたり、ぶっちゃけどう話したら良いのかまったく分からない……という相談をよく受けます。

そこで今回は転職のプロの視点から、面接官を納得させ、劇的に通過率を高められる転職理由・転職理由の伝え方についてレクチャーしていきます。

ケース別の回答例もありますので、なかなか面接に通過できなくて困っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

転職・退職理由は本音を言うべき?

転職・退職理由に関わらず、面接ではウソをつかず本音で話すようにしましょう。

少しのウソならバレないと思って、本音を隠してしまう転職者が多いのですが、これは大きな間違いです。

なぜ、本音で話すことが重要なのかは、百戦錬磨の面接官には転職者が本音で話しているのか、実は一般論で話しているのかをすぐに見抜くことができるからです。

その結果、本音で話していない=ジャッジや判断ができない=お見送りになってしまうことが多いです。

しかし、すべてを本音で話せば良いと言うわけでもないのです。本音で話す際に重要なのは、ただ単に不満を述べるのではなく、より建設的でポジティブな転職理由を話すことです。

そのため事前に自分の考えを整理しておくようにしましょう。

何かしら不満がなければ、現職を辞めようとは思わないものなので、ついつい現職・前職の不満ばかりに目がいきがちですが、ぶっちゃけると採用企業にとって、転職者の不満はどうでもいいことで、評価の対象にすらならないのです。

例えば、自分が面接官で、面接で今の職場についての不満をダラダラと並べられたとしても「う〜ん……気持ちは分かるけど、一緒に働きたいとは思えないな……」と思ってしまいますよね。自分が同じような転職・退職理由を言えば、面接官は同じように思うということなのです。

面接官が納得するように伝えるには「WhatとHow」を意識する!

面接官が納得して、思わず一緒に働きたい!と思うような伝え方をするには、「What(何を言うか)」と「How(どのように言うか)」が重要です。

現職に対する漠然とした不満も、じっくり考える時間をもうけることで、不満の根本的な原因と不満だけではない現職で良かったことなどを分解して考えることができるようになります。

同時に、ポジティブな意味で、よりチャレンジしていきたい業務や分野、方向性も言語化して伝えることも大切です。

浅い答えにならないように、じっくり時間をかけて「What(何を言うか)」と「How(どのように言うか)」を意識して、転職理由を考えると良いでしょう。

面接官は転職理由を3つのポイントで見てる!


書類選考が通っても、面接が通らなければ内定を獲得することはできません。面接を通過するための転職理由を考える際に、まずは「評価する側である求人企業の面接官が、どのようなポイントに注目して転職理由を見ているのか」を知る必要があります。

転職理由に関して、面接官が共通してチェックするポイントは以下の3つです。

3つのチェックポイント
①客観的に聞いていて納得感のある理由か
②転職後、自社でも繰り返さないか
③本当にそれしかないのか

この3つのチェックポイントについて、以下でより詳しく説明していきますね。

①客観的に聞いていて納得感のある理由か

3つのチェックポイントの中でも重要なのが、納得感のある理由であるかどうかです。

面接とはまったく違いますが、例えば、同じスーツでも既製品とオーダーメイドでは値段が変わってきますよね。

既製品はまとめて同じ型で作られているから安く、一方でオーダーメイドは寸法をしっかり測り、生地にもこだわっているので高いです。さらに縫製も人の手で時間をかけておこなっているので、これなら既製品よりも高くても納得してお金を支払えますよね。

面接での転職理由でも同じことで、面接官に納得してもらえる理由であることが大切になってきます。

そこで面接官に納得してもらえる転職理由を考えるのコツを以下で3つご紹介しますね。

1、客観的に見て妥当性があるか

極端な例ですが、「給与が1万円下がったので退職した」場合、当事者としては生活も苦しくなるし、嫌だと感じるのは間違っていないでしょう。

しかし、それだけの理由で会社を辞めるということは、当事者の気持ちはどうであれ、客観的に見て妥当に感じられない、ということなのです。

これがパワハラが激しく、会社に損害を出したとして事あるごとに給与が下がったとしたら、客観的に見て妥当性があると思えますよね。

自分の転職・退職理由に妥当性があるのか、確認してみましょう。

2、他責性が強すぎないか

現状感じている不満が必要以上に、外部環境や他人に責任転嫁している場合もよくないです。

これも極端な例ですが、「怒られた原因が自分にあるにも関わらず、上司にかなりキツく怒られたから辞めた!」という場合は、まさにこれに該当しますね。

本当に自分に責任や原因がなかったのか?」を冷静にしっかり考えるようにしましょう。問題が起きたあとは、頭に血が上ってしまいがちです。冷静に考えることが大切です。

3、変えられない事なのか?

