2019.08.14

転職面接で緊張するのは◯◯が理由!成功率UPの法則を大公開

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職面接の結果次第で入社できるかどうか決まるので、うまく伝えられるか、失敗しないか、不安と緊張で頭がいっぱいになってしまいますよね。

その結果、余計なことを言ってしまうとか、逆に言いたいことを言えずに終わってしまった…なんてこともあると思うんです。

そういう経験がある方に向けて、今回は緊張して転職面接に失敗してしまわぬよう、「緊張しないための方法」や「当日にやっぱり緊張してしまったときの対処法」などについてご紹介します。

転職面接で緊張してしまう理由

転職の面接で緊張するビジネスマンと面接官

転職面接で緊張してしまう理由は、企業側に「採否」という形でジャッジされる場だと思い込んでしまっているからです。

その心理から「変なことを言ったらどうしよう」「うまく伝わっているのかな」など、あれこれ考えてしまい、さらに緊張してしまうんです。

確かに企業側は「採否」という形であなたをジャッジします。ですが、あなたもまた「本当にこの会社は自分に合っているのかな」という視点で企業をジャッジしますよね?

つまり、企業の採用担当者もあなたも、面接の場においては対等なんです。ですから、合否が決まる一発勝負の試験とは考えず、「対話の場」と考えて自分らしく臨めば良いんです。

転職面接で緊張しないための方法

転職の面接で緊張しなかったビジネスウーマンが両手を上げて後ろを向いている

転職面接で緊張しないようにするためには、練習を繰り返すしかありません。場数を踏むことで面接官が面接でどのような質問をしてくるのか。その質問に対してどう答えれば良いのか、掴めるようになります。

ただ、場数を踏むと言っても「今すぐバッチリ対策しておきたい」と考える方が多いと思います。そこでおすすめなのが転職エージェントです。

面接対策を依頼できるので、実際の面接と同じような雰囲気で練習することが可能です。様々なアドバイスを受けられるので、きちんと回答できるようになりますし、少しずつ緊張感にも慣れると思いますよ。

転職エージェントに頼るのはちょっと気が引けちゃうな…という方は、面接対策の記事がありますので、こちらもご覧になってみてくださいね!

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説
転職面接で失敗しない基本のマナー!入室から服装まで徹底解説!
転職では自己分析が決め手!面接で活かすコツを伝授!
【転職面接】すぐに使える自己PRの考え方・答え方を伝授【回答例】
転職での不安解消方法をプロが伝授!ケースごとで解決策を徹底解説!
転職で面接官の心をがっちり掴む自己紹介の話し方【例文つき】

緊張してしまったときの対処法

面接官は転職者が緊張していることを承知しています。ですから、変に取り繕うのではなく「緊張してうまくお伝えできないかもしれません」とはじめに伝えるのがベストです。

そうすることで心に余裕ができて、ゆっくりでもきちんと話せるようになりますよ。

リラックスすることは難しいことですが、緊張して焦っても良い結果にはなりません。緊張しすぎると早口になりがちになりますし、言葉遣いもぎこちなくなるので、一呼吸おいて心を落ち着かせてから話すように心がけましょう。

緊張して考えてきたことを忘れてしまったら?

転職の面接で緊張のあまり考えたことを忘れたビジネスウーマン

緊張して考えていたことを忘れてしまった時は、慌てずに「申し訳ございません、緊張のあまり考えていたことが抜けてしまいました。10秒だけ考えても良いでしょうか」と伝えるのが良いでしょう。

そう伝えることで面接官も「慣れていない場だから緊張するのも当然だ」と思い、寛大に見てくれるはずです。

極度に緊張すると考えていたことを忘れてしまうというのは、誰にでもあることです。もちろん挽回のチャンスもあるので、どうか諦めないでください!

転職の面接で緊張してしまった失敗談

自分が思っている以上に緊張してしまい、転職面接で失敗してしまったという話をよく聞きます。

実際に転職のサポートをしていると、そういう相談を受けることも多いです。

そこで筆者がサポートしてきた転職者からお聞きした失敗談で、よくあるものをいくつかご紹介します。

失敗談1:入室時に失敗してしまった…

まず、1人目の転職者の失敗談をご紹介します。

Aさん

お見送りが続いていて、心に余裕がなくいっぱいいっぱいになっていたのもあるのですが、入室時に失敗してしまって…。

一気に血の気が引いてしまって、気持ちを立て直せないまま面接が進んでしまいました。

焦れば焦るだけ頭の中が真っ白になってしまい、あんなに色々考えていたのにすべて抜けていました…

余裕があれば臨機応変に対応できたのですが、失敗してしまったことと頭が真っ白になってしまったことで、軽くパニック状態に。

質問に対してもしどろもどろになってしまって、面接官が知りたいこととズレた回答をしてしまいました。

失敗談2:いつもの自分が出せなかった…

次に、2人目の転職者の失敗談をご紹介します。

Bさん

私はどちらかと言えば、おしゃべりが好きで話すのは得意なほうなのですが、面接で緊張するあまりいつもの自分を出せませんでした。

黙ってしまうと印象が悪くなるから、喋らないと!って思ったけど、テンパってたのもあって口から出るのは関係のないことばかり…

的を得た回答でないと、評価の対象にならないのは分かっていたけど、焦ると本当にダメです。面接で何を話したのか分からないぐらい、最後はボロボロでした…

失敗談3:緊張のあまり眠れず大失態…

最後に、3人目の転職者の失敗談をご紹介します。

Cさん

緊張のあまり眠れなくて…前日は早めに布団に入ったけど、緊張していて気がつけば夜明け前。そこからやっと眠気に襲割れて、次に目が覚めたのは、家を出る20分前!

慌てて準備をして、面接会場に着いたのはギリギリの時間でした。本当は周辺を歩いて心を落ち着かせようと思っていたのに、もうそれどころではなくなってしまいました。

バタバタとした気持ちのまま面接に臨むことに。急いでいたのもあって携帯の電源を切り忘れる始末。

面接中に携帯に着信が入って、爆音で着メロが…。もう挽回のしようがないほどの雰囲気で、結果は不採用でした。

緊張のあまり眠れなくて、確認を怠った自分のミスでした…。

緊張せずに面接を突破するためのコツ

転職の面接で緊張している人に向かって拳で応援する男性

これまで説明をしましたが、緊張しないで面接を突破するには練習しかないです。繰り返し何度も練習して、頭の中に叩き込むしかないんですよね。

1人でも面接の練習はできますが、模擬面接をやることが最も効果的だと言えます。とはいえ、友人や家族では面接官の視点で見てもらえないですし、緊張感もないのでオススメはしません。

筆者としては、転職のプロである転職エージェントに面接対策を依頼をするべきだと考えています。転職エージェントは企業ごとに面接のポイントを知っているので、的確なアドバイスをもらうことができます。

また、転職エージェントは面接の想定質問集を持っていますので、事前の面接対策も万全にしておくことができるのでオススメです!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。

そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント

  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイックに
相談する

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。