2019.08.13

Webエンジニアの将来性って?押さえておきたい5つのポイント!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

今回、この記事ではWebエンジニアの将来性について紹介させていただきます。

転職エージェントの仕事をしていると、「将来性のある仕事をしたい」というお声を頂くことがあります。
将来性の有無を判断するのはとても難しいことですが、仕事を選ぶ時には気になるもの。

それは、総合職でもエンジニアでも変わりませんよね。

実はこの記事を執筆するにあたって弊社のCTO(技術責任者)である與那覇(Webエンジニア)と真剣に向き合いヒアリングしました。

実際、「Webエンジニアの視点で見ると将来性はあるのか」と実際に問いたところ「学習し続ければWebエンジニアは将来性がめちゃくちゃある。」とのことでした。

私・末永としても、Webエンジニアの需要が高いIT業界の市場規模の上昇、さらにはフリーランスなどの多様な働き方も増えてきた側面から、Webエンジニアの将来性はかなり高いと解釈しておりました。

Webエンジニアの将来性が高いという認識は私と與那覇で全く一緒だったわけです。

この記事は、以下のような悩みをお持ちの方に向けて執筆しました。

  • 現在SIer(SE)職に就いており、Webエンジニアの将来性が気になる方やWebエンジニアへの転職を考えている方
  • 現在Webエンジニア職に就いており、Webエンジニアの将来性に不安や期待がある人
  • 現在Webエンジニア職に就いており、言語別でWebエンジニアの将来性が知りたい方
  • Webエンジニアとしての将来性に可能性を感じ、未経験でのWebエンジニア転職を考えている方

超大作になっていますが、ぜひ最後までお付き合いいただけますと幸いです。

Webエンジニアの将来性は圧倒的に高い

さて、この記事をご覧頂いている方は「Webエンジニアって将来性あるの?」という共通課題を持っていると思います。

結論から言うとWebエンジニアはかなり将来性のある仕事だと言えます。

理由としては以下2点です。

IT業界の市場自体が伸びているのでWebエンジニアの需要が高い

世界で儲かっているTOP10の企業のうち7社がWeb・IT関連企業

「そんなこと言われても具体的な根拠が無いと納得できないよ。」という声が聞こえてきそうなので、説明を差し上げます。

IT業界は11年以上市場規模が右肩上がり

※業界動向より引用(https://gyokai-search.com/3-jyoho.htm)

上記の資料をご覧頂ければわかる通り、IT業界の市場規模は11年間右肩上がりです。

さらに平成27年から平成28年にかけてのIT業界市場規模も5.6%上昇しており、合計の国内市場規模は約6兆4000億円以上にものぼります。

実際に6兆4000億円と言われてもあまりピンとこないとこないと思いますが、相当大きい市場であることは間違いないです。

例えば、あなたが今着ている衣服の市場規模は5兆4000億円です。

日本に住む全ての人にとって必要不可欠な衣服よりも、IT業界の市場規模が大きいと考えると異常な市場規模ですよね。

世界で最も儲かっているのはWeb・IT関連企業

※statistaより引用(https://www.statista.com/statistics/263264/top-companies-in-the-world-by-market-value/)

上記を見てもらえればわかる通り、世界で最も儲かっている上位6社がWeb・IT関連の企業です。

これは何も10数年前からこの並びだったわけではありません。Alphabet(Googleの親会社)は創業して間もないですしね。

Facebookやアリババなんかも2000年代に創業された会社です。

現在、日本国内で最も儲かっているのは自動車産業ですが、世界の動向を見ると今後10年でWeb・IT企業が儲かっている会社群に軒並み顔を揃えるのは間違い無いだろうと私は考えています。

Webエンジニアとして将来性の高い言語はスマホアプリ開発言語だ

Webエンジニアとして現在市場価値が高いものの一つはスマートフォンアプリに対応できるエンジニアでしょう。

Java言語を使ったAndroid上で動作するアプリや、Objective-CやSwiftを使ったiPhoneなどのiOS上で動くアプリの開発ができるエンジニアです。

これは、まだまだ開発できる人数が少ないことに対して、世の中のサービスの流れとしてニーズが高まっているためです。

このことからもわかる通り、エンジニアの市場価値は「世の中のニーズ」と「希少性」から創り出されます。

ですから、大切なのは、今ご自身が保有している技術だけでなく、それに更に追加で新しい技術をしっかりと習得していくということです。

最近では、FinTechやドローン、IoT、Bot、AI、3Dプリンター、VR、機械学習、ディープラーニングなどが注目されています。

その結果、エンジニアが社会に与える存在感は強くなっており、今後も強まると見込まれます。

となると、必要となるのは、単体の技術力だけでなく、既存の技術同士を組み合わせ、新しい技術やサービスを考え提案する力となります。

ですから、常に世の中の流れや課題などを感じ取りながら、自分ならどう解決するのか?どんなものがあれば便利なのか?等を考える癖をつけると良いでしょう。

また、エンジニアの方の中には、プレゼンテーションが苦手な方も多く見受けられます。

「人前で話すのはちょっと…」「沢山の人に自分の考えを説明するのが苦手」等のコメントを伺うことも多々あります。

ですが、今後Webエンジニアとして市場価値を上げるのであれば、自分の考えやアイディアを周囲の人に説明し説得するスキルもとても大切になります。

これらのコミュニケーションスキルを高めていくのも効果的でしょう。

将来性の高いWebエンジニアへ転職するには?

それでは、より具体的にWebエンジニアに転職するにはどうすればいいのか、下記でお伝えしますね。

Webエンジニアとして言語を変える転職をするには?

Webエンジニアとして言語を変えるための転職ですが、結論から言うと可能です。

「え?Webサイトしか構築したことないのに、スマホアプリの開発がしたいからって転職できるの?」と思われるかもしれませんが、十分に可能です。

というのも、Webエンジニアとして言語を変えるために転職することはそこまで難しいことではありません。さらにこの条件の場合には十分に年収を上げるためのキャリアアップも可能です。

しかしながら、言語を変えるための転職求人がそこまで多くないという課題があることは事実です。

なので、もうすでにリファラルやコネクションがある場合には自分で企業へエントリーするのが良いでしょう。

末永

そこで、まだリファラルやコネクションなどの求人のあてがない人はマイナビITレバテックのような転職エージェントに相談することをおすすめします。

なぜならば、マイナビITレバテックキャリアはIT/Web業界のエンジニアに特化したエージェントで、専門性の高さにおいてはエージェント界隈ではトップレベルと言えます。

エンジニアは書類選考時に、ソースコード(GitHub等)、デザイナーならポートフォリオや手がけてきたプロダクトを提出すれば、履歴書・職務経歴書の提出は不要になることが多いです。

転職エージェントを利用すれば、企業に精通したエージェントがソースコードレビューを行うので、転職の成功確率をあげることができますよ。

SE(SIer)からWebエンジニアに転職はできるの?

SE(SIre)からWebエンジニアへ転職できるのかということですが、結論から言うと出来ます

しかしながら、以下の条件の2つのどちらかを満たしていることが非常に重要となるので、必ず目を通してください。

  1. SE(SIer)としてコードを書いていること
  2. コードを書いていなかった場合には、初心者のような気持ちでコードと向き合う覚悟を持つこと
具体的には『SIer(SE)からWebエンジニアにはジョブチェンジできる?』という同記事で紹介しております。

末永

転職エージェントを活用することも1つの手です。

「Webエンジニアの転職だったら何が聞かれても大丈夫だと思う。」という自信の持ち主は自分で企業へエントリーするのが良いでしょう。

しかし、シンプルに「Webエンジニアの転職面接って何が聞かれるの?どう対策すればいいの?」と思われる方は マイナビITレバテックキャリア などの転職エージェントを利用することをオススメします。

そして、応募書が殺到する企業では、スキルはあって当然なので、プラスα(人柄、マインドセット、仕事観)を求められます。

なので、エンジニアであっても面接対策が非常に重要になってきます。

転職エージェントは企業に受かるための面接対策を行いますので面接対策を繰り返すことによって、企業の求めている人物像が分かり、選考通過率をあげることができるでしょう。

未経験からWebエンジニアに転職できる?

末永

結論から言うと未経験からWebエンジニアへの転職は可能です。

しかしながら、20代前半であることや求人企業がかなり限られてしまいます。

そこで、私としてはTechCampでエンジニアリングの勉強をすることをおすすめします。

TechCampであれば、エンジニアリング学習の受講後に就職・転職先を紹介してくれます。

TechCamp

Webエンジニアってどんな職種?

さて、先ほどまではWebエンジニアの将来性について執筆させて頂いておりましたが、このトピックからは具体的なWebエンジニアの職種や仕事内容なんかを確認していきましょう。

WebエンジニアとはWebサイトやモバイルサイトで使用するWebアプリケーションを開発する職種です。

Webのアプリケーションは、PHP、Java、Perl、Ruby等の開発言語を用いて開発されることが多く、これらいずれかの言語による開発経験が求められます。

webエンジニアの仕事内容は?

webエンジニアの仕事内容は、Webサイト構築に特化したプログラミングが中心です。

開発に使う言語は先に述べた通りですが、言語に適した統合開発環境(IDE)や、フレームワークを利用します。

ツールやフレームワークを使いこなすことで、プログラミングを生産的に行い、不具合と呼ばれるバグを排出しないよう効率的にデバッグを行います。

このため、開発言語だけではなく、開発環境の構築や整備、フレームワークの利用経験などについても求められることがあります。

Webエンジニアは、簡単なお問い合わせフォームを作ることもありますが、ショッピングサイトのカートシステムのように複雑なトランザクション処理を伴うものを作る事もあります。

この様なトランザクションを、意識して入力データを保持したり、照会するようなシステムの場合、通常はデータベースを使用します。このため、各種データベースの特性や、データベースを操作する際に用いるSQL言語の習得も必須になります。

データベースが絡むようなシステムや、他のアプリケーションと連携を取って動くシステム構築となる場合は、システムエンジニアが設計した仕様書に沿って、Webシステムの開発を行います。

最近は一般的なWebサイトでもAPIなどを通じてシステム連動している場合が多いため、Webエンジニアとしての経験が豊富な場合は、システムエンジニアが担当するような設計や全体管理を行う場合もあります。

SIer(SE)からWebエンジニアにはジョブチェンジできる?