不満や問題に対して、何らかの行動を取れば、不満や問題が解消することがあります。そのためにしっかり行動したのかどうかが、これにあたります。

例えば、上司に強く不満を感じて辞めたいと考えている場合、自分が上司に対して感じている不満を解消するために動いたのか。

まったく不満に思っていることは伝えたり、話し合いもせず、早合点や自己完結してしまっているパターンは意外と多いです。

自分から不満や問題を解消するために、話し合いをおこなえば関係性が改善して、辞める必要はなかったということは往往にしてよくあることです。

②入社後に早期離職の心配はないか?同じ理由で転職しないか?

面接でなぜ転職理由を質問するのか、疑問に思っている人も多いと思いますが、実は「転職理由は入社後の早期離職のリスクを判断するための役割」も果たしています。

とくに人間関係や仕事環境に関わる内容は、転職先でも同じ問題に直面しやすいのです。自分自身での改善の努力などがみられない場合には「また同じ理由で転職してしまうのでは?」という視点でみられる傾向にあります。

改善しようと取り組んだ姿勢や、前向きな目標・目的を示すことで、上記のような懸念を払拭することができます。

③本当にそれしかないのか?

現職の不満を解消することができれば、あなたはそれだけで良い人なの? 他に仕事する上で、大切な事ってもっとないの??」と思われてしまうものです。

こういった面接官が求めがちな視点・概念を、私は転職理由における現職の不満を改善する意味での「ネガティブ回避」に対して、より前向きにこういう事を強化していきたいという意味で「ポジティブの増幅」と呼んでいます。

ポジティブの増幅ができるように2つのポイントを以下で紹介します。このポイントを面接官に対して上手にアピールすることができれば、アナタへの評価は高まります。

(1)採用後にどのような強みを活かして働いてくれそうか

新卒とは違い、中途採用にあたる転職では即戦力として活躍できる強みが求められます。

これまでの経験から「何を武器に転職先で貢献したいのか」を意識して、転職理由にも関連した内容を盛り込むようにすると良いでしょう。

(2)どんな仕事をしたいと考えているのか

2つ目は、具体的にどのような仕事に取り組みたいのかという部分です。

採用ポストに希望・能力が共に合致しているのかは、合否に直接影響します。そのため、転職理由や志望動機で、どのような仕事をしたいのかを具体的に伝えるようにしましょう。

面接官を納得させる転職理由の伝え方


ここまで、転職理由は

①前職の不満・ネガティブ要素を他責にすることなく、ポジティブに伝えること
②それだけではなく、より前向きにこういう事を強化していきたいというポイントをアピールする

という2点セットが重要というお話をしてきました。

この点を踏まえて前向きな転職理由として、「スキルアップ」「やりがい」「業界や会社の将来性」といった内容を話そうかな…?と思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、「もっとスキルアップしたい!」「もっとやりがいのある仕事に挑戦したくて……」「もっと将来性のある環境で働きたくて……」という前向きな転職理由を伝えたにも関わらず、サクッと面接で落とされてしまうというケースは非常に多いです。

ちゃんと考えたのになぜ!?と思われる人も多いので、その理由について以下で詳しく説明していきますね。

一般論では刺さらない

一生懸命考えた転職・退職理由でも、実は多くの転職者が既に同じようなことを伝えているため、一般論になってしまっているケースは案外多いです。このようなケースは、どんなに頑張って考えたとしても、本人にとってのリアルな転職理由として受け取ってもらえないのです。

面接官はその企業に勤めている社員です。自社がとても素晴らしい環境ではなく、実際には大変な仕事も多いと認識していることがほとんどです。

自社での大変な仕事や環境を乗り越えられるだけの「あなたなりの理由や動機付け」が本当にあるのかを厳しく見極めようとしているのです。

そうした視点でジャッジされるので、浅い一般論を伝えるだけでは評価してくれません。

アナタにとってのスキルアップって何?」「アナタにとってのやりがいって何?」「アナタにとっての将来性って何?」など、主語をあなたにした場合のリアルな意志や動機づけを求めているのです。それらを答えられるようにすることが、何よりも大切なのです。

必ず自分なりの原体験をセットにして伝えよう

主語が自分になった場合、どうしたらリアルな意志や動機付けを伝えられるのか、ですよね。

ズバリ、必ず原体験を一緒にして伝えるようにしましょう

一生懸命考えた転職理由や志望動機が他の転職者と似たとしても、原体験までは似てきません。

これまでの人生で体験してきたことを転職理由や志望動機に結びつけるようにするだけで、アナタだけの転職理由や志望動機になるのです。

【ケース別】面接官を納得させる転職理由の伝え方


とはいえ、具体的にどうすればいいの?と困ってしまう人が多いですよね。

そこで、以下で転職エージェントである私が見てきた「ポジティブな転職理由を言ったのにも関わらず、面接ではうまくいかない……」という場合によくある事例と対策をレクチャーしていきます。

【関連記事】
ネガティブな退職理由をうまく伝えるコツを知りたい方はこちらの記事もおすすめ!

キャリアアップしたい

転職理由が「キャリアアップしたい!」といった場合のよくある失敗事例と、面接官に刺さる回答例をご紹介します。

◆よくある失敗事例

転職者
前の職場では成長できないと思い、キャリアアップをするため転職を決意しました。
面接官
前の職場ではどうしてキャリアアップできないの?
面接官
どうしてうちの会社ならできるの?
転職者
えっと…………(汗)

NGな理由
「キャリアアップのため転職を決意した」という理由は、面接官にとってとても好印象です。向上心が感じられ、プラスポイントになるからです。

ただし、納得できる理由が用意されていれば、です。

理由が曖昧だったり、理由を考えていなかった場合にはNGとなってしまいます。

◆回答例

「前の会社は完全に年功序列でした。私自身は高い成果を挙げることができ、会社に一定レベルで貢献できていたという自負があります。

ただ、より責任ある大きな仕事や役職は、常に入社・在籍歴が長い10年以上の年配の先輩方が任されておりました。

より責任のあるもっと大きな仕事がしたい、キャリアアップがしたいと思い上司に直談判してみたのですが、年功序列は変えらず、成果や利益貢献に関わらず10年以上先でないと任せる事はできない、とのことでしたので、今回転職を決意した次第です。」

自分にとってのキャリアアップ=より大きな責任のある仕事にチャレンジする事という具体的に定義することが重要です。

また、なぜ前の職場ではキャリアアップが出来ないのかという理由を明確にすることに、気を配ってください。

その状況にある中で、努力をした結果報われなかったため、転職を決意したという流れに持っていくとなお良いでしょう。

スキルアップしたい

転職理由が「スキルアップしたい!」といった場合のよくある失敗事例と、面接官に刺さる回答例をご紹介します。

◆よくある失敗事例

転職者
もっとスキルアップできる環境で挑戦したいと思い、転職を決意致しました
面接官
前の会社ではスキルアップできないの?
面接官
どうしてスキルアップしたいの?
その先に目指しているものは?
面接官
具体的にどうスキルアップしたいの?
あなたにとってのスキルアップって具体的に何?
面接官
自分がスキルアップしたいだけ?
採用することでうちの会社にどんなメリットをもたらしてくれるの?
転職者
えっと…………(汗)

NGな理由
スキルアップという言葉自体が抽象的で漠然とした言葉なのです。

極論ですが、スキルアップの定義が曖昧であれば、前職・現職でも同じ仕事を1年〜3年続けていけば、スキルアップそのものはできるので評価されないのです。

◆回答例

自分がこれまで行ってきた業務においては、一定高い成果を出せ、通常業務においては一プレイヤーとして習熟する事はできたと自負しております。

ただ、一方で、今後、新しいことを経験したり、身につけたりする機会がありませんでした。そのような状況を改善するため、上長に新しいミッションを任せてもらえないかと交渉してみたり、なるべく他部署とのプロジェクトに積極的に参加したり、ビジネス書を読む等してきました。

一方で現職の営業経験の中でマーケティングに関わるプロジェクトを一部経験する事ができまして、営業よりもより多くの顧客にリーチを行う事ができるマーケティング業務に興味を抱きました。

しかし、今の会社ではマーケティング部門に異動できる機会がなく、御社の商材や顧客層に対してのマーケティング支援の営業経験にチャレンジする事で、自分が求めるマーケティング分野のスキルを向上する事ができ、また同時に、商材は異なりますが現職での自身の営業経験を活かす事で貴社に利益貢献できるのではと判断して、転職を決意しました。

上記のように、具体的にどのようなスキルアップを求めているのか、今の会社ではそのスキルアップができないことを伝えるようにしましょう。

会社は社員のスキルアップをどのように業績に反映させるかを考えます。自分勝手な成長理由を語るのではなく、身につけたスキルをどのようにその会社で活用したいのかといった視点を忘れないようにしましょう

