インフラエンジニアのキャリアパスは?未経験で働く方法や将来性を徹底解説

インフラエンジニアのキャリアパスや、未経験から働くにはどうしたら良いか?という点について解説しています。

また、結婚や育児で忙しい女性はどうしたら良いか、将来性はあるのか?についても紹介しています。

インフラエンジニアからのキャリアパスは3つ

インフラエンジニアからキャリアパスは、大きく分けると、以下の3つになります。

  • サーバーエンジニア
  • 仕事内容:サーバー機器の構築作業・サーバーの運用・保守作業


  • ネットワークエンジニア
  • 仕事内容:ネットワーク設計・ネットワーク構築・ネットワーク監視・運用


  • データベースエンジニア
  • 仕事内容:データベースを開発・設計・管理・運用

上記の3つの職種にすべてに言えることですが、インフラエンジニアから次のキャリアを目指すのなら、大規模なサーバー処理や巨大な案件をやって実績を作ると良いです。

インフラエンジニアもそうですが、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、データベースエンジニアは、サービスが止まらないように地道に技術を守る必要があります。

何か障害が発生してしまうと、サービスが停止してしまうため、裏方の仕事ではありますが、自分たちが頑張り続ければサービスは停止しない、という点にやりがいや達成感があります。

そのため、縁の下の力持ちといった感じで、派手なことが好きな人よりも、地味なことが好きな人が向いている傾向にあります。

キャリアパスのために必要な資格・スキル

インフラエンジニアのキャリアパスのために必要な資格・スキルは以下の通りです。

国家資格

  • ITパスポート
  • 基本情報処理技術者
  • 応用情報処理技術者
  • ネットワークスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト

ベンダー資格

※ベンダー資格とは、ベンダーというIT関連製品を製造・販売する企業が自社で開発した製品について、適切な操作技術や管理技術を満たしているか?ということを認証するための民間資格制度です。


  • Linux技術者認定 LinuC レベル1
  • Linux技術者認定 LinuC レベル2
  • Linux技術者認定 LinuC レベル3
  • シスコ技術者認定 CCNA
  • シスコ技術者認定 CCNP
  • シスコ技術者認定 CCIE

たくさんの資格が必要となりますが、インフラエンジニアは資格が非常に重要な仕事で、資格の有無で価値が決まります。

未経験からインフラエンジニアになるためのキャリアパス

年齢がある程度若く、インフラエンジニアに必要な資格があれば未経験でも働くことは可能です。

資格を取ったら、レバテックフリーランスといったフリーランス向けエージェントのSESなどを利用して、インフラエンジニア関連の案件に派遣される方法が良いです。

結婚を考えていたり、育児をしている女性でも、SESに相談することで働きやすい案件を紹介してもらえます。

フリーターの人が専門職に就きたいと思ったときに、インフラエンジニアになりたいという相談は結構多いです。

実際に私の友人は、フリーターから資格を取ってインフラエンジニアになり、大手企業に雇われて年収600万円でスタートしました。

未経験でも努力すればインフラエンジニアになれ、大手企業で働けるチャンスがあります。しかし、そのチャンスをモノにするためには、先ほど紹介した資格の取得が何よりも大事になってきます。

そのためには、プログラミングの勉強が必要不可欠ですが、独学ではなかなか習得できず、挫折してしまうケースが非常に多いです。そんなときは、TECH::CAMPといったプログラミングスクールがおすすめです。

スクール受講後の就職率は98%を誇り、エンジニア未経験からの就職・転職にオススメのプログラミングスクール。
独学で挫折してしまう人が多い中、受講者の96%がカリキュラムを完了し、卒業できている。

ポイント

  1. 独学で挫折する人が多い中、TECH CAMPの修了率は96%
  2. カリキュラムの修了後の就職率は98%という安心感

こんな人がおすすめ!

  • プログラミングを1から教えて欲しい人
  • 未経験からエンジニアとして就職したい人
  • プログラミング学習から就職活動まで一貫してサポートして欲しい人

TECH CAMPに
相談する

インフラエンジニアの将来性

インフラエンジニアの仕事は今後なくなることはないと思いますし、5年後・10年後も需要のある仕事です。

また、インフラエンジニアはたくさんの資格を持つことになるので、他のエンジニアの仕事に活かすことも可能です。

しかし、近年ではクラウドサーバーが主流になってきているので、切り替えておかないと時代に置いていかれるかもしれません。技術は日々進化しており、常に新しい流れには気を配るようにすると良いでしょう。

インフラエンジニアのキャリアパスはプロに相談!

最初に紹介した3つの職種を目指す場合でも、他の職種を希望したい場合でも、転職のプロである転職エージェントの利用がおすすめです。

とくにIT業界に特化した転職エージェントは、エンジニアの転職に詳しいキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれます。

IT業界に特化しているので、エンジニア特有の悩みや感覚値を交えて、どのキャリアを歩めば良いのかのアドバイスをおこなってくれます。

他にも希望のキャリアパスにあった求人を提案、企業の特徴に合わせたお応募書類の作成、面接対策なども無料でサポートしてくれるので、非常に心強いです。

ただ、担当になるキャリアアドバイザーはスキルや経験によってサポートの質が異なるので、IT業界に特化した転職エージェントの中から1社、大手転職エージェントの中から2〜3社程度、複数登録することをおすすめします。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント