20代で転職を検討されている方へ


女性の転職理由は面接でどう伝えればいいの?

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職のプロがぶっちゃける形で転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職をする際に誰もが不安を抱くのは、やはり面接での受け答えではないでしょうか?

実際に、転職理由について質問され、うまく答えられず不採用にされてしまった、という方も多くいるようです。

面接でどんな風に転職理由を伝えたら良いのか、気をつけることで採用してもらえる確率を上げられます。

では、女性の転職理由や面接での伝え方について、ご紹介していきますね!

待遇に不満がある場合

一般職で採用されたのに、いざ入社してみたら総合職と業務内容がほとんど変わらなかった、というような待遇面に不満がある場合。

他にも、入社前の面談で聞いていた内容と違う、というケースもありますよね。

中でも特に多いのは、給与の安さです。
この場合なんて伝えるのがベストのか、次でご紹介します。

給料が安い場合

給料の低さが転職理由の場合は、仕事内容を通して自分がどうなりたいのかについて、伝えるようにするのが良いでしょう。

ストレートに伝えてしまうとマイナスに。
企業側からしても、給料を上げたいという転職理由では、採用したいと思ってもらえないことの方が多いです。

仕事内容や業務を通して自分がどうなりたいのか、語るようにするのが良いでしょう。

アドバイス
ここで大切なのは「自分の努力や成果が正当に評価してもらえない」ということを伝えることです。

自身の実績を評価してほしい」という希望に変換するのが◎。
実績が評価される会社なら、より頑張れることを強調するのが効果的です。

女性のライフイベントを経験した場合

近年では、育児休暇を取得しやすい会社も増えてきています。

ダイバーシティなどを導入する会社も増えていますので、女性転職者の採用率も以前に比べて上がっています。

では、ライフイベントを経験した場合、なんて答えるのがベストなのでしょうか?
結婚や出産を経験した場合について、ご紹介していきます。

結婚・出産を経験した場合

結婚や出産を経験した場合は、正直に話しても問題はありません

ただ、面接官は「また家族の都合で退職するのでは」、「採用しても妊娠や出産で辞めてしまうのではないか」と不安を抱きます。

だからこそ、仕事を続けていきたいという意思や、家族の理解についてなど、上手に伝えることが重要となります。

アドバイス
今は家庭の状況が落ち着いており、家族の賛同も得ていること。
そして、自分なりに努力をして会社に貢献していきたいという旨を伝えましょう。

キャリア・スキルアップをしたい場合

キャリア・スキルアップしたいという理由で、転職する女性の方も多く見られます。

キャリアアップ・スキルアップすることで、仕事にやりがいを感じられますし、その結果に伴って給与にも反映されていきます。

ただ、どのように伝えるのが良いのか、それが悩みどころですよね。
それでは、ご紹介していきます。

キャリアアップしたい場合

キャリアアップのための転職という理由は、面接官にとっては好印象につながります。

ただし、注意したいのが、納得できる理由であれば、に限られることです。

なぜ前職でキャリアアップができないのか、どうして応募した会社でキャリアアップできると思ったのか。
この2点について考えてみましょう!

アドバイス
なぜ、前職でキャリアアップができないのかという理由を明確にしましょう。

その状況下で努力をした結果、報われなかったために転職を決めた、という流れに持っていくと良いです。

スキルアップしたい場合

スキルアップしたいという理由も、キャリアアップと同様、面接官にとって好印象になります。

ただ「本当にスキルアップだけが転職理由なのか?」と面接官は疑いますので、ややリスクのある転職理由だと言えるでしょう。

なぜ、そのスキルが必要なのか?」、「なぜ応募した企業である必要があるのか」を答えられるようにしておく必要があります。

アドバイス
会社は社員のスキルアップを、どのように業績へ反映させるか考える傾向にあります。

だからこそ、習得したスキルをどのように、その会社で活用していきたいのかといった視点から、答えるようにしましょう。

職場の労働環境に不満がある場合

職場の労働環境に不満を抱いている方も、実際には多くいます。
人間関係、激務、即戦力として期待されすぎる、など。

そういった場合には、どのようにして伝えるのが良いのでしょうか?
次で詳細をご紹介していきます。

人間関係が上手く行かなかった場合

実際に人間関係を転職理由にしている方が多く、難しい問題でもあります。

人間関係の悪化により転職を決めた」と伝えると、「同じことが起きた場合、また転職するのではないか」と思われてしまいます。

人間関係が悪いということはそのまま伝えず、ポジティブに捉えてもらえるように答えるのがベストです。

アドバイス
前の会社は他の方と連携を取ることができなかった」と伝えるのが良いです。

周囲と意思疎通を取りながら働きたい」と伝えることで、ポジティブな印象を与えることができるでしょう。

激務だった場合

毎日の残業が多く、体力的にも厳しいということを、転職理由にする方も今では多く見られます。

定時に帰りたい=意欲の低い人物」だと誤解されてしまうことがあります。

前職では終電まで仕事をしていたが、できるなら22時までには帰りたい」など、面接官が納得できるような回答にするのがベスト。

アドバイス
残業自体を理由にするのではなくて、「残業が成長の妨げになっている」ことを理由にすると良いでしょう。

自身の成長の妨げになっていると伝えることで、「意欲のある人だ」と印象付けられます。

まとめ

女性はライフイベントがあるため、特に30代からの転職活動が厳しくなります。
現在会社に勤めている方は、本当に転職する必要があるのかどうか考えてみましょう。

もし、よく考えてみて今の会社を続けていくことが難しいようでしたら、転職を視野に入れるのも良いと思います。

その際は、転職エージェントを利用すると、自分が納得できる転職ができます。

もちろん、出産や育児を機に一度退職をし、転職活動している方にもオススメですよ。

type 女性の転職エージェント

<メリット>

  1. 女性のアドバイザーが担当
  2. 女性にオススメの求人を多数保持している
  3. 未経験でも挑戦できる職種が多数
  4. 女性の転職に10年以上のノウハウ

<デメリット

40代以上の求人が少なく感じられるかもしれません

<こんな人にオススメ>

女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!

「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

 

doda

<メリット>

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます
  4. 女性のアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

 

マイナビエージェント

<メリット>

  1. 大手の転職エージェント
  2. 営業系の転職先を多数掲載
  3. 若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート
  4. 20代の若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有
  5. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案を行ってくれます

<デメリット>

  1. 大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 20代で転職を考えている方
  2. 異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方