【必読】女性に多い転職理由って?印象の良い伝え方を伝授!

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職をしようと思った理由は何ですか?」と面接で必ず質問されることですよね。

事前に準備していたとしても、本当に言っても良いことなのか不安に思っている女性の方も多いかと思います。

上手く答えられず、不採用になってしまった……という女性の方を何十人も見てきました。

そこで、今回は転職のプロである筆者が「女性に多い転職理由」「ケース別に転職理由の伝え方」を徹底的にご紹介します。どういう点に気をつければ、面接突破率をあげられるのか、そのアドバイスもします。

転職理由を上手く伝えられるか、不安に思っている女性の方はぜひ参考にしてください。

女性に多い転職理由ランキング


dodaが発表している「転職理由ランキング2018」によると、女性に多い転職理由は以下のような結果となりました。

1位:ほかにやりたい仕事がある
2位:残業が多い/休日が少ない
3位:給与に不満がある
4位:会社の将来性が不安
5位:専門知識・技術力を習得したい
6位:雇用形態を変えたい
7位:土日祝日に休みたい
8位:幅広い経験・知識を積みたい
9位:家庭環境の変化によるため
10位:女性が働きにくい環境であることが不満

参考:dodaの転職理由ランキング2018

1位は男女共に「ほかにやりたい仕事がある」でしたが、2位以降はバラツキがありました。

共通する退職理由もあるものの、女性らしく結婚・出産を意識した理由「雇用形態を変えたい」「家庭環境の変化によるため」「女性が働きにくい環境であることが不満」がランクインしています。

女性は男性と違い、ライフイベントによって人生が大きく変化します。例えば、出産し、子供を育てることを考えて、正社員からパートへと雇用形態を変える人もいるぐらいです。

上記のランキングを元に、女性に多い転職理由とその伝え方について、以下で詳しくご紹介していきます。

転職理由〜キャリア・スキルアップしたい〜


キャリア・スキルアップしたいという理由で、転職する女性も多いです。

かつては女性という理由だけでキャリアアップを諦める人が多くいましたが、女性の社会進出が促進されたのもあって、昔よりもキャリアアップを目指す人が増えました。

キャリアアップ・スキルアップすることで、仕事にやりがいを感じられますし、その結果は給与にも反映されていきます。

ただ、どのように伝えるのが良いのか、それが悩みどころですよね。伝え方について、以下で詳しくご紹介します。

キャリアアップしたい場合

キャリアアップのための転職という理由は、面接官にとっては好印象につながります。

ただし、注意したいのが、納得できる理由であれば、に限られることです。

なぜ前職でキャリアアップができないのかどうして応募した会社でキャリアアップできると思ったのか、この2点についてしっかり考えて伝えるようにしましょう。

アドバイス
なぜ、前職でキャリアアップができないのかという理由を明確にしましょう。

その状況下で努力をした結果、報われなかったために転職を決めた、という流れに持っていくといくと面接官への印象が良いです。

スキルアップしたい場合

スキルアップしたいという理由も、キャリアアップと同様、面接官にとって好印象になります。

ただ「本当にスキルアップだけが転職理由なのか?」と面接官は疑いますので、ややリスクのある転職理由だと言えるでしょう。

なぜ、そのスキルが必要なのか?」「なぜ応募した企業である必要があるのか」を答えられるようにしておく必要があります。

アドバイス
会社は社員のスキルアップを、どのように業績へ反映させるかを考える傾向にあります。

だからこそ、習得したスキルをどのように、その会社で活用していきたいのかといった視点から、答えるようにしましょう。

転職理由〜待遇に不満がある〜


給与面や残業が多いなど、待遇に不満を抱いている人はとても多いです。

例えば、一般職で採用されたのに、いざ入社してみたら総合職で想定していた業務内容と違っていたなど、働いていると何かしらかの不満を抱くものです。

他にも入社前の面談で聞いていた内容と違う、といったケースもよくあることです。

待遇に関する不満で、とくに多いのは給与の低いです。給与に対して不満を抱いている場合、どのように伝えたら良いのかをご紹介します。

給与が低い場合

給与の低さが転職理由の場合は、仕事内容を通して自分がどうなりたいのかについて、伝えるようにするのが良いでしょう。

ストレートに伝えてしまうとマイナス評価になってしまうので、注意が必要です。

企業側からしても、給与を上げたいという転職理由では「採用したとしてもまた同じようなことを思って、退職されるのでは?」と考えてしまいます。

本当は「給与を上げるために転職した」としても、面接では「仕事内容や業務を通して自分がどうなりたいのか」について語るようにするのが良いでしょう。

アドバイス
ここで大切なのは「自分の努力や成果が正当に評価してもらえない」ということを伝えることです。

自身の実績を評価してほしい」という希望に変換するのが◎

実績が評価される会社なら、より頑張れることを強調するのが効果的です。

転職理由〜ライフイベント〜


女性は男性よりも結婚や妊娠・出産の影響を受けやすく、転職理由になることが多いです。

近年では、産休や育休を取得しやすい会社が増えていますが、すべての会社ではありません。

家庭と仕事を両立できるように、転職する場合、どのように答えるのがベストなのか、以下でご紹介します。

結婚・出産を経験した場合

結婚や出産を経験した場合は、正直に話しても問題はありません

ただ、面接官は「また家族の都合で退職するのでは」「採用しても妊娠や出産で辞めてしまうのではないか」と不安を抱きます。

だからこそ、仕事を続けていきたいという意思や、家族の理解についてなど、上手に伝えることが重要となります。

アドバイス
今は家庭の状況が落ち着いており、家族の賛同もしっかり得ていることを伝えましょう。

それだけでなく、自分なりに努力をして会社に貢献していきたい意思もあわせて伝えると、面接官への印象は良いですよ。

転職理由〜労働環境を変えたい〜


働いていると上司、同僚、後輩など、様々な人間関係に対して、ストレスを感じることが多いですよね。

一方的にライバル視されている、上司になぜか嫌われているなど、理由は様々です。

人間環境が上手くいかず、転職する場合はどのように伝えるのが良いのか、以下でご紹介しますね。

人間関係が上手く行かなかった場合

人間関係は難しく、簡単にいかないことが多いです。実際に人間関係が悪化して、転職している人が多いので、難しい問題でもあります。

人間関係の悪化により転職を決めた」と伝えると、「同じことが起きた場合、また転職するのではないか」と思われてしまいます。

人間関係が悪いということはそのまま伝えず、ポジティブに捉えてもらえるように答えるのがベストです。

アドバイス
前の会社は他の方と連携を取ることができなかった」と伝えるのが良いです。

周囲と意思疎通を取りながら働きたい」と伝えることで、ポジティブな印象を与えることができるでしょう。

激務だった場合

毎日の残業が多く、体力的にも厳しいということを、転職理由にする人も実は多いですね。

ただ「定時に帰りたい=意欲の低い人物」だと誤解されてしまうことがあります。

前職では終電まで仕事をしていたが、できるなら22時までには帰りたい」など、面接官が納得できるような回答にするのがベストです。

アドバイス
残業自体を理由にするのではなくて、「残業が成長の妨げになっている」ことを理由にすると良いでしょう。

自身の成長の妨げになっていると伝えることで、面接官に「意欲のある人だ」と印象付けられます。

面接で転職理由を上手く伝えるコツ


転職理由を上手く伝えるのは、実はなかなか難しいことです。

ウソを言えば、どこかで必ずボロが出てきますからね。でも、本当のことを言えば、面接官によくない印象を与えてしまうことも多いです。

そんなときに役立つのが転職エージェントです!

転職エージェントでは、面接対策をおこなってくれるので、どうすれば印象が良い転職理由になるのかアドバイスをしてくれます

また、面接の練習で上手い伝え方も伝授してくれますよ。

転職理由を上手く伝える自信がない女性の方は、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

女性におすすめな転職エージェントの紹介

女性はライフイベントがあるため、とくに30代からの転職活動が厳しくなります。

そのため、現在勤めている人は、安易に転職するのではなく、本当に転職する必要があるのかどうか考えるようにしましょう。

よく考えた結果、今の会社で働き続けていくことが難しいようなら、転職を視野に入れるのも良いと思います。

転職をする際には、転職エージェントを利用すると、納得のいく転職ができますよ!

もちろん、出産や育児を機に一度退職をし、転職活動している女性にもおすすめですよ。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに並ぶ、国内最大級の転職エージェント!
多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!
「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい」という方はdodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートと並ぶ豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人をプロに絞り込んでもらいたい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミから分かる利用すべき人  

2018.10.15

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18