3年目は転職に有利!評価される理由や失敗例をプロが解説

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

「転職するならとりあえず3年は働いてから」とよく言われますが、実際のところどうなんでしょうか?

「石の上にも3年」と友人や上司が言っていたから、なんとなく3年目での転職が良いのかな?と思っていませんか?

そこで今回は「入社3年目での転職って実際どうなの?」ってところについて解説していきます。

入社2年目と3年目で何が違うのか?」「転職に失敗してしまう人の特徴」についても、詳しく紹介します!

入社3年目は絶好の転職チャンス!

一般的に基礎的なビジネススキルを覚えて、1人で様々なトラブルに対応できるようになるまで早くても3年は必要だと言われています。

3年目は、その仕事について一定のスキルや経験を積んだ人材として評価してもらえるので、転職する場合も有利に働くことが多いです。

また、新卒で入社して3年目という方は「第二新卒」と呼ばれ、企業の採用ニーズが高いので転職のタイミングとしては絶好のチャンスといえます。

新卒3年目までに期待されること

  • 社会人としての基本的なスキル・マナーを身につける
  • 任される仕事が一人で遂行できるようになる
  • 会社の良さや仕事の面白さを実感できるようになる

このようなことが実現できていると、それはそのまま転職市場でも期待を受けるポイントとなってきます。

「基本的なスキル・マナーを身につけていて、これからの成長のポテンシャルもまだまだある若手人材」

このように前向きにとらえてもらいやすいのが新卒3年目。それに加えて、仕事へ向き合う姿勢も出来上がっている時期ですので、安心して受け入れやすいという側面もあるでしょう。

なぜ2年で転職するよりも3年で転職が良いのか?

なぜ2年で転職するよりも、3年で転職すべきだと言われるのでしょうか?3年目の方が評価される理由は、以下の2点があります。

  • 3年働いていればスキルが身に付いているだろうと考える企業が多い
  • 忍耐力を認めてもらいやすい

3年働いていればスキルが身に付いているだろうと考える企業が多い

2年目は、まだスキルが完全に身についておらず、万が一トラブルがあっても1人で対応できないだろうと考えている企業が多いです。

逆に3年目であれば、ある程度のマナーやスキルが身についていて、万が一のトラブルでも臨機応変に対応できそうだと思われています。

忍耐力を認めてもらいやすい

1〜2年で退職してしまうと「新しい会社に入ってもまたすぐ辞めてしまうのではないか」と思われてしまいます。

たった1年の違いではありますが、2年よりも3年の方が「臨機応変に対応できて、忍耐力もある」と世間では認識されています。

場合によっては3年働かなくても良い

必ずしも3年働かなくてはならないという訳ではありません。以下は、3年働かなくても良いケースです。

  • ハラスメントが酷い
  • 労働環境が過酷

生命や健康が脅かされる場合は、3年頑張らずに今すぐにでも転職するべきです。

なんとなく転職したい、他の仕事にチャレンジしたい場合などは、3年目で転職した方が評価されます。

新卒3年目で転職するメリット

 

では、より具体的に新卒3年目で転職する場合、どのようなことがメリットになるのか、以下で詳しく説明していきます。

1、第二新卒としての求人にチャレンジできる

一般的に、新卒3年目までは「第二新卒」と呼ばれます。

この時期は多くの企業が若手社員を獲得するために、「第二新卒」を対象とした求人を出しています。

応募のチャンスに恵まれているだけでなく、積極的に採用もおこなっているので転職タイミングと言えます。

2、これまでの仕事の経験を十分にアピールできる

新卒3年目であれば、自分の仕事の実績なども目に見えてくるタイミングです。具体的な経験・実績をアピールでき、転職先でそれを活かすことが可能です。

3、未経験職種・業界にもチャレンジできるチャンスが多い

未経験職種や業界にチャレンジする場合にも、新卒3年目というタイミングは非常に有利です。

社会人としてのマナーやスキルが身についている状態かつ、まだまだ組織にも染まりきっていないので、採用しやすいと考えいる企業は多いです。

若いがゆえに何事も柔軟に対応でき、様々なことも吸収できるポテンシャルに期待して、求人企業は新卒3年目を積極的に採用しています。

4、「すぐ辞めてしまうのでは?」という不安を払拭しやすい年代

入社3年目は、入社1〜2年目に比べて「すぐに辞めてしまうのでは?」という不安を受けにくいと言えます。やはり「最低でも3年」と感じる人は少なくありませんので、3年目に入れば継続力・忍耐力は評価されやすくなるでしょう。

以上のようにさまざまなポイントにおいて、3年目での転職にはメリットがあります。

第二新卒の方の転職成功ノウハウは、以下の記事でも詳しく解説しているので、合わせてご覧ください!

第二新卒でも転職は成功する!攻略法の全てをプロが解説

3年目の方で転職をお考えの方へ

3年目の方の転職は決まりやすいので転職を考えているのなら今がチャンスと言えます。

しかし、現在3年目で転職をお考えの方で

  • やりたいことがはっきりしている
  • 将来の姿が明確

としっかりと言える人は少ないのではないでしょうか。

実際に、入社3年前後の方で明確な転職理由がないまま転職を行うことによって、短期的な年収の増加、企業の知名度の高さなどに飛びついてしまい、結果ミスマッチが起きるケースをこれまで多く目にしてきました。

なので、転職やキャリアは、中・長期の視点で「自分がやりたい仕事はできるのか、転職先で活躍できるか」を考え抜くことが非常に重要です。

その手段として、転職エージェントは非常におすすめです。

転職エージェントはキャリアのプロの視点から、あなたのやりたいこと、向いている業界や職種までを一緒に考えてくれるからです。

末永

3年目の方にオススメの転職エージェントは、リクルートエージェントマイナビエージェントdoda などの大手の総合型の転職エージェントです。

全ての業界・職種の求人を網羅(10数万件の求人を保有)しているので、幅広い視点から偏りなく、キャリアについてのアドバイスを貰うことができるからです。

現時点で、業界や職種などのキャリアが明確でない方には非常にオススメです。

転職に失敗しがちな人の特徴

ここまで、3年目の転職は上手くいきやすいというお話をしてきましたが、一定数「なかなか内定がもらえない」という方もいらっしゃいます。

多くの転職者が転職を失敗してしまう理由は、以下の3点が多いです。

  • 自己分析が足りていない
  • 前職の退職理由を言語化できない
  • 会社を辞めることしか考えていない

自己分析が足りていない

なぜ会社を辞めたいのか理由が明確にできておらず、次の会社選びに失敗してしまう人がいます。

労働環境・社風・人間関係・給料の中のどれに対して不満があるのか確認し、紙に書き出して自己分析しましょう。

紙に書き出すことで客観的に自己分析ができ、転職先でのミスマッチを防ぐこともできます。

以下の記事では、最強の自己分析術を紹介しています。参考にしてみてください!

転職では自己分析が決め手!面接で活かすコツを伝授!

前職の退職理由を言語化できない

転職面接で、前職での退職理由をしっかりと言語化できないと面接で落とされてしまいます。

「どうして前職の仕事に魅力を感じなかったのか?」を言語化できるようにしましょう。

以下の記事では、回答例付きで退職理由の上手な伝え方を紹介しています。退職理由の言語化に悩んでいる人は、参考にしてください。

面接での退職理由の上手い伝え方!刺さる回答例を転職のプロが解説!

会社を辞めることしか考えていない

会社を辞めることしか考えておらず、転職後のビジョンが全く見えていない人が多くいます。

転職後のことまでしっかり考えておかないと、会社とのミスマッチが起こり、短期離職に繋がってしまいます。

「自分は今後どうなりたいのか?」「どういう会社だと働きやすいのか?」を明確にし、転職の軸をしっかり持ちましょう。

以下の記事では、転職を失敗しがちな人の特徴を紹介しています。自分が当てはまっていないか気になる人は、参考にしてください。

転職に失敗した!辞めてもいい?選択ミスを防ぐためのコツを大公開!

4年目以降の転職の方が有利なケースもある

 

一方で、入社3年目と4年目以降では転職のタイミングとして違いが出てくることも事前に理解が必要です。

高度な専門性や経験を売りにする場合には、4年目以降の方が有利な企業も多い

より高度、専門的な業界経験や職種経験を売りとし、経験者として採用試験に望む場合は4年目以降の方が有利になることが多いと言えます。そもそも求人のターゲットも経験5〜6年以上を想定しているケースも多いです。

マネジメント職を目指しての転職の場合、企業によってタイミングの見極めが必要

入社年次が上がってからの転職の場合、マネジメント経験を積むために転職をしたいというケースも増えてきます。しかし、マネジメントへの登用年次は業界によって大きく違うので注意が必要です。

若手が多く、平均年齢の低い業界であれば入社2〜3年目からマネジメント職に登用される場合が少なくないですので、4年目以降となると企業やマネジメントの規模やレベルによって状況が異なってきます。

一方で、業界の平均年齢も40歳前後で、マネジメントの年齢層がある程度高い企業であれば経験をしっかり積んだ4年目以降に転職する方が評価されやすいです。

以上のように、3年目までではなかなか実現できない内容が、4年目以降になると増えることが想定されます。その一方で、未経験職種などに関しては、3年目までの方が有利となるなど違いがあるので、自分のキャリアプランなどと照らし合わせて適切なタイミングを考えましょう。

転職のタイミングに悩んでいるなら、プロに相談してみよう

今回ご紹介した通り、3年目での転職は多くのチャンスがあります。一方で、4年目以降の方が有利なケースも少なからずあります。

大切なのは自分自身のキャリアプランのなかで、このタイミングでの転職が有利となるのか否かというポイントです。転職に迷った場合は一度立ち止まって考える時間を持つほか、転職エージェントへ相談に行きプロからアドバイスをもらうなどの手立ても有効です。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、優秀なキャリアコンサルタントに出会うためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきだと考えています。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

また、第二新卒に強い転職エージェントをこちらの記事(第二新卒にオススメする転職エージェント8選)で紹介していますので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

大手の転職エージェントでは、正社員経験のある人が優先的にサポートされ、既卒の方や正社員経験が少ない方は対応もらえないケースもあります。ですので、既卒・フリーターの就職支援に強い『UZUZ(ウズウズ)』も登録しておくのがオススメです!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

【関連記事】第二新卒にオススメの記事一覧

最後に、この記事でも紹介した第二新卒の転職に役立つ記事をリスト化しました。

自分の転職が不安な方は、以下の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

第二新卒の転職

ミスマッチを減らすノウハウ集