フリーターの辛い現状から抜け出すには?正社員以外で現状を変える方法

フリーター

    この記事では、フリーターでいることで何が辛いのか、現状を抜け出すためにどうすれば良いのか、詳しく解説しています。

    就活を成功させるポイントについても、しっかりとお伝えしていきます!

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

フリーターがつらいと思う理由

フリーターがつらいと思う理由としては、金銭面の他にメンタル面での要因が大きいのではないでしょうか。

以下からフリーターがつらいと思う要因を紹介していきます。

不安になる原因について詳しく見ていきましょう。

生活面での不安

フリーターだと十分な収入を得ることが難しく、将来を考えると生活していけるのかが不安になりますよね。

実際に賃金構造基本調査(令和元年)では、フリーターと正社員の平均月収には以下のような違いがありました。

フリーター 正社員
20代 約189,000円 約232,000円
30代 約206,000円 約300,000円
40代 約208,000円 約356,000円
50代 約206,000円 約397,000円

上記の表は賃金構造基本調査(令和元年)に記載されていた年齢ごとの平均年収を12ヶ月で割ったものになります。

正社員の平均月収はボーナスを考慮せずに算出したため、実際の金額はもう少し低いと思ったほうが良いでしょう。

フリーターと正社員の平均年収を比べてみると、20代前半で若く体力に余裕があれば、掛け持ちを増やしたり出勤時間を伸ばしたりして収入を増やすことは可能です。ですが30代に入ってくると体力も衰えてきますし、正社員との収入の差も大きく広がっていきます。

30代から収入の差が大きく広がり始めるので、将来のことを考えると不安が募りますよね。フリーターの場合はもらえる年金額も正社員と比較して少ないため、老後の生活が厳しくなることが予想されます。

また、国民年金に加入しているものの、正社員と比べて老後にもらえる年金額も少ないです。具体的には3万円〜4万円も差があると言われています。

フリーターの月収や平均収入、老後についてさらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事フリーターの月収はいくら?正社員との収入を徹底比較【具体例あり】
関連記事フリーターでも収入は増やせます!税金対策&収入UP方法を大公開!
関連記事フリーターの老後はどうなる?必要な貯金額と入るべき年金制度を解説

結婚できないのではという不安

結婚については正直相手によると思うのですが、多くの人は非正規雇用の相手では将来が不安というのが本音でしょう。

とはいえフリーランスのような個人事業主として働きながら結婚している人は多いです。

正社員以外の働き方で結婚したいのであれば、バイトよりも収入を上げる方法を考えてみるのが良いでしょう。具体的には何かしらのスキルを身につけてフリーランスを目指してみたり、YouTubeなどを利用して広告収入を得るなどの方法があります。

ただしどの方法も必ず成功するとは限りません。正社員のように安定した収入を得られるかと言えばそうではありませんし、上手く軌道に乗せられないとお小遣い程度の収入を得ることしかできません。

友人など周りとの差で感じる劣等感

フリーターである現状に、周りの人と比べて劣等感を感じてしまう人もいるかと思われます。

単に劣等感と言っても、周りと比べて収入の少なさに問題があるのか、フリーターであることに対して社会から承認を得られないことに劣等感があるのかで、解決方法は異なってきます。

友人など周りと比べて劣等感を感じている人は、まず自分が何に対して劣等感を感じているのかを把握して、適切な解決方法を選んでいきましょう。

親など身内からの目

フリーターの期間が長くなれば長くなるほど、家族など身内から「早く就職しろ」という目で見られるようになりますよね。

確かに高校か大学を卒業したら企業に就職するというのが、一般的に安定感を得られる道ではあります。ただしフリーターになるという道を選んだ理由を再度思い出してください。

自分が叶えたい夢のためなど、フリーターになった理由が明確にある人なら身内と話し合い納得してもらうのが良いでしょう。

やりたい事が見つからずにフリーターになったという人もいるかと思いますが、そういう人の場合は自分の好きな事を仕事にしてみたり、まだ20代など若い年齢であれば1度就職してみるのがおすすめです。

やりたい事が見つからないまま30代になってしまうと就職するのは難しくなりますし、仮に就職し働いていくうちにやりたい事が明確になる場合があります。

フリーターのつらい現状から抜け出すには

フリーターであることの悩みを解決するには、正社員になることが効果的ではあります。とはいえ中には「そんなことは分かってる」人や「正社員にはなりたくない」と考える人もいますよね。

正社員になること以外で悩みを解決するには大きく分けて「収入を上げる方法を考える」ことと「生活・環境改善に取り組む」ことの2点に集約されるかと思います。

正社員になる以外で収入を上げる方法

まずは正社員になる以外の方法で、収入を上げる方法を以下から紹介していきます。

正社員以外で収入を上げる方法

  • フリーランス・個人事業主を目指す
  • 起業を目指す
  • 時代のニーズにあったスキルを身につける

正社員以外で先ほどの悩みを解消するなら、収入を増やす方法を考えてみるのがおすすめです。フリーランス・個人事業主や起業できれば、バイトと比べて社会的に承認もされやすくなります。

また、現在ではYouTubeなどを利用して収入を得るのも良いでしょう。動画編集などのスキルを身に付ければ、YouTube以外のプラットフォームでも仕事をもらえる可能性があります。

ただしどの選択肢も簡単にスキルを身につけることはできません。フリーランスや起業を目指すなら該当するスキルや経験が必須になってきますので、どこかの起業に就職をしてスキルを身につけるか、初めは低安価で未経験可の案件から地道に初めていく必要があります。

生活・環境改善に取り組む方法

次に生活・環境改善に取り組むには、以下2つの方法がおすすめです。

生活・環境改善に取り組む方法

詳しく解説していきます。

生活環境を一気に変える

生活環境を一気に変えることで、まずはリズムを整えることができます。具体的には、勤務時間を統一して生活リズムを規則正しいものに変えていくことですね。残業をするなら21時までと時間配分を考えるとなお良いです。

他にも、思い切って職場を変えるというのも良い方法です。例えば今現在は夜勤で働いているのであれば、日勤で働ける仕事に変えてしまうのが良いでしょう。

初めは難しいかもしれませんが、少しずつでも良いので生活リズムを整えるために、環境を変えていきましょう!

人に相談する

フリーターの現状が辛い時は、人に相談するのも良いですね。その中でもまずは友人に話してみるのがオススメです。

友人ならあなたがどんな性格をしているのか把握している上で、相談に乗ってくれるはずです。その際、友人の就職活動についても話を聞かせてもらえることもあります。

アドバイスをもらえれば行動に移せますし、何より人に話すことで気持ちも落ち着きますよね。もちろん、家族に相談してみるというのもOKですよ。

フリーターから正社員になりやすい職種

フリーターが就職しやすい職種は以下の3つです。

  • 営業職
  • 事務職
  • インフラエンジニア

上記3つの職種は未経験者可の求人が出回っていることが多いです。

専門スキルよりもコミュニケーションや人柄を活かして仕事をしたいなら営業職、働きやすい環境を重視するなら事務職など、仕事に何を求めるかで選ぶ職種を決めると良いです。

それぞれの職種について詳しく知りたい人は以下の記事をご確認ください。

関連記事フリーターが就職しやすいおすすめの職種3選!未経験でも正社員になれる!

また、エンジニアを目指す場合は、1度プログラミングスクールでスキルや知識を身につけてからのほうが就職を成功させやすいです。

未経験におすすめのプログラミングスクール

  • 侍エンジニア
    分割で月額¥2,833から学べるコースや、転職決定で受講料が無料になる転職コースなど豊富なコース選択が可能
  • UZUZカレッジ
    未経験からの就職に強いUZUZが母体!言語の中でも需要の高いJavaをわずか1ヶ月で習得可能。受講後は就職サポートが無料

フリーターの就職活動を成功させるポイント3つ

フリーターの就職活動を成功させるポイントを押さえておけば、正社員として活躍することができます。成功させるためのポイントの前提として悲観的にならないことが挙げられます。

なかなか内定がもらえなくても「フリーターだから仕方がないよね」と受け止め、前向きな姿勢でいきましょう。

その姿勢を前提に、フリーターの就職活動を成功させるポイントは、以下の3つがあります。

上記の3つのポイントについて、次で詳しくお話していきたいと思います!