WebではないSE(業務システムを作っているエンジニア等)からのジョブチェンジはスムーズにできるのでしょうか?

広義で捉えるとどちらもITエンジニアで且つアプリエンジニアと言えます。ですからキャリアチェンジもしやすいという印象を持つ方もおられる様です。

しかし実際には難易度は高く、かなりの覚悟と自己啓発に力を注いで頂く必要があると言えます。

その理由をご説明します。

まずは、SEと言われる一般的な業務システム、特に大規模業務システム開発に携わっているエンジニアの方の中には、コーディングをあまり行わない・重視されない方が多いということです。

大規模システム開発の場合、少人数での開発が難しいため、プロジェクト自体も大人数となり分業されます。

その為プログラミングスキルよりも設計力や調整力等を磨く方が多くなっており、コーディングスキルがWebエンジニアに比べて不足しやすい傾向になりがちです。

次に、OS環境や開発言語が異なるということです。

SEの現場では、OS環境としてWindowsを採用することが多いのに対し、Webエンジニアの現場では多くの場合Linuxを採用しています。

さらに、メインで使う開発言語が異なります。

上記でも述べたように、Webエンジニアにおいては、PHP、Java、Perl、Ruby等の開発言語を用いる場合が多いです。

CやJavaなどの開発言語を触った経験がある方は比較的上記のような言語への移行もしやすい一方で、.NETやCOBOLといった言語の経験しかない場合は、言語でつまずくというのも、よくあるケースです。

Webエンジニアのニーズは?

先ほども似たようなことは記述しましたが、Webエンジニアのニーズは高いと言えます。

FacebookやTwitterなどのSNSや、amazon、楽天などのECサービス、銀行のオンラインバンクなど、Webサービスは多種多様で、どんどんサービスが増加しています

Webサービス会社の台頭だけでなく、各事業会社もWebサービスの展開・参入に力を入れています

特にスマートフォンの劇的な普及もあり、これらのニーズは今後も高まり続けると言えます。

その中でしっかりとノウハウを保有しているWebエンジニアはまだまだ少なく、今後もニーズは高まり続けると言えます。

将来性の高いWebエンジニアへ転職する

繰り返しにはなりますが結論から言いますと、「Webエンジニアの転職面接って何が聞かれるの?どう対策すればいいの?」と思われる方は転職エージェントを利用しましょう。

キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

未経験でWebエンジニアへ転職って可能・・?

この記事を読んでいる読者の方の中には、Webエンジニアの実務経験をお持ちでなく未経験者の方もいらっしゃるかと思います。

「Webエンジニア未経験でもWebエンジニアへの転職って可能なの?」と思われている方も多いかと思いますが、結論から言うと可能です。

Webエンジニア未経験から転職するためには2つの方法がありますのでご紹介します。

エンジニア未経験者は受託開発系、顧客常駐型の開発職種の求人が狙い目

全くエンジニア経験がない人が未経験でエンジニアにチャレンジ・転職する事は非常に難易度が高いのが正直なところです。

ただ未経験も積極的に採用している企業・求人も少なからず存在はしています。

それは、エンジニアの社員数が増える事が、そのまま売上や利益の増加に繋がる業態・ビジネスモデルの会社です。

具体的には、受託開発事業やエンジニアを派遣する事業を行っている会社等です。

受託開発会社やエンジニアを派遣するような顧客常駐型の企業は、自社でエンジニアを雇用し育成する事でエンジニア社員数が増えていけばいく程、受託できる案件数が伸び、売上・利益が伸びていくという構造になっているのです。

ですので、一定経験が乏しくても、自社で育成してでも採用するインセンティブが企業側に働きやすいのです。

なぜならば、社員が増えれば、比例して売上が伸びるのですし、それが彼らの本業なのです。

ですので、最初はそういった求人を狙う事が未経験でエンジニアに転職する上で現実的な選択なのです。

エンジニア・プログラミング講座を習得しておくのもオススメ

また、最近増えているプログラミング教室に通うというのも一つです。

正直これだけで実務経験やスキルとして認められる事はありません。

しかしながら、Webエンジニアとしてのスキルを体得した場合には、転職先を紹介して貰えるというメリットもあります。

もし「未経験だけどWebエンジニアにトライしてみよう!」と思われた方がいましたら、ぜひエンジニア養成スクールのTECH::EXPERTに相談しましょう。

弊社の社員で以前こちらの会社に勤めていた人間がおりましたので、自信を持って推薦させて頂きます。

「勉強したとして、本当にWebエンジニアになれる?」という不安、無料相談しませんか?

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。