キャリアチェンジしたい

転職理由が「キャリアチェンジしたい!」といった場合のよくある失敗事例と、面接官に刺さる回答例をご紹介します。

◆よくある失敗事例

転職者
新しい環境、職種にチャレンジしたく、転職を決意致しました。
面接官
なぜキャリアチェンジしたいと思ったの?
転職者
えっと…………(汗)

◆回答例

5年間営業を続けてきましたが、営業を続けていく中でお客様の生の声を直接聞く機会が多く、
そういったお客様のニーズに応えるように商品の企画をしてみたいという思いが強くなったため、転職を決意しました。

前職と違う仕事をしたい理由を明確にした上で、向上心のある人材という印象を与える伝え方がポイントです。キャリアチェンジという理由自体がとても好印象なので、後はそれをどれだけ磨き上げるかにかかっています。

ただ、「前職は自分に合わないと感じ、キャリアチェンジがしたくて転職を決意しました」というように、「前の仕事が合わないから」という根拠はNGです。それよりも「前職で培った経験やスキルを活かして、もっと別の分野で活躍したい」というチャレンジ精神をアピールしたほうが、効果的でしょう。

繰り返しになりますが、転職理由は全てにおいて、前向きが1番です。

やりがいのある仕事がしたい

転職理由が「やりがいのある仕事がしたい!」といった場合のよくある失敗事例と、面接官に刺さる回答例をご紹介します。

◆よくある失敗事例

転職者
もっとやりがいのある仕事がしたいと考え、転職を決意致しました。
面接官
そもそも仕事のやりがいって自分で作るものじゃないの?
面接官
見切りが早かったんじゃないの?
面接官
あなたにとってのやりがいって何?
転職者
えっと…………(汗)

NGな理由
どんな仕事も初めから自分の思い通りに大きな仕事ができることはありません。

入社して日が浅いにもかかわらず、「やりがいがない」という理由を述べてしまうと、「うちでもすぐに辞めてしまいそう」「忍耐力がなく、自分本位だな」という印象を与えてしまうので要注意です。

◆回答例

現職では、自社の採用業務を任されています。

2年間毎日、面接業務を担当してきたことで、その人の適性や人柄を限られた時間の中で見極める能力が身につきましたが、毎日同じことの繰り返しで、やりがいの部分で物足りなさを感じるようになりました。

採用のスペシャリストになるために、採用方法の設計や、入社後の教育や評価制度についての知識も身につけたいと考えております。

現在の職場は、採用部門も採用設計・面接・教育・制度設計の業務フローごとに担当がいるため、これらの知識を身につけることが難しい状況です。

そのため、面接だけではなく、採用設計や教育、制度設計などの採用全般の業務に携わるチャンスのある環境で、より仕事の幅を広げたいと思い転職をしようと思いました。

仕事に対するやりがいは人それぞれ違います。「仕事の幅が広がること」「昇進すること」「年収アップ」など、にとによって「やりがい」という定義は異なってくるのです。

自分にとってのやりがいが何なのか、しっかりと言語化・定義しておき、現職・前職では自分の思うやりがいにミスマッチや不一致が出ていることを具体的に伝える必要があります。

将来性のある仕事がしたい

転職理由が「将来性のある仕事がしたい!」といった場合のよくある失敗事例と、面接官に刺さる回答例をご紹介します。

◆よくある失敗事例

転職者
前職の会社では将来性が感じられず、転職を決意致しました。
面接官
あなたにとっての将来性って何?
転職者
えっと…………(汗)

NGな理由
「やりがいのある仕事がしたい」という転職理由と被ってしまいますが、将来性は非常に曖昧な言葉です。

曖昧な言葉のため、多くの転職者が使ってしまうので、具体性が伴わない将来性という言葉は評価しづらい部分があります。

◆回答例

前職では、銀行の法人営業を担当しておりました。

競合の企業の倒産や合併という話も聞きますし、前職で勤めていた会社でも業績が停滞し、リストラの話も上がっておりました。

業界モデル的にも、これから先の飛躍が見込めないのではないかと不安になった時、このままこの業界で営業の仕事を続けていて良いのか?という疑問と、別の業界でこれまで身につけてきた営業のスキルをさらに磨いていきたいと思い転職に思い至りました。

やりがいと同じように、自分自身にとっての「将来性」が何なのかをしっかり定義するようにしましょう。

将来性とは「自分自身の能力・スキルアップなのか」「会社でのポジションが上がることなのか」「会社が倒産しない安定性なのか」など、自分の中でどういう定義なのか、明確に答えられるように考えてみてください。

面接では将来性の定義を明示するとともに、その将来性を志望動機と絡めて話せるようにしておくと、一貫性があって面接官を納得させやすいです。

転職の面接は誰のためのもの?


面接官側の視点を考えた上で、客観的に自分の転職理由を捉えることが大切だと感じていただけたのではないでしょうか。

そもそも、面接は誰のためのものでしょうか?

あなたにとっては、現職での不満を払拭して、次の環境へ移るための選考の機会であると思いますが、企業や面接官にとっては、あくまで自社の採用ポジションに適切な人材を採用・配置し、パフォーマンスをあげていただけそうな人を、見抜くための場です。

当たり前ではありますが、決してあなたの転職理由を解決するために、企業は採用や面接を実施しているわけではない、という点を意識して行けば、理解が早く近視眼的な考えには陥らないと思います。

もちろん、前職の不満を解消できないにも関わらず、環境を変える意味はあまりないと思いますので、それはそれで尊重すべき事であるのは言うまでもありませんが……。何事もバランスが大切という事ですね。

「面接が上手くいかない、自信がない」そんな方は転職のプロの力を借りてみよう!


面接では、「なぜ転職をしようと思ったのですか?」と絶対に聞かれます。その際に第三者目線で、転職理由をちゃんと言語化しておくことが求めらます。

正直、自分1人ではこの答えを導くのが難しいため、転職の専門家である転職エージェントにアドバイスを貰うのが良いでしょう。

しかし今回がそもそも初めての転職で、転職エージェントってキャリア相談にちゃんと乗ってくれるの?とか、転職先をちゃんと紹介してくれるのか?など不安を感じるのではないでしょうか?

確かに転職エージェントは、私のような中小エージェントから、大手企業と数多くあり、良い・悪いがあります。今回が初めての転職という方は、まず念のため大手の転職エージェントに登録をしてみるのも1つの手段です。

そこで転職のプロである私がおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずはここに登録すべし!定番エージェント!

紹介実績、求人数共に業界No1!転職者の8割が利用している転職エージェント。

リクルートエージェント

特徴
【メリット】

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

【デメリット】

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方

大手エージェントの中でも、特に20代・若手に強みをもつエージェントです。

マイナビエージェント

特徴
【メリット】

  1. 大手の転職エージェント
  2. 若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート
  3. 20代の若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有
  4. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案を行ってくれます

【デメリット】

  1. 大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 20代で転職を考えている方
  2. 異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方

リクルートエージェントと並ぶ、業界最大手のエージェント。コンサルタントが厳選した求人を紹介してくれます。

doda

特徴
【メリット】

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます

【デメリット】

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

第二新卒・未経験転職に強い転職エージェント


ジェイック


第二新卒・未経験の転職に強い転職エージェント。

面接対策・履歴書の書き方・ビジネスマナーなどの無料講座を提供しており、転職決定するまで1対1で個別サポートしてくれます。

特徴
【メリット】

  1. 面接対策・履歴書の書き方の無料講座を受講できる為、面接対策は万全!
  2. 専任のスタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に除外しており、転職後の定着率は94.3%!

【デメリット】

  1. 「無料講座を受講 ➡︎ 求人紹介」 という流れになる為、無料講座の受講が必須となります
こんな人がおすすめ!
  1. 大手の転職エージェントに登録したものの、面接対策に不安のある方
  2. 経歴に自信がないから無料講座を受けてみたい方
  3. フリーターから正社員への就職を目指している方

「大手転職エージェントを利用したけどサポートしてもらえなかった。。」という方も、ジェイックではサポートを受けることが可能です!


女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性にオススメの、事務の求人や残業なし・少なめの求人も多数取り扱い!
女性の方は間違いなく登録しておくべきエージェントです!

※サポートエリアが1都3県に限られます。
希望勤務地が上記のサポート対象外の場合は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

type 女性の転職エージェント

特徴
【メリット】

  1. 女性のアドバイザーが担当
  2. 女性にオススメの求人を多数保有している
  3. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  4. 女性の転職に10年以上のノウハウ

【デメリット】

  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!

  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

ビズリーチ

特徴
【メリット】

  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる

【デメリット】

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!

  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

JACリクルートメント

特徴
【メリット】

  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)

【デメリット】

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!

  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

エンジニアやクリエイターの転職に強いエージェント

マイナビIT
特徴
【メリット】

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

【デメリット】

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという方

特徴
【メリット】

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 専門用語はもちろん最新技術の話が通じるキャリアアドバイザー

【デメリット】

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

エンジニアやクリエイターの転職に特化したエージェントは正直多くありません。
エンジニアやクリエイターとして転職したいという方は、レバテックキャリア・マイナビITの両方に登録しておく事をオススメします。