第二新卒の転職は実際厳しい?成功する人の特徴をプロが解説

The following two tabs change content below.

アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

第二新卒で転職を考えている人で、「働いて3年経ってないし厳しいだろうな」と考えている人は、少なくないと思います。

実際のところ、第二新卒で転職するは厳しいのか?今回はその疑問を解決していこうと思います!

第二新卒で転職を考えている人は、是非見てみてから転職するかどうかを考えてみてください!

第二新卒は中途よりも転職しやすい


結論から言うと、簡単ではありませんが思っているほど難易度は高くないです。私も色々な人の転職の相談に乗ってきましたが、正直30代の中途者よりも第二新卒者の方がすぐに転職先が決まることが多いんですよね。

第二新卒の採用率は、ぶっちゃけ高いです。なぜなら、今は若い人材を求めている企業が非常に多いからなんですよ。現在は売り手市場で、思ったように新卒で良い人材を獲得できる企業が少なくなっています。

そこで、新卒採用時に採用目標数を達成できなかった企業が、第二新卒を積極的に採用しています。

第二新卒の転職市場


近年、第二新卒の転職者数は増加傾向にあります。厚生労働省の調査によると、新卒から3年以内での離職率が高卒者で39.3%、大卒者で31.8%と約3割の人が3年以内で退職してしまうことがわかりました。

辞めてしまう人の理由として「労働時間の長さ」「現職の仕事内容が合わない・ストレス」「給与への不満」などが主に上げられます。

企業側としても、せっかく採用した新卒者が辞めてしまうのは、企業の今後を考えるとかなりのマイナスになってしまいます。そこで、新卒者の何人かは退職してしまうのを見越して、まだ年齢の若い第二新卒者を積極的に採用している企業もあるのです。

さらに、リーマンショック時の影響で若い人材が不足している企業、先ほど紹介したように、新卒採用時に必要人数に達しなかった企業も、第二新卒の採用をおこなっています。

このような理由から、最近では第二新卒の市場価値はどんどん高くなってきているのです。

企業が考える第二新卒の価値


若いだけで採用されるのであれば、20代前半の既卒者も変わらないのでは?と思うかもしれません。

なので、以下から企業はなぜ第二新卒者を求めるのかを紹介していきます。

最低限のビジネスマナーが身に付いている

若い年代でも、既卒と第二新卒では数年とはいえ社会人の経験が違います。2年など数年でも正社員として働いていれば、最低限のビジネスマナーは出来ていると、企業側は判断しています。

ビジネスマナーを1から教える必要がなく、教育のコストがかからないことに価値を感じている企業が多いです。

中途より給料が安く済む

経験のある中途者よりも、第二新卒は若さゆえに給料が安く済みます。また、説明会やパンフレットの準備をしなくて良い分、新卒よりも採用コストがかからなくて良いと、第二新卒を優遇して採用する企業もありますね。

給料や採用コストがかからないという理由で、第二新卒を積極的に採用している企業もあります。

前職の企業の色に染まりきっていない

前職を早めに退職しているので、企業の色に染まりきっておらず、自社の色に染めやすい点も企業側が感じる、第二新卒の価値です。

まだどこの色にも染まっておらず、柔軟に自社に対応してくれると企業側は考えています。

第二新卒で転職成功しやすい人の特徴


第二新卒の市場価値は高くなってきていると説明しましたが、実際には書類選考がなかなか通らなく、面接まで漕ぎ着けない、という意見もよく聞きます。

反対に、拍子抜けするほどあっさり決まったという人もいたりと、転職までかかる時間は様々。では、どんな人は成功しているのか?以下から紹介していきます。

退職理由を明確に伝えている

第二新卒で転職する上でもっとも大切なことです。前職をなぜ退職したのか、その理由を明確に伝えるようにしましょう。

ここで注意して欲しいのは「仕事がつまらなかったから」「人間関係が面倒だったから」などネガティブな理由での退職をそのまま伝えてしまうことです。

面接官は、第二新卒者に「採用してもまたすぐに辞めてしまうのではないか」という不安も抱いています。ネガティブな退職理由をそのまま伝えてしまうと、同じことがあったらまた辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。

退職理由を伝える時は、不自然にならない程度にポジティブな内容に言い換えて伝えると、面接官の印象が良くなりやすいです。

仕事への熱意が分かるように伝えている

転職後にどのような仕事をして、将来どうなっていきたいかのビジョンも明確にすることも大切です。退職理由のときにも伝えたように、またすぐに辞めてしまうのではないかという面接官の不安を解消するために、仕事への熱意があるかは非常に重要になってきます。

ただ漠然と「仕事は真面目にやります」など、誰でも言えるようなことよりも、将来どうなっていきたいかを伝えた方が、熱意が伝わり面接官に刺さりやすいです。

志望動機はなぜこの会社・業界なのかを伝えている

志望動機を伝える時は、「なぜこの会社・業界なのか」を明確に伝えましょう。面接を受ける前に、コーポレートサイトなどを見て事前に企業について調べておくと良いですよ。

実際の面接で志望動機を伝える時は、前もって調べた情報を元にして、企業と自分の接点を意識して話しましょう。そうすることで、なぜその企業に志望したのかが伝わりやすくなります。

第二新卒で転職失敗してしまう人の特徴


逆に、どんな人は転職失敗しやすいのか。基本的に多いのは、成功する人と逆のことをしてしまっている人ですが、以下ではそれ以外で、失敗しやすい人の特徴を紹介していきます。

前職を1年以内で退職している

最近では2年ほど勤務してから、転職を成功させている人もいますが、流石に1年以内で辞めてしまった人の場合、転職するのは難しくなります。

どんな環境でも1年続けているのと、辞めてしまうのでは面接官の印象がかなり変わります。「とりあえず1年は我慢したのか」と思われるか「我慢できなくて辞めたのか」と思われるのかでは、大分印象が違いますよね。

見た目の清潔感がない

第二新卒だと、何気に忘れがちな人がいたりします。見た目の清潔感は、新卒でも中途でも変わらずに大切です。髪型や面接に着ていくスーツには気を遣いましょう。

第二新卒では、新卒と同じようにリクルートスーツが良いのか?と疑問に思う人も多いかと思います。基本的には、第二新卒はリクルートスーツでもビジネススーツでもOKです。

新卒のように爽やかに見せたいならリクルートスーツ、こなれた社会人感を出したいならビジネススーツのように、面接官にどう見せたいかで分けると良いです。

第二新卒で転職したいなら転職エージェントを利用すべきです!

先ほども申しましたが、第二新卒の転職は増加傾向にあり、第二新卒を欲しがっている企業もこれからどんどん増えてくるでしょう。

ですが、第二新卒での転職の場合、自分の経歴やスキルに自信がなかったり、転職の方向性が定まっていなかったり、というような悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで初めて転職する人は、転職のプロである転職エージェントに相談しましょう!

なぜなら、転職エージェントを活用すれば、あなたがどのような仕事をしたいのか、どんな企業が自分には向いているのかなど、転職のプロと相談をしながら転職活動が行えるからです!

さらに転職エージェントを利用すれば、転職サイトやコーポレートサイトを使って、自分でエントリーするよりも転職成功率を高めることが可能です!

他にも様々なサポートを親身になってしてくれますので、初めての転職の方でも大きな安心感があります。

以下が筆者がオススメする転職エージェントになります。後でも述べますが、初めは大手エージェントに登録して、コンサルタントにキャリアについて相談してみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

第二新卒の方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、キャリアアドバイザーと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです!

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントと並ぶ、国内最大級の転職エージェント!
多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!
「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい!」という方は、dodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートと並ぶ豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない、20代若手・第二新卒の求人を多数紹介
  2. 20代若手・第二新卒の面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人をプロに絞り込んでもらいたい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

第二新卒・既卒者に特化した転職エージェント

企業と相談者の両方から高い支持を得る、オリジナルのスキルアップ研修を無料で受講可能!
受講後に優良企業との面接をセッティング。
転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらうことが可能。

特徴
【メリット】
  1. 独自のノウハウが詰まった研修を無料で提供。難易度の高い企業の内定獲得を狙える!
  2. 国家資格を保有した担当スタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に排除しており、転職後の定着率は94.3%!
【デメリット】
  1. 「研修 → 求人紹介」 という流れになる為、研修(無料)への参加が必須となります

こんな人がおすすめ!
  1. 経歴に自信がないのでプロの講師の研修を受けてみたい方
  2. 1人で転職活動するのが不安、転職のプロに伴走してもらいながら転職活動をやりたい方
  3. 大手の転職エージェントに登録したものの、転職活動に不安のある方
第二新卒者・既卒者で転職を検討している方は、圧倒的にサポート体制が充実しているジェイックへの登録がオススメです!

【担当者に取材!】ジェイック(JAIC)の評判を本音で聞いてみた

2019.02.13

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ既卒(株式会社UZUZ)の評判からわかる5つの特徴

2018.12.19

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

転職したい第二新卒者におすすめの記事

転職を考えている第二新卒者におすすめの記事を以下にまとめています。どんな人は成功しているのか、第二新卒はどんな人に相談して転職活動を進めているのかをまとめています。

是非目を通してみてください!

第二新卒で転職して成功するには?体験談を踏まえて徹底考察!

2019.02.15

【第二新卒必見】転職の相談をするのなら転職エージェント!

2019.02.20

新卒1年目の安易な転職は絶対ダメ!辞める前に知っておくべきこと

2016.01.09

転職エージェントに使われるな、使え。〜成功のために使い倒す3つのテクニック〜

2019.02.04