転職での自己PRはどう書くべき?面接成功率が上がる例文集を大公開

転職での自己PRって自分の長所を伝えればいいのか、他にどんなことを伝えればいいのか、書き出しはどうしたらいいのかなど、悩んでいる人が多いと思います。

もちろん、長所を伝えるのもいいのですが、それだけでは入社後に自分が活躍できるとアピールすることはできません。

今回は面接官に刺さる自己PRの考え方・書き方について、徹底的に解説していきます。

自己PRで面接官が見ているポイント

自己PRは自分のことをアピールする場面ですが、面接官が「自己PR」から何を知りたいのかを理解することが何よりも大切です。

実際に面接官が履歴書や職務経歴書の自己PRで見ているポイントを2つ紹介します。

  • 志望動機と熱意
  • 応募者が持っている能力とスキル

上記の2つを自己PRから読み取り、面接官は「求めている人材に合っているかどうか」を判断します。

つまり、この2点を押さえた自己PRが考えられれば、面接官に刺さる自己PRが出来上がるということです。

自己PRの基本的な書き方!

ここからは上記のポイントを踏まえながら、内定の出る自己PRの書き方を説明します。基本的な例文も一緒に紹介しますね。

自己PRの考え方・書き方のポイントですが、以下の4点を整理すると書きやすくなります。

この4つのポイントについて、次で1つずつ詳しく説明していきますね。

前職・現職を選んだ理由

転職しても前職・現職の仕事が活きるということを、面接官にアピールしましょう。

前職・現職の汎用性や、応用力に関わるエピソードを書くと良いでしょう。

前職・現職の仕事内容と学んだことや成果

前職・現職でどういったことをしていたのか、具体的な評価、成果についてしっかりと書くようにしましょう。

成果に関しては、明確な数字で書いたほうが面接官に伝わりやすいです。

今後何をしていきたいのか

前職・現職で成果を出したことを、転職後も継続するアピールをすると良いです。

転職後も成果を出す意欲があると「この人を採用すれば間違いなく、即戦力として貢献してくれる」という印象を面接官に与えられます。

転職したい企業で自分が出来ること

今までの経験が転職先でも活かせることを、改めてアピールしましょう。

どんな業務を与えられても、自分なりに立ち位置を切り開いてこなすことができるという点を伝えられると良いです。

【ケース別】自己PR 例文集

上記で紹介した4つのポイントを意識しつつ、数年の出来事を約300文字にまとめるのは大変なことです。

そこで上記で紹介した4点のポイントに基づいた例文を考えてみました。自己PRを上手く書けない人は、ぜひ参考にしてみてください。

例文

私は「どんな仕事においても根幹となる営業を経験したい」という理由のもと、○×会社に入社しました。


個店から大手法人と様々なお客様を担当させていただくことにより、お客様とのリレーションの築き方から提案方法、また対法人としてのお付き合いの仕方など、営業としての基本的なノウハウを身につけることができました。


その結果、月間の営業成績において社内で1位を取ることができました。


そして、これからも人と人を繋ぐ役割である営業に携わっていきたいと思っております。


また、3年目より担当クライアントが大手法人様になったこともあり「〇×会社」という枠を超えた営業から「販促パートナー」という関係性を構築できたことに非常に価値を感じております。


どのような商品が担当の営業になったとしても商品や環境に限界を決めず、自分でどんどん新たな提案や立ち位置を切り開いていきたいと思っております。

今回紹介した例文はあくまでも例文なので、全部真似をするのではなく、自分の経歴・スキルに合わせて書くようにすると、オリジナルの自己PRを書くことができます。

とはいえ、この例文だけだとまだピンとこない人もいると思います。そこで「第二新卒」「事務職」「未経験職種」「フリーター」など、ケース別に自己PRの例文をご用意しました。気になる人は、ぜひ以下の記事も読んでみて下さい。

関連記事【例文付】転職が成功する自己PRを書く3つのポイント

自己PRを書くときの注意点

自己PRを考え方・書き方のポイントを4つ紹介しましたが、注意すべきこともあります。

どんなことに注意して自己PRを考えたり、書いたりすれば良いのか説明していきますね。

企業分析からPRポイントは1つに絞る

求められるスキルや経験を箇条書きにして、その中からアピールポイントを1つに絞り込みましょう

アピールポイントがまとまっていないと、結局何を伝えたかったのかわからなくなってしまいます。

履歴書や職経歴書にいきなり自己PRを書き始めるのではなく、自分にできること・できないことや企業サイトの経営理念からメモに書き出すと良いです。

ぼんやりしていた自分に対する認識がはっきりして、企業が求める人物像を自分なりに分析できます。

何をPRしたいのか明確にする

面接官は多忙で何人もの転職者を面接するので、履歴書や職務経歴書を流し読みしていることを前提に、アピールしたい部分をわかりやすく、明確に書きましょう。

読みづらい履歴書や職務経歴書を書いてしまうと、何が言いたいのかわからず、そのまま流されてしまいます。

上記で「PRポイントは1つに絞る」とありますが、1つに絞ったら回りくどい説明を入れず簡潔にまとめましょう。

興味を持たれるPRタイトルを付ける

タイトルは、アピール文の全体像を一言で表現するものなので、採用担当者の興味に繋がる出だしの書き方はとても大切です。

また、タイトルと文章が合ってないと確実に読み流されてしまいます。

自分の強み・長所と、会社が求める能力をリンクさせることを意識してください。

300文字程度を目安にまとめる

300文字程度の目安は、長すぎず短すぎずということを意識した長さです。

字数にこだわりすぎると書きたい、表現したいものが書けないというのは良くないですが、書類選考のときに見やすくなる自己PRを書く基準として捉えてもらえたら良いです。

また、長く書きすぎてしまうと自分で何を書いているのかわからなくなりますので、その観点からも長くならないように書くというのが望ましいと考えてください。

抽象的な表現は避ける

「多くの」「非常に」「少なかった」といった抽象的な表現は書き手と読み手で基準が異なるため、数字で表現することが原則です。

それと同様に「頑張った」といった表現もNGです。具体的に何をしたかが重要であって、客観的な評価に基づかない努力的なことをアピールしても逆効果になります。

数字を効果的に使うことで、より具体性、説得力を出すことができます!

書類と面接での自己PRの違い

面接でも「自己PRをしてください」と言われることがありますが、口頭で自己PRを伝えるときのポイントは主に2点あります。

  • もっとも伝えたい内容だけ伝えること
  • 職務経歴の自己PRに沿った内容にすること

面接では、1番売りたいポイントを簡潔に話して、面接官の質問を待つ程度で良いでしょう。

書類には細かく書く必要がありますが、話は簡潔に1番伝えたいことだけ話をして面接官とコミュニケーションをはかってください。

履歴書・職務経歴書に書いたことを丸暗記して話すのではなく、表現を変えて伝えるようにしましょう。

履歴書と職務経歴書での自己PRの違い

履歴書と職務経歴書の自己PRは、同じ内容になってしまっても構いません。

面接官は、職務経歴書の内容を中心に見るので、履歴書には自分の1番アピールしたいポイントを一言書いておけば問題ないです。

履歴書は自己PRを書くスペースが狭いので、履歴書で入りきらなかったアピール部分を職務履歴書に書くようにしましょう。

履歴書や職務経歴書の書き方が分からない人向けは、以下の記事もぜひ読んでみて下さい!

関連記事転職の履歴書はどう書く?書類選考で落ちないための完全マニュアル!
関連記事履歴書と職務経歴書の違いは?書きかたのコツを徹底解説!

面接官に刺さる自己PRを考えるなら

面接官に刺さる自己PRを考えるなら、転職エージェントに相談するのが良いです。

転職エージェントは何十何百の転職支援をしてきているので、企業ごとに刺さる自己PRを一緒に考えてくれます。さらには、転職相談をふまえた上で、あなたに合った企業の紹介もおこなってくれます。

ですので、どうしても行きたい企業がある人・まだ行きたい企業が決まっていない人は、選考通過率をあげることが出来る転職エージェントに相談してみるのをおすすめします。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

転職面接で役立つ関連記事

自己PRの他に、転職における面接対策で役立つ関連記事をいくつか紹介します。

転職理由、退職理由、志望動機、逆質問など。どうしたら良いのか悩んでしまう面接対策にぜひ役立てて下さい!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント