社内SEの転職で失敗しないコツ!必要な資格などについてご紹介!【必読】

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

ここ最近では社内SEへの転職を希望している人が増えてきているのはご存知でしょうか?自社の製品の開発などにほぼ直接携わることができるため、人気が高まってきています。

なので今回は、社内SEの転職についてお話しをしていきたいと思います。

そもそも社内SEとは?

社内SEとは、自社の情報システムの企画や、安定的なシステム運用を担う職業です。

引用元 : 社内SEとは | 社内SEの意味

社内SEは勤め先のシステム開発だけではなく、導入後のメンテナンス、社内からのQA対応など、業務範囲も多く、企業によって社内SEは業務量が異なります。

社内のパソコンやシステムにまつわるあらゆる悩みを解決して社員のサポートし、社内システムを開発するために外部パートナーの進捗管理や調整なども行います。

最近の傾向として社内SEにシステム開発を期待する企業が増えています。

外注せずに内製化してコストを抑えたいという狙いやシステムを臨機応変に変更・拡張できるという点があります。

社内SEへの転職って難しいの?

結論からも申し上げますと、難易度は非常に高いです。

社内SEは人気が高いです。

しかし、大量募集がかからない職業なので、転職のハードルは非常に高いです。

実際に、去年2017年の情報によると、日本のユーザー企業が雇用する社内SEは、100人当たり0.5人と非常に少ないです。

非常に人気な職業であるため、募集開始から1週間足らずで締め切りになってしまうなんてことも起こりえます。

社内SEが人気の理由

社内SEが人気なのは、「社内SEのやりがい」に記載したように、やりがいを感じられる機会が多いことや、企業の中心的存在として活動することができることにあります。

転職して社内SEになりたい人の多くは、プラスの思考としては前職よりもやりがいを感じられる部分に魅力を感じているのです。
マイナスの思考としては、現職よりも楽になれるという部分に魅力を感じているパターンが多いです。

「楽」というのは具体的には仕事の質や顧客との折衝、労働時間の調整といった部分を指しますが、実際はそう簡単な話ではありません。
しかし、IT業界全体として労働負荷や心的負荷が高い環境が多いのも事実であり、相対的に比較した際に、「楽」になれるケースが多いと言うのもまた然りです。

また、社内SEを志望する人の現職がITコンサルタントやSier、プログラマといった各フェーズにおけるプロフェッショナルであることが多いです。
さまざまな業界やユーザを渡り歩いてきた経緯の人が、これまでの技術や経験の集大成を活かし、より良い契約条件で1つの企業に腰を据えて集中したいという気持ちで臨んでくるのです。

このため、社内SEという狭き門を目指して競うライバルは、単純に数が多いだけではなく、1人1人が強敵なのです。

高倍率を、勝ち抜くためには?

未経験者の場合

基本的には全くの未経験からの転職は厳しいです。

例えば、プログラマーやSEとしての経験があると有利に働きます。

とは言え、社内SEは開発の経験を必ず求められる訳ではありません

なぜなら社内SEは自らが自社の開発を行うことはほとんどないからです。

例えば、運用保守などの実際の開発に携わっていない職種からでも、社内SEへの転職を成功させることが可能です。

また、未経験から社内SEへの転職は、コミュニケーション能力を重要視されます。

なぜなら、社内SEは、社内外とコミュニケーションを取る機会が、一般的なエンジニアと比較すると多いからです。

例えば、受託開発をするエンジニアは、PMから指示を受けて作業をすることが多いので、コミュニケーション能力という面では、それほど重要視されません。

一方で、社内SEは、企業のシステム上のトラブル解決など、企業内の人と密になって解決をしていきます。

時には営業と同行して企業に訪問することもあります。

なので、企業としては本当にあなたが、社内外の方と円滑にコミュニケーションを取れるかを、採用基準として見ています。

そのため、コミュニケーション能力などといった技術以外でも秀でた社会力を備えていると強みとなりそうです。

経験者の場合

社内SEの経験の経験をお持ちの方は、社内SEとしての経験はもちろんとして、転職先企業の業務の知識があると非常に有利になります。

例えば、不動産業界の社内SEの方は、不動産業界の業務知識、広告業界の社内SEの方は、広告業界の業務知識を求められます。

なぜなら、社内SEの方は、例えば、営業部との関わりなど、他部署の関わりなどが多いです、

したがって、転職先企業の業務知識があると、コミュニケーションが円滑になるので、転職では非常に有利に働きます。

末永

社内SEへの転職は転職エージェントの利用をおすすめします。

なぜならば、社内SEへの転職は人気の職種で求人数も多くないので、求人の募集があるとすぐに埋まってしまいます。

社内SEへの転職をしたい方は、転職エージェントに登録しておいて興味のある求人にすぐに応募できる準備をすることをおすすめします。

おすすめの転職エージェントは経験の有無に関わらず、エンジニアの転職に強いマイナビITレバテックキャリアへも登録をおすすめします。

なぜならマイナビITレバテックキャリアはエンジニアの転職に特化しているからです。

実際に、エンジニアに特化した求人を豊富に保有しています。エンジニアの転職に特化しているので、キャリアアドバイザーもエンジニアに関しての知識を豊富に持っています。

エンジニアの転職に特化したエージェントは多くないです。

興味のある求人を確実に網羅するためにも、マイナビITレバテックキャリアの2つに登録することをおすすめします

社内SEのやりがい

社内SEのやりがいは、企業の課題解決の中心として主役になれることです。

社内SEの仕事は大きく3つあり、

  1. ヘルプデスク
  2. 社内インフラ整備
  3. 社内システムの提案・導入・保守

となります。

いずれにおいても、社内SEが中心となって課題解決が進む構図になります。

①ヘルプデスク業務

社内システムを上手く利用できないさまざまな理由でユーザが駆け込んできます。
この問題・課題の多くを解決できるのは社内SEです。

雑多な業務だと思われがちなヘルプデスクですが、社内の人から一番「ありがとう」「助かったよ」と声をかけてもらえる業務です。日頃から人助けをしたり、人から頼まれごとをされるタイプの人にとっては強くやりがいを感じられる業務です。

②社内インフラ整備

次に社内インフラの整備といった環境改善の業務です。

近年では「VPNによって社外からのアクセスを可能にする」「無線環境を整備してフリーアドレスオフィスにする」といった働き方の自由度を広げる改善がよく行われる傾向があります。
これらは、経営層や従業員からの要望によって今よりも良い環境への改善・変革するための活動です。
活動成果を確認しやすく、その効果測定も容易であり、自身の働きがどのように役に立てているかを実感できる機会が多いため、やりがいを感じられる業務と言えます。

③社内システムの提案・導入・保守

基幹システムの刷新は5~20年ほどの周期で巡ってくる企業の一大イベントです。

経営層等の上層部から、現在、および、今後の経営方針やIT化に関するポイントをヒアリングし、ITコンサルタントやシステムベンダーの支援を受けながら現状業務の把握や、あるべき業務の姿を整理して、企業の根幹となるシステムをリビルドします。

非常に負荷の高い業務になることは確実ですが、その分やりがいを感じることができます。
昨今では、業務の一部だけを支援するシステムをクラウドで短期導入するようなケースも増えてきていますが、工程が短くなるだけで本質は同じです。

社内SEとして採用されるポイントは?(転職理由・志望動機)

転職理由や志望動機は誰でも悩むものです。

弊社に相談にいらっしゃる方にも社内SEを希望する転職者の方は多いのですが、転職理由や志望動機に悩んでおられる方が多い印象です。

社内SEは、ヘルプデスクとして社員のサポートにあたったり、開発・運用を行う上で社内から意見を引き出したり人のコミュニケーション能力が求められてきます。何でも相談できそうな人柄もポイントになってきます。

コミュニケーションや開発を外部に委託する際には、外部企業とのハンドリング進捗管理などもメインになるため、そのスキルや専門知識などが求められることになります。

転職を希望する理由は、現在の企業(前職の企業)に何かしらの課題や不満があることになりますが、企業は理解していますので、現職批判的な話をされずにポジティブな内容を伝えるようにしましょう。

社内SE経験者

これまでの職務経験、実績、知識などを記載し、ステップアップしたいことなどをアピールすると良いかと思います。
まず、現職と転職希望先との違いを客観的にまとめることから始めることをお勧めします。

比較する対象の例としては、「企業理念」「業種・業態」「従業員数」「事業規模(年商)」「社内SEとしての業務内容」「社内SEとして求められる技術」といったものがあります。
比較をして差がある部分と、自身が考える転職理由を掛け合わせて、転職理由として相応しい内容にまとめて取り入れます。

事前に比較したものを準備しておくことで面接の際に聞かれる「なぜ弊社でなければいけないのですか?」に回答しやすくなるという効果もあります。

社内SE未経験者

中途採用の場合、第二新卒は別として基本的には即戦力として経験者を採用したい方針です。

「システムエンジニアから社内SE転職を希望している場合で、クライアントの要望に振り回されるのが嫌で、社内SEだとクライアントがいない分ストレスもなく働けるから社内SE希望」という方がいるとします。

結局は社内SEでも社内ステークホルダーである役員たちの説得などがあり、一苦労する場面もありますので、対外的な対応が疲れたというような理由は通用しません。

また未経験の場合は、社内SEに関する興味関心度合いの高さをアピールすると良いでしょう。

たとえば、スクールに通って知識を高めたなど(スクールに通うことが内定につながるとはかぎりません)、それらのスキルが求められるので、それらをこれまでの経験で語れるように準備すると良いでしょう。

中途採用で社内SEを採用募集をしていて、社内SE経験が必須ではない場合は、その企業が求める人材像をイメージすることが大切です。

転職先企業のコーポレイトサイトや募集要項を詳しく確認して、例えば、具体的に次のような想像を膨らませます。

■とにかくすぐにITに詳しい人が欲しい

「いまどき、こんなパターンがあるのかな?」と、思われるかもしれませんが、パソコンに詳しい社員が社内SEらしきことを兼務しているというケースは結構あるのです。

経営層の方針が変わった際や、事業拡大、IT化を進める機運が高まったときに募集がかかる場合があります。

このパターンの場合は、柔軟さとやる気、長期勤続が伝わる内容をアピールするのが良いです。

ただし、「ITリテラシーが低い」「IT部門としての形が定着していない」といった環境である可能性が高いことや、そういった環境の場合は、自分がリーダーシップを発揮して形を作っていくという気概が必要になります。

また、このパターンは地方の企業ほど多い傾向があります。
このため、自身の故郷の企業で募集があるかどうかもポイントになります。こういったニーズにマッチする好条件が見つかれば、強力なライバルが多数いる都会の企業よりも格段に転職できる可能性が高くなります。

■新しい事業やプロジェクトがあり、その専門家が必要

このパターンの場合、募集要項に具体的な「プログラミング言語」「PM経験」「活動してきた業界・業種」といった条件が載っていることがほとんどです。

募集要項が自身のこれまでの経験や実績の延長上にあるかどうかが最重要になります。
なんらかで経験が延長上にある場合は、そこを膨らませてアピールをします。
未経験の場合でも挑戦をしたい場合は、未経験分をどのように克服して早期に戦力となれるかをアピールする必要があります。

裏技としては募集要項以外の内容でアピールして、面接者が「一度会ってみたい」と思うようにすることです。

例えば、社内開発プロジェクトの発足のために「Javaエンジニア」を募集しているような場合、「Scala」や「Kotlin」といった後継言語や新しい分野に興味があることアピールし、その企業が次に欲するであろう事業展開やエンジニア像として見せる方法です。

■現職者の高齢化に伴う引き継ぎ要員

このパターンの場合、まずは、現行の業務をすべて引き継ぐ必要があるため、自分が望んでいない業務やシステムの守りをする覚悟が必要です。

具体的な例でいくと、企業内で抱え込んでいるオフコンや汎用機といった環境で動くシステムの引き継ぎなどがあります。
長い目で見ると、数年後にはシステム切り替えの話題があがるため、自身でよりよいと思うシステムを提案できる社内SEとしての立場になればよいのです。

まずは現行システムを真摯に受け止める姿勢と、やる気をアピールすることが採用されるコツです。

募集要項やコーポレートサイトには理由ありの込み入った情報までが記載されない場合もあります。
こういう時は、転職エージェントに相談してみてください。理由あり情報が事前に分かっていれば、それに対するアピール方法を検討することも、自身の覚悟や長期目線でみた場合の戦略を立てることも可能になります。

経験者、未経験者いずれにしても自分を社内SEとして採用することで、企業にどのようなメリットをもたらせるのか、考えた上で志望動機を書くようにしましょう。

社内SEの転職の年齢はいくつまで大丈夫?

「社内SEとして転職する時の年齢はいくつくらいまで大丈夫なのか?」

気になるところですよね。

未経験者の場合

20代が限界と言えるでしょう。

未経験とは言っても、全くの未経験からの転職は厳しいです。

つまり、プログラマーやSEとしての経験を求められることがほとんどです。

中途採用の場合、ある程度の実務経験やスキルがないと転職出来ないのが現実です。

経験者の場合

社内SEとしての経験年数を3年以上を求められる傾向があります。

基本的には35歳が限界と言えるでしょう。

30代は基本的には、マネジメント経験がある方を募集します。

つまりは実務経験に加えてマネジメントスキルが必要になってきます。

40代になると、役職もそれなりになりますので、募集自体は少なくなります。

未経験であってもある程度勉強して最低限の資格を取得した上で転職することを考えると、やはり30代・40代で未経験からの社内SEへ転職するのは正直難しいかもしれません。

社内SE実務経験を採用条件としている場合は、20代で、ある程度実務経験があるほうが優遇されるかと思います。

社内SEの転職の時に資格って必要?

IT系の資格(例えば、「情報処理技術者」「ネットワークスペシャリスト」「システム監査技術者」など)があればあるほど良いことに越したことはありませんが、資格があるからと言って必ず内定するということではありません。

資格は選考するうえで参考程度になりますので、(もちろん、応募条件に資格保持必須があれば選考対象になります)これまでの実務経験に加えて、資格があれば書類に記載したほうが良いですね。

年齢があがるごとに、実務経験に加えてリーダーやマネジメントスキル、プロジェクト管理能力などが求められますので、これらも重視したほうがよさそうです。

社内SE転職で失敗しないために

「社内SEに転職したものの、思っていたものと違う・・・。」なんてこともあるみたいです。

高倍率を潜り抜けてようやく就けても満足出来ないなんて避けたいですよね。

社内SEの業務内容は、大手か中小企業かどうかだけでなく、企業ごとで業務内容が異なる場合があります

そのような失敗を避けるためにも、募集がかかったからといってすぐに決断するのではなく、一旦下調べをし、本当に自分が求める仕事かどうかを見極める余裕があると良いでしょう。

社内SEの転職を成功させるには?

末永

転職エージェントの利用をおすすめします!

社内SEへの転職は、先ほども述べたように、難易度が高いです。

また、求人が出るとすぐにうまってしまうため、求人にすぐに応募できる準備をしておく必要があります。

「行きたい求人に応募しようとしたら、すぐに募集がなくなってしまった、、、」となってしまったら、悔やまれますよね。

社内SEへの転職がしたいという方は、まずは転職エージェントへの登録をおすすめします。

オススメは、エンジニアへの転職に特化していて、求人も豊富なマイナビITレバテックキャリアです。

行きたい企業の求人を網羅するためにも、マイナビITレバテックキャリアの2つのエージェントに登録することをおすすめします。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数と転職決定実績!
  2. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  3. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

まとめ〜社内SEの転職について

ITツールが増えてきている昨今、今後も社内SE求人は需要の増加が見込まれます。

社内SEは企業によっては仕事内容が異なるため、ご自身が希望する仕事内容かどうかをしっかり見極める必要が出てきます。

転職エージェントなどを活用して、ポイントなどを把握するとよいかと思います。

社内SEは自ら手を動かすこともありますが、大規模システムの場合はITベンダーに委託してITベンダーのコントロールを行い、社内でもコミュニケーションが中心になり、人によってはストレスを感じることもある環境です。

エンジニアとしてスキルを高めたいという技術志向の方は、高いITリテラシーを備えた技術者に囲まれた環境である最新の技術に触れる機会の多いSIerやインターネット企業で働くほうがよい場合もあります。

社内SE職種の転職希望される方にとって少しでも参考になれればと思います。

未経験の社内SE転職ならTECH::EXPERTを使おう!

未経験からの社内SEへ転職することは不可能ではありませんが、簡単ではありません。

面接官の「本当に頑張っていく気があるの?挫折したらすぐやめちゃうんじゃないの?」という疑念を払拭するために、転職理由や自己PRの受け答えを入念に準備する必要があります。
また、エンジニアの転職では「即戦力になるか」が非常に重要視されるため、実績を持たない未経験者の場合は「自発的に勉強をしている」という知識・熱意のアピールが必要です。

でも、一人だと「転職準備ってどこから手をつければいいの?」「プログラミングの勉強ってどう進めたらいいの?」とわからないことだらけですよね?

そんな方におすすめしたいのがエンジニア養成スクールのTECH::EXPERTです。

わからない点があれば土日も専属トレーナーに質問できるなど、勉強を最後までやりきるための環境が整っていますし、転職先を見つけるところまでサポートしてくれます。

スクール受講後の就職率は98%を誇り、エンジニア未経験からの就職・転職にオススメのプログラミングスクール。 独学で挫折してしまう人が多い中、受講者の96%がカリキュラムを完了し、卒業できている。

ポイント
  1. 独学で挫折する方が多い中、TechCampの修了率は96%
  2. カリキュラムの修了後の就職率は98%という安心感
  1. 一定の費用が必要となります

こんな人がおすすめ!
  1. プログラミングを1から教えて欲しい方
  2. 未経験からエンジニアとして就職したい方
  3. プログラミング学習から就職活動まで一貫してサポートして欲しい方

【転職成功率97%】未経験からエンジニアに!TECH CAMPについて

2018.10.01