営業から転職|他の職種への転職は難しくない!プロがオススメの職種を紹介

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

営業職を経験した人の中には、「もう営業はしたくない!」という方が一定数います。営業の成績が悪かったりしてうまくいっていないと、営業職は合わないんじゃないかと決めつけてしまいがちです。

一方で、営業未経験だけど、周りの営業の仕事をしている人をみて、「大変そう、キツそう」「なんとなく自分には合わなそう」と思っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、「営業はやりたくない!」という人向けに、営業の仕事が敬遠されがちなイメージや原因を紐解きながら、本当にそうなの?というお話や営業以外であればどんな仕事があるのか、キャリア選択の時に考えて置いて欲しいことについてお話したいと思います。

「営業から転職したい!」という人によくある理由

実際に、営業職が敬遠される理由にはどのようなものがあるのでしょうか?
転職相談に乗っていてよく聞くのは以下のような声です。

  • 「ノルマがきつい」
  •  「人に頭を下げたくない」
  •  「売りたいと思う商品がない」
  •  「断られるのがつらい」
  •  「セールストークが苦手」
  •  「長時間労働が嫌」
  •  「人間関係を築くのが疲れる」
  •  「結果だけで評価されるのが嫌」

しかし実は、これらの不満は、営業スタイルや商品によって差がでてくる部分であったりもします。

全ての営業の仕事で必ずしもこういった不満にぶつかる訳ではないのです。

営業を辞めたい。そう思っていた時に僕がやった3つのこと

営業職をひとくくりにしていませんか?

営業はやりたくない、営業以外であれば何でも良い!という近視眼・短絡的な視点で、次のステップを意思決定をしてしまうと同じ失敗を繰り返してしまうリスクが高いように思います

なぜならば、「営業が嫌だ!」という認識自体が、実は誤っている可能性があるためです。

営業という仕事は業界や企業ごとに大きく異なる

新卒で初めて入社して、その会社の営業職種だけを経験していると、その方にとって「新卒で入社した会社の営業」=「世の中の営業」と思い込んでしまいがちです。

よく私が転職者にお伝えする例え話として、「僕は営業という仕事自体が大好きですが、あなたが在籍している会社や商材、カルチャーでの営業は絶対やりたくないです」とお伝えします。

つまり営業職という職種に問題があるのではなく、扱う商材、顧客層、カルチャーなどが課題や問題になっているケースがほとんどなのです。

転職をしたいと思う理由は、営業という職種が嫌なのか?
もしくはその他の要因のいくつかが、単一で、または複合的にくみ合わさり、「嫌だ!転職したい!という事になっているかを、冷静に判断した方が良いと思います。

営業という仕事の満足度を左右する要因

たとえば、現職・前職での就業満足を左右する可能性のある要素はどんなものがあるでしょうか?

  • 社風
  • 上司のマネジメントスタイル
  • 業界特性・商材特性(顧客特性)
  • 勤務時間
  • 給与・評価基準
  • 営業スタイル

上記のように、営業という仕事に対する満足度を決めている要因はたくさんあるはずです。

決して営業職だから、「自分には向かない、辛い、長く続けられるイメージがわかない」わけではなく、

  • 電話を使った新規テレアポを一日中数百件もかける「営業スタイル」が辛いのか?
  • 日次でKPIの達成度を激ヅメされる社風・マネジメントスタイルが耐えられないのか?
  • なぜ、直近現職で経験した営業という仕事が、嫌で転職をしたいと自分が感じているのか?

を冷静に自己分析してみると良いと思います。

実際、私自身も、リクルートキャリアで人材紹介の法人営業と、サイバーエージェントでネット広告の法人営業を経験しましたが、両社とも営業職ですが、仕事内容は全然違いましたし、やりがいのポイントや大変なポイントも全く異なりました。

ですので、営業という表面的なタグ・その会社特有の社内呼称だけを鵜呑みにしてしまい、営業という呼び名というだけで毛嫌いするともったいないのです。

営業を経験することは実はメリットも大きい

日本において大学を卒業して企業に入社すると、配属先は文系就職で言えば、営業職種が最も多いと思います。

つまり、どんなに営業がいやだ、やりたくない!と思っていても、営業をやらなくてはいけないという場合も多いということです。

そこで別の視点から、「営業」という仕事が好きであれ、嫌いであれ、営業を経験しておくことは、メリットがあるよということをお伝えしてみたいと思います。

キャリアとして営業を経験しておくことのメリットは大きく2つです。

  • ビジネス全般の汎用性の高いスキルが身につく
  • その後のキャリア選択の幅が広がる

ビジネス全般の汎用性の高いスキルが身につく

1つ目のメリットは、他の職種にも持ち出しが可能な汎用性の高いビジネススキルが身につくという点です。

例えば、お客さんの要望をヒヤリングして、課題を見つけ、解決策を提案するという営業の仕事は、コミュニケーション力や、課題発見力、問題解決力、提案力といった様々なスキルが必要とされます。

また、営業には数値目標があり、その数値の達成を目指す中で、どのように数字を積めば達成が可能なのかという逆算力や、打ち手を立てて実際に実行していくというPDCAサイクルも身につけることが可能です。

こうした、営業という仕事を通して身につくビジネススキルは、営業だけで必要になるものではなく、どのような職種においても応用が可能な汎用的なスキルです。
こういった複数の汎用的なスキルを1度に身につけることができる点は、営業という仕事を経験するメリットといえます。

その後のキャリア選択の幅が広がる

営業ではなく、企画やマーケティング、人事や広報といった仕事をやってみたいという方は多いのではないでしょうか?

しかし、こういった職種の多くは、実は営業経験が求められることが多いです。
営業を経験していなければ、そもそもこういった職種へのチャレンジが難しいということです。

未経験でもチャレンジ可能な営業ですが、しっかりと営業としてのスキルを身につければ、その後のキャリアの選択肢は非常に広がります。

ものが売れる仕組みを理解していたり、お客さんのニーズや課題を見つけ、解決策を提示することができるから、企画やマーケティングの仕事に携わることができます。

営業を通して、クライアント先の企業のビジネス理解や会社の売り上げについての知識もつくので、管理部門や経営部門にも関わりやすいといえます。

人事や広報という仕事も、「ぜひこの会社に転職したい!」と思ってもらい、入社してもらうという点では、転職者への営業です。
そういった事情から、人材領域での営業経験があると、かなり重宝されます。

営業に向いていない人の性格や特徴とは?

とは言え、多くの転職者の方とお会いして、相談にのっている中で、正直営業には向かないな〜と感じる方も一定数いらっしゃるのは事実です。

そういった方が無理に営業を追求・継続していっても、競争優位も低く、活躍ができず、あまりハッピーになれない可能性もあると思っています。

ですので、全員に対して営業を続けなさい!という事を言いたいのではなく、あくまで自分の適性にあった仕事をしっかり細かく定義、精査して選択をすべきと言いたいのです。

では、営業に向いてない人の性格や特徴とはどういったものがあるのでしょうか。

コミュニケーションをとることが苦手な人

営業の仕事は、相手とコミュニケーションをとりながら、顧客のニーズを察知して最適なサービスを提案しなければなりません。
コミュニケーションをとることにストレスを感じるのであれば、営業職は向いていないでしょう。

人に頭を下げることができない人

商品の欠品や事務方のミスなどは、営業担当がお客様に謝罪します。
あなたがミスをしたわけではなくても、頭を下げなければいけないこともあるのです。

打たれ弱く落ち込みやすい人

ターゲットが必ず商品やサービスに興味を持つとは限りません。拒絶されることもあります。
いちいち落ち込んでいては、営業の仕事は務まりません。

プライドが高すぎる人

自分に自信を持つのはいいことですが、謙虚に相手の言葉に耳を傾けなければ、いくらセールストークを繰り広げても、顧客は受け入れてくれないでしょう。

セルフマネジメントができない人

契約を取るには、自分で仕事の優先順位をつけて、タスクやスケジュール管理をしなければなりません。
上司にマネジメントされているようでは、良い成績を取り続けることはできないでしょう。

残業をしたくない人

営業の仕事は顧客本位で動きます。
顧客に合わせて仕事をするので、時には夜遅くまで資料を作ったり、時間外に訪問したりすることもあります。

実力主義よりも年功序列を好む人

営業職は結果で評価されます。
結果を出せば先輩よりも評価されますし、結果を出さなければ結果を出した後輩に追い抜かれることもあります。
年功序列を好む人には、つらい環境となるでしょう。

キャリアアップ志向がない人

営業は実力主義の世界なので、キャリアアップ志向や上昇志向がなければ、モチベーションを保って働くことはできないでしょう。

キャリアアップ志向や年収が上げていくつもりが一切なく、仕事は出来る限り定時に帰宅して、趣味やプライベートを重視・優先したいといった志向の人は、営業など経験・スキルがつく職種ではなくても良いのかなと思います。

文系でも転職可能な営業以外の職種とは?

では、理系でもなく専門スキルがない人で、文系出身の転職者が、営業以外の職種へ転職を希望している場合、どのような職種があり得るのでしょうか?

正直、専門経験やスキルがない状態で転職・中途採用で、採用してもらう事は実際難易度は高いです。

文系出身者で、経験・スキルがなく、未経験でも転職可能な職種としては以下のような職種があると思います。

実質は業務内容として顧客折衝があり、ほぼ営業に近しい仕事であったりもしますが、以下のように分類できるかと思います。

<顧客との対人折衝がある職種>

  • キャリアコンサルタント
  • アフィリエイト提携のメディア仕入担当
  • 飲食やアパレル、小売業界の店舗管理・店長職種
  • 塾・予備校スクールの教室長

<顧客との対人折衝が少ない職種>

  • 広告・販売促進(SP)会社の製作ディレクター
  • 運用型広告の運用コンサルタント
  • コールセンターのスーパーバイザー(SV職種)
  • 広報
  • 人事採用担当
  • 一般事務職・アシスタント(営業事務アシスタント、秘書等)

キャリアに悩んだら、まずはプロに相談してみよう

「営業以外の仕事ならなんでも良い!」という発想は、自分の可能性を狭めたり、仕事のミスマッチを引き起こしたりすると書いてきました。
まずは、本当に営業の仕事が嫌いなのか、合わないのかをよく考えてみてください。

その上で、転職のプロである、転職エージェントをうまく活用することをオススメします。

「やっぱり営業職が嫌いなわけじゃないのかも」と思った方

とはいえ、「どういうスタイルの営業が自分に合っているのか」、「自分の希望するスタイルの営業ができる企業はどこか」といったことを自分自身で正確に目利きするのは難しいものですよね。

転職エージェントを活用する事で、営業スタイルやマネジメントスタイルの違いや詳細だけではなく、業界特性や社風・会社の内情なども教えてもらえます

相談に行く際は以下のような質問をすることで、企業の営業スタイルを知るヒントになると思います。

  • もっと大きなお金を動かす仕事をしたい場合

「営業相手は個人ですか?企業ですか?」

大きな金額を動かす営業相手は企業です。法人営業かどうかを確認しましょう。

  • 個人主義で視野狭窄に陥りがちな職場環境が不満な場合

「一つの案件を進めるのは個人ですか?チーム単位ですか?」

顧客情報や契約成功パターンを共有し、営業社員同士がお互いにフォローアップして仲間意識を強く持つ環境は、チーム単位の営業です。

  • ノルマ達成の圧がキツすぎる、顧客を大切にできる環境に行きたい場合

「顧客と一緒に企画を行うことはありますか?」
 「営業目標と顧客の利益、どちらを優先させた方がいいですか?」

「とにかく売れば良い」という方針かどうかを確認してください。顧客の利益が満足感につながり、結果的に企業利益を生むことを理解している会社であれば、顧客の利益を選ぶでしょう。

「こんなはずじゃなかったのに・・・」というミスマッチのリスクを軽減させることができますし、これまでお伝えしてきた「営業でも色々ですよ・・」という点の具体的な内容を教えてもらう事ができるので、上手く活用すれば、転職活動の成功率を劇的に上げることも可能です

営業に向いているのか、他の仕事の方がいいのか分からない、迷っている方

転職エージェントでは、あなたのこれまでの経歴やこれからどうなりたいのかを一緒に壁打ち、アドバイスしてくれます。

サービスは無料で受けられますし、登録したからといって、必ず転職をしなければならないということはありません。まずは相談だけでも大丈夫ですよ。

また、書類選考だけではなく、面接対策や面接日程の調整、年収交渉など、転職活動における様々なサポートを無料で受けられるという点でも、登録しておいて損はないでしょう。

とはいえ、キャリアアドバイザーによって経験やスキルに差があるのも事実です。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?