25歳の転職|成功させる方法と転職すべきでない人の特徴

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

この記事を見ている人は、現在25歳、または「25歳くらいで転職しようかな?」と考えている人ではないでしょうか?

「25歳で転職ってもう間に合わないのかな?」「25歳の転職って成功するの?」と不安に感じている人が多くいると思います。

そこで今回は「25歳で転職ってできるの?」というところについて解説してきます

25歳は転職のチャンス!

転職のチャンス

 

結論から言うと、25歳は転職の大きなチャンスです。

新卒で入社した方だけでなく、高卒・専門卒の方、女性にとっても転職を考えるのに良いタイミングといえます。

25歳は「第二新卒」に分類される

基本的に第二新卒は職歴3年未満の大卒を指します。

新卒で企業に入社した方は、この「第二新卒」に分類されます。

社会人経験があるため新卒と比べて育成が楽、中途よりも会社文化や風土に染めやすいといった理由から、「第二新卒を採用したい」という企業のニーズは高く、他の年齢と比較すると、チャンスが回ってきやすい年齢であるといえます。

第二新卒で転職を成功させるためのノウハウは、以下の記事で詳しく解説しているので合わせてご覧ください!

第二新卒でも転職は成功する!攻略法の全てをプロが解説

2019.03.26

高卒・専門卒でも転職は可能

高卒・専門卒の人も、現在まで真面目に働いてきたのなら、学歴に関係なくスキルや経験を評価されます

また、大卒よりも社会人経験が長く、さらに25歳という若さからポテンシャルも期待できるため、転職は有利に進むことが多いです。

「大卒以上」と限定していない企業に限りますが、資格などを持っていなくても、学歴に関係なく勤続年数で評価されるので、自信を持ってください!

25歳は女性の転職にも有利

25歳だと将来の結婚や出産など、ライフ・ワーク・バランスを意識した転職を考えている女性も多いと思います。

将来的に妊娠・出産を考えているのであれば、25歳は良いタイミングです。

妊娠・出産は長期的に会社を休む必要があるため、ある程度信頼関係が出来上がっている職場だと、産休・育休の取得に気を遣わなくても良いというメリットがあります。

25歳で転職すれば転職先である程度の経験を積んでいるので、職場復帰もしやすいですし、時短勤務などの相談もしやすいです。

以下の記事で、女性の転職について詳しく解説しています。将来のことを考え、転職をしたいと思っている女性の方は参考にしてみてください。

【必読】20代女性は転職を成功させられる!方法や体験談を徹底解説!

2018.11.02

25歳で転職するメリット


具体的に、25歳で転職をする、検討するメリットは3つあります。

  • ポテンシャルで採用してもらえる
  • 未経験の業界・職種にチャレンジできる
  • 今の会社の良さを再認識する機会になるかも

ポテンシャルで採用してもらえる

社会人として年次が上がっていくと、転職市場では「即戦力」を求められる傾向が強まります。

25歳の場合、企業は即戦力というよりも、育成前提で「今後活躍してくれそうかどうか」というポテンシャルをみて採用してくれる可能性が高いです。

未経験の業界・職種にチャレンジできる

25歳という年齢は、ポテンシャルをみて採用してくれる側面が大きいので、未経験の業界・職種に転職したい場合でも、十分に採用される可能性がある年齢です。

一般的に、営業からマーケティング、金融からITベンチャーなどの異業界・職種への転職がしやすいタイミングは25歳〜27歳ぐらいまでです。

その後は基本的に「即戦力」としての採用になるので、職歴や専門性、実務経験が必要となり、未経験転職は非常に難しくなります。

新しい業界や職種への転職を検討されている方は、このタイミングでチャレンジをすることをオススメします。

今の会社の良さを再認識する機会になるかも

他の会社を転職活動で見ているうちに、現在在籍している会社の待遇や人間関係などがそれほど悪くないと感じる転職希望者も多いのが実情です。
その場合は、会社に納得感を持って残ることができます。

25歳で転職しない方がいい人

転職エージェントの目線から、客観的にみて「転職はやめておいた方がいいかも」という方の特徴をまとめました。

転職を検討する上で、今一度ご自身の振り返りの機会になれば幸いです。

  • 「今の仕事がツラい」という理由だけで具体的な転職イメージがない人
  • 5年後の自分が見えていない人
  • どうしても年収を下げたくない人
  • 今回が2回目、3回目の転職の人

「今の仕事がツラい」という理由だけで具体的な転職イメージがない人


その先のキャリアを考えずに「この会社がなんとなく合わない」という理由だけで勢いで会社を辞めようとする人です。

何が自分自身に合わないかを明確にしない状態で、「なんとなく」転職をした結果、何度も転職を繰り返すことに…というケースも少なくありません。

転職先で「どうなっていきたいのか」のビジョンを明確にした上で転職することをオススメします。

転職のビジョンがない…という方は以下の記事を参考にしてみてください!

【必読】WHAT(何をしたいか)にとらわれた転職は失敗する!!

2016.03.10

転職軸がしっかりしていないと転職は厳しい!その理由って?

2017.06.12

5年後の自分が見えていない人

30歳になったら、少なくとも自分の経験してきた職務に関してはプロフェッショナルでないといけません。

技術を磨いてその分野でのスペシャリストになりたいのか、幅広い知見を身につけながらマネジメントができる人材になりたいのかなど、必ず明確なビジョンを持つようにして下さい。

どうしても年収を下げたくない人

転職をすれば、年収が一旦下がってしまうこともしばしばです。

特に未経験職種や業種への転職、大手企業からベンチャー・中小企業への転職の場合は、年収が下がるケースの方が多いです。

また、求人票や転職サイトで提示されている年収は、必ずしもその年収を保証するものではないので、注意が必要です。

今回が2回目、3回目の転職の人

ちょっと厳しい言い方になりますが、25歳で転職回数が2回以上の人はキャリアが荒れており、転職市場的には不利になっていることをまずは把握してください。

現職を続けることがどうしても難しい!という場合は、「厳しい転職になるかも」という認識の上で、なぜ転職回数が多くなったのか、その理由を明確にすることが大切です。

面接では、反省していることを伝え、ポテンシャルで採用してくれるところを見つけるしかありません。

転職する前に考えて欲しいこと

先に記載した通り、第二新卒は転職に有利だと言われていますが、安易な気持ちで転職はしないでください。

時間がないからといって、焦って転職しても自分の理想とする会社に入れるとは限りませんし、転職した後で、前の会社の方が良かったなどと後悔をする可能性もあります。

転職前には、以下のようなことを考えるようにしてください。

  • なぜ転職したいと思ったのですか?
  • 転職先を探す上で、自分が実現したい目標や夢は何ですか?
  • その目標や夢は、今の会社では実現出来ませんか?(他部署への異動など)

いかがでしょうか?あくまでも一例ですが、何が言いたいかと言うと、「しっかり自己分析をしましょう」ということです。

これは転職後に、「せっかく転職したのに、すぐ辞めてしまった」というような話が後を絶たないためです。転職者と企業のミスマッチほど不幸なことはありません。

自己分析が難しいという方については、もちろん、転職エージェントはやってくれますので、一人だと難しいと感じる場合はエージェントに相談してみましょう。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

また、第二新卒に強い転職エージェントをこちらの記事(第二新卒にオススメする転職エージェント8選)で紹介していますので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

大手の転職エージェントでは、正社員経験のある人が優先的にサポートされ、既卒の方や正社員経験が少ない方は対応もらえないケースもあります。ですので、既卒・フリーターの就職支援に強い『UZUZ(ウズウズ)』も登録しておくのがオススメです!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.04.11

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18