20代で転職を検討されている方へ


未経験から!rubyの仕事ができるようになるまで

この記事では、プログラミング言語rubyを使った仕事に関して解説します。

未経験からrubyエンジニアになりたい人にお役に立つ情報ですので、ぜひご一読ください。

業界大手の転職サイト・マイナビが運営しているため、1万件と求人数も豊富!マイナビITだけが持つ独占企業も紹介してくれます。

rubyって何?

rubyとは、1995年に日本人のまつもとひろゆき氏によって開発されたオブジェクト指向のプログラミング言語です。
インタプリタ方式で実行されます。
クックパッドや食べログといったWebサービスの開発に利用されています。

Rubyは他の言語と比べコードを短く書くことができるため、読みやすく書きやすい初心者でも学びやすい言語になっています。
短期間でもアプリ開発ができるのでスタートアップ企業やベンチャー企業で採用されることが多いです。

ruby の特徴

rubyは、低速で動作するものの短い記述で済むことが特徴のスクリプト言語です。記述が長いCやJavaのようなコンパイル言語と違い、プログラミングが手軽に行えます。

また、rubyはデータや動作の集合体を用いてプログラミングするオブジェクト指向言語なので、コードの記述量が少なく、工数が削減できる点が優れています。

ですから、rubyは開発にかかるストレスが少なく、開発者にとってコーディングしやすい言語だと言えます。

また、フレームワーク(ruby on rails)があるため、開発工程の大幅な短縮ができ、多くの企業に使われています。

ruby on railsについては、次の章で詳しく解説します。

ruby on rails とは

rubyの概要はなんとなくお分かりいただけたと思います。

では、rubyを調べていくと必ず出てくるruby on rails(ルビー・オン・レイルズ)とは何でしょうか?

ruby on railsとは、rubyのWEBフレームワークのひとつです。

フレームワークとは、あらかじめプロのエンジニアが何千・何万行と書いたコードのことで、「アプリケーションの骨組み」となるもの。フレームワークを利用することで、自分で一からコードを書かなくても、さまざまな機能を簡単に追加できるようになります。

rubyとruby on railsは何が違うのかというと、rubyはプログラミング言語そのものを指すのに対し、ruby on railsはruby言語を利用してプロのエンジニアが書いたフレームワークという違いがあります。

rubyには、MerbやSinatra、Waves、Ramazeといったフレームワークもありますが、最も開発に利用されているのはruby on railsです。

なぜなら、ruby単独で書くよりも書き方のルールが細かく定められており、その書き方通りに書いていくだけで、簡単にアプリケーションが作れるから。また、クックパッドやRettyなど急成長した企業のWEBサービスに利用されていることも、人気の一因です。

これらの背景から、rubyの案件のほとんどはruby on railsを使用した案件となっています。ですから、rubyの案件を獲得したいエンジニアは、ruby on railsにふれておく必要があります。

rubyによってできること

rubyは以下のように様々なものを開発することができます。

・Webアプリケーション
・WebAPI
・スクレイピング
・スマホアプリ
・機械学習

Rubyが最も使われているのは、WEBアプリの開発です。特にWebアプリケーションの開発分野で需要が高く、先述した通り、食べログやクックパッド、Wantedlyなどの人気サイトで利用されています。

SNS、マッチングサイト、ソーシャルゲームの開発に採用されることも多いです。
これはRubyに「Ruby on Rails」という優秀なフレームワークがあることが背景にあります。

Ruby on Railsの最大の魅力は「開発スピード」で低予算でWebアプリを簡単に作ることができます。
パッケージを利用することで、管理画面、参照機能、認証など様々な機能を一からプログラムを書かなくても開発することができます。
そのため、ビジネスをスモールスタートで始める必要があるスタートアップ・ベンチャー企業で採用されることが多くなっています。

職業としてのrubyの将来性

Rubyでできることはたくさんあり、特に「Webアプリケーション」の分野で多くの実績があります。

あまりコードを書かなくても実装できるため、読みやすく保守しやすいものになり、短期間で開発を行うことができます。
Rubyエンジニアの単価はJavaエンジニアと比べてやや高めで、SEから見ても高収入が期待できるので魅力があります。

ただし、今後の需要に関しては懸念点もあります。
まず現在IT業界でトレンドになっているAI分野の開発ではあまり採用されていないということです。

これはPythonやRなど統計分析などに強い言語がすでに存在するためで、AI関連のアプリの開発言語にRubyが採用されることは今後も無いだろうというのが大方の予想です。

そして、大企業向けの基幹システムなどの開発にもあまり利用されません。
これはJavaが圧倒的な実績がありエンジニアも集めやすいという理由から採用されやすい傾向にあるためです。
そしてRubyはWebアプリケーション開発に強い言語ではありますが、PHPもWebアプリの分野で非常に需要が高くなっています。

結論としては、将来の需要には多少懸念材料もありますが、Rubyは非常に魅力が多く需要のある言語です。今後もRubyで開発されていくアプリは多いと思われるので、Webエンジニアは特にキャッチアップしておくと良いでしょう。

【高い内定率】レバテックによるキャリアアドバイザーと現役エンジニアによる企業別面接対策はこちら

初心者のためのruby習得法

rubyエンジニアの将来性は高いことがご理解いただけたと思います。

では、初心者がrubyを学習するには、どんな方法があるのでしょうか?

これからrubyを学ぶ方は、無料で学べる以下の学習サイトを利用することをおススメします。サイトを利用した学習方法であれば、時間や場所にとらわれず学ぶことができます。

・Progate(https://prog-8.com/)
・CODEPREP(https://codeprep.jp/)
・ドットインストール(http://dotinstall.com/)
・Progra!(https://progra.org/)
・paiza(https://paiza.jp/)

独学で学ぶのが難しい方は、オンラインのプログラミングスクールといったもありますので、自分に合ったやり方を探しましょう。

rubyエンジニアの年収って?

indeedで検索してみると「Rubyエンジニア」の平均年収は「552.8万円」で、「システムエンジニア」で検索した場合の平均年収が「483.1万円」となっているので、平均よりもかなり高い収入を得ていることがわかります

Rubyエンジニアとして収入を上げていくためには、まず「Ruby on Railsを利用した経験」が必ず必要です。

Ruby案件のほとんどはRuby on Railsも必須スキルとして求められます。
それに加え、Webアプリを開発するために必要なスキル・経験を積んでいくことが求められます。

・AWSを利用した経験
・Rubyのフレームワークやライブラリの知見
・データベース(MySQLなど)の利用経験
・JavaScript、HTML/CSSの利用経験
・レスポンシブを意識した開発経験
・フロントエンド、バックエンドの知見

などがRubyのスキルに加えて求められます。

Rubyは短期間でアプリ開発ができるというメリットがあることからスタートアップ企業で利用されることが多く、Web周りの開発を一通り任せられるフルスタックエンジニアのような知見があると、企業から採用されやすく年収も上がりやすくなります。

Rubyに慣れてきた人へのおすすめ求人!

Rubyをある程度わかっていると、Rubyでお仕事ができるようになります。

弊社がRuby・Ruby on railsのエンジニアに向けてオススメの求人を紹介している記事がありますので、是非お読みください!

転職エージェントが選ぶRuby(on rails)エンジニアにお薦め転職求人9社

まとめ

ここまで、プログラミング言語Rubyを使った仕事について解説しましたが、いかがでしょうか?

改めておさらいすると以下のとおりです。

・Rubyは初心者でも学びやすいプログラミング言語で、主にWEBアプリ開発に使われている
・Rubyを基に作られたフレームワークruby on railsを使った案件が多い
・Rubyエンジニアの年収は600~1,000万円程度で、将来性も高い
・Rubyを学習するには、無料で学べるサイトを利用するのがおすすめ

将来性の高いRubyエンジニアは、初心者でも学びやすいことが特徴です。未経験でRubyエンジニアへの転職を検討している方は、ぜひ時間を取って学習することをおススメします。

マイナビIT

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという

レバテックキャリア

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!

<デメリット>

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

<こんな方にオススメ>

  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

<ポイント>
1、未経験からエンジニアに転職したい方向けのエンジニア養成スクール
1、プログラミングの知識を身につけてから転職することで年収アップの可能性が高まります!

 

<未経験の方>TECH::CAMPでプログラミングの知識を身につけて転職することで、選択肢の幅が広がります