転職面接で名刺交換は不要?マナーや対処法をプロが解説!

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職の面接で名刺が必要なのかどうか、そこが悩みどころだと思います。面接中に名刺を渡された時、または交換することになった場合、失礼な行動を取りたくないですよね。

マナー違反なことをしてマイナス印象を与えたくないと悩んでいる方に向けて、「名刺の受け取り方」「名刺交換をする理由」「名刺交換のやり方」など。

他にも名刺を持っていなかった時の対処法についても、ご紹介していきます。

転職の面接で名刺をどうしたら良いのか悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

転職面接での名刺交換は不要

名刺と名刺入れを持つビジネスマン
転職面接で名刺交換は、原則必要ありません。なぜなら、名刺は本来自身の会社を代表して渡すものだからです。

転職の面接は個人で臨むものですから、名刺交換をする必要はありません。

実際に転職面接で名刺交換をする機会はほとんどなく、求められるケースも低いと言えますね。

ただ、面接官から名刺交換を求められる可能性も十分に考えられますので、念のために名刺を持っておくといいかもしれません。

名刺の受け取り方

名刺を差し出すビジネスマン
名刺を差し出されたら、はじめに椅子から立ち上がります。この時姿勢を良くすることを意識しましょう。

名刺交換をするビジネスマン

「ありがとうございます。頂戴致します」と言ってから、両手で受け取ります。

名刺を受け取った後は、一度名刺に目を通します。その後、机の左側へと置きます。名刺入れを持っている方は、名刺入れの上に乗せる形で受け取るのがベストです。

名刺が複数枚ある時の正しいデスクへの置き方

複数の面接官がいる場合は、着席順に合わせて名刺を机上に置くようにしましょう。

受け取る時の注意点

受け取る際に注意したいのは、名刺を受け取る時、名刺に表記されている相手の名前や会社のロゴに指をかけないようにすることです。

NGな名刺の受け取り方

これは失礼な行為にあたるので、十分気をつけましょう。

また、いただいた名刺を受け取ってすぐにしまうのもNGです。目を通さずすぐにしまってしまうのは、マナー違反になります。面接が終わるまでは机上に出した状態にしておきましょう。

名刺交換をする理由

質問をとるノート
名刺交換をする理由は、「社会人としてのマナーが身についているのか確認したいから」です。その他にも、面接官として紳士的に挨拶をするために名刺を差し出す、という場合もあります。

中には、不明点があった場合に質問できるようにという目的で、名刺交換を求められるケースもありますね。

面接官が名刺を差し出してきたら、自身のビジネスマナーが推し量られていることを意識しましょう。

名刺交換のやり方

名刺の受け取りをするビジネスマン
名刺交換は双方が立ち、机を挟まずに行います。机を挟んでしまう場合は、机を挟まぬよう相手側へと移動しましょう。

同時に名刺交換するビジネスマン

名刺ををしっかり持って差し出します。相手が差し出した名刺の高さよりも、低い位置に差し出すことで謙虚さを表せます。
この時、名刺の表面を向けるようにしましょう。

名刺を渡す際には、氏名をフルネームをはっきり述べます。そして、名刺をいただく際には「ありがとうございます。頂戴致します」と言って一礼するのが丁寧ですね。

名刺入れの上に名刺を置く

受け取った名刺は一度目を通してから、机上の左側へ置きます。

名刺交換するときに注意すること

名刺交換をする時に注意したいのは、名刺を財布やポケットから取り出してはいけないことです。他にも、折れ・しわなどがない綺麗な名刺を渡すことが挙げられます。

名刺交換は相手との間に何もない状態で行うため、名刺をスーツのポケットなどから直接出すのはNGです。なぜなら見た目が良くないからです。
見た目が良く見えるよう、きちんと名刺入れから取り出すようにしましょう。

また、いただいた名刺をメモ代わりに使用するのも絶対NGです。名刺は相手の社会的な顔にあたるものなので、メモしたり汚したりするのは厳禁です。

名刺を持っていない時の対処法

手のひらに?マークを乗せているビジネスマン
基本的には、面接官から名刺を渡されても受け取るだけで良いです。

名刺を差し出されたのに自分が渡さないのは失礼になるのでは…と不安な方もいると思いますが、失礼にはあたらないので安心して大丈夫です。なぜなら、名刺を持っていなくても面接官は気にしないからです。

実際に応募者が名刺を持っていないケースが多いですし、名刺交換をせずとも履歴書や職務経歴書に目を通せば、面接官は応募者を知ることができます。

ただ、名刺交換をする際には「申し訳ございません。離職中ですので名刺を持ち合わせておりません」と伝えるようにしましょう。

もちろん、「退職する際に名刺を返却しましたので、お渡しできません」と伝えるのもアリです◎

面接官から名刺を渡された時、お渡しできるよう備えておきたいという場合は、名刺を作って準備するのもアリです。その際は、氏名・電話番号・メールアドレスを記載すればOKです。

ただ、基本的には面接官から名刺を差し出されても、受け取るだけで大丈夫なので、名刺を用意する必要はありません。

お礼メールは送らなくても良い

パソコンを打つビジネスマン
名刺を受け取った場合でも、お礼メールは送らなくても大丈夫です。なぜなら、基本的にお礼のメールは面接官の負担になってしまう可能性が高いからです。

応募者のお礼メールで社内の重要な連絡メールが埋もれてしまう場合もあるでしょう。面接官は多くの面接をしているので、全員がお礼メールを送ってしまえば、それこそ時間を浪費させてしまいます。

転職エージェントを利用している方であれば、転職エージェントの担当者にお礼の旨を伝えるのがオススメです。

不要になった名刺の処分方法

シュレッダーにかけられた名刺
面接に落ちてしまった場合、面接官からいただいた名刺はシュレッダーで処分するのがベストだと言えます。

名刺は個人情報になりますので、復元できないように処分するのが適切ですね。

転職の面接は名刺交換だけではなく、全体的なマナーもまた面接官からチェックされています。だからこそ、面接の流れを把握してマナーも意識することが大きなポイントになってきます。

マナーや面接の流れについてご紹介している記事がありますので、合わせて読んでみてくださいね。

転職の面接を成功させるためには

新卒の場合と違い、中途採用においては「社会人として、マナーができていることは当たり前」と見なされます。
だからこそ、この記事で紹介させていただいた内容については、しっかりと実践をしていただきたいと思います。

厳しいようですが、マナーがなっていないと評価が下がってしまう一方で、できているからと言って評価が上がるということは基本的にありません。

面接の合否を決めるのは、面接官に自分をいかにアピールできるか、その会社にとって役立つ存在だと思わせられるかにかかっています。

面接での受け答えに不安がある方や、いくつか企業の選考を受けているにも関わらず、上手く選考を突破できていない方は一度転職エージェントを利用してみるのも手です。

転職エージェントでは、キャリアに関する相談や求人の紹介のほか、転職に関するあらゆるサポートを「無料」で受けることができます。

面接に関しても、企業ごとによく聞かれる質問やそれに対しての答え方についてアドバイスしてくれるほか、模擬面接まで実施してくれるので、面接に自信がないという方にとっては力強い存在になると思います。

さらに、企業の採用担当者に働きかけをして、あなたの人柄や活かせるスキルなどをプッシュしてくれるので、自力で対策をして臨むよりも選考通過率はアップする可能性が高いです。

転職エージェントのサービスについて詳しく知りたいという方は以下の記事も参考にしてみてください。

転職エージェントに使われるな、使え。〜成功のために使い倒す3つのテクニック〜

2019.02.04

以下に、これまで10年以上現役の転職エージェント・キャリアアドバイザーとして多くの転職者をサポートしてきた私が「対象者別にオススメなエージェント」をまとめました。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

企業と相談者の両方から高い支持を得る、オリジナルのスキルアップ研修を無料で受講可能!
受講後に優良企業との面接をセッティング。
転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらうことが可能。

特徴
【メリット】
  1. 独自のノウハウが詰まった研修を無料で提供。難易度の高い企業の内定獲得を狙える!
  2. 国家資格を保有した担当スタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に排除しており、転職後の定着率は94.3%!
【デメリット】
  1. 「研修 → 求人紹介」 という流れになる為、研修(無料)への参加が必須となります

こんな人がおすすめ!
  1. 経歴に自信がないのでプロの講師の研修を受けてみたい方
  2. 1人で転職活動するのが不安、転職のプロに伴走してもらいながら転職活動をやりたい方
  3. 大手の転職エージェントに登録したものの、転職活動に不安のある方
第二新卒者・既卒者で転職を検討している方は、圧倒的にサポート体制が充実しているジェイックへの登録がオススメです!

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

2019.02.13

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.04.11

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18