自分が本当にやりたい仕事を見つける

フリーターから就職するためには、自分が本当にやりたい仕事を見つける必要があります。なぜなら、そうしなければ、就職できたとしても短期離職してしまう可能性があるからです。

そこでやっておきたいのが自己分析です。「なぜ就活をせずにフリーターという道を選んだのか」について考えましょう。ここの原因究明ができないと次に進むことができませんし、改善も難しいです。

自己分析は過去分析と言っても過言ではありません。だからこそ、「どうなりたいか」というよりも「なぜそうしたのか」を考えるほうが重要なんです。

未経験歓迎の求人を選ぶ

フリーターで就職を成功させるなら、未経験求人に応募したほうが成功率が上がる傾向にあります。その中でもとくに、営業職・事務職・販売職がオススメです。

その理由は、専門知識や技術があまり求められないからなんです。もちろん、販売系などのアルバイトをしていた人なら、その経験を活かせます。

未経験求人なら正社員へのハードルもそんなに高くないと思うので、挑戦しやすいでしょう。

フリーターからでも就職しやすい職種について以下の記事で詳しく書いていますので、是非参考にしてください。

関連記事フリーターが就職しやすいおすすめの職種3選!未経験でも正社員になれる!

ビジネスマナーをおさらいする

フリーターをしていれば、最低限のビジネスマナーは身についているかと思います。ですが、就活を成功させるなら、もう1度マナーをおさらいしておくのが良いです。

例えば、言葉遣いやメールの返信の仕方などですね。企業の面接官や人事担当は、あなたが思っているよりも細かい部分を見ています。

自分ではできているつもりでも第三者から見たらできていないということもあります。面接官や人事担当に良い印象を持ってもらうためにも、ビジネスマナーをしっかりとおさらいしておきましょう。

ビジネスマナーに関する記事があるので、以下にまとめてみました。こちらも合わせて目を通してみてください!

関連記事転職面接で失敗しないマナーの基本は?入室時から退室まで徹底解説
関連記事転職面接の日程調整メールの書き方・返信マナー【ケース別例文あり】
関連記事転職面接で名刺交換は不要?マナーや対処法をプロが解説!

フリーターは30代になる前に就職しておくのがおすすめ

正社員として就職を考えているなら、20代など若いうちに就職しておくのがおすすめです。

基本的に就職は年齢が若ければ若いほど、ポテンシャルで採用される可能性が高くなります。20代でも後半になってくると、徐々に職種の経験が求められ始め一定のスキルと経験が必要になります。

30代になってしまうと、即戦力を求められるので職種未経験での就職は困難になってしまいます。

中には30代で職種未経験の求人もありますが、求人全体をみて数が少なくなってしまうので仕事を選ぶ余裕はありません。

就職するなら準備できることは万全の対策をする

就職を決意して万全の対策をしたいのなら、おすすめは就職支援サービスの利用です。今ではフリーターの就職に強い就職支援サービスがあるので、頼もしい存在になってくれます。

自分では難しい履歴書・職務経歴書の作成もキャリアアドバイザーが丁寧に指導・添削してくれます。自己分析や自己PR・志望動機もアドバイスしてもらえるため、あなたの悩みや不安が解消されるはずです。

また、面接対策も徹底的におこなってくれるので、本番でも自信を持って受け答えできるようになります。

そこで筆者がオススメする就職支援サービスを、以下にまとめておきました。「フリーターが辛くて脱出したい!」という人は、ぜひ成功させるためにも利用してみてください!

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け就活支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

フリーターの情報に関する関連記事

フリーターの情報に関する役立つ関連記事を載せています。合わせて参考にしてください。

関連記事一生フリーターはキツイ?正社員になる方法をプロが伝授!
関連記事フリーターは人生終了?絶望を感じる前にやり直す方法を伝授します!
関連記事フリーターに将来なんてない?まず現状を変えましょう!
関連記事フリーターって実際どうなの?メリット・デメリットを徹底解説!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント