第二新卒の履歴書と職務経歴書はどう書く?新卒との違いをプロが解説

The following two tabs change content below.

アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

第二新卒者が転職活動をするとき、まず応募に必要な履歴書と職務経歴書の書き方でつまずいてしまう人は多いんじゃないでしょうか。

履歴書を書いたのももう何年か前で、明確な書き方は覚えてないし、そもそも新卒と同じ書き方で良いのかな?って不安に思う人。また、初めての転職で職務経歴書なんか書いたことない人がほとんどで、どう書いたら良いのか分かりませんよね。

そこで、転職のプロと自負している私末永が、正しい履歴書の書き方から職務経歴書の書き方までレクチャーしていきます!

履歴書の書き方で新卒との違いはある?

新卒と第二新卒での履歴書の書き方ですが、基本的なルール自体は同じです。ただ、第二新卒の場合は「職歴」があるので、そこをピックアップして書く必要があります。

また、1度就職しているので最低限のビジネスマナーがあることもアピールできるとさらに良いです。見やすい履歴書の書き方を意識するなど、少しの気遣いで社会人としてのマナーが現れます。

ちなみに、高校や大学を卒業してから職歴がない人は、第二新卒ではなく「既卒」になります。

正しい履歴書の書き方【例付き】

履歴書を書く際に、気をつけたほうが良いポイントをピックアップして、それぞれ詳しく解説していきます。

これからどこかの企業に応募しようとしている人は、参考にして履歴書を書いてみてください。

日付


履歴書を作成した日にちではなく、提出した日を記入します。面接時に提出する場合は、面接日を記入すれば良いです。

年号は、履歴書に指定がない場合は西暦で記入しましょう。

証明写真


履歴書の写真は、駅などにある証明写真機よりもなるべく、写真館・フォトスタジオでプロに撮影してもらいましょう。プロのカメラマンが撮るので、写真の質が上がり、良い印象を与えやすいです。撮影時は髪型を整えてスーツ着用が原則です。

写真を撮る時は、印象が良くなるように明るい表情を作ると良いです。採用担当者の中には、履歴書の写真で応募者の人物像を想像する人もいます。

また、写真は3ヶ月以内に撮影した物にして、写真の裏には油性ペンで名前を書いてから、履歴書に貼ります。

ふりがな


ふりがなは、履歴書に「ふりがな」か「フリガナ」のどっちで記載されているかで、平仮名かカタカナで記入します。

住所を書く際は、略さずに都道府県からしっかり書きましょうね。

学歴・職歴


第二新卒は、新卒時には書かなかった職歴を記入しなくてはいけません。職歴は、株式会社から会社名を正確に記入し、入社日と退職していたら退職日を書く必要があります。

退職理由を書くときは、「株式会社●● 退職」と書くか「一身上の都合により 退職」と書けば良いです。

また、明確な部署の名前がある場合は、会社名の下の段に部署名も記入しましょう。職歴を書き終わったら、最後に「以上」をつけるのは忘れないようにしてください。

学歴に関しては新卒時と違いがなく、高校から最終学歴を記入すれば良いです。

志望動機


履歴書に志望動機を書く際は、結論から記入するようにしましょう。面接官が志望動機を読むときに、初めに目を通す部分だからです。

注意して欲しいポイントとしては、ただ結論から持ってくるのではなく、面接官が「志望度が高そうだ」と思ってもらえるような内容を書くことが大切です。

志望動機について、もっと詳しく知りたい人は、以下のリンクをご確認ください。

【プロ直伝】転職面接で面接官に響く志望動機の考え方!【回答例付】

志望動機のダメな書き方

例えば「貴社の経営理念に感銘を受け応募しました」や「キャリアアップしたいため志望しました」のように、どこにでも言えそうな内容のみ書くのはNGです。

経営理念に感銘を受けたのなら、どこに感銘を受けて自分とどう繋がりがあるのかなど、その会社と自分の共通点を書くようにしましょう。

職務経歴書には決まったフォーマットがない

第二新卒者は、職務経歴書を初めて書くという人がほとんどだと思うので、どう書いて良いのか全くわからないかと思います。

ネットで職務経歴書を調べて見ると、色々なフォーマットが出てきて、どれが正解なのかわからないと思いますが、職務経歴書には決まったフォーマットがありません。なので、ネットに落ちているどのフォーマットを使用しても、特に問題ないです。

ただ、大手企業に限り、よく使われるテンプレートがあります。とはいえ、実際に確立されている形ではないので、必ずその形にしないといけない訳ではありません。

ですが、良く使われているテンプレートを使用した方が、面接官もすぐにどこに何が書いているのかを把握でき、印象は良くなります。なので、なるべく良く使われるテンプレートを使用することをおすすめします。

