第二新卒の転職は実際厳しい?対策と必勝法をプロが解説

The following two tabs change content below.

アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

この記事は、第二新卒での転職を成功させたい!!

と思っている方に向けて執筆しています。

私自身が20代の若手の方をメインに転職のサポートを普段から行なっていますが、転職の際に絶対に知っておくべき情報やノウハウが、転職者に届いていないと日々実感しています。

誰もがキャリアに必要な情報を得た上で意思決定をして欲しいと言う思いで、記事の執筆をしております。

それでは、「第二新卒難しいのか」「第二新卒が転職するには」についての情報を余すことなくお伝えします。

1年以内で離職している場合、再就職は厳しい

一般的に第二新卒とは、大学を卒業後、一度正社員として就職をしたものの3年前後で退職し、転職活動をしている25歳前後の方を指します。

第二新卒といっても、前職(新卒で入社した会社)の就業期間やそこでの経験職種によって、再就職のし易さは大きく変わってきます。

基本的に、前職を半年〜1年以内の短期間で退職している場合、再就職が厳しくなるケースは多いです。

ただ、1年以内の退職であっても、極端に離職率の高い業界や職種は話が変わってきます。具体的に通信業界の新規開拓営業など、客観的にみてかなり厳しい環境で半年以上勤続している場合は、評価をしてもらえる可能性があります。

*1年未満転職を考えている方は以下の記事をチェックしてみてくださいね。

社会人1年目で転職は厳しい?上手くいく可能性がある人の特徴って?

前職を2〜3年続けている場合は転職しやすい

一方で、前職の就業期間が2〜3年の方の場合、転職自体はそこまで難しくないです。

なぜならば、以下のような理由で転職市場における第二新卒の採用ニーズが高まっているからです。

第二新卒を積極採用する企業が増えている

リーマンショック以降の景気回復にともない、求職者数を企業の求人数が上回る「売り手市場」になっています。そのため多くの企業では、人手が欲しいのになかなか採用できない状況に陥っています。

新卒採用時に採用目標数を達成できなかった企業や、採用したけれど定着しなくて追加募集をしたいという企業が第二新卒を積極的に採用しています。

第二新卒の採用は企業にとってもメリットが大きい

企業側は教育コストや年収といったコストが少なく、ポテンシャルのある人材を採用できるという点で第二新卒を評価しています。

数年であっても社会人経験があるので、ビジネスマナーなどの最低限の素地ができており、新卒よりも教育コストが抑えられます。

さらに、経験のあるベテランを採用しようとすると、高い年収を支払ってオファーを出さなければなりませんが、第二新卒の場合は、比較的安いコストで、将来自社で活躍してくれそうなポテンシャルの高い人材を獲得することができます。

また、前職を早めに退職しているので、企業の色に染まりきっておらず、自社の色に染めやすい点も企業側が感じる、第二新卒の価値です。

第二新卒から大手企業への転職を目指している方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

第二新卒でも大手に受かる?内定をもらえるコツをプロが解説!

面接通過の3つのコツ

第二新卒の市場価値は高くなってきていると説明しましたが、実際には書類選考がなかなか通らなく、面接まで漕ぎ着けない、という意見もよく聞きます。

反対に、拍子抜けするほどあっさり決まったという人もいたりと、転職までかかる時間は様々。では、どんな人は成功しているのか?以下から紹介していきます。

退職理由を明確に伝える

第二新卒で転職する上で「転職理由を明確に伝える」のはもっとも大切なことです。前職をなぜ退職したのか、その理由を明確に伝えるようにしましょう。

ここで注意して欲しいのは「仕事がつまらなかったから」「人間関係が面倒だったから」など、ネガティブな理由での退職をそのまま伝えてしまうことです。

面接官は、第二新卒者に「採用してもまたすぐに辞めてしまうのではないか」という不安も抱いています。ネガティブな退職理由をそのまま伝えてしまうと、同じことがあったらまた辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。

退職理由を伝える時は、不自然にならない程度にポジティブな内容に言い換えて伝えると、面接官の印象が良くなりやすいです。

仕事への熱意が分かるように伝える

転職後にどのような仕事をして、将来どうなっていきたいかのビジョンも明確にすることも大切です。退職理由のときにも伝えたように、またすぐに辞めてしまうのではないかという面接官の不安を解消するために、仕事への熱意があるかは非常に重要になってきます。

ただ漠然と「仕事は真面目にやります」など、誰でも言えるようなことよりも、将来どうなっていきたいかを伝えた方が、熱意が伝わり面接官に刺さりやすいです。

志望動機はなぜこの会社・業界なのかを伝える

志望動機を伝える時は、「なぜこの会社・業界なのか」を明確に伝えましょう。面接を受ける前に、コーポレートサイトなどを見て事前に企業について調べておくと良いですよ。

実際の面接で志望動機を伝える時は、前もって調べた情報を元にして、企業と自分の接点を意識して話しましょう。そうすることで、なぜその企業に志望したのかが伝わりやすくなります。

第二新卒向けの面接突破の方法は、以下の記事でより詳しく解説しています!合わせてご覧ください!

第二新卒向け|転職面接で見られるポイントと対策法【回答例つき】

既卒(1年未満で退職した方)での転職はオススメしません

社会全体としては、「石の上に3年は古い」「嫌なら辞めても良い」という声も強くなっているように感じますが、転職のプロとしての立場としては、基本的に1年未満の転職はオススメはしません。

末永

さて、1年目でも、「仕事にやりがいを見出せない」「この環境にいて本当に良いのか」と不安になる方もいるかと思います。

そんな方は、1度自分のキャリアについてプロに相談してみてはいかがでしょうか。

オススメは、既卒・第二新卒に特化した就職支援サービスを利用しキャリアアドバイザーに相談することです。

既卒・第二新卒に特化した就職支援サービスとして代表的なのがジェイックUZUZです。

特にUZUZは、キャリアアドバイザーの方が、既卒や第二新卒の方なので、同じ目線から1年目の転職に関してのアドバイスを貰うことができますよ。

 

ジェイックのサービスについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください!

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

UZUZのサービスについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

第二新卒(就職して3年前後)の面接対策や必勝法は?

転職エージェントの利用をオススメします!

「他にやりたいことができた!」「給与などの待遇に不満がある」など様々な理由で転職を考えているかと思いますが、せっかく転職するなら、今の会社の不満を解消し、活躍できる会社がいいですよね。

とは言え、「この会社に行きたい!」と思える会社を見つけても、まずは選考に通過する必要がありますよね。

選考に通過する可能性を高めるためには、書類選考、面接対策を行うことが非常に重要です。

転職エージェントを利用することで、選考の通過率を飛躍的に高めることができます。

転職エージェントは、日々転職のサポートを行なっている転職のプロです。

企業の採用担当者の目線から、書類選考や面接に通るための選考対策を行うので、面接の通過率を飛躍的に高めることができます。

 

※各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

第二新卒の方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、キャリアアドバイザーと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

リクルートエージェントに並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント

ポイント
  1. 10万件を超える求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

dodaの評判は?現役転職エージェントが正直な話をぶっちゃける!

第二新卒・既卒者に特化した転職エージェント

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

転職したい第二新卒者におすすめの記事

転職を考えている第二新卒者におすすめの記事を以下にまとめています。どんな人は成功しているのか、第二新卒はどんな人に相談して転職活動を進めているのかをまとめています。

是非目を通してみてください!

第二新卒で転職成功している人には2つの特徴があった!
【第二新卒必見】転職の相談をするのなら転職エージェント!
社会人1年目で転職は厳しい?上手くいく可能性がある人の特徴って?
転職エージェントに使われるな、使え。〜成功のための3つのテクニック〜