【必見】組み込み系・制御系エンジニアの転職事情!成功するコツって?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

エンジニアの中でも、家電や自動車、産業機械など、あらゆる機器へ搭載するシステムを開発する、組み込み系・制御系のエンジニア。
専門性の高いスキルはもちろん、システムを搭載する機器の知識も求められる組み込み系・制御系エンジニアの求人は増加傾向にあり、転職しやすいという状況だということができます。

今回は、「組み込み系・制御系エンジニアの転職市場での需要」や「組み込み系・制御系エンジニアへの未経験での転職」について書いていきます。

はじめに、組み込み系・制御系エンジニアへの転職を考えている方へ

この記事を読んでいる方は、おそらく現時点で転職について悩んでいる方なのではないでしょうか。

その中でも、明確に、「自分は組み込み系・制御系エンジニアを目指したい!」と考えている人から、漠然と「転職したいかも・・」と考えがまとまっていない人まで、様々だと思います。

ですが、「自分が希望する働き方ができるのって、どこなんだろう?」といったことを自分自身で正確に目利きするのは難しいものですよね。

また、自分のしてきた仕事が組み込み系・制御系エンジニアへの転職でどのように活かせるのか、ということは、いまいちピンとこないものなのではないでしょうか。

そういった場合には、一度転職エージェントに相談してみるのも1つの手です。

転職に対して不安のある方はもちろん、ある程度見通しが立っている方も、その見通しが適切かどうか、というのをエージェントに判断してもらうと良いでしょう。

転職エージェントを活用するメリット

転職エージェントは、日々多くの転職者や求人企業と接点を持っている「転職のプロ」です。

転職エージェントを活用する事で、実際にどのような人が組み込み系・制御系エンジニアに転職できるのかや、業界特性や社風・会社の内情なども教えてもらえます

「こんなはずじゃなかったのに・・・」というミスマッチのリスクを軽減させることができますし、上手く活用すれば、転職活動の成功率を劇的に上げることも可能です

また、書類選考だけではなく、面接対策や面接日程の調整、年収交渉など、転職活動における様々なサポートを無料で受けられるという点でも、登録しておいて損はないでしょう。

とはいえ、ャリアアドバイザーによって経験やスキルに差があるのも事実です。担当のアドバイザー次第で転職の方向性や質が変わることはしょっちゅうなのです。そのため、合わないエージェントが担当になった場合、自分の思うように転職活動が進まない場合があります。

そのため、定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

組み込み系・制御系エンジニア転職市場(求人の増減・需要のある業界)

組み込み系・制御系エンジニアの中途採用ニーズはリーマンショック以降増加傾向にあります。景気が上昇し、円安傾向になると、元々技術力の高い日本製品のニーズはあがってきます。

特に、今自動運転化など変革の真っただ中である自動車業界の採用熱は上がっています。また、自動車メーカー以外にも、自動車部品やその生産に必要な産業機械・電子部品を作る企業でもその需要は需要が高いです。他には複合機メーカーや重工業系メーカー、医療・分析機器メーカーでも採用枠が増えており、組み込み系・制御系エンジニアにとっては空前の売り手市場といっても過言ではありません。

では、そもそも自動車業界で組み込み系・制御系エンジニアの採用ニーズが高いのでしょうか。その理由としては(上述の通り、景気上昇に伴う円安を背景とした)日本のハイブリッド自動車やブレーキシステム搭載車の生産拡大が挙げられます。電気で動く自動車には電気部品を制御するCPUやシステムが必要となり、これらの開発を担う組み込み系・制御系エンジニアの需要が高まっています。

このように、自動車業界は成長の一途をたどっています。そのような状況なので、自動車周辺機器などに関してもその恩恵を受けており、カーナビメーカーでの採用ニーズも高まっています。

組み込み系・制御系エンジニアに未経験で転職するのは可能?

組み込み系・制御系エンジニアへの未経験からの転職は一定の素養があれば可能です。

というのも組み込み系・制御系エンジニアは人材不足が叫ばれているIT業界の中でも特に人材不足が深刻となっています。そのため、近年では中途採用市場においても企業のターゲット層は拡大しており、「C言語が使える」「電子系の学部出身」であれば、業務経験がなくとも採用に至るケースが増えています。

また、「C言語が使える」という条件から、業務系エンジニアから組み込み系・制御系エンジニアへの転職も増えています。ただし、C言語が読めるだけでは十分ではなく、「C言語でプログラムを書ける」「問題点の発見・修正ができる」というようにC言語を使いこなせるという技能が必要となります。
なぜなら、業務系のシステムとは違い、組み込み系のシステムは後から修正することができないからです。
組み込み系エンジニアが関わる製品は品質基準が厳しく、時にはトラブルがユーザーの命に関わることもあるため、採用現場でも「技術を持っているかどうか」が重視されます。

全くの素人という形の未経験採用というのは難しいですが、IT業界でC言語を使っているなどの経験者は、能力に応じて採用の可能性というのは十分にあります。

未経験から組み込み系・制御系エンジニアへの転職を成功させるコツ

上述のように組み込みエンジニアの転職市場は「技術を持っているかどうか」が重視されます。

そのため、採用ターゲットが拡大したといっても、採用間口が他の職種に比べて狭いのは間違いのない事実です。
しかし、下記3つのポイントを意識して転職活動を進めれば、未経験でも組み込み系・制御系エンジニアに転職できる可能性があります。

①若いほど採用されやすい!

組み込み系エンジニアは他の技術職と比べても、若手人材に対するニーズが強いです。

事実若いほど柔軟に知識・技術を吸収できるからという理由で未経験でも応募可能な求人も多くあります。
そのため、
組み込み系エンジニアの募集においては「30歳まで」といった年齢制限が設定されていることも少なくありません。

また、現場で活躍している組み込み系エンジニアは40・50代が多いです。

その分次の世代を担う若手は少なく、理系離れが叫ばれている今日においては若手のニーズは非常に強いです。そのため、職人的なスキルを伝える上で、特定のやりかたに縛られていなくて、吸収力の高い若い人材が求められているのです。

②コミュニケーション能力もアピールしよう!

組み込み系・制御系エンジニアはシステムを組み込むハードウェアとの調整が不可欠です。ハードの技術者ともやりとりをしなければならないため、採用現場ではコミュニケーションスキルを持っているかどうかも重視されています。理系人材が強いと上述で申し上げたものの、文系SE出身者の採用も行われており、文系エンジニアが最もアピールしやすいポイントともいえます。

③未経験の場合は知識・資格のアピールが重要!

業務経験がなくても、意欲が高い証拠として開発現場で必要な知識を自分で勉強しているというアピールしましょう。では、どんな能力がアピールできるのかというとは以下のような技能が挙げられます。

・開発言語

C言語の他、C#C++、アセンブリの知識があると良いでしょう。

・OS

組み込み系ソフトウェアの開発では「TRON」というOSがよく使われます。
TRON」の使い方を知っておくとよいでしょう。
TRON」は、大型コンピューターからマイクロコンピューターまで統一的に研究・開発できるという点で、開発現場で利用されています。

機械制御用に用いられる「ITRON」という使用についても知っておくとなお良いでしょう。
また、募集によっては
Linuxでの開発に関する知識・経験が評価されることもありますので応募要項については確認しておきましょう。

・ハードに関する知識

組み込み系ソフトウェアの開発では搭載するハードウェアとの調整が不可欠です。

そのため、搭載する機器についても勉強しておきましょう。
様々な機器に使用される半導体チップ周辺の知識があると良いです。

実際に知識をつけるために ETEC(Embedded Technology Engineer Certification:組込みソフトウェア技術者試験)という、組み込みエンジニア向けの試験を受けてみるのも良いでしょう。

④ 中小企業が狙い目!

採用ニーズが高まっているとはいっても知名度のある大手企業は応募者の人数が多くなります。また、人材もある程度はそろっているため採用ハードルは依然として高くなります。そのため、人材確保に苦労している中小企業の方が採用されやすい傾向にあります。

⑤ 検証工程(テスター)の募集が狙い目!

検証工程と呼ばれるようなシステムの動作を確認するような業務はスキル要件が低い傾向にあります。そのため未経験でも採用され易いです。テスターの求人を狙ってみるというのも良いでしょう。

組み込み系・制御系エンジニアの転職には転職エージェントを使おう!

結論から申しますと、組み込み系・制御系エンジニアの転職には転職エージェントを複数利用することが必須です。

組み込み系・制御系エンジニアというのは、採用市場では非常に高く評価されます。

近年は就業人口が少なくなっている一方、自動車産業を中心に企業側のニーズは高まっているため、転職しやすくなっています。経験やスキルがあれば海外企業に転職して、高い年収を実現することも可能です。

しかし、組み込み系・制御系エンジニアの転職市場では、これまでにどのような技術に関わってきたのか、つまり、経験が非常に重要視されます。
自分が関わってきた技術と相性がよければ、他業種への転職も可能ですが、「入りたい企業がどのような技術・経験を求めているのか」はなかなか自分ではわかりません。

ですから、記事の序盤の繰り返しにはなりますが、組み込み系・制御系エンジニアへの転職では転職エージェントへ相談することが非常に有効です。

業界に精通した転職エージェントへ相談すれば、
「自分の技術を欲するのはどのような企業なのか」
「自分が転職したとして、給与相場はどのくらいなのか」
「企業が自分のやりたい業務を任せてくれるかどうか」を事前に知ることができますから、転職をスムーズに進めることができます。

未経験からの転職でも、プログラミングスキルやコミュニケーションスキルが重視される業界ですから、企業に評価されるにはそれらの力を効果的にアピールする必要があり、入念な選考対策が必要です。

また、ここに重大な落とし穴があるのですが、転職がスムーズに行えるのは、「優秀な」エージェントが担当してくれた場合なのです。

エージェントごとに能力や経験の差は大きく、どんなエージェントに当たるかで、転職の進み具合や結果が変わってきてしまいます。

そこで、これから転職をしようと考えている方は、ぜひ転職エージェントに複数登録し、優秀なエージェントに巡り会う確率を高めてください。

具体的な内訳としましては、定番の大手エージェントの中から2社、特化型のエージェントを1社の、合計3社ほどに登録し、

実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05