フリーターの就活のはじめ方は?面接対策や内定獲得の近道を解説!

フリーターの就活のはじめ方を聞かれても、具体的に答えられる人はほとんどいないと思います。

そこでこの記事では、内定までの順序やおすすめの就職方法、面接や履歴書のコツまで詳しく説明していきます。

フリーターの就活ってどう始めれば良い?

就活のはじめ方と言われると、多くの人が企業探しや履歴書の記入を思い浮かべると思いますが、実は違うんです。

まずはなぜ就職したいのかを明確にし、自己分析の上、就活がグダグダにならないようスケジュールを立てるようにしましょう。

就職したい理由を明確にせず、自己分析をおこなわないと、就職後にミスマッチが生じ、すぐに辞めてしまう原因になるからです。

自己分析とは「これからのキャリア、人生をどう生きていくか」「自分が持っているスキルは何か」「将来の目標は何か」などという自分のキャリアを考えることです。

そのため、まずなぜ就職したいと思ったのか、その理由を明確にしましょう。

その上で、どのような業界・職種を希望するのか、自分には何のスキルがあるのかを考える自己分析から始めます。

就活スケジュールを立てるコツ

就活スケジュールを立てる際、重要になるのが目標から逆算して計画することです。準備から内定を得られるまで約3ヶ月〜6ヶ月です。

そのため、3〜6ヶ月後に入社することから逆算してこれから何をすればいいのか考えるようにしましょう。

就職までの流れは、以下のようになっています。

自己分析と情報収集

自己分析は就活の肝であると言っても過言ではないほど、かなり重要です。

自己分析をサボり 、なんとなく仕事を探してしまうと職場選びのミスマッチにつながります。

まずはじめに、自己分析について様々な書籍やサイトで紹介されているフォーマットを利用しても、ほとんど上手くいきません。

自己分析は面接官の質問に的確に回答して、内定を獲得するために必要な項目について徹底的に準備・対策をするべきなのです。

ですから、自分の就職したい業界や企業に向けた情報を集め、しっかりと準備をする必要があります。

自己分析について詳しく書かれた記事を載せておきますので、合わせて参考にしてください。

フリーターの就活でも転職でも自己分析のやり方は大きく変わらないので、参考になること間違いなしです。

関連記事自己分析なしの転職は失敗します。転職のプロが正しいやり方をご紹介!

自己PRと志望動機

具体的に書類を記入する前に、エントリーする企業に対し、自己PRと志望動機を考える必要があります。

自己PRを考える、書く際のポイントは3つあります。

  • 企業が求める人物像を考える
  • 何を自己PRしたいのか明確にする
  • 抽象的な表現を避ける

自己PRに自分の強みを盛り込む際には、企業が求める人物像やスキルに合わせたものがベストです。

また、志望動機では、以下にまとめた内容を考えた上で作るのが良いと言えます。

  • 自分自身がどうなりたいのか
  • そのためにどんな行動・努力をすべきか

上記の2つを考えた上で「その努力をする環境として御社が最適だから受けました」と伝えられると非常に良いですね。

以下の記事で自己PR、志望動機の書き方や考えるコツについて詳しく解説しています。こちらも合わせてご覧になってみてください!

関連記事【例文付き】既卒の自己PRはどう書く?内定獲得できるポイントを伝授!

具体的な書類記入

ここでは履歴書・職務経歴書を書く方法について紹介します。

フリーターが実際に履歴書・職務経歴書を書く前に、以下の3点を意識してから、履歴書を書いてみてください。

  • 第一印象は履歴書で決まる
  • ありがちな文やテンプレ通りに書かない
  • 自分の経歴について細かく調べる

また、履歴書を書く際にネットなどで調べたテンプレート通り書くのはNGです。

職務経歴書に関しては持参するように指定されていない場合がありますが、書くことによって企業側から「この人はこんなビジネススキルがあるんだ」とアピールすることができます。

以下の二つの記事で詳しく説明していますので、合わせて参考にしてください。

関連記事フリーター必見!プロが語る履歴書の書き方を大公開!
関連記事フリーターの職務経歴書はどう書く?プロがコツを伝授【見本あり】

応募・面接

フリーターが正社員の面接を通過するためのポイントを3つご紹介します。

  • フリーターになった理由は正直に話す
  • フリーターを脱出する理由を言語化する
  • 将来の目標を話せるようにする

面接は内定を勝ち取るうえでは避けては通れない最終難関です。万全の準備で臨みましょう。

以下に準備の手助けとなる記事を載せていますので、参考にしてください。

関連記事フリーターになった理由TOP5|面接での答え方を紹介【例文付】

フリーターの就活は就職支援サービスを活用すべし!

フリーターで初めての就活な人も多い中で、いきなり上記の過程を一人ですべてやるのは無理があります。

そこでオススメしたいのが就職支援サービスを活用することです。

以下で年齢や個人の状況に合わせたオススメの就職支援サービスを紹介します。

就職エージェント:20代の就職したい人にオススメ!

20代のフリーターで就職を目指したい人は就職エージェントの利用をオススメします。

先ほど紹介した就職の流れで言うと、就職エージェントは自己分析から内定までの就職に関わるすべてのことをサポートしてくれます。

ただ、転職エージェントでサポートしてもらえるのは、20代までのフリーターです。30代以上のフリーターは、サポートしてもらえない可能性があるので注意が必要です。

就職エージェントで実際に受けられるサポートを以下にまとめています。

  • ブラック企業を徹底排除した求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス
  • 応募企業に合わせた面接対策
  • ビジネスマナー講座などを受けられる
  • 面接などのスケジュール調整
  • 入社後のアフターフォロー

就職エージェントによって細かいところは変わりますが、基本的には上記のサポートを受けることができます。

世の中にはたくさんの就職エージェントがありますが、とくにフリーターにオススメの3社をご紹介します。

利用するコツとしては、すべて登録して比較しながら、最終的には相性の合う就職エージェントを選ぶと就職を成功させやすいです!

フリーターにオススメの就職エージェント

  • UZUZ
    20代専門で内定率86%!フリーター・第二新卒・既卒に特化した就職支援サービス
  • ハタラクティブ
    正社員成功率80%以上!未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有
  • ジェイック
    入社後定着率90%越え! 未経験から正社員へ・書類選考ナシで企業と面接・就職

ハローワーク:30代以上の就職・転職を考える人にオススメ!

上記で紹介した就職エージェントですが、20代のサポートに特化しているため、30代以上は対象外になってしまうことがほとんどです。

30代以上の人は、ハローワークの利用を検討しましょう。なぜなら、ハローワークは利用に年齢制限がなく、30代以上でも求人の紹介をしてもらえます。

ハローワークは相談員が就職の相談に乗ってくれたり、希望に合った求人を紹介してもらえます。ちなみに、ハローワークは求人の掲載料が無料なので、採用にコストがかけられないが優良な中小企業の求人が多いです。

ただ、相談員は就職のプロではないので、納得のいく支援を受けられない可能性があるため、面接対策などは自分でしっかりおこなう必要があります。

また、掲載される求人は選別されているわけではないので、ブラック企業の求人が混ざっていることも多く、自分で見分けなければなりません。

ハローワークの使い方やブラック企業の見分け方について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事ハローワークで良い転職はできる?流れや特徴なども紹介!
関連記事ブラック企業の見分け方!16つの業界を転職のプロが暴露

就職サイト:自分のペースで就職を目指したい人にオススメ!

アルバイトなどを続けながら就職を進めていきたい人、自分のペースで進めたい人には就職サイトの活用がオススメです。

ほかの就職支援サービスと比べ、サポートはないものの、自分の好きな時間に求人を探すことができ、求人の数も多いです。

とくにマイナビ転職リクナビネクストエン転職転職ナビは20代を対象とした求人を多く取り扱っています。

未経験の職種にチャレンジしたいという人や、就職が初めてという人にもオススメです。

自分で求人を比較検討したいと考えているフリーターの人は、ほかの就職支援サービスと併用して就職サイトを利用するのも良いでしょう。

就職サイトについて以下の記事で詳しく書いていますので、合わせて参考にしてください。

フリーターにオススメの就職サイト

  • マイナビ転職
    マイナビ転職独自の求人が84 %!居住地域や就きたい職種別に詳しく求人紹介!
  • リクナビネクスト
    転職決定数No.1!会員限定機能ありで5分で登録後すぐに求人を探せます!
  • エン転職
    顧客満足度No.1!それぞれの条件に合った正社員求人多数掲載!
  • 転職ナビ
    7000件以上の求人を掲載!職種や好きなキーワードで求人検索可能!

就活を成功させるために

フリーターから正社員を目指すのなら就職エージェントの利用をオススメします。

フリーターというハンデを負って自力で就職を目指すより、何人もの就職希望者を支援してきたプロに相談するほうがいい就職になると思います。

また迷ったり、困ったりしたときに頼りどころがあるのは精神的にも有利に働きます。

そこで筆者がオススメする就職エージェントを2社ご紹介します。担当になるキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なるので、2社すべてに登録し、自分と相性の合うところと就活を進めていくと良い就職ができますよ。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け就活支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

フリーターの就職に役立つ関連記事

フリーターの就職に関する記事を以下にまとめておきましたので、合わせてご覧になってください。

関連記事フリーターにおすすめの仕事をタイプ別に紹介!未経験OKの職種アリ
関連記事フリーターから正社員を目指すために必要な知識・コツを徹底解説!
関連記事必見!フリーターにイチオシの就職支援サービスを徹底解説!
関連記事フリーターは何歳までが就職のデッドライン?就職のプロが徹底解説!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント