需要が高まるセキュリティエンジニアの年収|将来性なども大公開!

  • !

    最近では、テレビのニュースなんかでも「サイバーテロやハッキングによって、情報漏えいの被害にあった」なんていうトピックスを多く見るようになりました。

    企業のWebサイトを始め、仮想通貨、個人のカード情報など、ITにとって「情報を守る」言うなればセキュリティというものは切っても切れない存在であります。

    今は日本でもセキュリティを専門とするエンジニア、セキュリティエンジニアが増えてきています。今回はそんなセキュリティエンジニアについて紹介します。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

セキュリティエンジニアの平均年収は約518万円

求人サイトの求人ボックスdoda平均年収ランキングを参考に独自の方法で調べたセキュリティエンジニアの平均年収と、2021年に国税庁が調べた令和2年分民間給与実態統計調査結果による日本の平均年収を以下で比較してみました。

セキュリティエンジニア 約518万円
日本全体 約433万円

比べてみると、セキュリティエンジニアの平均年収は日本の平均年収と比べて約80万円高いです。

とくにシマンテックなどの外資系企業では年収が高くなるようで、スキル次第では年収アップが期待できます。セキュリティに関する知識や経験が豊富であったり、部長クラスのセキュリティエンジニアともなれば、年収1,000万円も目指せます。

また、CCIEやCISM、情報処理安全確保支援士(情報セキュリティスペシャリスト)などの高難易度の資格を取得するのも年収アップの材料となります。

年収が高いエンジニアランキング

求人サイトのdodaが公開している平均年収ランキングを参考に、年収が高いエンジニアの種類を以下から紹介します。

エンジニアの年収

数あるエンジニア職の中でもっとも年収が高いのは、システム開発/運用のエンジニアというのがわかります。セキュリティエンジニアに関しては2番目に年収が高いので、エンジニア全体で見たら年収は高いといえるでしょう。

セキュリティエンジニアで年収1,000万円を目指すなら

セキュリティエンジニアとして年収1,000万円を目指すなら、エンジニアのスキルとマネジメント経験などの経験が必要です。

年収1,000万円を目指すのであればエンジニアとしての経験があるだけでは厳しいでしょう。実際に転職サイトのdodaで求人を確認したところ、どの求人も想定年収400〜1,200万円と記載されており、年収1,000万円以上を目指すならその分、高度な専門スキルが問われます。

求人に記載されている経験やスキルはあくまでも応募に必要な必須スキルです。

マネジメント経験などプラスアルファの経験やスキルを身につけ、企業からより求められる人材になってはじめて年収1,000万円以上のセキュリティエンジニアに転職できるでしょう。

より年収が高い企業に転職するなら

高い年収で転職したいのであれば、以下の条件や方法で転職するのが良いでしょう。

  • 職種は変えずに転職する
  • 現職よりも年収レートが高い業界に転職する
  • 転職エージェントを使う

まず、業種未経験の転職は基本的に年収は下がります。なぜなら企業は転職者に即戦力を求める傾向があるためです。未経験からの転職で年収が上がるとすれば、現職より年収レートが高い業界に転職するなどです。

ただし、こちらもエンタメ業界からIT業界への転職など、現職の年収レートが極端に低い業界から転職した場合に限ります。

転職エージェント末永 末永

異業種への転職で年収を上げたいのであれば、転職エージェント経由で転職活動するのも一つの手です。

転職エージェントは転職者の代わりに、希望条件が揃った求人紹介や企業への年収交渉をおこなってくれるので、より希望年収に近い職場に転職できる可能性があるからです。

オススメのIT業界特化型エージェント

  • マイナビIT AGENT
    大手マイナビが運営するITエンジニア向けの転職エージェント
  • レバテックキャリア
    ITエンジニア経験者向けのハイクラスIT求人が多数!キャリアUPを狙うエンジニア定番のエージェント

オススメの大手転職エージェント

セキュリティエンジニアの仕事内容とやりがい

セキュリティエンジニアとは情報セキュリティに特化したエンジニアのことを指します。

情報セキュリティの仕事は、ポリシー策定や監査などの管理面とシステムへのセキュリティ実装、運用といった技術面に分かれます。

管理の分野に関してはエンジニアよりコンサルタントが担当する場合がほとんどで、セキュリティエンジニアと呼ばれる人は、主に技術の分野の仕事を担当します。

セキュリティエンジニアの具体的な仕事内容は以下の通りです。

設計 企画書に基づき、セキュリティに考慮されたシステム設計をおこないます。

セキュリティのみを重視したシステムではなく、ネットワークやサーバ、アプリケーション、それらの運用、利便性までを考慮した設計が求められます。
実装 設計に基づき、システムの実装をおこないます。セキュリティの知識に加え、ネットワークやOS、プログラミングの知識も必要となります。
テスト システムにセキュリティホール(脆弱性)がないかをチェックするためテストをおこないます。

