25歳フリーターは今年で就職を決めるべし!第二新卒は役に立たない?

25歳フリーターの皆さんがよく聞く第二新卒枠は存在しないんです。

しかし将来どんなリスクがあるのかを説明しつつ、25歳フリーターでも就職できる方法やおすすめの職種、しておくべき準備について紹介します!

25歳フリーターは今年が就職のラストチャンス

25歳フリーターの皆さんはよく第二新卒という言葉を耳にすると思います。

第二新卒は世間的には大学など学校を卒業して1度就職したものの、3年以内にやめて就職を目指すことを言います。

しかし第二新卒はとくに有利になることはなく、第二新卒枠も実際は存在しないようなもので、ほかの転職者と同様に職歴やスキルによって判断されます。

なので25歳フリーターはポテンシャル採用を期待できる今年がラストチャンスといっても過言ではありません。

ポテンシャル採用とは若いからこそ持っている将来性や体力的なタフさなどを評価され、採用されることです。

ポテンシャル採用は基本的に20代前半までが対象になるため、今年で就職を決めたほうが良いのです。

25歳フリーターが就職しないリスク

25歳でフリーターを今後も続けていくとなった場合、いくつか不安なことや悩みもあるかと思います。例えば、20代後半になってもフリーターで居続けると収入はどうなるのかな…というのも悩みどころではないでしょうか。

25歳でフリーターを今後も続けていく場合、考えるべきリスクが3つあります。

上記の3つのリスクについて、次で詳しく解説していきたいと思います。

結婚のリスク

25歳でフリーターの場合、正社員と比較して結婚するのが難しくなる傾向があります。なぜなら、結婚相手にある程度の収入を求めることが多いからなんです。

フリーターは収入が毎月不安定なため、一般的に結婚相手として選ばれにくいのが現状です。

「結婚ってそんなにお金がかかるの?」と思った人もいると思うので「ゼクシィ新生活準備調査2016」を参考にシミュレーションを用意してみました。

1ヶ月の平均生活費 約20万円〜25万円
居住費(ローン含む) 約8万円〜10万円
食費 約4万円〜5万円
出産費用 約40万円〜50万円
養育費(0歳〜3歳) 約85万円

上記のように結婚と子育てにはお金がかかるので、フリーターで居続けると結婚が難しいというのがわかりますね。ただ、パートナーが正社員で金銭的な問題を解決してくれるなら、結婚に問題はないでしょう。

また、フリーターの一般的な年収について詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてください。

関連記事フリーターでも収入は増やせます!税金対策&収入UP方法を大公開!

解雇のリスク

フリーターは、いつ解雇されるかわからないというリスクがあります。

フリーターは正社員とは違い、好きな時間に働ける分、雇用期間が定められているため、契約更新をする必要があるんですよね。

この雇用期間を更新するか否かは、企業側が自由に決めることができます。ですので、仕事でミスを多く犯してしまう、またはトラブルが多いなどという場合は、契約更新時に解雇されてしまう可能性があります。

老後のリスク

フリーターは収入が基本的に低いため、毎月の生活でも節約をする必要がありますよね。実家暮らしならまだしも、一人暮らしの場合は、貯金するのも厳しいはずです。

また正社員と違い、退職金や福利厚生も充実していないので、安定した生活は期待できません。

貯金ができていないと老後の生活も、それだけ苦しいものになってしまいます。

厚生労働省年金局によると、フリーターが老後にもらえる年金の平均額は約5万5,000円なんです。

一方、正社員の場合は厚生年金だけではなく国民年金も合わせた金額が支給されます。その平均額は約14万8,000円となっています。

支給される年金額に大きな差が出てきてしまうのがわかりますよね。だからこそ、フリーターよりも正社員で頑張って働くのが良いと思います。

老後のリスクについて詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事フリーターの老後はどうなる?必要な貯金額と入るべき年金制度を解説

25歳フリーターが就職できるおすすめの職種を紹介

25歳でフリーターの人が本当に就職できるおすすめの職種は、「未経験職種」です。なぜなら、あまり専門知識や技術が求められていないからなんです。

アルバイトの仕事内容によっては、強みや経験としてアピールすることも十分に可能ですよ。

未経験職種の中でも25歳フリーターにおすすめなのは以下の3つになります。

  • 営業職
  • 事務職
  • インフラエンジニア

正社員への就職としては、そこまでハードルが高くないので、どなたでも挑戦しやすい職種だと言えますね。

以下の記事でこの3つの職業について詳しく説明していますので、合わせて参考にしてください。

関連記事フリーターが就職しやすいおすすめの職種3選!未経験でも正社員になれる!

1番のおすすめは営業職

先ほど紹介した中でも25歳フリーターには営業職がおすすめです。

営業職は未経験からでも挑戦しやすく、採用もほかに比べて多いんです。

また営業職の中でもとくに「無形商材の法人営業」をおすすめします。その理由は、キャリアステップがしやすいという点と、将来的に考えて良いことが多くあるからです。

無形商材の法人営業の仕事は、形のない商材・サービスを企業に提案することなので 形のない商材を売るからこそ、営業職の中でも難易度が高いんですよね。でも、だからこそつらい仕事でもやりがいも感じやすく、実績を積むことで自分の市場価値を高めていくことができるでしょう。

営業職についてさらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事無形商材の法人営業に転職するべき2つの理由【キャリアUPに繋がる】

インフラエンジニアは資格が必要

先ほど紹介した中でもインフラエンジニアは未経験でも挑戦しやすいですが、資格がないと働けません。

ですので、就職に資格が必須な場合に関しては、資格を取得してから求人に応募をして、就職するのがおすすめです。

ただ、25歳フリーターであれば就職が困難になる可能性もあるため、派遣社員として経験や資格を取得しながら正社員雇用を目指すこともできます。

未経験からインフラエンジニアになる方法などについて、以下の記事で詳しく紹介しています。こちらも合わせて読んでみてくださいね!

関連記事インフラエンジニアのキャリアパスは?未経験で働く方法や将来性を徹底解説

25歳フリーターにおすすめの就職方法を紹介

25歳フリーターとなると就職するのが難しく、来年以降はさらに難しくなってしまうのが現状です。それでも「やっぱり正社員になりたい!」「フリーターだとまずい!」と思った人は、就職エージェントを使ってみましょう。

就職エージェントはキャリアアドバイザーが、あなたの現状や今後どういうキャリアを築いていきたいのか、丁寧に勝つ親身になってヒアリングしてくれます。

就職エージェントで実際に受けられるサポートを以下にまとめています。

  • ブラック企業を徹底排除した求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス
  • 応募企業に合わせた面接対策
  • ビジネスマナー講座などを受けられる
  • 面接などのスケジュール調整
  • 入社後のアフターフォロー

就職エージェントによって細かいところは変わりますが、基本的には上記のサポートを受けることができます。

初めての就職であったり、就職についての知識が薄いことがほとんどだと思われますので、就職のプロに相談しベストな就職を目指すことをお勧めします。

そこで25歳フリーターの皆さんにとくにおすすめな3社を紹介します。どれかだけを利用するのではなく、すべてを登録し、自分と相性が合う相手と一緒に就活を進めたほうが良い就職ができます。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け就活支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント

  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイックに
相談する

就職に向けて準備しておくべき3項目

就職活動をしようと言われても何から始めるべきか不安ですし、これからどうすればいいかわからないものですよね。

交通費とか就活の時間をどう確保すべきかなど悩みもあるかと思います。そこで就職に向けて準備しておくべきポイントを以下にまとめてみました。

上記の3つについて、次で詳しく解説していきたいと思います。

就活のできる環境を整える

フリーターが就活をする場合、多くの人が働きながら同時並行ですることになると思います。

面接や移動時間を合わせると1日使うことも珍しくありませんし、思ったよりもスーツや交通費など費用も掛かります。

就活を始めるにあたって、今のアルバイト先と話をしておく、やめてから始めるなど時間的な融通が利くようにしておくことが必須です。

ある程度の資金を作っておくことも忘れずにしておきましょう。

履歴書・職務経歴書の作成

フリーターの場合、アルバイト歴を履歴書・職務経歴書に書いて良いんです。例えば、応募先の業務内容に繋げられる経験ならアピールしたほうが良いでしょう。

また、その際には「株式会社●● 入社(アルバイト)」と、一目で見てわかるようにするのが丁寧です。

フリーターの履歴書・職務経歴書の書き方について、以下の記事で詳しく解説しています。こちらもぜひご覧になってみてください!

関連記事フリーター必見!プロが語る履歴書の書き方を大公開!
関連記事フリーターの職務経歴書はどう書く?プロがコツを伝授【見本あり】

面接に向けての対策

フリーターが面接に向けて対策しておきたいのは、「なぜフリーターになったのか」という原因を明確にしておくことです。

同時に面接官は「正社員として働く覚悟があるのか?」という部分もチェックしています。そのため、質問をされて迷ったり消極的な姿勢を見せたりすると、お見送りにされてしまう可能性があります。

他にも「なぜ辞めたのか?」「なぜこの会社に応募したのか?」という質問に正直に答えられるようにしておくのも重要なポイントだと言えます。

効率的に分析をするなら、企業側がどんな質問をしてくるのか把握した上で分析するのが一番良いですよ。

フリーターの就職に役立つ関連記事

フリーターの就職に関する記事を以下にまとめておきましたので、合わせてご覧になってください。

関連記事フリーターの就活のはじめ方は?面接対策や内定獲得の近道を解説!
関連記事フリーターにおすすめの仕事をタイプ別に紹介!未経験OKの職種アリ
関連記事フリーターから正社員を目指すために必要な知識・コツを徹底解説!
関連記事必見!フリーターにイチオシの就職支援サービスを徹底解説!
関連記事フリーターから正社員になりたい女性必見!就職するコツ
  

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント