25歳の転職はチャンス? 転職すべきでない人の特徴や注意点も解説

  • !

25歳の転職はチャンス? 転職すべきでない人の特徴や注意点も解説

    この記事を見ている人は、現在25歳、または「25歳くらいで転職しようかな?」と考えている人ではないでしょうか?

    「25歳で転職ってもう間に合わないのかな?」「25歳の転職って成功するの?」と不安に感じている人が多くいると思います。

    そこで今回は「25歳で転職ってできるの?」というところについて解説してきます。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

25歳は転職のチャンス!

結論から言うと、25歳は転職の大きなチャンスです。

新卒で入社した人だけでなく、高卒・専門卒の人、女性にとっても転職を考えるのに良いタイミングといえます。

以下で25歳が転職においてチャンスである理由を詳しく解説していきます。

25歳ってどういうタイミング?

そもそも、25歳は転職においてどのようなタイミングなのでしょうか。

転職市場における年齢ごとの基準をまとめたものが、以下になります。

  • 23歳:入社1年目ですぐにドロップアウトしたと見なされ、転職は非常に不利
  • 24〜27歳:未経験でも第二新卒層として採用されやすい
  • 30〜33歳:業界・職種経験はあって当たり前で、できればマネジメント経験を持っていてほしい
  • 34歳〜36歳:業界・職種経験はあって当たり前で、さらにマネジメント経験があることも当然になる
  • 37歳以上:そもそも転職が難しくなり、よほどの専門能力やマネジメントの高い実績がないと、転職が難しくなる

このように、転職市場において20代・30代は小刻みに評価が変わり、求められる経験が大きく異なってきます。

25歳は新卒入社した会社で働いていれば3年目となるタイミングで、これまでの仕事の経験を十分にアピールすることができ、かつ未経験でもこれからの成長のポテンシャルで評価されやすい年齢です。

以下の記事では、3年目の転職について解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

25歳は「第二新卒」に分類される

基本的に第二新卒は職歴3年未満の大卒を指します。

新卒で企業に入社した場合、25歳の人は、この「第二新卒」に分類されます。

第二新卒はすでに社会人経験があるため新卒と比べて育成がラク、第二新卒の年齢を超えた中途よりも会社文化や風土に馴染みやすいといった理由から「第二新卒を採用したい」という企業のニーズは高く、他の年齢と比較すると、チャンスが回ってきやすい年齢であるといえます。

第二新卒で転職を成功させるためのノウハウは、以下の記事で詳しく解説しているので合わせてご覧ください!

高卒・専門卒でも転職は可能

高卒・専門卒の人も、現在まで実務経験をしっかりと積んでいるのであれば、学歴に関係なくスキルや経験を評価されます

また、大卒よりも社会人経験が長く、さらに25歳という若さからポテンシャルも期待できるため、転職は有利に進むことが多いです。

「大卒以上」と限定していない企業に限りますが、資格などを持っていなくても、学歴に関係なく勤続年数で評価されるので、一度エージェントで相談してみてもいいでしょう!

25歳は女性の転職にも有利

25歳だと将来の結婚や出産など、ライフプランを意識している女性も多いのではないでしょうか?

将来的に妊娠・出産を考えているのであれば、25歳でキャリアチェンジを考えるのは良いタイミングです。

妊娠・出産は長期的に会社を休む必要があるため、ある程度信頼関係ができ上がっている職場だと、産休・育休の取得に気を遣わなくても良いというメリットがあるからです。

また同じ職場で2〜3年働いていればある程度のスキルや経験を積むことができ、復帰後も同じ活躍をすることができると考えられます。

以下の記事で、女性の転職について詳しく解説しています。将来のことを考え、転職をしたいと思っている女性は参考にしてみてください。

25歳で転職する2つのメリット

具体的に、25歳で転職をする、あるいは転職を検討するメリットは2つあります。

1. ポテンシャルで採用してもらえる

25歳は、新卒入社した会社で働いていれば3年目となるタイミングで、第二新卒層として採用されやすいです。

社会人としてのマナーや一般常識が身についている状態かつ、若いがゆえに何事も柔軟に対応できると思われているため、企業はスキル重視というよりも、育成前提で「今後活躍してくれそうかどうか」というポテンシャルをみて採用してくれる可能性が高いからです。

2. 未経験の業界・職種にチャレンジできる

25歳という年齢は、ポテンシャルをみて採用してくれる側面が大きいので、未経験の業界・職種に転職したい場合でも、十分に採用される可能性がある年齢です。

一般的に、営業からマーケティング、金融からITベンチャーなどの異業界・異職種への転職がしやすいタイミングは25歳〜27歳ぐらいまでです。

その後は基本的に「即戦力」としての採用になるので、職歴や専門性、実務経験が必要となり、未経験転職は非常に難しくなります。

新しい業界や職種への転職を検討されている人は、このタイミングでチャレンジをすることをオススメします。

未経験業界・職種への転職を考えている人は、以下の記事も読んでみてください。

20代の転職は転職エージェントの利用がおすすめ

25歳の転職は有利と言っても初めての転職で不安という人も多いのではないでしょうか?

そんな人には転職エージェントがおすすめです。

大手の転職エージェントはこれまでにたくさんの支援をしてきた実績があるのでそのノウハウを活かしあなたの不安に感じているポイントを解消してくれます。

また有利になるからという安易な考えでの転職は入社後のミスマッチに繋がる可能性があるので一度プロに相談するkとをおすすめします。

業界大手の転職エージェント

おすすめの転職サービス

  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!優秀なヘッドハンターからのスカウトが届く

20代向けの転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もチェックしてみてください。

25歳で転職しないほうがいい人

末永

長年の経験からいって以下に当てはまるような人は今転職すべきではないです。
転職を検討する上で、今1度自身の振り返りの機会になれば幸いです。

「今の仕事がツラい」という理由だけで具体的な転職イメージがない人

将来のキャリアを考えずに、「今の仕事がツラい」という理由だけで勢いで会社を辞めようとする人です。

このような人は現状の不満を埋めるためだけの転職をしがちで、正反対の条件に転職すればいいと思って失敗するケースがよくあります。

たとえば、もう営業だけはやりたくない!と思っている人が、営業以外の事務や企画の仕事に転職すれば解決できるはずだという解釈をしてしまったり、激務で悩んでいる人が残業時間の少なさだけを重視して転職先を決めてしまうというパターンです。

そのような場合、自分が感じている不満や課題の根本的な原因が具体的にどこにあったのかを究明することで転職の失敗を防ぐことができます。

また、他の会社を転職活動で見ているうちに、現在在籍している会社の待遇や人間関係などがそれほど悪くないと感じる転職希望者も多いのが実情です。その場合は、会社に納得感を持って残ることができます。

具体的な転職イメージがない…という人は以下の記事を参考にしてみてください!

どうしても年収を下げたくない人

転職をすれば、年収が一旦下がってしまうこともしばしばです。

とくに未経験職種や未経験業種への転職、大手企業からベンチャー・中小企業への転職の場合は、年収が下がるケースのほうが多いです。

理由は以下です。

  • 未経験職種・業種への転職
    =転職市場では、特定の会社に限らずに持ち出せる経験・スキルでその人の市場価値が決まるので、未経験はどうしても新卒と同じ扱いにならざるを得ないため。
  • 大手企業からベンチャー・中小企業への転職
    =たとえ同職種の転職でも、大手企業と比べてベンチャー・中小企業は市場シェアや売上の規模が小さいので、相対的に給与も低くなることが多いため。

また、求人票や転職サイトで提示されている年収は、必ずしもその年収を保証するものではないので、注意が必要です。

あらかじめ面接時に自分が入社した場合の想定年収などを確認しておくと、無用なトラブルを避けられるでしょう。

転職するとなぜ年収が下がるのか、詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

すでに2回以上転職している人

25歳ですでに2回以上転職している人は、1年〜2年未満の短期離職が続いている状態だと企業からは認識されています。

そのため、「またすぐに辞めてしまうのでは?」という不安につながりやすく、書類選考で落とされてしまうケースが多いのです。

現職を続けることがどうしても難しい!という場合は「厳しい転職になるかも」という認識の上で、なぜ転職回数が多くなったのか、その理由を明確にすることが大切です。

これまでの転職理由を明確にし、それを踏まえた志望動機を練ることができれば主張に一貫性が生まれ、「またすぐに辞めてしまうのでは?」という企業の不安を払拭することができるからです。

転職回数が多く、それでも転職を考えている人は以下の記事も参考にしてみてください。

転職する前に考えて欲しいこと

ここまで25歳の転職について有利であるとお伝えしてきましたが決して安易な気持ちで転職を考えないでください。

まだ社会に出たばかりで自分のやりたいことがわからないという人も多いのではないでしょうか?

転職というのはあくまで自分の理想を実現するための手段です。

もしやりたいことがわからなくて転職するか悩んでいるのであればぜひ転職エージェントに相談してみてください。

プロが親身になってサポートしてくれますよ。

※以下に各転職エージェントを紹介しています。自分にあった転職エージェントに登録して相談してみてください。

全業界・業種の求人を保有する大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、キャリアアドバイザーと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

人気の転職エージェント