Facebook(フェイスブック)へ転職は難しい?内定への近道を解説!

Facebook(フェイスブック)へ転職は難しい?内定への近道を解説!

    Facebookと言えば今や誰もが知るサービスへと変貌を遂げました。実は、皆さんがよく使うInstagramもFacebookのサービスなんですよ。

    日本ではまだ積極的な公募・採用活動をおこなっていないFacebook Japan(フェイスブックジャパン)ですが、やはり日常的に利用しているサービスとして愛着があるビジネスパーソンも多いのか、転職先としても人気なようですね。

    そこで今回はFacebook日本法人Facebook Japan株式会社への転職方法を紹介します。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は1,800万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

Facebook Japanの転職難易度

結論、Facebook Japanへの転職難易度は高いです。

なぜならFacebook Japanで採用しているのは、ビジネスレベルの英語力があり即戦力として活躍できる人材だからです。

経験や実績を持っている人しか採用しない傾向があるので、未経験の職種で転職をするのは残念ながら難しいですね。

そんなFacebook Japanへ転職する方法

Facebookは、GAFAMの一角で世界的なIT企業であるため転職市場でもかなり人気の企業です。

人気企業であるFacebookに転職するには、公式採用ページから自分で直接応募するよりも転職エージェントの利用をおすすめします

なぜなら、自分で直接応募すると実務経験と実績のある優秀な人材がライバルになってしまうからです。

そこで、転職エージェントを利用すれば企業に合わせたアピール方法を伝授してもらえるので、優秀なライバルに差をつけることが可能ですよ。

転職エージェント末永 末永

中途採用市場のルールなのですが、自分で直接応募してしまうと転職エージェントから応募できなくなります。


あとになってプロにサポートしてもらいたくなったとしても断られてしまうので、直接応募する前に転職エージェントに相談してみましょう。

その際に転職エージェントは2〜3社へ複数登録すると、サポートの質や求人を比較しながら自分にとって1番良いエージェントに絞り込めます。

おすすめの大手総合型転職エージェント

また、Facebookのような人気企業はダイレクトリクルーティング(企業側から直接人材をスカウトする採用手法)にも力を入れている可能性が高いです。

スカウト型の転職サイトであるビズリーチに職務経歴書を登録しておくと、狙っている企業から直接スカウトが届く可能性もあるので、転職エージェントと併用するとなお成功率を上げられますよ。

Facebookの採用ページから直接応募するよりも転職エージェントを利用したほうが良い理由について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もおすすめです。

Facebookのセールス職への転職方法

ここからは、Facebookで転職成功している人が比較的多いセールスとエンジニアの2職種に分けて、転職する方法を解説していきます。

結論から言うと、Facebookのセールス職に転職するには、以下の経験・スキルが必須です。

  1. Web・IT業界での法人営業経験
  2. 英語力

Facebookのセールス職というのは主にフェイスブック広告の営業です。

即戦力として活躍できる人物を採用するために、近い経験を積んでいる人材を求める傾向が強いのでWeb・IT業界での法人営業経験が必要となります。

さらに、Facebookの公用語は英語であり、実際に選考段階でも英語での面接が複数回あるので、ビジネスレベルでの英語力は必須と言えます。

具体的に言うと、以下のような企業で十分な経験を積んでいる人が該当します。

現段階で十分な経験・スキルがない方は、1度上記のような企業を経由し、必要な経験・スキルを磨いた上で転職することをオススメします。

一見遠回りに見えますが、多くの人にとってこれが1番実現性の高い方法だと言えます。

とはいえ、「じゃあ具体的にどういう企業でどんなスキルを身につけるべきなの?」「今の実力ではFacebookに挑戦するのは難しいの?」と疑問や不安に思う方は多いのではないでしょうか?

転職エージェント末永 末永

そのような人には転職エージェントをおすすめします


今の経験・スキルに+αでどんな経験が必要なのか、どんな企業にチャレンジできるのかを転職市場に精通したプロがアドバイスしてくれるため、Facebookへの転職の道も見えてきます。


またその上で、キャリアアップが可能な企業を目利きしてくれますよ。

また、転職エージェントは同じくGAFAMであるAppleの求人も保有しており、他の職種と比べかなり転職難易度も低い職種も存在するので、GAFAMに転職をしてみたい人は転職エージェントを活用して自分に合った求人を見つけてくださいね。

おすすめの大手総合型転職エージェント

また、ビズリーチに登録しておくと、ヘッドハンターだけでなくFacebookのような外資系企業から直接スカウトされる可能性もあるので登録しておいて損はないでしょう。

公式HPから直接応募する

Facebookの採用ページでは世界中の求人を見ることができます。日本ではセールスだけでも19の求人が確認できました。(2019年6月時点)

ただ求められるスキルや経験・応募人数の多さから、ほとんどの人が書類で落とされるため、実際に採用される確率はかなり低いと見ています。

Facebookに限らずですが、こうした外資系企業は後で紹介するヘッドハンティングやリファラルでの採用もかなり活発なので、合わせて頭に入れておきましょう。

Facebookの採用担当からのスカウトでの転職

スカウトの場合、LinkedinでFacebookの採用担当から直接メッセージをもらって面談に進むケースが多いようです。

スカウトサービスで言えば、ビズリーチもオススメです。

実際に外資系ITベンダーで働いている人が、Linkedinで採用担当からメッセージが届き、そのまま選考に進んだ例もあります。

十分実績を積んだ上で、Linkedinやビズリーチのプロフィール欄を充実させ、Facebookのリクルーターから声がかかるのを待つ、これが1番採用の可能性が高いと言えます。

Facebookのエンジニア職への転職方法

結論から言うと、Facebookのエンジニア職に転職するには、以下の経験・スキルが必要です。

  1. コンピューターサイエンス等の技術分野での学士号(同等の実務経験も可)
  2. 実務で使用するプログラミング言語の使用経験
  3. 英語力

Facebookのエンジニア職の業務は多岐にわたりますが、即戦力として活躍できる人物を求めているので、どのポジションでも必ず業務経験と高い能力が必要となります。

さらに、Facebookの公用語は英語であり、実際に選考段階でも英語での面接が複数回あるので、ビジネスレベルでの英語力は必須です。セールス職と同様、現段階で十分な経験・スキルがない人は別の企業でそれを身につけた上でFacebookにチャレンジするのが現実的でしょう。

エンジニアの転職サポートに特化したレバテックキャリアに相談することで、Facebookへの転職に必要なスキル・経験を得られる会社を紹介してもらうことができますよ。

転職エージェント末永 末永

セールス職同様、転職エージェントに相談してもFacebookの求人を持っているわけではありません。


しかし、「どこの企業を経由したらFacebookに入りやすくなるのか」というアドバイスや具体的な解決策を提示して貰える可能性が高いです。

エンジニアにおすすめ転職エージェント

  • マイナビIT AGENT
    マイナビのコネクションを活かした、人気企業求人や社内SEなどの求人が多数
  • リクルートエージェント(IT)
    国内最大の定番エージェント!エンジニアやIT業界の求人も多数保有
  • レバテックキャリア
    ITエンジニア経験者向けのハイクラスIT求人が多数!キャリアUPを狙うエンジニア定番のエージェント

Facebook Japanに転職するメリット

Facebook Japanへの転職を検討している人向けにメリット・デメリットを解説します。Facebook Japanに転職するメリットは以下の5つです。

給与レンジが高い

Facebookに限らずですが、外資系企業全般として給与レンジは高いですね。

同等か近しい給与レンジの会社は、国内のネット企業だと、リクルートAmazonGoogleTwitterDeNA楽天GREEくらいではないでしょうか。

自由な社風

これもFacebookに限らずですが、非常にフラットで自由な風土なので、働きやすいという声は多いと思います。

ユニークなカルチャーや人事制度

Facebookは外資系企業の中でもユニークな人事制度やカルチャーで有名ですが、そうした社内制度やカルチャーに触れられることは良い経験になっているようです。

優秀な人材が多い

やはり優秀な人材を多く惹きつけているので、そこで働く同僚は優秀な人材が多く、良い出会いや刺激になっているようです。

キャリアとしての引き合いが増える

Facebookで働いていたというと一目置かれるというのは実際あるようでして、多くの外資やネット関連企業から高待遇なオファーをもらいやすくはなるようです。

Facebook Japanに転職するデメリット

Facebook Japanに転職するデメリットは以下の2つです。

キャリアチェンジの機会が少ない

外資系企業の組織運営設計として、ジョブローテーションやマネジメントへキャリアステップの機会が少なく、ずっと同じようなロールになりがちで、数年経つと成長感を感じにくいという声もあるようです。

例えばセールスとして入社したら、数年間経過しても、ずっとセールスを続けるといった形になりがちです。

プロダクトの開発に携わりづらい

日本法人は外資系企業の販売支社といった立ち位置のため、プロダクトの可変の裁量がなく、本国のサポート業務になりがちです。

Facebookへ入社したいと思う人は、世界のインフラになるような自社プロダクトやメディアに関わりたいという意欲を持つ人が多いように思います。

しかし、Facebookに関わらずGoogleやツイッターなどは基本的に本国でプロダクトを企画開発しており、日本支社はあくまでセールス拠点としてのミッションがメイン業務となります。

そのため、新規でサービスを作りたいという人には志向性が合わない可能性がありますね。

転職エージェント末永 末永

プロダクトに関われるIT企業が気になる人はIT・Web業界の求人を10万件以上扱っているリクルートエージェントを利用してみるのがおすすめです。


Facebookだけでなく外資IT企業やITベンチャーの求人も網羅しているので、自分に合うIT企業に転職できる可能性が高まりますよ。

転職エージェントに登録する際には2〜3社へ複数登録すると、サポートの質や求人を比較しながら自分にとって1番良いエージェントに絞り込めます。

おすすめの大手総合型転職エージェント

また繰り返しにはなりますが、IT企業はダイレクトリクルーティング(企業側から直接人材をスカウトする採用手法)にも力を入れている可能性が高いです。

スカウト型の転職サイトであるビズリーチに職務経歴書を登録しておくと、狙っている企業から直接スカウトが届く可能性もあるので、転職エージェントと併用するとなお成功率を上げられますよ。

Facebook(フェイスブック)の概要

facebook(フェイスブック)が上場した際に公表した売上高数値は以下です。(グローバルの数値です)

  • 2009年 売上 7億7000万ドル
  • 2010年 売上19億7400万ドル
  • 2011年 売上37億1000万ドル

Facebook(フェイスブック)の社員数

facebook(フェイスブック)が上場した際に公表した従業員数は以下です。

  • 2009年 1218人
  • 2010年 2127人
  • 2011年 3200人

これはグローバルの数値です。

Facebook(フェイスブック)の利用ユーザー数

facebook(フェイスブック)のユーザー数は以下です。

グローバル

  • MAU:12.8億人
  • 月間モバイルユーザー:10.1億人  ※2014年3月時点。

参照:http://investor.fb.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=842071

日本

  • MAU:約2,100万人
  • DAU:約1,400万人
  • 月間モバイルユーザー:約1,800万人
  • 日間モバイルユーザー:約1,300万人(デイリーアクティブユーザーの93%がモバイルから利用(モバイル利用率は日本が世界1)

Facebook Japanへの転職を検討中の人へ

転職エージェントに相談すると、今現在Facebookにチャレンジできる実力があるのか、もしない場合は、将来的にFacebookへ転職するためにどうしたら良いのか、目先のことだけではなく中長期のキャリアプランの提案をもらえるのでおすすめです。

また、Facebookで活躍するという目標を叶えるために、必要な経験やスキルを培うのに最適な求人を提案してくれます。

エージェントはあなたのやりたいことや、叶えたい希望にマッチする求人を紹介してくれるので、実はFacebook以外の職場があなたにとって最適な選択肢になるかもしれませんよ。

転職エージェントによって保有求人や強みが異なるので、選択肢を広げるために2〜3社に登録してみて、比較検討することをおすすめします。

また、転職したほうが良いのか迷っている人は、大手企業からスカウトされる可能性があるビズリーチに登録しておくのも良いと思います。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

マイナビIT AGENT

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

マイナビIT AGENT

おすすめポイント

  1. エンジニアがスキルアップできる求人多数
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

リクルートエージェント(IT)

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

リクルートエージェント(IT)

おすすめポイント

  1. エンジニア求人は業界最大の10万件以上!
  2. プログラマーや品質管理、社内SE、テクニカルサポートなど人気の職種を網羅
  3. 専門のアドバイザーチームがあり、IT・Web業界ならではのサポートが充実

リクルートエージェント(IT)に
相談する

レバテックキャリア

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

レバテックキャリア

おすすめポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリアに
相談する

Facebook JapanのQ&A

Facebookのリストラ情報を耳にしましたが本当でしょうか?

転職エージェント末永 末永

はい。本当です。2022年11月に米メタは、全従業員の約13%に当たる1万1000人超を削減すると明らかにしました。削減対象となるのはSNSをはじめとする全事業部門とのことですが、とりわけ採用・ビジネス部門が大きな影響を受けたそうです。

Facebookはヤバいという噂を耳にしましたが本当でしょうか?

転職エージェント末永 末永

2023年3月に約1万人の従業員を新たに解雇すると発表したのが噂の理由です。2022年11月にも1万1000人以上の人員を削減すると発表しており、追加で大規模な人員整理が行われる形になりました。5000人分の採用を計画していたそうですが、取りやめることになったそうです。

フェイスブック日本法人の社長は誰ですか?

転職エージェント末永 末永

フェイスブック日本法人代表取締役は味澤将宏(あじさわまさひろ)さんです。もともとツイッタージャパン上級執行役員広告事業担当本部長を歴任されていた方で、2020年からフェイスブックジャパン代表取締役に就任しています。

line

line

人気の転職エージェント