JACリクルートメントへ転職する方法!中途採用の難易度もご紹介

JACリクルートメントに転職する方法を現役のプロが解説します。

中途採用の転職難易度や求人情報、面接対策や年収などについて詳しくご紹介していきます。

JACリクルートメントの転職難易度

JACリクルートメントの転職難易度は高いです。

そもそもJACリクルートメントはコンサルタント職の募集が多いので、企業と求職者の両方を1人で担当することになります。

そのため、法人側には経営目線での提案が求められ、ハイレイヤー候補者には難易度の高い関係構築が求められるので、難易度が高いと言えます。

また、ITや金融・医療などの各業界特化の専門性の高い転職支援をおこなうため、転職エージェントは優秀な求職者の相談に応じる必要があります。

だからこそ、個人または法人営業の実務経験が3年以上、学歴は大学・大学院卒が必要となり、転職難易度が高くなっているわけです。

【無料】JACリクルートメントへの転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

JACリクルートメントの中途採用情報【求人情報】

JACリクルートメントのコーポレートサイトにある採用情報によると、2020年10月時点で募集されているのは「リクルートメントコンサルタント」のみでした。

今回は採用情報に掲載されていた情報を元に「リクルートメントコンサルタント」の内容をご紹介していきたいと思います。

あくまでも2020年10月時点での募集職種になるため、時期によっては大きく変わる可能性があります。

リクルートメントコンサルタント

リクルートメントコンサルタントは、中途採用をおこなう企業と候補者双方のコンサルティングを担当し、双方のニーズを理解することで最適な機会提供をおこない、多くの成約を獲得するのが仕事です。

以下に職務内容や必須条件などをまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

職務内容

  • 企業から求人を入手し、求人背景・要項、人材タイプなどの詳細をヒアリング
  • 合致する候補者のサーチおよび面談
  • 候補者のキャリアの棚卸しから、最適な求人の紹介と応募支援
  • 企業への候補者紹介と進捗管理・折衝・締結業務
  • 企業、候補者への内定後のフォロー
  • 企業への中途採用全般のコンサルティング
  • 候補者との長期的なコネクション構築とキャリアサポート

必須条件

  • 営業経験者(業界不問)

歓迎要件

  • 英語習得に意欲的な人
  • 自分の力で物事を成し遂げ、結果に拘りたい人
  • 業務の効率化や様々な工夫を通して、成果を出した経験がある人
  • 状況に応じて、柔軟な発想・行動ができる人
  • 経営層向けの営業や課題解決型の営業の経験がある人
  • 人事(採用、人事戦略等)の経験があり、企業の採用プロセスを熟知している人

勤務地・勤務時間

  • 勤務地
    ・東京本社
    ・横浜支店
    ・北関東支店
    ・名古屋支店
    ・静岡支店
    ・京都支店
    ・大阪支店
    ・神戸支店
    ・中国支店

  • 勤務時間
    ・標準労働時間
    9:30〜17:30
    休憩:60分

    ・フレックスタイム制
    11:00〜16:00

給与

  • 月給
    約33万円以上
    (※月給の記載がないため、予定年収を12ヶ月で割って算出しています。)

  • 想定年収
    400万円以上+業績賞与(パフォーマンスボーナス)
    ※入社時の待遇は希望を参考にしながら、経験・能力を考慮の上決定

営業への転職を考えている人は、転職方法についてご説明をしている以下の記事にもぜひ、目を通してみてくださいね。

関連記事営業職でおすすめの企業ランキング!気になる年収も大公開!

JACリクルートメントの面接の傾向・対策

JACリクルートメントの選考フローや面接時にどの部分が見られているのか、それぞれ詳しくご紹介していきたいと思います。

JACリクルートメントの選考フロー

JACリクルートメントの選考フローを以下にまとめてみました。

  • 書類選考
  • 1次面接
  • SPI受検
  • 2次面接
  • 最終面接
  • 内々定
  • 内定

上記の流れで進んでいきます。1次面接では人事がおこない、2次面接は現場社員が担当し、最終面接は役員がおこないます。

面接回数は3回が目安ですが、状況や時期によって変わってくるため、定期的に求人票をチェックしたほうが無難かもしれませんね。

過去の質問例

JACリクルートメントでは、以下にまとめた内容を質問される傾向があります。

  • 成果とプロセス
  • 経営課題を解決することへの興味
  • ロジカルなコミュニケーションが取れるか

上記の他に、転職軸と営業スタイル・手法についても深堀されます。

営業スタイル・手法を確認するのは、あなたのこれまでの営業スタイルがJACリクルートメントでも役に立つのかどうかを判断したいからなんです。この際、有利になるのは無形法人営業の経験です。

無形法人営業の経験があると、営業担当者自身のヒアリング能力やコミュニケーションスキル、問題解決能力を認めてもらえることが多いですね。

JACリクルートメントの面接対策では、軸をしっかり考えることが大切だからこそ、自己分析をきちんとおこなうことをおすすめします。弊社アクシスでは転職軸を明確にするアドバイスや自己分析のお手伝いをしています。

リクルートをはじめとする人材業界に特化した転職エージェント

ポイント

  1. 人材業界への転職からその後の戦略的なキャリアプランまでサポートします!
  2. 年間3000人を超える求職者からの転職相談
  3. リクルート・ネオキャリア・エンジャパン・JAC等の大手人材の求人を保有

【無料】転職サポート申し込み

JACリクルートメントの企業情報

JACリクルートメントは、1988年に人材紹介事業を目的として設立された外資・海外転職に強みを持つ総合転職エージェントです。

イギリスやシンガポール、マレーシア、インドネシアなど様々な海外拠点を設けており、海外転職の実績が多数あります。

企業と候補者の双方に対する両面型の支援を1人のコンサルタントがおこなうスタイルとなっています。

JACリクルートメントの年収・給与相場

2020年3月に公開された有価証券報告書によると、JACリクルートメントの平均年収は約837万円です。

ちなみに、JACリクルートメントの平均勤続年数と平均年齢は以下の通りです。

平均勤続年数 約4.1年
平均年齢 約34.1歳

JACリクルートメントの平均勤続年数は、国税庁が発表している「民間給与実態統計調査(平成30年度)」の平均勤続年数12.2年よりも、非常に短くなっていることがわかりますね。

JACリクルートメントの残業代

JACリクルートメントの残業代ですが、コーポレートサイトには情報がありませんでした。ですが、ですが、Openworkの口コミでは、基本給に40時間分の残業代が含まれているようです。

気になる残業時間についても、コーポレートサイトの採用情報には詳細が記載されていませんでした。

もしかしたら記載されるかもしれないので、定期的にチェックしてみることをオススメします。

JACリクルートメントのボーナス・昇給制度

JACリクルートメントのボーナスについても、コーポレートサイトの採用情報をチェックしてみたところ、年に2回ありました。個人の業績結果に応じて高いボーナスが支給されるようです。

一方、昇給も年に2回あります。

ボーナス・昇給ともに経験などによって変動する可能性がありますので、あくまでも参考程度で見てくださいね。

JACリクルートメントの福利厚生

JACリクルートメントでは、さまざまな福利厚生が用意されています。具体的にどのようなものが用意されているのか、以下にまとめてみました。

  • 各種社会保険完備
  • 退職金制度(確定拠出年金)
  • 積立有給休暇制度
  • 育児休業制度
  • 育児手当金支給制度
  • 介護休業制度
  • 社員持株会
  • 財産形成貯蓄制度
  • 総合福祉団体定期保険加入(全額会社負担)
  • 語学留学休職制度
  • 食事補助制度

JACリクルートメントでは1人1人の社員が働きやすいように、上記のような福利厚生を用意しています。育児手当金制度では、子供を持つ社員に対して、仕事と育児の両立支援のために、月に最高10万円までを支給してもらえます。

一方、表彰制度も色々用意されています。その表彰制度を以下にまとめてみました。

  • 月間MVP、年間MVP
  • 新人賞
  • ルーキー賞
  • ベストチーム賞
  • 永年勤続表彰制度

月間MVP、年間MVPは売り上げが最も高いコンサルタントを表彰する制度となっています。

新人賞は前年12月31日〜当年12月31日までの中途採用者の中で、もっとも優秀な社員を表彰する制度のようです。

一方、ルーキー賞は当年度に入社した新卒社員の中でもっとも優秀な社員を表彰する制度だそうですよ。

JACリクルートメントのやりがい・社風・カルチャー

JACリクルートメントへ転職する際には、やりがいはもちろんのこと、どんな社風やカルチャーなのか把握することが大事ですよね。

そこで、JACリクルートメントのやりがい・社風・カルチャーについて、ご紹介していきたいと思います。

JACリクルートメントのやりがい

JACリクルートメントのやりがいは、企業だけではなく候補者側に立って業務に関わっていけるので両方経験でき、社会人としての基礎力も身につけられるという部分ですね。

自分次第ですが、顧客の人材採用を通して人事や経営者に対して顧客事業課題の解決がおこなえることもやりがいの1つだと言えるでしょう。

また、企業・候補者の双方にコンサルティングをおこなう職種であるがゆえに、両方から直接感謝を伝えられることが多いです。

とくに転職で悩んでいる人に対して希望に沿う内容の求人を紹介し、無事に転職できた際に感謝される喜びもやりがいに感じられるのではないでしょうか。

JACリクルートメントの社風・カルチャー

JACリクルートメントは、プロフェッショナル意識を持つ人が多く活躍しており、実績や数値を重視する社風となっています。

オーナーの哲学や考えが社内で徹底されているため、ミッションや指針が明確です。

JACリクルートメントの大きな特徴は、喫煙者の採用をおこなっていないという点ですね。

企業や人の成長に介在する意義する個人であるために、心身ともに健康を重んじ、常に平常心を保ち、健やかであることを理念として掲げています。

JACリクルートメントの評判・口コミ

JACリクルートメントに対する評価を集めてみました。

現役社員・元社員がどのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

ポジティブな評判・口コミ

コンサルタント・30代

圧倒的実力主義ですね。若手・ベテランに限らず数字がすべての世界なので、スキルに自信がある人には非常に良い環境だと思いますよ。

数字を上げていれば働き方も自由ですし、社内での評判や見られ方も結構変わってきます。

コンサルタント・20代

給料は明確なグレード制になっています。予算に対する達成率に応じて個人・チーム・部署のボーナスが3段階つくイメージですね。

すべて達成できていれば、その分すぐに跳ね上がりますよ。

ネガティブな評判・口コミ

コンサルタント・20代

自分でスケジュールの調整はできるものの、大前提として数字を上げていることが必須です。

数字が上がっていない場合は朝から夜まで働いているし、数字が上がっている人は自然と予定が埋められていくので、労働時間は基本長いですね。

営業・20代

社内での人の入れ替わりが早いです。同じ部署にいた人がいなくなったと思ったら、新しい人が来たりということが多いですね。

長期的なキャリア構築を考えている人には不向きだと思います。

JACリクルートメントに転職をお考えの人へ

あなたにとって今の会社が一番成長できる会社ですか?

20〜30代前半に成長できる会社でスキルを伸ばしていくことは、あなたのキャリアにおいて重要です。

もしキャリアを高められる環境ではないのであれば、より成長できる会社へ転職することをオススメします。

転職活動をするなら転職エージェントを利用すると効果的です。

転職エージェントを利用するメリット

  • 転職サイトには載っていない非公開求人に応募できる
  • あなたのご要望から最適な求人が提案される

とくに弊社アクシスでは、丁寧なヒアリングと厳選された求人によるマッチング率の高さが強みです。

本人の適性(強みとやりがいポイント)と、カルチャーマッチ等も細かく把握・分析した上で、マッチ度の高い求人や企業を提案しています。

結果的に、弊社アクシスを利用された人の入社後半年以上の継続率は98.5%以上となっています。

さらに、20〜30代前半のビジネスパーソンにとって有利と思われる企業・求人しか取扱いしないことをお約束します。

弊社アクシスの強みについてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

本気で今のキャリアを高めたい人は弊社にご相談ください。

リクルートをはじめとする人材業界に特化した転職エージェント

ポイント

  1. 人材業界への転職からその後の戦略的なキャリアプランまでサポートします!
  2. 年間3000人を超える求職者からの転職相談
  3. リクルート・ネオキャリア・エンジャパン・JAC等の大手人材の求人を保有

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。