社会人3年目は転職に有利!評価される理由や失敗例をプロが解説!

  • !

3年目転職

    「転職するならとりあえず3年は働いてから」とよく言われますが、実際はどうなんでしょうか?

    そこで今回はなんとなく3年目での転職を考えている人向けに入社3年目の転職事情や3年目でも転職についてプロが詳しく解説します!

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

新卒入社3年目は転職に有利

結論から言うと、新卒入社3年目の社会人は転職しやすいです。

というのも、新卒入社3年目の社会人は今後の活躍を見込んで採用されるケースが多いので、高度なスキルや実績がなくとも素直さやコミュニケーション力を評価して内定をもらえるケースが多いからです。

また、企業から見て新卒入社3年目の社会人は基本的なスキルやマナーを身につけていて育成に手間取らない他、年齢的に若いためすぐ社内の雰囲気に馴染んでくれそうと評価されることもあります。

転職エージェント末永 末永

そのほかにも新卒入社3年目の社会人は1〜2年目の社会人に比べて、ある程度1つの会社で働いていけると忍耐力の部分も評価されやすいです。

新卒入社3年目で転職するメリット

新卒3年目で転職する場合、具体的に以下のようなメリットがあります。

それぞれ詳しく解説していきますね。

第二新卒として幅広い求人にチャレンジできる

一般的に、新卒3年目までは「第二新卒」と呼ばれます。

先ほどもお伝えした通り、若手の社会人つまり第二新卒の社会人はどの企業も今後の活躍を見込んで選考を進めてくれるので、年齢制限なく幅広い求人にチャレンジすることができます。

実際に転職エージェントや転職サイト(求人サイト)では「第二新卒歓迎」というような条件設定も可能で、企業側も積極的に採用もおこなっているのでチャレンジするには良い転職タイミングと言えます。

第二新卒の転職成功ノウハウは、以下の記事でも詳しく解説しているので、合わせてご覧ください!

未経験業界・職種に転職しやすい

未経験業界・職種に転職したい場合にも、新卒3年目というタイミングは非常に有利です。

社会人としてのマナーやスキルが身についている状態かつ、若いがゆえに同業界・職種の経験がなくても柔軟に対応でき、様々なことを吸収できるといったポテンシャルを期待する企業が多いからです。

実際、第二新卒の時期を過ぎると企業からは即戦力としてのスキル・経験が求められるため、未経験業界・職種への転職難易度がかなり上がってしまいます。

そのため、現時点で未経験業界・職種を考えている人はなるべく早めに転職活動することをおすすめします

未経験職種・業界への転職を考えている人は、以下の記事も読んでみてください。

新卒入社3年目におすすめの転職支援サービス

ここからは新卒入社3年目の社会人に向けて、おすすめの転職支援サービスを紹介します。

もちろん転職活動は自分一人でも進めることは可能ですが、少しでも転職活動に不安がある方はこれから紹介するサービスをぜひ検討してみてください。

転職エージェント

転職エージェントは転職希望者の転職活動を一貫してサポートしてくれるサービスです。

具体的なサポート内容として求人紹介から応募書類の添削、面接対策、企業とのスケジュール調整、年収交渉などが挙げられます。

求人は転職希望者のこれまでの経歴や今後の目標をヒアリングした上で紹介してくれるので「転職したいけど自分に合った求人がわからない」「そもそも求人を探す時間が取れない」といった方にはうってつけのサービスですね。

また、これらのサービスはどの転職エージェントでも全て無料で受けることができるので、転職を考えている人にはまず転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェント末永 末永

各転職エージェントでそれぞれ得意領域や保有求人が異なるので、より自分の希望に近い求人を探したい人は2〜3社複数登録すると良いでしょう。

オススメの総合型大手転職エージェント

転職サイト(求人サイト)

転職サイト(求人サイト)は企業の求人検索のみおこなえるサービスです。

転職サイト(求人サイト)は業界や職種で求人情報を検索できる他「第二新卒歓迎」「未経験者歓迎」「年収500万以上」など、自分の好みに合わせて求人を調べることができます。

今すぐ転職活動は考えていないけどどんな求人があるのか調べてみたい人や自分のペースで転職活動を進めていきたい人にはおすすめですね。

転職エージェント末永 末永

ただし、転職サイト(求人サイト)は転職エージェントのような求人に応募した後のサポートは一切おこなっていません。


面接対策や年収交渉は全て自分で進めていく必要があるので注意してください。

オススメの総合型大手転職サイト

  • リクナビNEXT
    求人応募数転職サイトNo.1!リクルートエージェントにも同時登録可能
  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が豊富!ハイクラス向け転職サービス

新卒入社3年目で転職に失敗やすい人の特徴3選

ここまで新卒入社3年目の転職は有利というお話をしてきましたが、新卒入社3年目だからといって必ずしも転職が成功するわけではありません。

3年目でも転職に失敗してしまう理由は、以下の3点が多いです。

自己分析が足りていない

「なぜ会社を辞めたいのか」「なぜ転職したいのか」という理由を明確にできておらず、次の会社選びに失敗してしまう人がいます。

前職のどの部分に対して不満があるのか確認し、紙に書き出して自己分析しましょう。

自己分析のやり方がわからない人は以下の手順に沿って振り返ってみてください。

  1. なぜ現職・前職を選んだのか。その際にはどういった基準で企業を選んだのか。
  2. 今回なぜ転職活動を開始しようと思ったのか。
  3. 今回の転職で実現したいことはなにか。
  4. 転職先の選定要件を3点あげるとしたら、それはなにか。またその理由。
  5. 転職先を選ぶ上で、どういった観点・方向性で企業・仕事を探しているのか。またその理由。

これらを紙に書き出すことで客観的に自己分析ができ、転職先でのミスマッチを防ぐこともできます。

前職の退職理由を他責にしている

たまに転職面接で前職の退職理由を同僚や上司のせいにして話す人がいますが、これは絶対に避けましょう。

なぜなら、退職理由を他責にして話してしまうと面接官から「この人はうちでも人のせいにしてすぐ退職しそう」と思われてしまうからです。

たとえ上司や周りの環境が退職の一因だったとしても「どうして前職の仕事に魅力を感じなかったのか?」「この経験から転職活動ではどういったことを意識しているか」などを話すようにしましょう。

以下の記事では、回答例付きで退職理由の上手な伝え方を紹介しています。退職理由の言語化に悩んでいる人は、参考にしてください。

会社を辞めることしか考えていない

会社を辞めることしか考えておらず、転職後のビジョンが全く見えていない人が多くいます。

「自分は今後どうなりたいのか?」「どういう会社だと働きやすいのか?」といったようなことを明確にしないままだと、面接での志望動機も薄いものになってしまうことが多いです。

さらに転職後のことまでしっかり考えておかないと、会社とのミスマッチが起こり、短期離職に繋がってしまう可能性もあります。

自分の中で転職の軸をしっかりと持つことで、納得のいく転職活動ができるでしょう。

以下の記事では、転職を失敗しがちな人の特徴を紹介しています。自分が当てはまっていないか気になる人は、参考にしてください。

4年目以降の転職のほうが有利なケースもある

「新卒入社3年目はポテンシャル採用されやすいから転職で有利」とお伝えしてきましたが、場合によっては4年目以降の方が転職しやすいケースもあります。

今回は2パターン解説していきますので、自分が当てはまっていないか一度確認してみてください。

高度な専門性や経験を生かして転職したい場合

ITエンジニアやWebマーケティングなど、より高度かつ専門的な業界経験や職種経験を自身のアピールポイントとしたい場合は4年目以降のほうが有利になることが多いです。

そもそもこういった求人はターゲットを経験5〜6年以上を想定しているケースが多いですね。

専門的なスキルが求められる業界や職種では、入社後に即戦力となることを期待されているため、より経験豊富な人材が求められるという傾向があるからです。

ITエンジニアやWEBマーケティングの転職については以下の記事も参考にしてみてください。

マネジメント職を目指している場合

マネジメント経験を積むために転職をしたいという方が最近多いのですが、マネジメントへの登用年次は業界によって大きく違うので注意が必要です。

業界の平均年齢が40歳前後で、マネジメントの年齢層がある程度高い企業であれば経験をしっかり積んだ4年目以降に転職するほうが評価されやすいです。

一方で、若手が多く平均年齢の低い業界であれば入社2〜3年目からマネジメント職に登用される場合が多いので、あまり年次は気にしなくても大丈夫でしょう。

新卒入社3年目で転職した際の年収

新卒入社3年目で転職を考えている人の中には「転職したら自分の年収ってどうなるんだろう」「年収次第では転職をもう一度考え直す」といった人もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、新卒入社3年目で転職した際の年収は転職先の業界・職種と前職の業界・職種との関連性で決まってきます。

というのも、転職してすぐの年収は即戦力として活躍できるかどうかの期待値が大きく関わってくるからです。

すでに転職先の業務と関連した仕事を経験していれば、即戦力として期待される=年収を上げやすいですが、未経験であれば現在の年収から下がるケースがほとんどです。

冒頭で「新卒入社3年目はポテンシャルを評価されて採用されることがある」とお伝えしましたが、必ずしも年収も現職のままとは限らないので注意してください。

転職エージェント末永 末永

ちなみに、dodaが発表した平均年収ランキングによると、20代の平均年収は約341万円でした。


自分の年収の相場感がいまいち掴みきれていない人は、こちらの平均年収を一つの基準にしてみるのも良いでしょう。

新卒入社3年目の転職は転職エージェントがおすすめ

今回紹介した通り、新卒入社3年目での転職は多くのチャンスがあります。

ただし、一人一人現職での状況や経験が違うため安易に転職が有利であると考えない方がいいでしょう。

もし転職に迷った場合は転職エージェントなどどこか相談できる場でアドバイスをもらうのも一つの手です。

転職エージェントはこれまでの転職支援経験を生かして、それぞれの状況に合わせたサポートをしてくれますよ。

ここからは分野別におすすめの転職エージェントを紹介していくので、気になるエージェントがあれば一度検討してみてください。

以下で、それぞれの特徴とおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

全業界・業種の求人を保有する大手総合型転職エージェント

転職エージェント末永 末永

大手総合型転職エージェントには、全業界・業種の求人が集まっています。大手企業や人気企業の非公開求人を多数保有しているのもこれら大手エージェントです。

転職エージェント末永 末永

複数検討する上では、2〜3社は押さえておくべきですね。


「まだいきたい業界・職種が絞り切れていない」「多くの求人の中から比較検討したい」という転職者にもおすすめです。

全員登録すべき!大手総合型エージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

ポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェント
に相談する

20代フリーター・既卒・第二新卒に強い特化型エージェント

転職エージェント末永 末永

第二新卒のように正社員経験が少ない人や、既卒・フリーター・ニートのような未経験からチャレンジしたい場合は、未経験歓迎の非公開求人を多数保有しているUZUZハタラクティブなどの就職エージェントがおすすめです。

転職エージェント末永 末永

履歴書・職務経歴書の書き方アドバイスや添削、企業ごとの面接対策を丁寧にサポートしてもらえます。


また、UZUZは未経験からチャレンジできるエンジニア求人やWeb業界の求人も保有しています。

20代既卒・フリーター・第二新卒向け

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

ハイレイヤー層に強い特化型エージェント

転職エージェント末永 末永

リーダー・マネージャーといった企業の中核ポジションや管理職、マーケティングなどの専門スキルを生かして年収アップしたい人には、以下で紹介するサービスがおすすめです。

転職エージェント末永 末永

特にビズリーチは年収500万円以上の優良求人のみを扱う会員制転職サイトです。


レジュメを登録しておくと、企業の採用担当者や業界・職種に特化したヘッドハンターからスカウトメールをもらうことができます。スカウトのあった年収・ポジションから自分の市場価値が分かるので、転職に積極的でない人にもおすすめです。

大手総合型転職エージェントが保有していないような独自のコネクションを活かした非公開求人に出会うことができますよ。

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

オリコン顧客満足度3年連続1位!
丁寧なサポートに定評のある転職エージェント

パソナキャリア

ポイント

  1. 年収400万円以上の求人多数
  2. 転職後の年収アップ率67.1%!
  3. 年収700万以上のハイクラス求人や、女性管理職の転職サポートにも強い

パソナキャリア
に相談する

エンジニア・デザイナー経験者向け特化型エージェント

転職エージェント末永 末永

エンジニアやデザイナーとして活躍していて、転職を検討している人はIT・Web業界に特化したマイナビITレバテックキャリアがおすすめです。

転職エージェント末永 末永

優秀なエンジニアやデザイナーを採用したい企業の非公開求人を多数保有しています。IT技術職者の転職支援実績が豊富にあるため、これらの転職エージェントを利用した人の平均年収は上がっています。


職種に特化しているのでIT・Web業界に精通しており、より専門的なサポートが受けられます。

エンジニア・デザイナーの転職におすすめの転職エージェント

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

マイナビIT AGENT

ポイント

  1. エンジニアがスキルアップできる求人多数
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENT
に相談する

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

レバテックキャリア

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリア
に相談する

新卒3年目の転職にまつわる記事

これまで新卒3年目の社会人の転職事情を紹介してきましたが、その他転職にまつわる記事をまとめてみました。

気になる記事があればぜひ参考にしてみてください。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント