2019.08.14

人気の電通へ転職するには?評判や採用される人の特徴をご紹介!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

皆さん、すでにご存知でしょうが、電通はテレビ広告、新聞広告、雑誌広告など多種多様な広告を扱っている総合広告代理店です。

平均年収1000万円以上で、仕事も大規模、さらには非常にやりがいを感じており、満足度も高いと電通で働いている私の友人も言っていました。

そんな電通の正社員での中途採用ですが、物凄い競争率をくぐり抜けての転職となるので、それ相応の転職前の心構えや準備が必要になってきます。今回は、そんな電通にどうすれば転職できるのかをお伝えしていきます。

電通に転職することはどれくらい難しい?

電通の中途入社での正社員での転職はとても狭き門で、業界経験者の中でもほんの一握りの人しか転職で入社することはできません。

というのも、電博のような総合代理店は基本、新卒文化で中途で新しく社員を採ることは滅多にないからです。そのため、ほとんどの場合、契約社員での入社となります。

ただ、契約社員であっても、電通の契約社員の給与レンジは高く、他の会社の正社員給与よりも待遇が良いです。優秀な人も多く、契約社員であっても電通での実務経験は、その後のご自身のキャリア・転職でも評価につながる可能性も高いです。

ですので、「電通で広告業界の実務経験・実績を積む」と割り切って、その経験をもとに、同業他社へ転職されることをおすすめします。

実際、私の周りでは、電通での経験後、その経験を活かして事業会社で活躍や独立された方がいて、電通退職後も活躍されている方が多いです。

では、実際に電通に転職をするには?

ここでは、契約社員として電通に転職するための具体的な方法をお伝えします。

まず、電通に応募するためには、最低でも、社会人経験2~3年、営業経験者であることが求められます。ここに、広告業界やコンサルティングファームでの業務経験があると、選考通過率が上がります。

思ったより採用条件がゆるいな、と思われた方もいるでしょう。

これはなぜかというと、電通は様々な業界・企業のクライアントを大量に抱えており、人物の適正とポジションの空いているかによって採用の判断をするからです。

例えば、金融業界出身者が応募してきたとき、クライアントの中に金融会社があり、その担当ポジションに空きがあれば、採用されるのです。

電通に契約社員で転職するために

実際問題、ポジションが空いてるかどうかは不定期で、しかも公に募集することは滅多にないので、電通に転職したい人は転職エージェントに登録することをおすすめします。

ビズリーチなどのスカウトサービスもありますが、電通のような企業の場合、おそらくサービスは使わず、直接声をかけるでしょう。

転職エージェントを利用すれば、電通がエージェントに依頼している公には出ていない求人を紹介してもらえるだけでなく、履歴書や職務経歴書の添削から面接対策、企業への推薦まで行ってくれます。

末永

ここから、電通に転職する際に利用したいおすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

一度どこかのエージェントで応募すると、他のエージェントで同じ企業に応募することが出来ないので、自分に合った転職エージェントで応募するようにしましょう。

業界トップレベルの求人保有数の総合型大手エージェント

まず転職を考える際、全ての方が鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手のエージェントです。

電通のような歴史ある大企業は、利用する転職エージェントも大規模で、安心感のある大手エージェントに求人を依頼しています。


他の日系企業も同様に、特定の大手エージェント1社のみに求人を依頼しているという企業もあり、大手エージェントに登録をしていないと紹介を受けられない求人が存在します。

電通以外に応募する場合も、大手エージェントに登録しておけば、全業界・職種の求人を網羅しているので、幅広いキャリアの提案が可能です。


「自分の進むべき業界・職種が定まっていない」という場合、まず大手エージェントに登録してみて、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談してみると良いと思います。


※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。


電通に転職後の年収相場(給与)は?

電通の平均年収は1,188万円です。
年度別の年収は
平成27年3月:1229万円
平成26年3月:1191万円
平成25年3月:1143万円
平成24年3月:1145万円
平成23年3月:1163万円
平成22年3月:1118万円
ここ数年での年収推移は1118万円(最低)~1191万円(最高)となっています。
給料:約96万円
引用元 : 電通の年収給料【大卒高卒】や20~65歳の年齢別・役職別年収推移|平均年収.jp

業界柄、給与水準は高いです。給与はほぼ年功序列で決まっているようですが、昨今は年功序列の色は弱まっているようです。

契約社員の場合は、契約更新のタイミングで昇給があるようですが、金額としてはそこまで高くアップということではないようです。

契約社員であっても、給与水準、賞与水準、昇給水準は同年代に比べては多い傾向です。

最近は、長時間労働の過労死、職場環境が原因による自殺などで問題になっており、世間の話題ニュースになっていますので、企業側も労働時間に関しては意識して職場環境の改善に努めている渦中かと思いますが、広告代理店という職業柄、残業がまったくないとは言えず、所属する部署によっては退社しづらい雰囲気があるのも事実かもしれません。

電通が募集している職種とは?

電通が募集している職種は広告営業から、広告プランナー、クリエイティブ職と多数あり、その道のプロが中途では転職に成功しています。

電通の仕事は様々な業界の広告からプロモーション、ブランディングからイベントなど幅広く扱っており、様々な業界の知見や人脈がある方が採用され、前職の経験を存分に活用して仕事をされている印象を受けます。

正社員あるいは契約社員での雇用形態となります。

電通に転職する際の面接・SPIなど選考難易度

主に、履歴書・職務経歴書を元に一般的な転職理由や志望動機、今後のビジョン・キャリアパスなどの質問は必ずされるようです。

職種やポジションによって面接内容も異なりますが、例えば、ご経験で担当されてているブランドなどあれば、そのブランドのブランディング戦略やマーケティング戦略をどのように考えているか、現在出している広告をもっとよくするためには何をすべきかなど、専門的なところまで深く問われるようです。

電通は、全体としては縦割り社会、体育会系な社風が特長で、個人でどう考えて行動するかというよりも組織の中で自分がどのようにして動くかがキーになり、社内文化に根付いて動いていく方が多いです。

つまり、社内営業が大切な社風です。フットワーク、人柄などその点も面接の中で見られるポイントになるのかと思います。

結論を言うと、電通に中途採用される人はどんな人?

①何かの分野で知見や人脈がある

例 金融の知識がある、中国語が話せる、建築の知識がある、コンサルティング実務経験有り

②技術を持っている(クリエイティブ職)

例 美大出身、映像制作の経験有り、建築家、WEBクリエイター、アプリ開発

最後に、電通に転職するために転職エージェントを活用すべき理由

ここから少々繰り返しになってしまいますが、電通への転職を目指す方は、一度転職の専門家である転職エージェントに相談をしてみることを強くオススメします。

「なぜ??」と思われた方も多くいらっしゃると思うので、パターン別に理由を説明していきます。

まず、電通への転職をする方法として、

・経験者で、正社員入社する
・契約社員として入社する
・他社でキャリアを積んでから、電通に挑戦する
の3パターンがあります。

電通への正社員転職を目指されている方

先ほども述べました通り、電通に中途で正社員として入社するのは、経験者の中でもほんの一握りの人しか内定することは難しいです。

そのため、基本的には、次に述べる契約社員を目指す方とほぼ同じ理由でエージェント利用が必要になると考えてください。

電通の契約社員への転職を目指される方

電通の契約社員を目指す人が転職エージェントを使うべき理由として、他の一般企業で言えるようなこと以外に、

・そもそも求人広告があまり出回らない
・人事の目に留まりやすい
・エージェントが現場ベースでコネクションを持っている
などがあります。

これらの背景として、電通の採用人事担当者の数が、企業規模に比べとても少ない、ということがあります。

人事が少ないため、求人から無作為に大量の求職者が集まってしまっても、それを対応しきることが難しいのです。

そのため、公募などは基本的にはしておらず、優秀なエージェントに転職者を目利きしてもらうスクリーニングの意味で、一部の限られたエージェントにしか求人情報を出していないのです。

ですから、エージェントにスクリーニングされて届いた転職者の情報は、人事の目に留まりやすい、と言えます。

また、優秀なエージェントであれば、エージェントが各部署の局長とそれぞれコネクションを持っており、一度志望するところの局長に転職者の話が通った上で、人事に対して紹介してもらえる、という強力なアシストを受けられることがあるのです。

こうしたエージェントの後押しが受けられることって、自力で応募するよりも、かなり有利だと思いませんか?

ただし、エージェント側からのこうした紹介が必要になるため、アドバイザーの質がかなり重要になってきます

他社でキャリアを積んでから電通に挑戦する方

サラッと項目で書いてしまいましたが、業界未経験者だけど、電通に挑戦したい!という方は、正直いきなり電通の選考を受けることはとても難しいです。

そうした方々は、一旦他社を経由して経験を積む、という方法があります。

大手広告代理店の電通へ転職をご希望されている場合、一般には広告業界を経験したのちに転職をされるのが一番確実な方法です。

電通の場合それは顕著で、業界未経験者であったり、20代であっても無形商材の法人営業職を経験したことがない方だと、ほとんどの場合相手にすらしてもらえないのが厳しいですが現実なのです。

そのため、もし現職が電通の業界と異なる場合、一旦広告代理店か、無形商材の法人営業職などを経由し、経験を積んだ上で再度電通への転職に挑戦する、というのが正しいキャリアパスになります。

正しいキャリアパスを踏むために、うまく経由できる企業にしっかり入るためにも、転職エージェントに登録して、しっかり自分のキャリアについて見直し、相談した上で、円滑に転職活動を進めてみてください!

相談なしにキャリアパスを誤り、電通への転職のために入社したつもりが、しばらく経験積んでも転職は難しい、となってしまっては、取り返しがつかなくなってしまいます。

転職エージェントは複数登録が必須!

以上が、転職エージェントを利用すべき理由です。

ただ、もっと言えば、転職エージェントには複数登録をすべきです。

なぜ1社では不十分なのかについて説明いたしますね。

先ほど述べた通り、電通への転職には、優秀なエージェントによる紹介やアシストが不可欠です。つまり、あなたの担当となるエージェントの質が重要となってくるのです。

とはいえ、正直なところ、キャリアコンサルタントは経験もスキルもピンキリです。

しかし、応募者からは、どうしてもエージェントを選択することはできないため、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録して、実際に会ってみてから判断するべきです。

定番の大手エージェントの中から2~3社、特化型のエージェントを1社程度、まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみるべきです。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速登録をしてみましょう。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

参考サイト

電通総研 コンシューマー、メディア&オーディエンス、グローバル、マーケティング・インテリジェンスの領域を対象に、調査研究、情報発信、コンサルティング等の活動を行なっています。

電通報 広告業界の今と未来を伝えるニュースサイトです。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。