職務経歴書の書き方例


職務経歴書を書く際、どのフォーマットでも大体は記載する項目とその書き方を紹介していきます。

これから職務経歴書を書く人は、是非参考にしてみてくださいね。

職務要約


大体の職務経歴書で一番初めに書くのが、職務要約です。今までの職務経歴の概要を記載する項目になります。

理想は2〜3行でまとめ、何を担当し誰に対してどのような仕事をしてきたかを分かりやすくまとめると良いです。

また、職務経歴書のフォーマットによっては「職歴要約」や「経歴要約」などと記載されている場合もありますが、どれも同じものです。

職務経歴


職務経歴書のメインとなるところです。これまで所属してきた会社の詳細情報を時系列で記載する欄になります。主な情報としては、所属企業情報と、自分個人の情報の2点に大きく分かれます。

それぞれ、以下のような内容を書くことが多いです。

<所属企業情報>

    • 所属期間(例、2010年4月〜現在)
    • 社名
    • 事業内容
    • 資本金
    • 売上高
    • 従業員数

<所属部署・自分個人の役割情報>

  • 所属部署
  • 部署人数とその内訳(チーム人数や管理職人数等)
  • 当該部署の配属期間(例、2010年4月〜現在)
  • 自分の役割(例、●●商材の営業担当。●●エリアの新規開拓担当)
  • 職務概要(配属部署での自分の役割・ミッション・仕事内容)
  • 職務スタイル(営業であれば、営業スタイル。新規or既存顧客担当、対面・非対面等)
  • 関係者(取引顧客、顧客の業界、予算規模等)
  • 実績(特筆すべき成果・実績・達成率等の数値、表彰歴等)
  • ポイント(部署での特筆すべき成果を出せた理由や、意識的に取り組んだ事、学んだ事等)

もっと詳しく知りたい人は、以下のリンク先に詳細を記載しています。是非目を通してみてください。

人事の目に留まる転職の職務経歴書の書き方完全ガイド

パソコンスキル


自分1人でも使用できるパソコンスキルを記入します。ワードやエクセルのような一般的に求められるものから、フォトショップのような専門的PCスキルもここに記入します。

自己PR


自己PRは大抵の職務経歴で締めの文章として記入します。文字数は大体400文字程度を目安としましょう。

自己PRで書く内容については、以下のポイントを抑えて書くと印象アップに繋がりますよ。

  • アピール内容の「根拠」を示す
  • 得意分野・成功体験を見つける
  • 自己PRは複数用意する
  • 選考後も重要視されることを意識する

自己PRについてもっと詳しく知りたい人は、以下のリンク先「面接官に刺さる自己PRを考えるコツ」にて詳細に記載されていますので、確認してみてください。

【転職面接】すぐに使える自己PRの考え方・答え方を伝授【回答例】

履歴書と職務経歴書は面接官とのコミュニケーション材料

履歴書と職務経歴書は、書類選考に通過する以外にも面接時に面接官とのコミュニケーション材料になります。

書類選考を意識してどんなにキレイな履歴書と職務経歴書を書いても、面接ではそれを材料にツッコミを受けるので、回答がしどろもどろになってしまうのであれば、意味がありません。

コミュニケーション材料ということを意識して、わざと面接官が興味を惹くようなツッコミどころを罠として仕掛けておくのも、履歴書と職務経歴書を作成するコツです。

実際にその箇所を質問されたら、すぐに明確に回答できるように準備しておきましょう。さらに、その情報を元に、面接官との会話が盛り上がるような内容を設計しておく、といった視点を持っておくと良いかと思います。

履歴書を完璧に書きたいなら転職エージェントを利用すべき

履歴書の書き方をご紹介しましたが、正しい履歴書を作成する為には、正しい履歴書の書き方を知っている人に添削してもらうのが一番です。

そこでオススメしたいのが、『転職エージェントに相談する』という方法です!

転職エージェントは、これまでに数千人の転職者の履歴書を添削してきた転職のプロなので、正しい履歴書を書くポイントを的確に教えてくれるんですよね。

また、転職エージェントに相談すると、自己分析・面接対策も徹底してやってくれますし、企業とのやり取りを代行してくれるので、転職活動をスムーズに進めることが可能になります。

「一人だけで転職活動を進めるのは不安…」という方は、まず気軽に転職エージェントに相談してみることをオススメします。

※オススメの転職エージェントを下記にまとめましたので、自分に合った転職エージェントに登録してみましょう

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

リクルートエージェントに並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント

ポイント
  1. 10万件を超える求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

dodaの評判は?現役転職エージェントが正直な話をぶっちゃける!

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人