2019.07.18

外資系企業で働きたい第二新卒必見!内定獲得に必要なことは?

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職を考えている第二新卒者の中には、外資系企業に興味があって、できることなら転職したいと考えている人もいるかと思います。

ただ、外資系企業って聞くとやはり転職の難易度が高そうで、勤続年数の短い自分が転職できるのか?と疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、第二新卒でも外資系企業に転職できるのかどうかを解説していきます。

第二新卒で外資系企業に転職するなら「今」が狙い目

グッド

第二新卒で外資系企業に転職するのは難しいと思われがちですが、現在では第二新卒を採用している外資系企業は増えてきています。

外資系企業は、基本的に実力主義の傾向が強い企業が多いので、実績やスキルが高い人材を積極的に採用します。ただ、現在では景気が好調なのもあり、人手不足で悩んでいる企業などは、外資系企業でも第二新卒を採用しています。

また、外資系企業と日系企業では採用基準が違います。勤続年数が短いとあまり良い顔されない日系企業と違い、外資系企業は良くも悪くも実力主義です。企業が求めている実績やスキルがあると判断されれば、勤続年数が短い第二新卒でも採用します。

ただ、外資系企業は実力主義な分、同じ転職者でも実績やスキルの高い人が多い中途者と比較すると、やはり不利になりやすいです。

第二新卒でも受かりやすい業界

外資系企業は転職者に、即戦力を求めていると思われていますが、実は業界によっては第二新卒どころか、未経験者の転職でも採用してもらえる事があります。実際に、以下の業界は未経験者でも採用している場合があります。

  • 製薬業界・MR
  • 生命保険業界・営業
  • コンサル業界・コンサルタント、アナリスト・リサーチャー

詳しくは以下のコラム記事に記載していますので、興味がある人はチェックしてみてください!

未経験から外資系に転職する方法!転職のプロが徹底解説!

外資系企業に転職するために必要なこと

必要なこと

外資系企業は、どの業界職種であっても、例外なく必要になるスキルがあります。以下から、具体的にどういったスキルが必要になるかを紹介していきます。

ビジネスレベルの英語能力は必須

外資系企業には、本社の人以外にも、社内に英語圏の社員が在籍していることが多いです。社員同士で円滑なコミュニケーションをとるために、ビジネスレベルの英語能力は必須になります。

企業によっては、日本人の上司であっても英語でコミュニケーションをとることもあります。

仮に、求職者がTOEICの点数が高くても、英語での実務経験がなければあまり評価されないこともあります。逆にTOEICを受けたことがなくても、英語での実務経験があれば評価されやすくなります。

ちなみに、転職時の履歴書や職務経歴書も英語で記入する場合がほとんどで、面接も英語でおこなわれます。

外資系企業に転職を考えている人は、まず自分の英語能力がビジネスレベルに達しているかどうかを考えてみてください。

ロジカルシンキングができる

外資系企業はまず英語能力が必須と説明しましたが、それだけで採用されるのは非常に難しいです。そこにさらに、ロジカルシンキングできるかどうかが、重要になってきます。

そもそもロジカルシンキングとは、物事を順序立てて考えられ、一貫性がある思考のことを言います。日本語に直すと、論理的思考と置き換えられることが多いです。

自分のキャリアプランについて、順序立てて論理的に考え、それを発言できる人が求められがちです。

業界職種で活躍できるスキルが身についているか

外資系企業は日系企業と違い、人材を育成していくという風潮がない企業が非常に多いです。

なので、若手の第二新卒であろうと、転職するなら実務レベルで通用できるだけのスキルがあるか、というのは日系企業と比べてかなり見られます。

「まだ若いし、入ってからスキルは伸ばしていきたい」と考えている人は、外資系企業には受かるのは難しいと思いましょう。

自分のスキルにある程度自信があるなら、外資系企業は実力で人を判断するので、挑戦してみても良いのではないでしょうか。

第二新卒を求めている外資系企業の特徴

外資系企業の特徴

第二新卒を採用している外資系企業の多くは、単純に人手不足の企業が多いです。外資系企業は良くも悪くも実力主義なところがあり、少し前は第二新卒など若い人材の採用にあまり積極的ではありませんでした。

ところが、近年では景気が良くなってきたこともあり、人材が不足している企業が第二新卒など若い層を採用するようになってきています。

多くの外資系企業は、入社して2年で転職する人などに悪い印象を持ちません。むしろ、キャリアアップのチャンスと思っている企業が非常に多いので、入社して1年未満での転職など余程短い場合以外は、気にする必要ありません。

企業が求めているスキル、論理的に考える思考能力があれば、第二新卒でも外資系企業に転職できます。ただ、簡単ではありませんので、外資系企業に行きたい人は、それなりの覚悟と準備を怠らずにするべきです。

外資系=待遇が良いと考えてはいけない

注意点

外資系企業だからといって、実はベンチャー企業のような、待遇が悪い企業もあります。特に若い第二新卒者は、外資系企業と聞いて、名前だけで待遇が良いと勘違いしてしまう人が多い気がします。

外資系企業に転職しようと考えている第二新卒者は、以下の内容を良く読んで、実際に目指すかどうかを判断してください。

海外の本社に振り回される

企業によっては、仕事を進める上での決定権が海外の本社にしかない場合があります。そういった企業だと、本社の人が日本支社に来日した時にしか、物事を決定できません。

アジア圏内など他の国ににも支社がある企業だと、本社の人が常に世界各地に飛び回っていることもあります。そうすると、日本支社に来日する回数も少なくなり、自然とプロジェクトの進行が遅くなってしまいます。

完全成果主義

外資系企業がスキルのある人材を求める傾向があるのは、完全成果主義であることが理由としてあげられます。

成果を出せば出すだけ、年収も上がっていきますが、しばらくしても成果が出ない人は、逆に契約を切られてしまうことがあります。

それは社長も例外ではありません。支社ごとに社長がいる企業の場合、その支社の成果が上手く出なければ、社長であろうとクビや移動されることがあります。

ただ、外資系企業は日系企業よりもヘッドハンティングが盛んな傾向があります。社長が交代する理由として、他社にヘッドハンティングされて度々変わっている場合もあります。

何年か勤務したら飽きる人が多い

外資系企業の業務形態の特徴として、1人が様々な業務を任されるのではなく、1人が1つの業務を集中的におこないます。その人にとって向いている業務を担当することがほとんどなので、全く別の業務をおこなうことはあまりありません。

外資系企業の年収が高い理由として、1つの業務に特化して取り組んでいく分、スキルアップしやすく年収が増加していく、という理由があります。

ただ、同じ業務を何年も続けているため、2〜3年経ったら飽きてしまう人がかなり多いです。飽き性の人は、外資系企業に向いていません。

優秀な人が多く挫折を味わいやすい

特に若い層にありがちです。外資系企業に受かる人は、基本的に優秀な人材が多く、自分に自信を持っている人が多いです。その自信が、裏目に出てしまうことがあります。

優秀な人が多いということは、自分よりも優秀な人が当たり前にいる世界です。さらに、その企業に何年も働いている先輩もいるため、今までは自信満々に提案していたような意見も、他の社員にあっさり覆されるようなこともあります。

優秀であり、自分に自信があるからこそ、そういった挫折を味わいやすい環境です。自分のメンタル面が弱点だと自覚している人には、あまりおすすめできません。

外資系企業に転職したいなら転職エージェントを利用しよう

「第二新卒が外資系企業に転職するためには、転職エージェントの利用をおすすめします。

第二新卒者は、まず転職すること自体が初めての人が多いと思います。

転職をしたことないと「転職っていっても、新卒の時の就活と対して変わらないでしょ?」と思うかもしれませんが、実際は全然違うものだということを心得てください。

さらに外資系企業に受けるなら、就活と転職で何が違うのかというところをしっかりと理解した上で、企業にとって魅力的に映るようにアピールしていかなくてはいけません。

そこで、外資系企業への転職に強いJACリクルートメントを活用することをオススメします。JACであれば、優良な外資系企業の求人を保有しており、英文レジュメの添削、面接対策などが充実しています。

ただ、JACが全ての外資系企業の求人を持っているではなく、他の大手エージェントが求人を持っているか、スカウトサイトでヘッドハンティングが行われている可能性があります。

ですので、「今すぐ転職する気はないけど、外資系に興味がある」方は、一度転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

年収500万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。