無形商材の法人営業に転職するべき2つの理由【キャリアUPに繋がる】

キャリア設計や転職について調べていると「無形商材」「法人営業職」という言葉を耳にしたことはありませんか?

実は「キャリアアップ目的で転職したい!」という人に非常におすすめなのが「無形商材の法人営業職」というお仕事なのです。

今回は「無形商材ってなに?どうやったらなれるの?」という人へ向けて、無形商材の定義やキャリアアップに適している理由、志望動機の考え方について書いていきます。

無形商材とは

「無形商材」と言っても、何のことだかしっくりこないという人もいると思うので、そちらからご説明します。

無形商材とは簡単に言うと、形のない商材・サービスを扱う職種のことです。無形商材を扱う業界としては、IT・Webやコンサル、金融、広告、人材が挙げられます。

「無形商材」という言葉は「有形商材」と対となっており、人材業界では紹介先の求人企業の営業職を、商材の種類で、有形・無形と分類することが多いです。

[完全無料]アクシスは企業の採用担当と繋がりがあるので、ネットには出ていない独自の求人を多数保有しています。転職相談はこちらから。

法人営業とは

法人営業とは、個人ではなく、企業に対して商品・サービスを売り込む営業職のことです。

法人営業職の人は、我々消費者個人を相手にしないため、イメージがつきにくいかもしれませんが、企業が買い物をするときも、営業職が窓口となり、顧客に困っていることやニーズをヒアリングし、商品の魅力を伝えているのです。

無形商材の法人営業職としては以下のような仕事があります。

業界 仕事の例
IT業界 企業向け会計サービスを企業に売り込む
Web業界 Webコンサルティング会社で顧客のWebサイトに関する悩みのヒアリング
コンサル 顧客の業務フローを分析し、生産効率向上のための改善策を立案し、実行サポートをする業務改善コンサルタント
金融 企業が抱えるリスクを分析し、現状の保険の見直しや最適な運用プランの提案をおこなう
広告 広告主に対して、様々な媒体を組み合わせて、効率よく集客できる広告運用プランを提案し、運用代行も担う
人材 人材紹介会社(転職エージェント)で企業から求める人材要件をヒアリングする
[完全無料]20代での転職で年収700万円を超える。10年後、20年後を見据えた転職をサポート

無形商材の法人営業は高いスキルが要求される

有形商材は、製品の値段・スペックやディスカウントパワー等の組織的交渉力など、営業担当者個人が左右できない要因によって、商品が売れる・売れないか、が左右されてしまいます。

一方で、無形商材は「商材が売れるかどうか」が、営業担当者自身のヒアリング能力やコミュニケーションスキル、問題解決能力や専門によって決まります。

また、個人向けよりも、法人向けの方が、組織的な決済となるため、複数の人を説得できる論理的・合理的な提案が必要となることが多いです。

ですので、一般的には、無形商材の営業職の人が有形商材の営業職よりも難易度が高く、そのぶん転職市場における価値も高いです。

︎[完全無料]経歴や人柄を考慮して、あなたに本当に合った求人を提案いたします!まずは弊社の転職のプロたちにご相談ください!

無形商材の法人営業は中長期的に給与レンジを上げやすい

無形商材の法人営業は、他の営業職に比べ、給与が高い傾向にあります。

というのも、企業の利益の源泉である売上高が、無形商材の場合は営業担当者個人の能力に強く依存します。

そのため、商材を売れる優秀な営業には、高いお給料を払って社員をグリップしておこうとするのです。

また、無形商材の法人営業は、生産効率の観点からも給料を上げやすいです。

個人相手の取引では、1回の取引額が小さいため、多くの人に売らないといけません。

そのため薄利多売方式となり、そういった会社では、激務な上に給料も高くはもらえません。

その点、企業相手のビジネスをやっている企業であれば客単価が高いので、生産効率性が高くなり、短時間の労働で高い収入につながります。(1回の取引で数千万円動くこともあります)

[完全無料]無形商材の法人営業は10年後、20年後のキャリアアップに直結します。弊社の転職のプロに相談してみませんか?

無形商材・法人向けのビシネスの中でもとくにおすすめの業界

ちなみに、法人向けのビジネスの中でも、成長のための投資としてお金が使われるような分野は、とくに需要が大きく、おすすめの業界です。

市場で生き残れるような成長性の高い企業は必要経費は削減する方向に向かうため、お財布=需要は小さくなっていきます。

ですから、企業が成長のためにお金を惜しまない分野のほうが取引額が大きくなりやすいのです。

企業が成長投資を惜しまない分野として、具体的には以下の4つが挙げられます。

  • 人材採用&育成
  • 集客&販売促進
  • IT&システム化による業務改善
  • 資金繰り&財務会計

弊社では、20代〜30代前半を中心に、年間3000人以上からのご相談をいただいています。

これまで、多くの転職相談にのってきた経験から、無形商材の法人営業に挑戦することのメリットや気をつけるべきポイント、転職した後のキャリアの可能性について、より具体的で戦略的なお話ができると自負しております。

転職するか迷っている、無形商材の法人営業への転職を検討している人は、ぜひ1度弊社アクシスにご相談ください。

[完全無料]アクシスは企業の採用担当と繋がりがあるので、ネットには出ていない独自の求人を多数保有しています。転職相談はこちらから。

志望動機を考えるときの3つのコツ

「有形商材から無形商材」や「個人営業から法人営業」へ転職する場合、「自分の提案の幅を広げたいから」という理由を志望動機として言う人が多いです。

しかし、単に「自分の提案の幅を広げたい」と言うだけでは面接官は納得しません。

とくに未経験の場合は実務経験がまったくない状態での転職ですから、面接官は「仕事内容がイメージしていたものと少しでも違ったら、すぐにやめちゃうんじゃないの?」と懸念を抱いているのです。

その面接官の懸念を払拭するには志望動機に以下の3つの要素を盛り込む必要があります。

幅の定義

一口に提案の幅と言っても、仕事に対する満足度を構成する要素は人によって異なります。

今までたくさんの転職者の人の相談に乗ってきたなかでは以下のような定義がありました。

  • いろんな業界の企業をクライアントにしたい
  • 自社商品にとらわれず、様々な商品を盛り込んだソリューションを提案したい
  • 顧客の利益に貢献できるような仕事をしたい

どのような状態になれば、自分にとっての提案の幅が広がったと言えるのか、やりがいを感じられるようになるのかという観点から考えてみてください。

原体験

自分なりに幅の定義が決められたら、なぜ「幅を広げたい」と思ったのか考えてみましょう。

面接官は「幅を広げたい」と聞くと「なんでそう思うようになったの?」と聞いてきます。

転職は現職に不満があるときに考えるものですから、現職での体験がきっかけになっている人が多いと思います。

例えば過去に転職相談に乗った人には以下のような経験をきっかけとしている人がいらっしゃいました。

前職のWebサービスの営業では、自社の商品を売って営業実績を残すことが求められていたため、自社の製品を売り込むことに必死でした。

その結果、押し売りに近い形の営業スタイルになってしまい、お客様の課題解決には貢献できず、お客様から感謝されることもありませんでした。

学生時代にボランティアサークルに所属し、「人の役に立っているという実感を得られる幸せ」が重要な私にとって、そのような環境はやりがいを十二分に感じられる環境とは言えず、転職を考えるようになりました。

幅を広げて、どう成長したいのか

「幅を広げたいと思うようになったきっかけ」を話すだけでも説得力は増しますが、「自らの提案の幅を広げて、どのような人間になりたいのか」という未来の話ができるとパーフェクトです。

将来像を話すと、「なりたい将来像に近づくためには●●というスキルを身につける必要があり、そのために無形商材の法人営業職の経験をつまなければならない」という風に、無形商材の法人営業職を選んだ理由を納得感のある形で伝えることができます。

[完全無料]営業への転職には徹底した自己分析と面接対策が必須です。10時間以上の選考対策で納得のできる転職を実現。

20代の大事な時期を逃さないためには

転職エージェントの立場から現実をお伝えすると、特定のスキルを持っていない人が30歳を超えて転職をするのはなかなか難しいのが実情です。

反対に、20代で仕事で実績を残しており、かつ前向きな思考を持っている人は市場価値を伸ばせるチャンスがあります。なぜなら、前向きな思考を持っている人は想像以上に評価されるからです。

弊社エージェントサービスでは、市場価値を伸ばせる無形商材法人営業職の求人を多数保有しております。

また、これまで多くの転職を支援した実績から、自己分析のお手伝い、および書類選考対策から面接対策まで一貫した、的確なアドバイスをおこなえる自信があります。

20代というキャリアにおいて大事な時期は今しかないです。本気で営業職でキャリアアップを目指しているという人は、ぜひ弊社へ相談してください。

営業職でキャリアアップしたい20代のための転職エージェント

ポイント

  1. 会社に依存せず市場価値を高めたい営業マンに向けた転職支援!
  2. 営業職のキャリアアップを考えた無形商材法人営業の求人を多数保有
  3. あなたの自己実現ビジョンを軸としたキャリア形成をサポート

【無料】転職サポート申し込み

【オマケ】無形商材の法人営業経験後に、起業・上場した経営者

例 無形商材の提案型法人営業職を経験後、上場までした経営者様

  • 杉本哲哉 株式会社マクロミル 創業者
  • 小笹芳央 株式会社リンクアンドモチベーション 創業者
  • 経沢香保子 トレンダーズ株式会社 創業者
  • 七村 守 株式会社セプテーニ・ホールディングス 創業者
  • 多田弘實 株式会社キャリアデザインセンター 創業者

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。