セキュリティ検査や脆弱性診断とも呼ばれ、システムに対して擬似的なサイバー攻撃をおこないます。またソースコードのチェックをしたりもします。
運用/保守 設計、実装、テスト完了後、システム導入後の運用や保守もおこなうことも求められます。

OSやアプリケーションなどを適宜アップデートしたり、システム障害やサイバー攻撃が発生した場合の対処もおこないます。

企業に有効なセキュリティ対策の実施や安全なシステムを構築をすることは、セキュリティエンジニアならではのやりがいと言えます。

また、セキュリティは新しい技術や、新種のマルウェアなど、常に情報が変わる世界です。

新しいものを取り入れることに抵抗がない人や英語が苦にならない人、高い倫理観を持っている人は、セキュリティエンジニアに向いていると言えます。

セキュリティエンジニアの需要と将来性

セキュリティエンジニアの需要は年々上昇傾向にあります。

近年、日本の企業や個人に向けてのハッキングやサイバー攻撃は年々増加しています。そのサイバー攻撃から日本のセキュリティを守るために、ネットワークエンジニアの需要は上昇してきているというわけです。

また、JNSAの国内情報セキュリティ市場2020年度調査報告によると、 情報セキュリティ市場規模は年々拡大しており、セキュリティツールの売り上げにおいては、2020年度に1兆円を超えています。

セキュリティツールの売り上げが伸びれば、各企業でセキュリティへの予算確保も推進されていくと予想できるので、セキュリティエンジニアを採用に力を入れる企業もどんどん増えていくでしょう。

セキュリティエンジニアに必要なスキル・経験

セキュリティエンジニアになるには下記のようなスキル、経験、知識が必要です。

情報セキュリティ 脅威やマルウェア、不正プログラム、脆弱性、サイバー攻撃に関する対応経験や知識

情報の機密性や完全性、可用性、暗号技術に関する知識
情報セキュリティ管理 情報資産とリスクの概要や調査、ISMS、管理策、CSIRTやSOCの経験
セキュリティ技術評価 PCI DSSやCVSS、脆弱性検査やペネトレーションテスト経験
情報セキュリティ対策 セキュリティ啓発や内部不正防止ガイドライン作成経験、セキュリティツール運用経験

ファイアウォールやWAF、IPS、IDSの技術。無線LANセキュリティやIoTセキュリティ技術
セキュリティ実装技術 IPSecやSSL/TLS、SPF、DNSSECの実装技術。ネットワークやデータベースのセキュリティ技術、セキュアプログラミングの知識やセキュアOSの知識

未経験から転職する方法

セキュリティエンジニアに未経験から転職するなら、プログラミングスクールに通うなど独学でエンジニアの勉強してから転職活動をしましょう。

基本的にエンジニアは業種未経験では転職できません。転職できたとしても客先常駐型の派遣として勤務するか、激務薄給のブラック企業の可能性が高いです。

TECH CAMPのようなプログラミングスクールはプログラミング未経験者でも1からプログラミングを学べるようになっています。

ただしやはりエンジニアは実務経験が重要視される世界ですので、プログラミングスクールで学んだからといって必ず転職できるわけではありません。独学で勉強したり、全く知識がない状態よりは有利程度に考えておいてください。

セキュリティエンジニアの転職は資格の有無で変わるのか

資格はあくまでも未経験者が志望度の高さをアピールするための材料にしかなりません。資格がある=転職できるとはならないので注意してください。

未経験の人がセキュリティエンジニアを目指すのであれば下記のような資格を取得することで、転職の際にアピールできる可能性があります。

シスコ技術者認定 シスコシステムズ社による、ベンダー資格です。

CCNA Security/CCNP Security/CCIE Securityがあります。
CompTIA Security+ 世界的に高い認知度を誇るCompTIAの資格です。システムの暗号化やネットワークセキュリティ、コンプライアンスといった幅広い専門知識が問われます。
ネットワーク情報セキュリティマネージャー
(NISM)
サイバー攻撃への対処スキルを証明できる、ベンダー資格です。

NISM推進協議会が実施する資格認定のための講習を受け、一定のレベルに達すると有資格者として認定されます。

高年収のセキュリティエンジニアの求人を探すなら

高年収のセキュリティエンジニアに転職したいなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

エンジニアやハイクラスに特化した転職エージェントを利用すれば、一般には公開されていない非公開の求人の中から希望年収に近い求人と出会える可能性があるからです。

ただ、担当のキャリアアドバイザーとの相性もあるので、まずは2~3社複数登録して、そこから自分に合ったエージェントと転職活動を進めていくのがベストでしょう。

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

マイナビIT AGENT

ポイント

  1. エンジニアがスキルアップできる求人多数
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENT
に相談する

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

レバテックキャリア

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリア
に相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

ポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェント
に相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント