2019.08.14

転職活動の志望動機を書けない第二新卒の転職者の方たちへ

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

「企業の志望動機を考えられず困っています…」第二新卒の方の転職相談にのっていると、こういった悩みを聞くことが非常に多いです。

今回は、第二新卒の方向けに、転職の面接における志望動機のポイントや、あるあるの失敗例などをご紹介したいと思います。

第二新卒の志望動機は「なぜうちに転職したいの?」が語れればOK

第二新卒での転職の場合、正直過去の仕事での実績はあまり気にしません。それよりも「なぜ弊社に転職したいのか?」という点を重要視します。

それは社風や経営理念、事業内容なのか、あるいはそれ以外の点なのかを、前向きで面接官にとって納得感がある理由を志望動機に盛り込む必要があります。

転職者によって、納得感のある理由は様々なので一概には言えませんが、過去にご自身が経験したことや考えていることから考える場合が多く、なんの根拠もなく作られた志望動機だと面接の通過率も極端に落ちることが大半となっていますので、よく考えて転職活動に臨んでもらいたいと思います。

要注意!こんな志望動機・転職理由はNG!

面接官に嫌がられる志望動機や転職理由として多いのは、現在の会社の嫌な部分やマイナスな面を強調するケースです。

たとえばですが、「やりたいことができない、残業したくない、人間関係の悪化等」です。

現職について悪く言えば言うほど、それがたとえ事実であっても、それを自分で選んだ責任を感じていない点を強調してしまう事になるのです。

どの企業にも良い面と悪い面がありますので、面接官からすると、転職後の会社のマイナス面を見て、また退職してしまうのではないかと考えます。

また、面接官はあなたのことを他責性が強く、そもそも魅力的な人間とは感じられず、一緒には働きたくないなと考えてしまいますので、ご注意下さい。

志望動機を考える前に、転職の軸を明確にしよう

第二新卒の方の場合の転職は、はじめての転職活動、つまり新卒で最初に就職した企業とのミスマッチ転職がほとんどです。

一度失敗しているので、第二新卒の転職においては、より慎重になって求人企業選びを行う必要がありますが、仕事選びの動機に「自分なりの軸」がない場合、再度ミスマッチが起きてしまう確率が非常に高くなってしまいます。

転職の軸を明確にするために、まず以下の点を具体的に説明できるよう言語化しておきましょう。

  • 今の会社の仕事の中で、具体的にどこに対して課題や不満に感じているのか?
  • また、具体的に何をどのように改善すれば、自分は満足できそうなのか?

そうすると面接官としても、今の会社選びに対してしっかりと自分なりに反省して、振り返りができており、また同じ事を繰り返さないように、次の転職先に対して、職場や仕事に期待している事が具体化できており、PDCAサイクルを回せているのだな、と思ってもらいやすくなります。

志望動機・転職理由は「前向き」がポイント

志望動機・転職理由は「前向き」な理由が好まれます。

現在の会社で見つけた課題や、やり遂げたいことを明確にし、御社なら実現できるということを論理的に説明できると非常に良いです。

「現職で学んだことを活かしてこんなことをしたい」と言えればベストかと思います。

また、第二新卒では「やる気」や「チャレンジ精神」を重視している企業も多いので、その辺も織り交ぜて話せると良いでしょう。

面接官の意図を汲み取った回答を心がけよう

日々、転職のサポートをしたり、面接対策をさせていただく中で、志望動機を混同して考えている方が多いので、ここでしっかりと定義をしておこうと思います。

志望動機的な事は以下の4点に大きくわかれます。

  1. 転職理由(現職を辞める理由・不満や課題)
  2. 仕事選びの動機(業界・職種への動機)
  3. その会社への志望動機(その会社を受けた理由・入社志望理由)
  4. 将来を踏まえて自分がやっていきたい事(仕事を通して大事にしたい軸)

上記の()内のような定義があるわけですが、面接官から、2番について聞かれてるのに、1番について答えてしまっていたり、2について聞かれているのに、3番について回答してしまっている、なんて事はよくあります。

自分では気づきにくいポイントですが、もし「ちゃんと聞かれたことに答えているのに、面接でお見送りされる…」という方は、このポイントがずれてしまっているケースが多かったりするので、意識してみるといいと思います。

面接においては、1〜4において今何について聞かれているのかを、しっかりと把握した上で、意図に沿った回答を心がけるといいでしょう。

志望動機が思い浮かばない時はどうしたらいいの?

そもそもその企業への興味が無ければ、その企業への志望動機をわざわざ考える必要は無いはずです。

恐らく、転職エージェントに紹介されたからなんとなく…と、自分にとっては興味もなければ、大して転職したい企業や職種でもない可能性があります。

志望動機が考えられない企業へ、無理して転職する必要はそもそもないんじゃないでしょうか? それこそ、また転職のミスマッチが起きる可能性が非常に高いです。

興味はあるけど、志望動機が思いつかないよ…とお悩みのかたは、こちらの記事も参考にしてみてください。

【完全保存版】志望動機を書けない20代転職者の方たちへ

また、転職理由の伝え方はこちらの記事で詳しく解説していますので、合わせて参考にして頂ければと思います。

転職理由を面接で上手く伝える方法!面接官にハマる回答例付き!

転職のミスマッチを防ぐには、自己分析が超重要!

第二新卒の方は、まだ現職の業界や職種の経験も浅く、この分野のプロと自負できる状態ではなかったり、なまじ年齢が若いために次の選択肢も多かったりします。

また、20代、第二新卒ではじめて転職活動を行う方々の転職理由として、新卒で入社した会社選び(場合によっては業界・職種選び)をミスマッチしてしまったが故に、そもそも現職とは全く違う業界への転職を希望される事が多いです。

そのために、他の業界の事はよくわからないし、何がしたいか、どうやって選べば良いのかわからない!といった事になりがちです。

そのアプローチとして、具体的にその業界の仕事内容をビジュアル・映像でイメージできるようになるくらい、情報収集して妄想してみるのが良いと思いますが、そもそもそういった業界・職種を選定する方法としては、大まかに以下2つがあります。

  • 自分の価値観(モチベーションの源泉)を知る事
  • 将来のキャリアビジョンを明確にすること

いわゆる自己分析ですか…、新卒でもやりましたよ!という感じかもしれませんが、非常に大事です。 新卒の時に十分にやれていたのなら、第二新卒で転職する必要が無いので、自己分析も十分じゃなかった可能性が非常に高いです。

「自分だけで十分な自己分析ができるか不安」という方は、転職エージェントに一度相談してみるのも1つの手です。

転職エージェントでは、プロのキャリアアドバイザーが転職の悩みや進みたい業界・職種などをヒヤリングした上で、最適なキャリアプランや志向にあった企業や求人を紹介してくれます。

サービスの利用は無料ですし、プロの目線から、客観的にキャリアの棚卸しをしてもらえるので、使ってみて損はないと思います。

これまで10年以上、現役の転職エージェント・キャリアアドバイザーとして多くの転職者をサポートしてきた私が「対象者別にオススメなエージェント」をまとめました。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

正社員経験ナシから挑戦できる求人数が業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け就活支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。