28歳フリーターってヤバい?就職までのプロセスを徹底解説!

28歳でフリーターだとこれから就職はできるのか?その疑問にお答えします!

また、おすすめの職種、就職できる方法、面接前に準備しておくべきことについても合わせて解説します!

28歳フリーターは今のうちに就職しよう!

職歴なしのフリーターなら就職するのは28歳がラストチャンスです。

29歳になってからいきなり就活を始めてもすぐに就職先が見つかるかどうかわかりませんし、30代になってしまうと就職は本当に困難になります。

就職を少しでも考えている人は、今すぐにでも行動に移すことをおすすめします。

28歳でフリーターのままいるリスク

まず、フリーターの場合、正社員と比べて生涯年収が大きく下がります。

20代など若いころは収入にそこまでの差はありませんが、正社員は年功序列で給料が上がっていく企業が多いので、最終的に年収は約1億円ほどの差が出てきます。

また、職場環境は人によって異なりますが、アルバイトをしている人は基本的に学生など若い層が多いです。そのなかで、28歳のフリーターは年齢の差を感じてしまう人が結構多いです。

年代が合わず話についていけないことや、どう接して良いかわからず、若い人と上手く人間関係が構築できないといったことが実際にあります。

就職先を選びすぎない

28歳という年齢もあり、就職できるのはこれがラストチャンスだと思った結果、企業を選びすぎたり、焦りから空回りしてしまい、なかなか就職先が決まらない人がいます。

企業を選ぶときは、自分が求めていることを実現できるかどうかが重要なポイントです。ただ、実際100%自分の理想通りの企業は、ほとんど存在しないと思いましょう。

まず自分を客観的にみて、身の丈にあった企業を選ぶことがおすすめです。その上で、自分が求めている条件などに近い企業を選ぶのが現実的です。

再就職なら転職回数に注意

28歳でフリーターをしている人の中には、正社員を辞めてからフリーターになっている人もいると思います。

以前の経歴で、すでに何度か転職を経験している場合、あまりにも回数が多いと「またすぐに辞めてしまうのでは?」という不安から、書類選考の段階で落とされてしまう可能性があります。

企業や業界によって転職の許容回数は違いますが、一般的には2〜3回なら許容されることが多いです。

仕事内容に不満はないことが条件ではありますが、やはり1度業務を経験している分、同じ職種で転職するのが無難です。逆にまったくの未経験職種への転職は難しいです。

理想は正社員として働いていた職種で転職することですが、会社を辞めてからしていたアルバイトの経験を活かせる職種でも良いです。

フリーターの再就職について、詳しくは以下の記事に記載していますのでご確認ください。

関連記事フリーターから再就職できる?就活のおすすめ・有利になる方法を解説

フリーターから正社員に就職するには就職エージェントがおすすめ

フリーターとして収入は得ているものの「今より安定したい」「将来のお金が不安」「より専門スキルをつけたい」という理由から正社員になりたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

しかし、正社員経験がなかったり正社員時代から遠ざかったりしていると、フリーターから正社員に就職できるのか不安な人もいるかと思います。

さらに、正社員への就職経験がない場合は、面接での自己PRの仕方や履歴書の作成方法についても悩んでしまいますよね。

そして、就職のプロである就活エージェントは、あなたのスキルや強みから「未経験でも挑戦できる仕事」や「あなたのフリーターとしての経験を活かすことができる会社」を提案してくれます。

正社員になるための就職活動が不安な人に就職エージェントがおすすめです。

オススメのエージェントは、UZUZハタラクティブジェイックで、3社とも内定率が80%を超えており、ブラック企業を排除した上で優良企業を紹介してくれるので、気軽に相談してみてください。

フリーターの就職支援に強いエージェント

  • UZUZ
    10時間以上に及ぶ手厚いサポート体制で安心!IT業界やベンチャー企業の求人も有り
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント。未経験から挑戦できる求人多数
  • ジェイック
    入社後定着率90%越え! 未経験から正社員へ・書類選考ナシで企業と面接・就職

28歳フリーターにおすすめの職種【タイプ別】

まず前提として、28歳で就職するなら会社の体質が自分に合わなかったなどで気軽に就職できる年齢ではないので、前もって企業の情報は調べておくなどして、会社選びはしっかりとすべきです。

では、具体的にはどのような職種がおすすめなのか、以下から解説していきます。

おすすめは無形商材の法人営業

無形商材の法人営業は、有形商材の営業と比べてかなり難易度が高く、営業担当者個人の能力に依存しています。その分、転職市場の価値も高くなります。

就職した会社から転職するつもりがまったくないのであれば、正直市場価値のことはそこまで考える必要はありません。ただ、少しでも転職する可能性があるならば、自分の市場価値を上げることを考えて就職するのがおすすめです。

無形商材の法人営業がおすすめな理由については、以下の記事に詳しく記載していますので、興味がある人は見てみてください。

関連記事【保存版】営業の仕事内容と業界別の年収を徹底解説!

初めての職種に挑戦したいなら何かしらの経験を活かす

正直、28歳での就職だと、最終学歴を卒業してからの空白期間がネックになるので、未経験職種への転職はそもそも難しいです。可能性があるとすれば、アルバイトをしていた業界の経験を活かすことです。

例えば、飲食店の厨房でずっとアルバイトしていたのなら、同じ飲食業界の商品開発部門といったように、少しでも経験値がある職種であれば、可能性はあるかもしれません。

また、アルバイトを長くやっていた人なら、同じアルバイトのマネジメントをおこなっていた人が多いかと思います。そういう人は、業界の経験とマネジメント能力もアピールすると良いです。

未経験で転職しやすい職種については、以下の記事で紹介しています。

関連記事フリーターが就職しやすいおすすめの職種3選!未経験でも正社員になれる!

28歳フリーターが就職できる就職方法

28歳フリーターが就職するおすすめの方法は、就職エージェントを利用することです。

就職エージェントを利用することで受けられるサービスは、主に以下のようになっています。

  • プロが希望に合った求人を紹介してくれる
  • 将来のキャリアプランの相談・アドバイス
  • 履歴書・職務経歴書の添削・アドバイス
  • 面接対策をしてくれる
  • 応募企業とのスケジュール調整
  • マナー講座などの実施

上記のような、就職するのに必要なことをサポートしてくれるのが、就職エージェントです。お金は一切かからず、就職に関するあらゆる知識を持ったプロがサポートしてくれるので、求人サイトやハローワークで就職活動するよりも、効率よく内定獲得を目指せるのが特徴です。

また、フリーターにおすすめしている就職エージェントは、経歴よりもやる気やポテンシャルで人材を採用している企業の求人が多いため、職歴なしのフリーターでも就職を成功させやすくなっています。

そこで転職のプロである筆者がおすすめする就職エージェントを2社ご紹介します。どちらかを利用するのではなく、両方に登録し、自分と相性が合う就職エージェントと一緒に就活を進めたほうが良い就職ができます

フリーター・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け就活支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

就職エージェント以外でおすすめの方法

就職エージェントを使うのに抵抗がある人向けに、就職エージェント以外でおすすめの就活方法を紹介します。

  • ハローワーク
  • 求人サイト
  • 知人の紹介

就職エージェント以外に就活する方法は、主に上記の3つかと思います。

ハローワークと求人サイトについては、就職エージェントと違い専属のキャリアアドバイザーがいないので、就活のサポートはありません。逆に、自分のペースで就活をおこないたい人にはおすすめです。

知人の紹介については、ちょうど知人が勤務している企業で人材を探しているなら、もっとも内定をもらえる確率が高い方法です。ただ、運の要素が非常に大きいので、この方法だけで就活するのは無理があります。

就職に向けて準備しておくべき3項目

就職活動をしようと言われても何から始めるべきか不安ですし、わからないものですよね。

そこで就職に向けて準備しておくべきポイントを以下にまとめています。

就活のできる環境を整える

現在フリーターの人が就活をする場合、多くの人が働きながら同時並行ですることになると思います。

面接や移動時間を合わせると一日使うことも珍しくありませんし、思ったよりもスーツや交通費など費用も掛かります。

就活を始めるにあたって、今のアルバイト先と話をしておく、やめてから始めるなど時間的な融通が利くようにしておくことが必須です。

ある程度の資金を作っておくことも忘れずにしておきましょう。

履歴書・職務経歴書の作成

フリーターの場合、アルバイト歴を履歴書・職務経歴書に書いて良いんです。例えば、応募先の業務内容に繋げられる経験ならアピールしたほうが良いでしょう。

また、その際には「株式会社●● 入社(アルバイト)」と、一目で見てわかるようにするのが丁寧です。

フリーターの履歴書・職務経歴書の書き方について、以下の記事で詳しく解説しています。こちらもぜひご覧になってみてください!

関連記事フリーター必見!プロが語る履歴書の書き方を大公開!
関連記事フリーターの職務経歴書はどう書く?プロがコツを伝授【見本あり】

面接に向けての対策

フリーターが面接に向けて対策しておきたいのは、「なぜフリーターになったのか」という原因を明確にしておくことです。

同時に面接官は「正社員として働く覚悟があるのか?」という部分もチェックしています。そのため、質問をされて迷ったり消極的な姿勢を見せたりすると、お見送りにされてしまう可能性があります。

他にも「なぜ辞めたのか?」「なぜこの会社に応募したのか?」という質問に答えられるようにしておくのも重要なポイントだと言えます。

効率的に分析をするなら、企業側がどんな質問をしてくるのか把握した上で分析するのが良いですよ。

フリーターの就職に役立つ関連記事

フリーターの就職に関する記事を以下にまとめておきましたので、合わせてご覧になってください。

関連記事フリーターの就活のはじめ方は?面接対策や内定獲得の近道を解説!
関連記事フリーターにおすすめの仕事をタイプ別に紹介!未経験OKの職種アリ
関連記事フリーターから正社員を目指すために必要な知識・コツを徹底解説!
関連記事必見!フリーターにイチオシの就職支援サービスを徹底解説!
関連記事フリーターから正社員になりたい女性必見!就職するコツ
  

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント