はじめて転職する際に知りたい第二新卒の転職のやり方って?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

新卒で入社をし、仕事にも慣れてきて転職を考えはじめてきたという方も少なくないのではないでしょうか?私もリクルート時代は3年ほど働いたあとサイバーエージェントに転職をしました。

けれども転職をしようという意識がありつつも、転職のやり方が正直イマイチわからないと思いませんか。なので今回は、転職のやり方をみていきます。

転職のやり方がわからないという方お読みください

転職のやり方がわからないという際は、

結論としてまずは「転職エージェント」に登録してみるのが一番です。

理由については後ほど解説いたしますが、転職のやり方をいくつか考えてみたので、みていきましょう。

第二新卒の転職のやり方って?

転職と就職活動が一番異なるのは、みんな同じスタートラインではないことです。また現在働いているところになるべく知られたくないといった後ろめたい気持ちも少なからずあると思います。他にも環境が変わることは、期待の反面不安もありますね。

では実際に第二新卒で転職をする場合はどのようなやり方があるのでしょうか。

  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 自分で申し込む
  • 知人紹介 etc…

いくつかやり方があると思いますが、だいたいはこの4つ程度に絞られます。

転職エージェント

最近CMなどで転職エージェントのCMが放送されていたこともあり、転職エージェントの存在を知っている方も多いと思います。中でも企業の求人にもよりますが、今のご時世は売り手市場で転職自体そこまで難易度が高くないです。

転職のやり方がわからないといった際には、まず登録をしてみるのがいいと思います。

ハローワーク

厚生労働省が運営する職業支援をしているものです。国が運営しているので、全国520箇所にあるのが大きなポイントです。またハローワークを使う場合は、地域ごとに強みを持っていることも魅力です。また全国にあるので企業からの求人数も多く転職を希望する場合に使うことも選択肢の一つです。

しかし「ハローワーク 評判」など検索した時にあまりいい印象を持たないといった声を聞きます。なぜかというと大手企業の求人数が少ないのが一番の原因です。

自分で申し込む場合

企業の採用ページから直接求人を申し込むことですね。就職の際にはこの方法で採用にいったので、転職もこれで大丈夫だろうと思うのはあまりオススメしません。なぜなら転職に必要なことを全て自分でやらなければならないからです。

また転職エージェント、ハローワークなどを利用している方はしっかりと面接対策をしてきており、十分に自分で客観視し面接対策をしてきた場合とで正直厳しいです。

転職のやり方、本当に幸せになれるの?

「自分のキャリアアップをしたいという強い意志」や「現状に何かかしらの不満を持っている」理由は様々あると思います。しかし転職をして失敗してしまったというのは正直あまり多くはないと思います。

むしろ転職後の方が仕事に対してやり甲斐や成長を感じているから転職を肯定的に考えて間違いないでしょう。幸せの定義は、人それぞれだと思います。

しかし終身雇用制度が崩壊しつつある日本で同じ企業にいて不満を感じているなら、転職をして新しい幸せを掴むのも選択肢としても考えるべきでしょう。

転職のやり方のおすすめを教えます!!!

冒頭でも述べましたが転職を考えたときは、やはり最初は転職エージェントに登録をすることをオススメします。

なぜなら転職のプロなので多くの情報を持っており、非公開企業の求人などを持っていることと、面接対策や自己分析をしてくれるというのがエージェントを使うことのオススメ理由です。

転職のやり方がわからないといった場合にはやり方をレクチャーしてくれるので、登録すべきではないでしょうか。

また第二新卒の方ですと、新卒で入社した企業の選択を失敗してしまったという方が多いと思います。その際の企業選びの軸や、自分が5年後10年後のキャリア選択で再び失敗しないためにも、ちゃんとした自分の適正を客観的にアドバイスをして導いてくれる、転職エージェントに相談をしてみることが、非常に重要です。

〈まとめ〜第二新卒の転職のやり方〉

今回は転職のやり方について解説いたしました。

転職と就職は、大きく異なります。今まで仕事を通じ得たことなどがより重視されるポイントが変わってきますので、転職をしようと思った時は転職エージェントを使うことを是非考えてみてください。

転職エージェントに相談してみませんか?

  • 「初めての転職で色々不安……相談に乗って欲しい」
  • 「もっと自分らしく、楽しく働ける環境はないの?」
  • 「キャリアアップしたい!」

そんなときに頼りになるのが、転職エージェントです!

転職エージェントは、日々様々な求職者と向き合い続けている「転職のプロ」です。専属のキャリアドバイザーが、上記のような様々な不安に対して無料で相談に乗ってくれます。

相談やアドバイスはもちろんのこと、履歴書・職務経歴書の添削面接対策など、転職活動に関わることをサポートしてくれます。

また、志望大手企業への推薦や年収・勤務条件の交渉なども代行してくれるので、少しでも転職の成功確率を高めたい!という人は、ぜひ1度登録してみてください。

ただ、担当するキャリアアドバイザーによって、サポートの質が変わってくる部分があるので、複数の転職エージェントに登録して、自分に合うものを使っていくのがおすすめです。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

企業と相談者の両方から高い支持を得る、オリジナルのスキルアップ研修を無料で受講可能!
受講後に優良企業との面接をセッティング。
転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらうことが可能。

特徴
【メリット】
  1. 独自のノウハウが詰まった研修を無料で提供。難易度の高い企業の内定獲得を狙える!
  2. 国家資格を保有した担当スタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に排除しており、転職後の定着率は94.3%!
【デメリット】
  1. 「研修 → 求人紹介」 という流れになる為、研修(無料)への参加が必須となります

こんな人がおすすめ!
  1. 経歴に自信がないのでプロの講師の研修を受けてみたい方
  2. 1人で転職活動するのが不安、転職のプロに伴走してもらいながら転職活動をやりたい方
  3. 大手の転職エージェントに登録したものの、転職活動に不安のある方
第二新卒者・既卒者で転職を検討している方は、圧倒的にサポート体制が充実しているジェイックへの登録がオススメです!

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

2019.02.13

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.04.11

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18