20代がIT業界に転職するには?ベストなタイミングをプロが伝授!

IT エンジニア PC プログラマ

    20代でIT業界へ進みたい人に向けて、転職する方法や求められるスキルをご紹介していきます。

    また、成功するポイントや活動を進めていく上での注意点、IT業界に強い転職エージェントも合わせて解説します!

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

20代がIT業界に転職する場合の難易度

20代がIT業界に転職する難易度は、職種によって変わってきます。

まず前提として、IT業界だからこそ、という理由は特にありません。なぜなら、他の業界と同じく専門的な情報を知っているかどうか、という部分が関わるからなんです。

ただし、メガバンクや大手商社・メーカーなどと比較をするとIT業界はまだ新しい業界になります。そのため、中途採用を積極的におこなうなど人材の流動性が比較的に高く、採用枠は広めになっている傾向があります。

冒頭でもお伝えした通り、IT業界の転職の難易度は職種によって違います。そこで、経験者だけではなく未経験者の20代でもIT業界に転職できる方法を以下に2つ挙げてみました。

上記に挙げた2つについて、次で詳しくお話していきますね。

営業やマーケティング

IT業界の営業やマーケティングは20代で未経験の人でも、転職できる可能性が高いです。ただ、やはり業界未経験であっても職種の経験があると、なお転職できる可能性は高まりますね。

経験者の場合は、28歳〜29歳でも転職できる可能性が十分にあります。

営業職の場合、有形商材よりも無形商材のほうが専門知識が必要になるため、前職がエンジニアなど、IT業界での経験や知識がある人は優遇されます。ですが、20代は未経験でもコミュニケーション能力や人柄が重視される傾向が見られます。

一方、マーケティングは経験者採用が一般的ですが、例えば、マーケターを相手に営業するようなポジション、Web広告運用会社のアカウントプランナーとして携わり、その後事業会社のWebマーケティング職に転職するというような方法があります。

経験者の場合でも、IT業界とWeb業界のマーケティングが全くの別物であるという部分は注意しておくのが良いでしょう。

例えば、マイクロソフト社の広告・記事広告とデジタルマーケティングでは、必要なスキルが全く異なります。ミスマッチを防ぐためにも、職種によって求められる経験が違う、というのがポイントです。

以下の記事では未経験のIT業界への転職について、詳しく説明しています。興味のある人は読んでみてください。

関連記事未経験でIT業界に転職|高確率で内定獲得する方法

ITエンジニア

ITエンジニアの業界は、経験者を積極採用している市場となっています。経験者として採用されやすい基準は「プログラミング経験が3年ほどあり、1人で開発できる」ことです。

プログラマーは市場価値が高くなっており、需要があるにもかかわらず、できる人が少ない職種となっています。そのため、転職をしたほうが良い条件でオファーをもらえるケースもありますね。

未経験からエンジニアになりたい場合は、まずSESや特定派遣といった客先常駐型のエンジニアとして3年ほど経験を積むのがおすすめです。

では、実際に20代のITエンジニアがどのようにして転職をおこなっているのか、次で詳しく解説していきますね。

20代のITエンジニアの転職事情

20代のITエンジニアの転職事情について、以下3つの観点から解説していきます。

現在20代のITエンジニアで転職を考えている人は、同じ境遇の人がどういった事情で転職しているのかを、以下の解説で参考にしてみてください。

キャリアアップを理由に転職を考える

レバテックキャリアが2020年12月に発表した「ITエンジニア動向総まとめ」によると、ITエンジニアで多かった転職理由は以下の5つです。

ITエンジニアの転職理由

  1. キャリアアップ
  2. 仕事内容への不満
  3. 労働条件が悪い
  4. 収入が少ない
  5. 社風に馴染めない

1位は「キャリアアップ」で、多くの転職者が自分の市場価値に対する強い意識があるようです。

というのも、SNSで他のITエンジニアがどういう働き方をしているのか?を気軽に知ることができるような時代になったことが要因となっています。

そのため「自分ならもっとできるのではないか?」と、20代はとくにキャリアアップを目指す人が増えている傾向にあります。

20代でフリーランスになるエンジニアが増えている

レバテックキャリアITエンジニア動向総まとめによると、レバテックフリーランス登録者のうち、20代が全体の43%を占めていました。

また、フリーランス登録者数(フリーランス転向希望者を含む)は年々増加しており、2020年の登録者数は2016年の約3.4倍となっています。

30代以降になると、結婚・子育て・介護などのライフスタイルに変化が起きやすく、ローンが組みにくいなどフリーランス特有の問題があるので、20代のうちに個人で働こうと考える人が多いです。

とくにAIエンジニアとして数年実務経験を積んだ、高いスキルを持つ人がフリーランスにチャレンジするケースも多く見られます。

20代のITエンジニアの6割が転職エージェントを利用している

レバテックキャリアに登録した人の年齢層グラフ https://career.levtech.jp/guide/knowhow/article/574/

レバテックキャリアITエンジニア動向総まとめによると、2020年のレバテック登録者のうち、20代が全体の約半数を占めていることがわかりました。

特に25~29歳の利用者が多く、1社目で3年ほど経験を積んだ転職者の動きが活発となっています。

以下は、筆者がおすすめしたいITエンジニアの転職に特化したエージェントです。

ITエンジニアの転職に強いエージェント

  • レバテックキャリア
    ITエンジニア経験者向けのハイクラスIT求人が多数!キャリアUPを狙うエンジニア定番のエージェント
  • マイナビIT AGENT
    マイナビのコネクションを生かした、人気企業求人や社内SEなどの求人が多数

IT業界に強い転職エージェントを利用することで、IT業界のノウハウを理解しているキャリアアドバイザーが様々なアドバイスをくれます。

20代におすすめの転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もチェックしてみてください。

関連記事20代向けにおすすめ転職エージェント・転職サイトを厳選紹介!

20代がIT業界への転職で求められるスキル

20代がIT業界へ転職する際に求められるスキルを把握しておくことで、事前にきちんと準備することができますよね。

そこで、20代がIT業界へ転職する際に求められるスキルを以下にまとめてみました。

上記に挙げた4つについて、次でそれぞれ詳しくお伝えしていきたいと思います。

スピード感

1つ目はスピード感です。というのも、IT業界の特徴としてWebサービスや商品・技術の移り変わりが激しいことが挙げられます。

IT業界では、常に新しいサービスをはじめ、知識や技術などが出てきます。こうした進化により、これまで習得してきた知識や技術・経験が古くなってしまうんですね。

商品などの寿命は早くても2年〜3年で変わってしまいます。たとえ、どんなに技術が良くても、または悪くても変わっていきます。そのスピードに追いつけるように、スピード感が求められがちなんです。

自走力

IT業界では常に自己判断が求められ、いかに自分で考えて行動できるのかという点が重要なポイントとなります。なぜなら、IT業界は即戦力を求める傾向が強く見られるからです。

自走するというのは、すべてのことを自分1人でマネジメントできるという意味ではないんです。自分が成長していくためには、どんなことから行動を起こすべきなのか、この点をきちんと理解できていることを指します。

Webサービスや商品、知識や技術の移り変わりが早いです。だからこそ、他人からの指示を待つという受け身の姿勢ではなく、自ら先読みして行動することが求められますね。

自ら情報・トレンドをキャッチアップ

IT業界は知識や技術などが常に変わりゆく業界のため、自主学習していくことが求められます。

経験者の場合は繰り返し学習していくというよりも、これまでの経験にプラスして、常に新たな技術を習得して理解を深めていく必要があります。

一方、業界未経験者でも自ら学ぶ姿勢は求められますね。そのため、すでに自己学習をしている、もしくは資格取得をしたなど、前向きかつ主体的な姿勢を見せるようにしましょう。

中には「入社してから勉強します!」という人も見受けられますが、それでは足りません。なぜなら、日進月歩で技術が伸びてトレンドの移り変わりも激しい業界だからです。

自ら進んでどんどん学んでいける人ではない場合、IT業界のスピードについていけなくなってしまいます。それが原因で業務にも支障をきたしてしまうので、IT業界への転職は厳しくなると言えますね。

変化に対応し続けられる

IT業界は変化が激しい業界なので、その変化に対応し続けられることが求められますね。会社の方針や戦略、それに紐付く自分の仕事内容が変化していくことに適応できるかどうか、という部分も重要なポイントになります。

例えば、Web業界の場合は常に変革が求められるので革新的な技術力が必要になります。また、ソフトウェア・ハードウェア業界なら、他のIT業界と比べて変化や対応が求められる傾向が見られますね。

さらに、新しい技術やツールも数多く出てくるので、常に欠かさずキャッチアップしていき、結果を出し続けることも大切です。

なので、面接の際には環境の変化を前向きに捉えた上で楽しめることをしっかりとアピールできれば、面接官に納得感を与えられる可能性があります。

20代がIT業界への転職で成功するポイント

20代がIT業界への転職を成功させるポイントがあれば、先に把握しておきたいですよね。

そのポイントを以下に挙げてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

職種選び

1つ目のポイントは職種選びです。まず前提として、20代で転職失敗してしまう理由は、新卒就活と同じイメージで転職活動をしてしまうからなんです。

というのも、新卒と中途では求人企業の採用目線が違います。とくに初めて転職する第二新卒は、就活のイメージで活動してしまい失敗してしまうケースが多く見られます。

だからこそ、職種選びという部分が大事なポイントの1つだと言えます。ミスマッチなく採用率を上げるためには、経験職種を選ぶのが良いでしょう。とくに営業であればIT業界が未経験でも、転職できる可能性は高いです。

20代の場合は、キャリアアップを見据えて未経験職種へのチャレンジもアリですね。ただし、難易度が上がるため、その後のキャリアアップをしっかりと見据えた上で、転職活動を進める必要があります。

関連記事IT業界への転職に失敗しないコツ!職種別に年収なども解説!

企業選び

2つ目のポイントは企業選びです。自分に適した企業選びをするためには、企業研究や業界研究がとても大事なんです。

IT業界と一言でいっても、大規模システムを扱っている企業やAVIT機器を扱っている企業もあれば、Webシステムやパッケージシステム・SaaSを扱っている企業など様々ですよね。

だからこそ、IT業界と大きく捉えすぎずにIT業界の中で何を商材として扱っているのか、どんな能力が求められているのかという点を軸に考えてみましょう。また、合わせてどんなスキルが身につくのか、という部分も踏まえた上で企業選びすることをおすすめします。

そのために大事なのが企業研究なんです。しっかりと企業研究をおこなえば、自分にどんな企業や職種が適しているのか選択しやすくなります。

選択しやすくなるだけではなく、ミスマッチを避けることにもつながりますし、意思決定フェーズや面接対策のためにも役立ちますよ。

詳しい企業研究・業界研究について知りたい人は、こちらに記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事【保存版】企業研究のやり方を転職のプロが分かりやすく解説!

面接対策

3つ目のポイントは面接対策です。面接では、熱量やポテンシャルがあることを示すのが良いです。具体的には「将来的に活躍できそうなのか」「技術などを早くキャッチアップできそうなのか」といった点ですね。

また、興味や関心を持っていることをきちんと示すことも大切なポイントです。ただし、事実ベースで示せるかどうかが非常に重要な部分になりますね。

例えば、最新のアプリを積極的に使ったことがある、または最新の知識や技術をキャッチアップして実際に試しで使っているなどが挙げられます。

他にも、ITを今後どのように活用していくのか、こんな可能性もあるのではないか、といったことを語れるようにしておく必要がありますね。

転職エージェント 末永

在職中で時間がない中1人で転職活動するのは大変ですよね。

転職エージェントならキャリアを考えた職種選び、ミスマッチを防ぐ企業選び、内定可能性を上げる面接対策、の3点を一緒に相談できます。

初めての転職活動で不安な人は、無料で相談できる転職エージェントに相談してみると良いですよ。

大手の転職エージェント

20代でIT業界の転職を進める上での注意点

20代でIT業界への転職を進める上で注意したいのは「新卒と同じ感覚で転職活動をおこなわない」ことです。理由は先ほども伝えましたが、新卒と中途では求人企業の採用目線が違うことが挙げられます。

もう1つ、面接時に「伸びている業界だから」と伝えてしまう人も多いですが、これもNGですね。

なぜなら、IT業界にいる人からすると主体性がない回答だと捉えられてしまうからなんです。むしろ、情報をキャッチアップしたり、専門性を高めたりしないと生き残れないのがIT業界です。

ですので、上記のようなスタンスもしっかり固めていかなければ、面接で落ちてしまいますし、採用されたとしても長続きさせるのは厳しいでしょう。

IT業界に強い転職エージェント【職種別】

20代でIT業界へ転職しようと検討している人は、1人で進めていくよりも転職エージェントを利用して進めていくのが効果的だと言えます。

そこで職種別におすすめの転職エージェントをご紹介していきたいと思います。

次で上記2つについて、詳しくお伝えしていきます。

営業・マーケ系に強い転職エージェント

IT業界の中でも営業・マーケティング系への転職を検討している人は、リクルートエージェントdodaマイナビエージェントの大手3社を利用するのがおすすめです。

大手3社は全業界・職種の求人を網羅しており、非公開求人も多数保有しているため、転職サイトや求人サイトでは出会えない求人を見つけられます。

幅広い選択肢の中から自分に適した求人を探せますし、不安な人はキャリアアドバイザーに相談しながら進めることもできますよ。

履歴書・職務経歴書の作成から面接対策まで、しっかりとサポートしてもらえるため、初めての転職でも安心感があります。さらに、営業・マーケティング領域に詳しく、転職ノウハウを持つキャリアアドバイザーも多数在籍しています。

以下にご紹介しておきますので、ぜひ比較・検討した上で活用してみてくださいね。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

エンジニア系に強い転職エージェント

エンジニア系への転職を考えている人は、経験者なのか未経験者なのかによって、活用をおすすめする転職エージェントが異なります。

そこで、今回は経験者・未経験者の2つに分けて、IT系に強みを持つおすすめの転職エージェントをご紹介していきたいと思います。

経験者におすすめの転職エージェント

まず、経験者の場合はレバテックキャリアがおすすめですね。レバテックキャリアには、技術と市場を知り尽くしたキャリアアドバイザーが在籍しており、あなたの希望条件を把握した上でキャリアの選択肢を提供してくれます。

それだけではなく、希望する企業に合わせて履歴書・職務経歴書の添削や面接対策も徹底的におこなってもらえます。業界の知識を豊富に持つキャリアアドバイザーが在籍しているので、1人では得られない情報も得ることができます。

また、転職活動中に不安な点や疑問点などがあれば、いつでもLINEで相談できるシステムもあるので安心感がありますよ。

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリア
に相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENT
に相談する

未経験者におすすめの転職エージェント

続いて未経験者の場合ですが、リクルートエージェントdodaマイナビエージェントの大手3社を活用する方法があります。もう1つの方法としては、プログラミングスクールで学んだのち、転職先まで紹介してもらうという方法ですね。

筆者がおすすめしたいのは、まず大手3社の転職エージェントのどこかに登録をして、未経験からエンジニアになりたいと相談することです。労働条件やキャリアパスについて尋ねてみましょう。

また、プログラミングスクールの無料相談でエンジニアになりたい旨を相談してみるのもアリですね。スクール後は転職活動をどう進めていくのか、キャリアパスをどう描いていくべきなのかという点についても確認しておくと良いですよ。

求人情報や条件を確認しながらプログラミングスクールに通うのか、それともすぐに未経験の求人に応募をするのか決めましょう。

以下におすすめのプログラミングスクールをいくつかまとめてみたので、ぜひ比較・検討しながら利用するか決めてみてくださいね。

おすすめのプログラミングスクール

スクール受講後の就職率は98%を誇り、エンジニア未経験からの就職・転職にオススメのプログラミングスクール。
独学で挫折してしまう人が多い中、受講者の96%がカリキュラムを完了し、卒業できている。

ポイント

  1. 独学で挫折する人が多い中、TECH CAMPの修了率は96%
  2. カリキュラムの修了後の就職率は98%という安心感

こんな人がおすすめ!

  • プログラミングを1から教えて欲しい人
  • 未経験からエンジニアとして就職したい人
  • プログラミング学習から就職活動まで一貫してサポートして欲しい人

TECH CAMP
に相談する

オンライン×オリジナルカリキュラムで学べる超実践型プログラミングスクール

ポイント

  1. プロのエンジニアが専属でマンツーマン指導
  2. だから挫折率せずに学べる!
  3. 転職サポートコースもアリ!転職成功率94%

こんな人がおすすめ!

  • 過去に独学で挫折経験がある人
  • 経済的負担をできるだけ抑えたい人
  • 転職を前提に学習をしたい人

侍エンジニア
に相談する

20代の若手の就職サポートをするUZUZが運営する、ITスクール。
インフラエンジニアの資格取得を目指した、未経験向けコース。

ポイント

  1. YouTubeで高評価率90%の、わかりやすさにこだわった学習コンテンツ
  2. 完全個別指導で、個人に合わせたカリキュラム設計
  3. 就職サポートも無料!ブラック企業を排除した求人のご紹介で、入社後の定着率97%

こんな人がおすすめ!

  • 未経験からエンジニアを目指したい20代
  • オンラインでプログラミングを学びたい人
  • 一度独学で挫折してしまった経験のある人

UZUZカレッジ
に相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント