20代がIT業界に転職するには?ベストなタイミングをプロが伝授!

IT エンジニア PC プログラマ

20代という若手がIT業界に転職するにはいつがベストタイミングなのか?を、プロが徹底解説します。

他にも、成功する方法や失敗してしまう要因について紹介しています。

20代のITエンジニアの転職事情

20代のITエンジニアの転職事情について、以下3つの観点から解説していきます。

現在20代のITエンジニアで転職を考えている人は、同じ境遇の人がどういった事情で転職しているのかを、以下の解説で参考にしてみてください。

キャリアアップを理由に転職を考える

レバテックキャリアITエンジニア動向総まとめによると、ITエンジニアで多かった転職理由は以下の5つで、キャリアアップを考えている人が多かったです。

ITエンジニアの転職理由

  1. キャリアアップ
  2. 仕事内容への不満
  3. 労働条件が悪い
  4. 収入が少ない
  5. 社風に馴染めない

多くの転職者が、自分の市場価値に対する強い意識があるようです。

SNSで他のITエンジニアがどういう働き方をしているのか?を気軽に知ることができるような時代になったことが要因となっています。

そのため「自分ならもっとできるのではないか?」と、キャリアアップを目指す人が増えている傾向にあります。

20代のITエンジニアの6割がエージェントを利用している

レバテックキャリアに登録した人の年齢層グラフ

レバテックキャリアITエンジニア動向総まとめによると、2019年にレバテックキャリアへ登録したのは、20代が全体の約半数を占めていることがわかりました。

とくに、20~24歳の利用者が多く、第二新卒世代の転職活動が活発となっています。

以下は、筆者がおすすめしたいIT業界に強い転職エージェントです。

IT業界に強いエージェント

IT業界に強い転職エージェントを利用することで、IT業界のノウハウを理解しているキャリアアドバイザーが様々なアドバイスをくれます。

20代でフリーランスになるエンジニアが増えている

レバテックキャリアITエンジニア動向総まとめによると、レバテックフリーランスに登録する人は10〜20代が多く、フリーランスへチャレンジする人は20代に多く見られます。

30代以降になると、結婚・子育て・介護などのライフスタイルに変化が起きやすく、ローンが組みにくいなどフリーランス特有の問題があるので、20代のうちにフリーランスとして働こうと考える人が多いです。

とくにAIエンジニアとして数年実務経験を積んだ、高いスキルを持つ人がフリーランスにチャレンジするケースが多いです。

20代のITエンジニアが転職すべきタイミング

20代のITエンジニアが転職すべきタイミングですが、ITエンジニアと言っても以下2つのパターンがあるので、順に解説していきます。

SIer的な業務システム開発のITエンジニア

SIer的な業務システム開発のITエンジニアは、以下の経験を1人前にできるタイミングであれば転職を考えて良いと思います。

  • 上流工程の経験が丸3年ある
  • 複数のメンバーをマネジメントした経験がある

SIerは大企業が多いので、社歴や年功序列などで上が詰まっていて、自分のつきたいポジションが空いていないなら他社に転職しても良いかと思います。

要件定義や仕様設計などの上流工程は、出世や昇給のためにやらなければならないことなので、丸3年の経験があることが理想です。

プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーなど、複数メンバーをマネジメントした経験は、転職に有利となります。

SIerからの転職を考えている人は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事SIerから転職したい!おすすめの職種と企業の選び方を公開

インターネットやWeb業界のプログラマーとしてのエンジニア

インターネットやWeb業界のプログラマーとしてのエンジニアは、以下の経験があれば転職しやすいです。

  • プログラミング経験が3年ある
  • 1人で開発ができる

まず、前提として手を動かすプログラミング工程ができないと価値がなく、転職は難しいです。

プログラミング経験が3年ほどあり、1人で開発ができる状況であれば転職しやすいです。

プログラマーは市場価値が高く、需要がある割にできる人が少ない職種なので、転職をしたほうが良い条件でオファーをもらえたりします。

3年でスキルセットを積みながら、転職をして給与を上げていくというプログラマーは結構多いです。

企業にもよりますが、プログラマーは昇給しにくい職種で、昇給したとしても転職したほうが上がり幅が大きい可能性があります。

20代のITエンジニアが転職を成功させる3ステップ

転職をしたいITエンジニアに言える話ではありますが、以下の項目をすることで転職を成功させやすくなります。

GitHubに学習したソースコードをアップする

まずはGitHubのアカウントを作り、自分の実績や趣味で学習したソースコードをアップしておきましょう。

開発経験のあるITエンジニアはGitHubのIDがあることが当たり前で、履歴書・職務経歴書には、GitHubのアカウントIDを書いていることが結構あり、自分が趣味で書いているプログラミングのソースコードをアップしてアピールすることが常識になっています。

人気企業に転職したい場合は、GitHubのアカウントがないと転職が難しい場合もあります。

勉強会やセミナーに参加する

気になる勉強会やセミナーには、積極的に参加しましょう。

新しい技術をキャッチアップし、学んだことをGitHubに残しておくと良いです。

勉強会やセミナーに参加したことも、自ら進んで学習をしたアピールになります。

資格を取得する

資格に関しては、絶対に必要というわけではありませんが、学習習慣をアピールでき、評価につながるケースがあります。

ITエンジニアは自分の趣味を仕事にしている人が多く、プライベートの時間を自分の学習時間にしている人が当たり前にいる職種なので、自分で学んで資格を取得したということは学習した証となり、面接でアピールしやすいです。

ITエンジニアの面接では「〇〇をやってみたいとは思うけれど、まだやったことはないです」と言うとお見送りにされてしまう世界です。

「〇〇をやってみたうえで、実務をやりたい」と言ったほうが説得力があり、仕事に対して受け身ではないことをアピールすることが内定獲得に近づくのではないでしょうか。

20代のITエンジニアが転職を成功させたいなら

20代のITエンジニアが転職を成功させるなら、IT業界に強い転職エージェントを利用することをおすすめします

ITに特化している転職エージェントであれば、あなたの経験やスキルに合った求人を紹介してくれるので「転職してみたら自分のしたいことと違った」「自分の経験やスキルではついていけない」といったミスマッチを防げます。

また、多くの転職者をサポートしているので、IT業界での転職ノウハウもしっかりと指導してもらえます。

他にも、履歴書・職務経歴書の添削や希望する企業の採用担当者にあなたをプッシュしてくれたりと、様々な面でバックアップしてくれます。

とはいえ、たくさんある転職エージェントから1つ選ぶことは難しいので、まずは2〜3社選んで複数登録をしましょう。

複数登録した中から、自分に合う転職エージェントに絞り込む方法が、効率良く転職できます。

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

20代のITエンジニアが転職失敗する4つの要因

20代のITエンジニアが、残念ながら転職に失敗してしまったという要因で多いのが以下の4つです。

  • 傲慢でマナーが悪い
  • 目を合わせずにコミュニケーションを取る
  • 自分のやりたい技術ばかりをアピールする
  • 清潔感がない

ITエンジニアの面接で多いのが、傲慢でマナーが悪く、面接中に目を合わせられない人です。

「面接でマナーが悪い人なんているの?」と驚くかもしれませんが、筆者が面接をしてきた中での実体験で、とくに自分のスキルに自信のある人に多く見られます。

そういった人は「自分はこういった技術ができるからそれだけを徹底してやっていきたい」というアピールをしますが、仕事なので自分のやりたいことでなくてもできなければなりません。

自分のしたいことだけをアピールしすぎると、企業側からワガママで協調性がないと思われてしまい、お見送りになってしまうケースが多いです。

新しいことにチャレンジする気持ちは大切ですが、やりたいことだけをアピールすることはマイナスなので、しっかりと企業研究をし、開発現場の課題を事前に把握しておくべきです。

さらに、これまで働き方が自由だったせいなのか、服装など身だしなみがだらしなく、清潔感がない人も多く見られます。

面接では、身だしなみをしっかりと整え、面接官と目を合わせて謙虚な気持ちで受け答えをしましょう。

企業研究の仕方やIT業界での面接、身だしなみについては、以下の記事を参考にしてください。

関連記事【保存版】企業研究のやり方を転職のプロが分かりやすく解説!
関連記事【例文付】IT業界の志望動機を徹底解説!未経験や文系向けも紹介!
関連記事転職面接で迷う服装|男女別に印象が良くなる選び方などをご紹介!

ITエンジニアの転職に役立つ関連記事

ITエンジニアが転職する際に役立つ記事を以下にまとめましたので、参考にしてください。

関連記事ITエンジニアへの転職事情は?大事なのは自己PR&志望動機だった!
関連記事【2020年最新】今後のIT業界・市場はどうなっていくのか?
関連記事IT業界への転職に失敗しないコツ!職種別に年収なども解説!
関連記事未経験でIT業界に転職|高確率で内定獲得する方法【筆者実体験】
関連記事エンジニアのキャリアパスって?稼げるようになるコツもプロが解説!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント