営業からエンジニア(SE)への転職って可能?注意点や成功するポイント

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は営業からエンジニア(SE)に転職したいと思った時に、意識しておいたほうがいいことについて考えてみたいと思います。

ちょっと待ってください!営業からエンジニア(SE)への転職

なぜ、あなたはSEに転職したいと思ったのでしょうか?

「営業職はノルマがキツくてもう嫌だ」「自分が顧客に提案しているモノについて、自信が持てない」といった現状に不満を抱えている方。

または、「これからはやっぱりITだ!プログラミングを実践を通して学んでおきたい!」や「将来的にフリーランスになりたいから、会社でSEとして経験を積んでみたい」といった将来に向かって前向きな方もおられるでしょう。

転職という行為は、本来は慎重に行われるべきです。特に営業からSEなどの異業種への転職は、一つ間違えると自分の人生を棒に振ってしまう恐れがあります。

「自分は将来どうなりたいのか」

未来の自分の理想像から逆算して、今自分がなすべきことをきめましょう。

ほんの思いつきで転職することは、大変危険です。
企業も、いくらSEが不足しているからといって、思いつきで転職したいような方をとりたくはありません。

「あなたは将来どうなりたいのか」それをよく考えて、これからの文章を読んでください。

現状、SEの需要はどれほどのものなのか?

ビジネスにおけるIT需要は、いまだ衰える気配がありません。

衰えるどころかIoT、クラウド、AI、フィンテックなどが次々現れているので、ITやネットに携わる人材はますます社会に必要とされるでしょう。特にSEの人手不足は年々深刻化していて、国内で50万人のSEが不足するという予測があるくらいです。

そのためIT企業もネット企業もSEの獲得に躍起になっており、未経験者を採用し自社でSEを育成するシステム会社も珍しくなくなりました

求人票でも「SE急募、未経験者歓迎」といったキャッチフレーズをよく目にします。

現在、SEは慢性的な不足状態で、争奪戦が繰り広げられています。その結果SEの年収は急騰し一部の企業では1,000万円を提示する企業が存在します。

具体的な企業名をあげれば、DeNACyberAgentDMMなどはエンジニア採用に力を入れており、実力のあるエンジニアを獲得するために新卒採用でも高収入で迎えようとしています。

このような企業に未経験からエンジニアで転職することはまず不可能です。

しかし、諦める必要はありません。もし、あなたが20代前半であれば、エンジニアに転職して順調にスキルを身につけていけば、上記のような企業に転職して年収1000万を獲得することは可能です

営業からSEって転職は難しい?

大学受験では、理系から文系に転身することはできても、文系から理系に変えることは至難の業と言われています。それは受験生には、数学と理科という「壁」があるからです。

営業からSEへの転職でも、文系から理系に変わるのと似た「壁」があります。

それは次の3つの壁です。

  1. プログラムの知識
  2. 黙々と作業する
  3. 年齢

①プログラムの知識という壁

SEは通常、プログラマー(PG)からスタートします。プログラミングの知識と技術を習得しながらSEのプロデューサー業務を学び、その結果、晴れてSEの称号が与えられるわけです。

営業からの転身組も、プログラムの知識は欠かせません。この壁は営業職にとって分厚く高いものとなるでしょう。

まずはプログラミングの講習や研修に参加してみて「なんとかなりそうだ」という感触を得たほうがいいでしょう。

しかし考えようによっては、営業からSEへの転身では、この壁(プログラミング)しかないともいえます。

つまり営業経験者ならば、集中してプログラミングの知識を身に着けて技術を磨けば、その後のSEとしての人生は意外に順調に進むかもしれません。

というのも実は、SEの業務には営業的な要素が含まれているからです。SEになると対外的な仕事が急増するので、営業的なスキルが身に着かないPG出身のSEは、昇給や昇格が遅れてしまうのです。

②黙々と作業するという壁

この2番目の壁は、それほど深刻なものではないでしょう。というのも、SEへの転身を希望している営業職は、黙々と続ける作業を覚悟しているはずだからです。

SEはときに、クライアント企業の作業部屋に、PGと一緒に何日も缶詰になることがあります。根気が要る作業が苦手な営業職は、SEに向いていないかもしれないので注意してください。

特に「自分はノリと勢いだけで営業の仕事をしてきた」という営業職の方は、今一度熟考したほうがいいかもしれません。

③年齢という壁

未経験者のSEへの転身は20代までが望ましいと言われています。つまり29歳までにSEになっていたほうがよい、ということです。

ただどの企業もSEの人材難にあえいでいるので、いまは30代にも門戸は開かれています。

営業からへの転職を成功させるには?

営業からSEにどうしても転職をしたい場合は?

末永

前提として営業からSEへの転職は基本的に厳しいです。。

なぜなら、基本的に未経験のエンジニアの採用は新卒がほとんどだからです。

とは言っても、未経験でもエンジニアとしての転職ができる可能性はあります!!

未経験であっても転職できる企業は、2次または3次の受託開発を行なっている会社です。
(受託開発とは、他社からの依頼を受けてシステムの開発を行なっている企業です)

「未経験でも募集している=それだけ人手が足りていない」という事です。

なので、プログラミングの勉強をしながら、実務に臨む必要があります。

勉強しながら業務をこなすので、仕事はハードかも知れません。

しかし、エンジニアとしてのスキルや経験が身につけば、将来的により待遇の良い企業に転職することや、自分が好きなアプリやサービスの開発に携わる可能性が出てきますよ!

とは言っても「どのように企業を探せばわからない」「スキルが身に付く企業に転職したい」ですよね。

企業を探すコツはエンジニアに特化した転職エージェントを利用することです。

エンジニアの転職に特化した転職エージェントはマイナビITレバテックキャリアがおすすめです。

未経験からでも挑戦できる求人を豊富に保有しているので、エンジニアになりたいという方はまずは利用してみてはいかがでしょうか?

 

②事業会社への転職を考えている場合は?

末永

事業会社とは、自社の製品やサービスを一般消費者に提供する事により利益をあげる企業です。

「事業会社のエンジニアになって、自社アプリやサービスの開発がしたい」と考える方は多いかと思います。

しかし、何度も申し上げますが、未経験からの転職は厳しいです。。

しかし、未経験からでも事業会社に転職する方法はあります。

それは、プログラミングスクールに通い、プログラミングスクールからの求人紹介を受けることです。

例えば、プログラミングスクールのTechCampを利用する方法があります。

実際にTechCampから紹介される企業の中には大手企業や急成長中のベンチャー企業もあり、自社のサービスやプロダクトの開発に携われる可能性があります。

また、「正直なところ自分がプログラミングが好きか分からない」「自分に適正があるか分からない」という方もいるかも知れません。

そんな方は、まずはプログラミング教室に通ってみてはいかがでしょうか?

「100聞は一見にしかず」ですよ。

 

③特にこだわりはないがエンジニアに転職したい場合

末永

「エンジニアはたくさん種類があってよくわからない」

「未経験からでも挑戦できるエンジニアはないの?」という方はいるでしょう。

ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアといったインフラ系のエンジニアなら、未経験でも飛び込める可能性があります。

ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアに未経験から転職するために必要なことは資格です。

そして、企業に常駐で派遣の業務に携わり実務験を積みましょう。

市場価値が高いので、将来的には、大手企業などからスカウトをもらえる可能性がありますよ。

④将来のキャリアプランに迷っている場合

末永

まずは、一度立ち止まって「なぜエンジニアが良いのか?」「なぜ営業職をやめたいのか?」を明確にしましょう。

そうは言っても、自分がどんな業界・職種が合うのかわからないですよね。。。

もし自己分析やキャリアに関して迷っているのなら、転職エージェントを利用することも1つの手です。

おすすめの転職エージェントは、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaです。

なぜなら、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaは大手の総合型のエージェントなので、ほとんどの業界・職種を網羅しています。

なので、「やりたいことがわからない」「どんな業界・職種があっているか分からない」という方に対しても適切なアドバイスをもらうことができるでしょう。

一度、話を聞いてもらうだけでも、自身の将来に対する不安を払拭できるかもしれませんよ。

 

 

SEに向いている人や性格は?

実際にSEに転職した!でも、業務を重ねるに連れ、「自分が思っていたものとは違う…」となって、他の職種に再び転職するのでは、時間の無駄ですよね。短い人生で出来ることは限られています。

ですので、ここでは適性を見るという意味で、どういった人がSEに向いているのか紹介します。

未経験でよく誤解されている方がいるのですが、SEはただ黙々とプログラムがやっていればいい職種ではありません

もちろん黙々とした仕事に耐えなければならないのですが、実際にはSEの仕事は、割合的には対外的な業務が7、プログラム系の業務が3といった感じです。プロジェクトが大きくなれば対外業務9.9、プログラム系業務0.1となるかもしれません。

好奇心旺盛で勉強熱心な人

この特徴を持っている方は、恐らくどの業界・職種でも上手くやれるでしょうが、SEもこの姿勢が重要です。

ここではITエンジニアを例に出しますが、IT業界は常に新しい技術やシステムの開発が出てきているので、一つこれを覚えたらもう安泰だ、という甘い世界ではありません。

日々最新の情報を追って、知識を更新していくことが重要となります。

そのため、自分の気になったことをとことん調べる好奇心と継続して勉強していく熱心さがある方はSEに向いていると言えます。

論理的思考が得意な人

コンピューターは、人間と違って感情で動くことはありません。

システムの設計やバグを修正する際には、仮説を立てて検証を重ねることでプロジェクトは進んでいきます。

営業でPDCAを意識して取り組んでいた方なら、素質は十分にあります。

特に、営業で培った提案力はSEに転職してからも役に立つでしょう。

面接では、営業の業務で意識した論理性をアピールすることで、高評価を得ることが出来るでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

黙々と業務を進めていくというイメージがあるSEですが、実際にはクライアント、上司、同僚たちといった大勢の人たちと協力してプロジェクトを進めていきます。

ですので、コミュニケーション能力が高く、明るく、プロジェクトメンバーをまとめられるような人は、SEに向いています。

冷静沈着な人

SEには沈着冷静な態度も求められます。

SEはとにかく調整調整の毎日です。

クライアントの要望は日々変わりますし、PGの業務の進捗状況は一進一退の攻防です。

システムが完了した途端に補修の仕事が始まることも珍しくありません。

その都度一喜一憂しているようでは、SEは務まりません。

工程表をにらみながら、関係者をなだめながら、各部署の利害を調整しながら、冷静に1歩1歩進めていかなければなりません。

上記のものはあくまで一例ですが、これら全てを満たしていなければSEになれない、という意味ではございません。

上記であげたもので「自分はここが適しているな」「ここは未熟だから意識しておこう」などの確認として見ていてくだされば大丈夫です。

【無料】エンジニアへの転職なら、未経験からでもエンジニア採用をしている企業の求人を多数持っている確率の高いマイナビITに相談しましょう!

営業からSEへの転職でのメリットや良い点

営業からSEに転職した際に、実際に「何がどう変わるのか」気になりませんか?ここでは営業出身がSEに転職することで得られるメリットを紹介します。

営業の人がSEに転職するメリットは主に、

  • 年収が増える
  • 安定性が増す
  • やりがいが増える

の3つが挙げられます。

なぜ営業がSEに転職すると年収が増えるのか

営業職がSEに転職すると、年収アップが期待できます。

営業職の年収は、世の中の景気や勤務先企業の業績、そして自身の営業成績によって大きく変動します。

営業職を長く続けている人は「大成功した年の年収」の記憶が鮮明なので、営業成績が低迷して年収が大幅ダウンしても「いつかまた」と考えます。

しかし自身の努力だけではいかんともしがたいのが営業売上であり営業職の年収です。

しかしSEは、安定して高年収が得られます。

一度スキルを獲得して仕事が軌道に乗れば、収入がそこから上がることはあっても下がることは考えにくいでしょう。

コンスタントに年収1,000万円以上を獲得している営業職でなければ、SEに転職したほうが生涯年収を高くすることが期待できます。

なぜ営業がSEに転職すると安定性が増すのか

営業職は、自社がつくった製品・サービスを売る仕事です。

自社が売れる製品・サービスをつくっているうちはいいのですが、自社の製品・サービスが陳腐化したら営業の仕事は途端に難しくなります。

営業職は「自分のビジネスの生殺与奪を社内の開発・製造部門に委ねている仕事」なのです。

これは安定しているとは言えません。

一方SEの仕事には、職人のような性質があります。

職人は自分のスキルを製品に投入して顧客から対価をもらっています。

SEも一度スキルを身につけてしまえばかなりの長期間、安定して仕事がもらえるわけです。

もちろんITやネットの世界は進化が激しいので、SEはスキルのブラッシュアップが欠かせません。

それさえ怠らなければ、定年まで「求められる働き方」ができるでしょう。

なぜ営業がSEに転職するとやりがいが増えるのか

営業からSEに転身する最も大きなメリットは、やりがいが増えることかもしれません。

営業の仕事は、どちらかというと勤務先の会社のために尽くす仕事といえます。

それはとても重要なことですが、営業職のやりがいは、会社が儲かったときに最大になります。

もちろん営業にとって顧客の満足は重要ですが、顧客の満足度が高い割に売り上げが上がらない場合、営業職はあまり社内で評価されません。

SEたちがつくっているものはインフラです、つまり日本の社会です。

ITとネットがなければ、日本のビジネス界も国民生活も大混乱します。だからSEは、世の中を便利にしているという実感が得られるのです。

営業の仕事に疑問を感じている人は、SEに転身するとそのモヤモヤが解消されるかもしれません。

営業から未経験でSE職に転身するなら、外部サポートの利用も検討してみましょう

人手不足とはいえ、経験者に比べると、未経験からSEに転職するのは簡単とは言えません。

新卒採用の場合は、「未経験者を一から社内で育成する」という企業が比較的あるものの、中途採用の場合には「即戦力採用をしている」という企業も多く、選択肢の幅が狭まりがちです。

その際に、エンジニアに強い転職エージェントサービスを活用するのがオススメです。

未経験でエンジニアに転職する際に、なぜエージェントを利用すると良いのでしょうか?

理由としては、大きく2つあります。

1つ目の理由ですが、エンジニア求人のほとんどは経験者のみを対象とした求人がほとんどです。その中でも未経験でも熱意やお人柄を重視して採用してもらえる求人を選別・紹介してもらえるためです。

求人広告を見ていても、そういった求人を目利きする事は難しく、実際に求人広告の掲載内容は緩めに記載してあり、実態と異なるケースも割と多いのです。

2つ目の理由ですが、未経験者の多くは書類選考でお見送りになってしまうケースがほとんどです。

その際に、書類を通過させる上で転職エージェントを活用する事が有利に働きます 。有能な転職エージェントで求人企業に対して紹介実績が豊富にあるエージェントであれば、彼らの信用力を借りて書類選考を通過してもらえるのです。

バリバリのエンジニアのスキル・経験値があれば自分でも何とかなると思いますが、未経験者は必ず転職エージェントのサポートを受けた上で、書類選考通過率を最大化して進めた方が良いでしょう。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

営業から未経験でSE職に転身する際にはプログラミングスクールの活用も有効?

営業という畑違いの職種から未経験でエンジニアにチャレンジする際に、採用側としてはエンジニアの適性や、本気で本人がエンジニア職種にジョブチェンジしたいと思えているのか?という懸念をされる事が多くあります。

その際に、自分の熱意を求人企業にアピールするために、自分なりにプログラミングを勉強したり、何かしらシステムを自分で開発してアウトプットした事があるというのは大きいと思います。

以下のテックキャンプ社が運営するTECH::EXPERTというエンジニア養成スクールはエンジニア未経験者にも人気ですので、一度説明会に参加してみてはいかがでしょうか?

スクール受講後の就職率は98%を誇り、エンジニア未経験からの就職・転職にオススメのプログラミングスクール。 独学で挫折してしまう人が多い中、受講者の96%がカリキュラムを完了し、卒業できている。

特徴
【メリット】
  1. 独学で挫折する方が多い中、TechCampの修了率は96%
  2. カリキュラムの修了後の就職率は98%という安心感
【デメリット】
  1. 一定の費用が必要となります

こんな人がおすすめ!
  1. プログラミングを1から教えて欲しい方
  2. 未経験からエンジニアとして就職したい方
  3. プログラミング学習から就職活動まで一貫してサポートして欲しい方

【転職成功率97%】未経験からエンジニアに!TECH CAMPについて

2018.10.01