25歳の転職がうまくいく理由は?異業種転職を成功させるコツを伝授!

25歳の転職がうまくいく理由は?異業種転職を成功させるコツを伝授!

    25歳といえば、社会人生活も慣れてきて転職を検討する頃なのではないでしょうか。

    そこで今回は「25歳で転職ってどんな感じ?」「転職成功させる方法があるなら知っておきたい!」という読者の皆さんに向けて、じっくり解説していきます。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

25歳の転職はチャンス!採用されやすい年齢

20代の中でも企業が採用しやすい年齢のため、25歳は転職のチャンスです。なぜ25歳が転職するチャンスなのかは主に3つの理由が考えられます。

25歳の転職がチャンスの理由

  • 新卒入社後、2年分の実務経験や基本的なビジネスマナーを身につけているから
  • 若手として、コミュニケーション力や柔軟性、伸び代などのポテンシャル面も備えているから
  • 企業にとって、上記どちらも備えた良いとこ取りの人材で、需要が大きいから

転職エージェント末永 末永

つまり、企業にとって25歳は若手でありながら、実務経験があるだけでなくポテンシャルも期待できる人材だということです。


新卒をゼロから育てる余裕のない会社や、事業を拡大するためにある程度の実務経験を積んだ若手を求めている企業に重宝されています。他の年代と比べ、転職を有利に進められる年齢です。

企業にとっての25歳の評価を紹介したところで、具体的に転職市場で25歳はどのように立ち位置にあるのかを説明します。

25歳求職者の立ち位置

転職では年齢によって難易度が大きく変わるほど、年齢は非常に重要な要素です。

では、25歳の転職は転職市場ではどの立ち位置にいるのか、他の年齢と比較できるように簡単にまとめてみました。

転職市場における基準

  • 23歳:入社1年目ですぐにドロップアウトしたと見なされ、転職は非常に不利
  • 24〜27歳:未経験でも第二新卒層として採用されやすい
  • 30歳以上:業界・職種経験はあって当たり前で、できればマネジメント経験を持っていて欲しい、または必須になってくる

同じ20代でも転職市場では小刻みに評価が変わり、年齢に応じて求められる経験・スキルが大きく異なってきます。

23歳や30歳と比較しても、25歳は他の年齢層よりも転職が有利であることがわかります。

転職エージェント末永 末永

25歳の転職はチャンスですが、今までの業務経験だけでなくポテンシャルの部分も重要視されています。


ポテンシャルを例で言うと「今まで努力した経験があるか」や「コミュニケーションに難がないか」などです。


実務経験以外でポテンシャルを評価してもらえるので、25歳のタイミングでの転職は非常に良い決断だと言えます。

転職エージェント末永 末永

25歳は転職のしやすい年齢ですが、何の対策もしなければ内定を獲得するのは難しいです。


初めて転職する人も多いため、自分のポテンシャルを十分にアピールするためにも転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントは転職活動をフルでサポートしてくれる存在です。これまでの人生からアピールできるポイントを見つけ出してくれるだけでなく、自力で転職活動をするよりも内定を獲得しやすいです。

おすすめの大手総合型転職エージェント

ポテンシャル採用について、さらに詳しく知りたい人は下記の記事も読んでみてください。

25歳と第二新卒の関係性

4年制の大学を卒業し、新卒で企業に入社している場合、25歳は「第二新卒」に分類されます。

逆に高卒や専門卒、短大卒の場合は学校を卒業して3年以上経過しているので、第二新卒に分類はされません。

第二新卒とは

第二新卒とは基本的に、職歴3年未満の大卒を指します。


第二新卒はすでに社会人経験があるため新卒と比べて育成がラク、第二新卒の年齢を超えた中途よりも会社文化や風土に馴染みやすいといった理由から「第二新卒を採用したい」という企業のニーズは高く、他の年齢と比較すると、チャンスが回ってきやすい年齢であるといえます。

25歳は新卒で入社した会社でずっと働いていれば社会人3年目に該当する年齢です。現在と同じ職種へ転職する場合は、これまでの経験を十分にアピールすることができます。

違う業界・職種への未経験転職であったとしても、これからの成長をポテンシャルで評価されやすい年齢です。

転職エージェント末永 末永

2年分の実務経験+若手としてのポテンシャル=未経験でも第二新卒層として採用されやすいタイミングというわけです。

第二新卒の転職市場や第二新卒で転職を成功させるためのノウハウ、中途採用との違いは、以下の記事を読んでみてください。

25歳は女性も転職がしやすい

将来の結婚や出産などのライフプランを意識するなら、25歳は女性のキャリアチェンジに適したタイミングです。

25歳のタイミングで転職すると、結婚してから妊娠・出産するまでにある程度の信頼関係を築け、産休・育休の取得がしやすいというメリットがあるからです。

女性が25歳で転職するメリットについて、下記の2つに分けてさらに詳しく説明していきます。

結婚・出産・育児

女性は男性よりも結婚・出産・育児といったライフイベントの影響を受けやすいです。

あらかじめライフイベントを想定して転職活動をおこなえば、キャリアを諦めることなく仕事と家庭を両立できるようになります。

転職活動中も大変ですが、転職後のほうが大変です。仕事内容が変わるため、新しい仕事に慣れ、早期に活躍できるように覚えることはたくさんあります。また、人間関係がガラッと変わるので、信頼関係を築くのに精神的な負担にもなります。

例えば、27歳で結婚し28歳で妊娠・出産をすることになった場合、25歳で転職をすれば、新しい職場で2〜3年働くことになります。2〜3年働いていれば、1人前になるだけのスキル・経験を積むことができます。

信頼関係も一定構築できているので、産休・育休から復帰しても、スムーズに仕事を再開できます。また、時短勤務の相談もしやすいです。

転職エージェント末永 末永

ライフイベントを含めた転職相談をしたい場合は、女性のサポート実績が豊富にある転職エージェントがおすすめです。


希望すれば同性のキャリアアドバイザーがサポートをしてくれるため、結婚や妊娠を含めた相談が可能です。

女性におすすめの転職エージェント

転職と結婚のタイミングや産休・育休の取得について、さらに詳しく知りたい人は下記の記事も参考にしてみてください。

キャリアアップ

女性はライフイベントの影響を受けやすいため、男性と比べるとキャリアアップがしにくい傾向にあります。

企業によっては女性の管理職登用を積極的におこなっているところもありますが、すべての企業で推進されているわけではありません。

20代前半に該当する25歳の段階で転職すれば、キャリアアップに必要な経験・スキルを積めるようになります。

転職エージェント末永 末永

キャリアアップに向けた転職で大切なのは、プロによるサポートを受けることです。


女性の管理職を積極的におこなっている企業の紹介や、年収を増やすにはどうすれば良いのかをアドバイスしてもらえます。

おすすめの大手総合型転職エージェント

以下の記事で女性のライフイベントや転職について詳しく解説しています。将来のことを考え、転職をしたいと思っている女性は参考にしてみてください。

25歳で転職するメリット

25歳で転職するメリットは、他の年齢と比べて転職しやすいだけではありません。

他の年代と比べて、転職を有利に進めやすいのですが、他にも25歳で転職するメリットはあります。

ここでは25歳で転職するメリットを2つ紹介します。

異業種に転職しやすい

25歳という年齢はポテンシャルをみて採用してくれる側面が大きいので、未経験で異業種に転職したい場合でも、十分に採用される可能性がある年齢です。

25歳をはじめとした若手人材は、新しいことを吸収する柔軟性と育成に十分な時間をかけられることに優位性があります。

転職エージェント末永 末永

25歳の求職者を採用してもすぐに活躍できるわけではないのですが、企業は育成後に貢献してくれることを期待して若手を積極的に採用しています。


若い人材が会社を引っ張ってくれるので、異業種からの転職で教育や育成にコストがかかっても25歳求職者を採用するのです。

未経験転職のラストチャンス

一般的に、未経験業界や職種への転職がしやすいタイミングは25歳〜27歳ぐらいまでです。

その後は基本的に「即戦力」としての採用になるので、職歴や専門性、実務経験が必要となり、未経験転職は非常に難しくなります。

転職エージェント末永 末永

よって、未経験業界・職種への転職を検討されている人は、今すぐにでもチャレンジすることをおすすめします。

未経験転職や異業種転職においては、現職で培ったスキルを志望企業や志望業界でどう活かすのか語る必要があります。また、求人枠を争う相手が業界経験者の場合もあります。

そういった場合のためにも企業に評価されやすいアピールの仕方など、未経験転職や異業種転職のコツを転職エージェントに相談してみましょう。

おすすめの大手総合型転職エージェント

25歳で転職する際の注意点

25歳は20代の中でも転職しやすい年齢ですが、メリットばかりではありません。当然デメリットも存在するので、25歳で転職を考えている場合は注意が必要です。

25歳の転職ではどのようなことに注意すべきなのか解説していきます。

スキルがないと評価されゼロからスタート

25歳はポテンシャルを期待できる若手人材だと評価している企業もあれば、即戦力として活躍できるスキルがないと評価している企業もあります。

このような企業はスキルがないと評価しているので、転職しても新卒と同じようにゼロからスタートすることになります。

また、年収も新卒の初任給と同程度になりやすいです。

早期離職を懸念される

社会人3年目で転職する25歳は採用してもまた早期離職をしてしまうのでは?と懸念されやすいです。

企業もコストをかけて採用し、人材の育成をおこなっています。人に先行投資し、将来的に活躍してもらうことに期待しているのです。

しかし、早期に離職してしまうと先行投資が失敗し、企業にとっては損失になってしまいます。採用するからには長く働いてもらいたいのが企業の本音なので、少しでも早期離職の懸念がある場合は内定を躊躇してしまうことがあります。

早期離職・短期離職は転職では不利になりやすいです。どれぐらいの期間働けば短期離職に該当しないかは下記の記事で詳しく解説しています。

25歳が転職しやすい業界・職種

25歳は転職を成功させやすいですが、すべての業界・職種ではありません。若手を積極的に採用していない業界は25歳であったとしても内定を獲得するのは難しいです。

25歳で転職を成功させたい場合は、若手人材を積極的に採用している業界・職種から転職先の候補を選ぶことが大切です。

具体的に25歳の転職でおすすめの業界・職種を下記で紹介していきます。

25歳におすすめの業界

25歳の転職では、人手が足りていない業界から転職先を選ぶのがおすすめです。ただ、人手が足りていない業界の中には飲食業など激務になりやすいものもあります。

転職エージェント末永 末永

人手不足の業界から選ぶ際には、今後の成長が見込める業界に着目したほうが良いです。成長が見込める業界であれば、将来的に仕事がなくなることもありません。

将来性のある人手不足の業界

  • 人材業界
  • 広告・メディア業界
  • IT業界
  • Web業界(インターネット業界)

人材業界やIT・Web業界などは今後伸びていくと考えられるため、将来性がある領域です。さらにどの会社でも役立つ汎用性の高いスキルが身につくので、今後のキャリアを考えた際に選択肢を増やせます。

しかもこの4つの業界はコロナ禍などの不況に強い特徴もあります。不況でも仕事がなくなる心配はないのでおすすめです。

転職エージェント末永 末永

これら業界の求人は大手総合型転職エージェントが幅広く取り扱っています。


首都圏や都市部の求人だけでなく、地方の案件も多いです。

おすすめの大手総合型転職エージェント

25歳におすすめの職種

25歳の転職で、とくに未経験チャレンジをする場合は下記の3つの職種がおすすめです。

未経験チャレンジにおすすめの職種

  • 営業職
  • インフラエンジニア
  • 事務職

転職エージェント末永 末永

3つの中でもっともおすすめなのは営業職です。営業職は社会人として必要な汎用スキルを身につけられるので、将来的にキャリアの幅を増やせる職種です。


営業としての難易度は高めですが、無形商材の法人営業は評価されやすいのでおすすめです。

エンジニア系職種の中ではインフラエンジニアが未経験でも1番挑戦しやすいです。とくにCCNAの資格を持っているだけで内定獲得率は上がります。CCNAが学べるスクールもあるので、資格取得してからインフラエンジニアを目指すのも1つの方法です。

事務職は未経験でもチャレンジがしやすい反面、求人が非常に少ない欠点もあります。募集の多い営業事務から挑戦するか、契約社員や派遣社員で経験を積んでから正社員を目指したほうが良いですね。

転職エージェント末永 末永

営業職と事務職を希望する場合は大手総合型転職エージェントがおすすめです。


第二新卒歓迎や未経験歓迎の求人が豊富にあります。プロが求人選びからサポートしてくれるので、転職後のミスマッチも生じにくいですよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

転職エージェント末永 末永

エンジニア向け転職エージェントは経験者を対象としているので、25歳では利用できない可能性があります。


そのため、未経験でエンジニアへ転職したいのなら20代に専門特化した転職エージェントに相談するのがおすすめです。

正社員経験が少ない人におすすめエージェント

  • UZUZ
    平均12時間以上の手厚いサポート!高卒・既卒・フリーターからの正社員転職に強み
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント!未経験から挑戦できる求人多数
  • マイナビジョブ20's
    未経験OKの求人が7割以上!新卒支援実績No.1のマイナビによる20代向けエージェント

25歳によくある転職理由

25歳は社会人3年目に該当する年齢です。この年齢で転職を考える理由はさまざまです。

年収が低く今よりも増やしたい、人間関係に疲れたから転職したい、仕事に対するモチベーションが上がらないなど、転職理由は十人十色です。

転職エージェント末永 末永

私は現役転職エージェントとして多くの25歳をサポートしてきましたが、下記のようなポジティブな転職理由が多かったです。

25歳によくある転職理由

  • もっとやりたいことが見つかった
  • 2年〜3年やりきったので、難しいことや新しいことにチャレンジしたい
  • 頑張ったから次のステップにいきたい

25歳は、社会人として2年〜3年勤めたことで、周りとの環境の差や成長速度の差などを意識するタイミングです。

ひととおり社会人らしい経験を積んだことや日常の仕事の慣れから、「次のステップにいきたい」とか「このままでは価値ある人材になれないまま歳を重ねてしまうかも」と、転職を検討し始めます。

転職エージェント末永 末永

私の支援してきた経験でいうと、このような転職理由であれば転職だけでなく、転職後も成功しやすいです。


そして採用した企業からも良い評価をもらいやすいですね。

なぜなら企業としては、仕事に対する目的意識や将来像=キャリアビジョン が明確な人材、そしてそこに向かって努力できる人材が欲しいからです。

上記のような動機は、キャリアビジョンが明確だからこそ選考がうまく進み、転職後もやりがいを持って働けることにつながるのです。

25歳で転職したほうが良い人

転職における年齢は非常に重要な要素なので、25歳で転職を検討しているのであれば、基本的には即動いたほうが良いです。

そのうち転職できるだろうと、と後回しにしてしまうと、ポテンシャルを評価してもらえる時期はすぎてしまいます。

ポテンシャルでの評価がなくなると、即戦力として活躍できる優秀な求職者と同じ土俵で戦わなければなりません。そうならないためにも下記の該当する25歳はすぐにでも行動することをおすすめします。

転職目的が明確である人

自分がなぜ転職したいのか、その目的が明確な25歳はすぐにでも転職をするべきです。

逆に「仕事がつまらない」「働くのが面倒」「周りが転職しているから自分もしないと」など、転職したい理由が曖昧なままだと、転職しても「なんか思っていたのと違う」といったミスマッチが生じやすいです。

ミスマッチは早期離職の原因にもなります。早期離職は経歴に傷をつけてしまい、次の転職の難易度を高めてしまいます。

また、転職の目的が曖昧だと業界や職種選びがうまくいきません。さらに履歴書・職種経歴書もぼんやりとした内容になり、採用担当者の目に留まらない結果になります。

転職先に求める条件が明確である人

転職先に求める条件が明確な25歳も転職を成功させやすいです。自分はやりがいを重視しているのか、それとも将来的に年収を増やす経験を積める会社であるかを重視しているのか、求める条件は人によって異なります。

ただ、希望する条件は一定数まで絞り込む必要があります。希望をすべて満たす夢のような求人はないので、高望みをしすぎると思ったような案件を見つけられません。

自分の希望条件は「これだけは譲れない」ものに絞り込み、その中で優先順位をつけてみてください。

失敗を反省して改善できる人

自分の欠点を反省して改善できる25歳は採用担当者の評価も高いです。

25歳で転職するということは、前職での会社選びに失敗してしまっていることになります。なぜ、失敗してしまったのかを自責で捉えて反省して、改善できる人は仕事でも同様のことができると判断してもらえるからです。

25歳での転職を考え直したほうが良い人

25歳の転職はおすすめですが、下記の特徴に該当する人は転職を失敗してしまう可能性が高いので、1度立ち止まってみることをおすすめします。

しっかり立ち止まり、なぜ転職したいのかをもう1度明確にしてみてください。そうすることで視野が広くなり、自分にとって最適な選択がしやすくなりますよ。

転職理由が人間関係によるもの

1つ目の特徴は、人間関係を理由に転職活動をする人です。たまに転職面接で前職の退職理由を同僚や上司のせいにして話す人がいます。しかし、これは絶対に避けましょう。

なぜなら、退職理由を人間関係にして話すと面接官から「うちに入社しても、同僚や上司のせいにするかも」「実は転職者自身がトラブルの原因なのではないか」と思われてしまうからです。

仮に上司や周りの環境が退職の一因だったとしても「なぜ前職の仕事に魅力を感じなかったのか?」「この経験から転職活動ではどのようなことを意識しているか」と人間関係以外の理由を話すことが大切です。

「なんとなく」などのマイナス感情で転職を決めてしまう

2つ目の特徴は、「なんとなく」などのマイナス感情で転職を決断する人です。

先ほども説明しましたが、企業が欲しいのは「仕事に対して目的意識を持ってひたむきに努力できる人材」です。

「今の会社になんとなく不満があるから、なんとなく転職したい」このような曖昧かつ後ろ向きな考えで活動している人は「ただ今の現状から逃げたいだけでは」と思われてしまう可能性が高いです。

キャリアビジョンがない人

こちらはなんとなく転職を決めてしまう人に必ず見られるマイナスポイントです。

キャリアビジョン

ざっくりいうとキャリアビジョンとは、目指す姿と現状を比べて、足りない経験やスキルをどこでどう補うか、までをプランニングすることです。

キャリアビジョンの構築は、転職活動の際の自己分析において欠かせないステップです。

これができていないと、本当の希望や本音の不満に反した転職、いわゆるミスマッチを引き起こす原因になります。

転職エージェント末永 末永

今、本当に転職するべきなのか悩んでいる25歳は転職エージェントに相談してみることをおすすめします。


専任のキャリアアドバイザーが転職したい理由を整理してくれるので、自分が何を求めているのかを明確にすることができます。

おすすめの大手総合型転職エージェント

正社員経験が少ない人におすすめエージェント

  • UZUZ
    平均12時間以上の手厚いサポート!高卒・既卒・フリーターからの正社員転職に強み
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント!未経験から挑戦できる求人多数
  • マイナビジョブ20's
    未経験OKの求人が7割以上!新卒支援実績No.1のマイナビによる20代向けエージェント

25歳の転職を成功させるコツ

25歳の転職を進めていくにあたって、入社後に後悔がないようにしたいですよね。

25歳に限らない内容ですが、最低限押さえておくべきポイントを解説します。

自己分析をしっかりする

25歳での転職を考え直すべき人の項目でも説明しましたが、自己分析ができていないと、ミスマッチを引き起こす原因になります。

ここでは簡単に箇条書きにして、自己分析の際に振り返るポイントを記しておきます。

要件としては「今回の転職活動における基盤」と「キャリアビジョン(将来像)の明確化」です。

今回の転職活動における基盤

  1. 今回なぜ転職活動を開始しようと思ったのか
  2. なぜ現職・前職を選んだのか。その際にはどういった基準で企業を選んだのか
  3. 転職先を選ぶ上で、どういった観点・方向性で企業・仕事を探しているのか。その理由
  4. 転職先の選定要件を3点あげるとしたら、それはなにか。またその理由
  5. 今回の転職で実現したいことはなにか

キャリアビジョンの明確化

  1. 今後(例えば10年後)のあなたのありたい姿。その理由
  2. あなたの現状
  3. ありたい姿(1)と現状(2)のギャップ
  4. ギャップ(3)を埋めるためのアクションプラン

何が苦痛で何ならやりがいを感じたのか、それを踏まえてこれからどうなっていきたいのか、自己分析を通じて紐解くことが大切です。

年収ダウンを嫌がらない

転職をすれば、年収が一旦下がってしまうこともよくあります。

とくに未経験職種や未経験業種への転職、大手企業からベンチャー・中小企業への転職の場合は、年収が下がるケースのほうが多いです。

転職で年収が下がってしまう理由は下記の2つが考えられます。

  • 未経験職種・業種への転職
    転職市場では、特定の会社に限らずに持ち出せる経験・スキルでその人の市場価値が決まるので、未経験はどうしても新卒と同じ扱いにならざるを得ないため。
  • 大手企業からベンチャー・中小企業への転職
    たとえ同職種の転職でも、大手企業と比べてベンチャー・中小企業は市場シェアや売上の規模が小さいので、相対的に給与も低くなることが多いため。

また、求人票や転職サイトで提示されている年収は、必ずしもその年収を保証するものではないので、注意が必要です。

あらかじめ面接時に自分が入社した場合の想定年収などを確認しておくと、無用なトラブルを避けられるでしょう。

転職するとなぜ年収が下がるのか、詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

企業研究をしっかりする

企業研究も、転職後のミスマッチを防ぐ上で自己分析と同等に重要な作業です。

企業側としても、採用コストなどの面から新規採用者の早期離職は避けたいです。転職者の企業研究の有無は採用する上で重要な判断基準となります。

また志望動機を作る上でも、企業側の求める人物像や仕事内容などの企業研究の結果に、自分自身のこれまでの経験を結びつけて語ることになるのでしっかりと研究しましょう。

25歳の転職でよくある質問

25歳で転職を検討している人によくある質問をまとめてみました。

転職に疑問がある25歳はぜひ参考にしてみてくださいね。

25歳の転職でスキルは必要?

人物 転職者

25歳の転職では何かスキルは必要ですか?

転職エージェント末永 末永

転職で評価されるスキルは、募集職種に関連したスキルです。そのため、必ず評価されるスキルはないです。


25歳はポテンシャルで採用してもらえる可能性がある年齢です。スキルがない場合はポテンシャルを重視している企業を中心に応募すると良いでしょう。

ポテンシャルを重視している企業の求人は下記の転職エージェントが多く保有しています。スキルに不安がある人はぜひ相談してみてください。

正社員経験が少ない人におすすめエージェント

  • UZUZ
    平均12時間以上の手厚いサポート!高卒・既卒・フリーターからの正社員転職に強み
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント!未経験から挑戦できる求人多数
  • マイナビジョブ20's
    未経験OKの求人が7割以上!新卒支援実績No.1のマイナビによる20代向けエージェント

転職に有利なスキルやポータブルスキル、テクニカルスキルなどについては下記の記事で詳しく解説しています。

資格があると25歳の転職は有利になる?

人物 転職者

資格があると25歳の転職は有利になりますか?

転職エージェント末永 末永

希望する職種に関連した資格であれば評価してもらえる可能性はあります。そもそも中途採用では資格よりも経験を重視しているので、まずは未経験でも経験を積める会社へ転職することをおすすめします。


ただ、まったく役に立たないというわけではありません。熱意を採用担当者に伝えられるので、あったほうがやや有利に働くという認識でいると良いですね。

転職活動を少しでも有利に進める資格は下記の記事で詳しく解説しています。

25歳での転職は遅い?

人物 転職者

25歳での転職は遅いのでしょうか?

転職エージェント末永 末永

25歳の転職は遅くありません。


dodaの「転職成功者の平均年齢調査【2023年最新版】」によると、転職成功者の平均年齢は32.2歳です。


また、年代別の割合は25歳〜29歳が40.6%となっており、他の年代と比べて転職を成功させている人が多いです。データからもわかるように25歳は転職を成功させるためのベストタイミングだと言えます。

転職回数が多いと25歳の転職は厳しい?

人物 転職者

転職回数が多いと25歳の転職は厳しいですか?

転職エージェント末永 末永

大卒の場合は25歳は社会人3年目のため、2回以上の人は不利になりやすいです。


というのも25歳で2回以上も転職しているということは、1年未満〜1年の短期離職が続いている状態だと採用担当者は認識します。


そのため、2回以上転職していると「またすぐに辞めてしまうのでは?」と不安に思われ、書類選考で落とされてしまうことが多いです。

転職回数については下記の記事で詳しく解説しています。

学歴別で25歳の転職は難易度が変わる?

人物 転職者

高卒や専門卒、大卒のような学歴別で25歳の転職難易度は変わりますか?

転職エージェント末永 末永

高卒・専門卒・大卒によって、難易度が大きく変わることはありません。高卒や専門卒、短大卒でも学校を卒業した後に、就職して実務経験を積んでいれば、その経験を評価してもらえます。


ただ、フリーターやニートの場合は難易度は高くなります。

25歳のフリーターやニートは正社員経験のない求職者向けの転職エージェントがおすすめです。未経験向けの求人の紹介はもちろんのこと、時間をかけて履歴書・職務経歴書の添削、面接対策をおこなってくれるので正社員経験がなくても内定を獲得しやすいです。

おすすめの大手総合型転職エージェント

25歳フリーター・ニートの就職活動については、下記の記事も参考にしてみてください。

25歳でIターン・Uターン・Jターン転職を考えてもいい?

人物 転職者

25歳でIターン・Uターン・Jターン転職を考えてもいいですか?

転職エージェント末永 末永

25歳でもIターン・Uターン・Jターン転職を検討しても問題ありません。


ただ、地方は都市部と比べると求人が少ない傾向にあります。思ったように求人を見つけられない可能性があるので、まずは都市部で経験を積んでから30歳頃に再度検討することをおすすめします。

今すぐ地方への転職を考えている場合は、大手転職エージェントに相談すると良いでしょう。地元の優良企業の求人や、地方にいながら都市部の企業にリモートワークで働ける求人を紹介してもらえます。

おすすめの大手総合型転職エージェント

地方に強いおすすめの転職エージェント・転職サイトは下記の記事で紹介しています。

25歳が転職する前に考えて欲しいこと

ここまで25歳の転職について有利であるとお伝えしてきましたが、決して安易な気持ちで転職を考えないでください。

転職エージェント末永 末永

25歳の転職はある程度有利だからこそ、安易に転職したのちにミスマッチに気づき後悔したり、そこから転職を繰り返すようになってしまった…なんて転職者様も沢山見てきました。

何度もお伝えしている通り、自己分析とキャリアビジョン設計を怠ると、ミスマッチに繋がります。

ミスマッチは、「あなたのやりがいや本当に求めているものが何なのか、またそれが転職によって実現できるのか」が曖昧であることによって引き起こされるものです。

もし今のあなたが、やりたいこと・自己分析のやり方・今転職すべきかどうか、これらのどれか1つでも分からないのであれば、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。プロが親身になってサポートしてくれますよ。

※以下に各転職エージェントを紹介しています。自分にあった転職エージェントに登録して相談してみてください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

UZUZ

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

おすすめポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

ハタラクティブ

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

おすすめポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

マイナビジョブ20's

20代・第二新卒・既卒の支援実績26万人以上!
新卒支援実績No.1のマイナビによる若手向け転職エージェント!

マイナビジョブ20's

おすすめポイント

  1. 全求人が20代対象で未経験OKの求人が70%以上!
  2. 転職後の定着率93.6%!
  3. 新卒支援実績No.1のマイナビのノウハウを活用!

マイナビジョブ20'sに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

マイナビIT AGENT

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

マイナビIT AGENT

おすすめポイント

  1. エンジニアがスキルアップできる求人多数
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

リクルートエージェント(IT)

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

リクルートエージェント(IT)

おすすめポイント

  1. エンジニア求人は業界最大の10万件以上!
  2. プログラマーや品質管理、社内SE、テクニカルサポートなど人気の職種を網羅
  3. 専門のアドバイザーチームがあり、IT・Web業界ならではのサポートが充実

リクルートエージェント(IT)に
相談する

ウィルオブテック

年収UPがデフォルト!ITエンジニアのキャリアアップに特化した転職エージェント

ウィルオブテック

おすすめポイント

  1. 専属2名体制による多角的な視点からのサポート!
  2. ハイクラス求人含めITエンジニア向けの求人が常時数千件以上!
  3. 年収UPを前提とした転職支援!過去に年収150万円以上UPした転職実績あり

ウィルオブテックに
相談する

レバテックキャリア

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

レバテックキャリア

おすすめポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリアに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

転職エージェントとは何か、おすすめの転職エージェントランキング、各転職エージェントの評判については下記の記事を参考にしてみてください。

25歳の転職でおすすめの関連記事

25歳の転職に役立つ関連記事をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

line

line

人気の転職エージェント