電通は平均年収1520万円|新卒初任給・賞与ボーナスや残業時間も紹介!

電通は平均年収1520万円|新卒初任給・賞与ボーナスや残業時間も紹介!

    株式会社電通の平均年収や初任給がどれぐらいなのか転職支援のプロである現役転職エージェントが徹底解説します。

    また、職種別や年代別、競合他社と比較した給与水準、残業時間や賞与(ボーナス)についても社員の口コミ評判を交えながら分かりやすく紹介します。

    給料以外に福利厚生や激務度を正しく理解し、就職・転職活動の際の企業分析として役立ててください。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

電通の平均年収は1520万円

2023年3月に公開された有価証券報告書によると、電通の平均年収は1,520万円です。

dodaの「平均年収ランキング最新版(業種別)」を見てみると、電通が属するインターネット・広告・メディア全体の平均年収は423万円です。

ちなみに電通の勤続年数と平均年齢は以下のようになっています。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数
2019年12月期 1,168万円 40.9歳 13.8年
2020年12月期 1,341万円 46.4歳 17.3年
2021年12月期 1,295万円 45.7歳 16.9年
2022年12月期 1,520万円 44.0歳 14.7年

出典:有価証券報告書

電通の平均年収は、業界の平均年収額の倍以上の水準で業界内でもかなり高いといえます。

電通の年収が高くなる理由

電通の年収がなぜ1,000万円を超えるほど高いのかというと、電通が業界で独占しているシェア率の高さが理由の一つとしてあります。

実際の数字で見ると、電通の業界シェアは約68%に上り、2位の博報堂の約19%をはるかに超えるシェアとなっています。

株式会社電通が公表した「日本の広告費」によると、2021年には新型コロナウィルス感染拡大の影響が緩和したことで、広告市場は大きく回復し、前年比110.4%を上回り、電通の増収にも影響が出たものと考えられます。

また、電通では海外市場が大きく成長、全体の全体利益の6割が海外事業によるものとなっており、今後も更なるM&Aによる強化を視野に入れた市場の拡大を目指しています。

こうした理由もあり、電通は高いシェアを誇り、年収が高水準となっているようです。

またコロナ禍からの経済回復、事業変革によってソリューションが強化されたこともあり、国内と海外で業績回復し、平均年収も増加傾向にあるようです。

中途で電通の平均年収はもらえるのか

中途採用で電通に転職した場合、必ず平均年収と近しい金額が支給されるわけではありません。

金額は経験や能力、前職の年収を考慮の上で決定されるので、場合によっては転職によって年収が下がることもあります。

なるべく年収を下げないためには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。専任のキャリアアドバイザーが求職者と企業の期待値調整から年収交渉の代行までおこなってくれます。

転職で希望する年収に近づけたい人は、ぜひ転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

おすすめの大手総合型転職エージェント

転職エージェントの他に、スカウト型の転職支援サービスに登録するのもおすすめです。なぜなら、電通だけでなく、同業他社の人事やヘッドハンターからオファーが届く可能性があるからです。

スカウトにはオファーしたい年収の金額が記載されているため、現在の自分がどれだけ評価されているのかを把握することも可能です。

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く

電通の職種別平均年収

2023年12月時点のライトハウスに投稿されている年収データを参考に職種別の平均年収を紹介します。

職種 平均年収 平均年齢
営業系 940万円 34.4歳
企画・事務・管理系 959万円 39.8歳
クリエイティブ系 950万円 34.6歳

上記の職種別平均年収は現役社員・元社員の回答を元に算出されていますが、役職や在籍時期にもよって変わってくるので、参考程度に見てもらえればと思います。

電通は広告業界を牽引する企業だけあり、クリエイティブ系は年収が高めです。クリエイティブ職は、受賞歴や大型コンペ入賞歴などがあれば、その分評価もされ年収も上がります。

このように、職種・役職によりますが実力主義な傾向にあり、成果も年収に反映されています。

電通の年代別平均年収

2023年12月時点のライトハウスに投稿されている年収データを参考に年齢別の平均年収を紹介します。

年代 平均年収 最高年収
25~29歳 681万円 900万円
30~34歳 955万円 1,300万円
35~39歳 1,125万円 1,500万円
40~44歳 1,130万円 1,600万円

上記の年代別平均年収は現役社員・元社員の回答を元に算出されていますが、残業時間やポジションにもよって変わってくるので、参考程度に見てもらえればと思います。

年代別に見ていくと30代から40代、50代と年次が上がるごとに年収が大幅に増えていく傾向にあります。電通の初任給は高めに設定されていないものの、残業代によって増減されているようです。

2023年12月時点で電通では22時以降の残業は禁止されているため、残業代によって年収が左右されることも少なくなったという口コミも見られました。

電通の役職別平均年収

2023年8月時点のライトハウスに投稿されている年収データを元に、独自の方法で職種別平均年収を算出してみました。

部長職 1,676万円
専任部長職 1,407万円
管理職 1,566万円

電通は6段階の職級があり、ある一定の職級までは年功序列で徐々に上がっていきます。上記のような職級になると成果によって昇進していく仕組みです。昇進すればもちろん年収もアップも期待できるでしょう。

電通の新卒社員の初任給

2023年12月時点で公表されている、電通の新卒社員の初任給について詳しく紹介していきます。

学歴 平均年収
大学院卒 355,925円
大学卒 355,925円

出典:電通新卒採用サイト

厚生労働省による令和4年賃金構造基本統計調査の結果によると、新卒の平均初任給は228,500円でした。

電通の新卒の初任給は高水準であることがわかります。

電通と競合他社の年収比較

電通と同じ広告業界「博報堂」「サイバーエージェント」「アサツーディ・ケイ」「デジタルホールディングス」「バリューコマース」の5社との年収を以下で比較してみました。

各社とも2023年12月時点のライトハウスが公開している年収データを元に比較しています。

企業名 平均年収 平均年齢
博報堂 1,040万円 37.7歳
電通 937万円 36.8歳
アサツーディ・ケイ 675万円 36.4歳
サイバーエージェント 611万円 31.3歳
デジタルホールディングス 466万円 29.5歳
バリューコマース 499万円 34.4歳

出典:ライトハウス

年収で比較しても博報堂、電通が圧倒的に高水準であることがわかります。

業界全体のシェアは電通が約68%を占め、続いて博報堂約19%、サイバーエージェント約3.8%となっており、電通がほぼシェアを独占していることが給与水準にも現れているようです。

近年広告業界は大きな動きを見せており、マスコミ4媒体(新聞・雑誌・テレビ・ラジオ)を抑え、インターネット広告が市場を占めるほど成長してきました。

電通はこのように業界の流れを把握し、国内事業・海外事業における構造改革に乗り出し、デジタル領域の成長が著しい国と地域に事業を拡大さることで、高い売上高を獲得に成功しています。

今では、国内をはるかに上回り海外売上高比率は6割を超え、それが高いシェア・高水準の給与に結びついているのです。

ただ、平均年収は各企業の業務形態などによって変わってくるため、上記の平均年収比較は参考程度で見てください。

転職エージェント末永 末永

新しいソリューションを生み出し続けている電通は、業界でもトップシェアを誇っており、優秀な人材が多く在籍しています。


また、年功序列でありながらも成果にこだわる厳しい環境であるため、採用ハードルもかなり高いと言えるでしょう。

転職エージェント末永 末永

そんな電通に転職するには、自分の市場価値を知り、会社風土や経営理念に基づき自身がどのように組織に貢献できるかを具体的にアピールすることが大切です。


以下のサービスを活用して対策を充分に取るようにしましょう。

気になる企業の情報を知りたい人におすすめのサービス

  • ONE CAREER PLUS
    企業の評判が集まる口コミサイト。選考内容や実際に働いている人の経歴が見れる
  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!優秀なヘッドハンターからのスカウトが届く

転職エージェント末永 末永

また、口コミサイトとスカウトサービスを押さえた上で、転職エージェントを併用するのが転職先を選ぶ上では非常に重要です。

転職エージェント末永 末永

というのも、転職エージェントは企業の採用担当と連携しているので、口コミサイトだけでは得られない情報を知ることができるからです。

とくにリクルートエージェントdodaマイナビエージェントといった転職エージェントなら、求人紹介だけでなく、年収アップの交渉もおこなってくれるので、ぜひ相談してみてくださいね。

電通と年収の高い企業ランキング

ダイヤモンドオンラインが発表する「年収が高い会社ランキング2023」によると、電通は11位にランクインしています。

企業名 平均年収
丸紅 1,593万円
テレビ東京HD 1,522万円
電通グループ 1,520万円
商船三井 1,517万円
テレビ朝日HD 1,474万円

電通は広告業界だけでなく、日本企業の規模で見ても11位なので国内トップレベルの水準であることがよくわかります。

ちなみに博報堂DYHDは30位にランクインしています。

電通の給与・評価制度

電通の給与・評価制度について、ワンキャリアプラスの評判・口コミを一部抜粋しました。

評判・口コミ

20代・女性<br>戦略プランナー

20代・女性
戦略プランナー

最初の5年間は薄給だが、その後ぐんと上がる。評価によってボーナスは変わるが、そこまで大きな差はつかない。最近はリモートワークになって残業が減っているらしく、残業代で稼げなくなっていると聞く。

ワンキャリアプラス

他にもワンキャリアプラスでは、電通で働いている人が前職でどんな会社に勤めていたかなども見ることができます。電通に興味がある人はぜひ登録してみてくださいね。

無料登録はこちら(公式サイト)

電通の残業時間・ボーナス・福利厚生

平均年収とも深い関わりがあり、働く上で気になる電通の残業代・ボーナス・福利厚生について詳しく紹介していきます。

残業時間

2023年12月時点の「ライトハウス」によると平均残業時間は月間60時間です。

2015年に電通の労働環境に関する報道が世間の注目を集めました。そのため、社員ひとりひとりが良好なコンディションを維持できる労働環境を整えることが電通グループの最優先課題の1つとなっており、労働環境の改善が継続的に実施されています。

電通が公開している総労働時間経年推移にもあるように、労働環境改善に大きく舵を切った2017年を皮切りに、徐々に労働時間も減少傾向にあります。

その影響もあり、残業が減ったことから残業手当が少なくなり給与が減ったという口コミも見られました。

ボーナス・賞与

電通では3月と9月の年2回、グループ連結実績ボーナスが年2回、合計4回支給されます。

電通の人事評価は、ミッショングレード制をとっており、年間のグレードが個々に設定され、年度終わりに達成度評価がおこなわれます。これがボーナスに大きく影響を与えるようです。

さらに、ボーナス額は業績によっても変わり、業績が落ち込んでしまった年は、ボーナスが下がったという口コミも見受けられました。

福利厚生

電通の福利厚生は手厚いです。労働環境改善を積極的におこなっていることもあり、柔軟な働き方ができる制度や育児休暇制度なども充実しています。

一部を一覧で抜粋してご紹介します。

  • 積⽴休暇
  • インプット有休奨励⽇
  • 家族看護休暇
  • 出産・育児休暇
  • 独⾝者⽤借り上げ社宅(東京・大阪・名古屋)
  • ファミリーデー
  • 保養所利用
  • 部活動
  • SOS総合相談グループ など

電通の契約社員の年収

電通では契約社員の雇用もおこなっています。

2023年8月時点のライトハウスに投稿されている年収データを元に、独自の方法で平均年収を算出したところ、平均年収は727万円でした。

契約社員の給与は「年俸制」で、「賞与も年2回」支給されます。ただし、基本給と賞与共に正社員に比べると低く、残業代で給与が高額になっているようです。

ただし、労働環境改善から残業が少なくなったこともあり、最近では契約社員の年収は下がってきている実情もあるようですね。

また、電通では契約社員から正社員登用のチャンスもありますが、実績や成績が見られ、成果を残した人しか登用されねい狭き門です。合格率が非常に低いことで知られています。

電通の年収に対する評判・口コミ

電通の年収に対する評価をライトハウスから集めてみました。

現役社員・元社員が年収に対して、どのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

電通の年収に対する良い評判・口コミ

評判・口コミ

40代・男性<br>新規事業

40代・男性
新規事業

給与はほかの競合他社に比べれば圧倒的にいいと思う。


昇格していくと給与ベースが上がっていく。


部長・局長クラスになるとかなり高額給になる。


ただし全体給与額は賞与の額次第という点も大きいので、ベース給がもっと上がるとなおよい。

ライトハウス

評判・口コミ

30代・男性<br>ビジネスプロデューサー

30代・男性
ビジネスプロデューサー

待遇面は非常にいい。


残業代がしっかり出るため、額面以上に月収が増える。


一方で働き方改革は進んでいるため、残業代が年々減っていっている。

しかし、自分の時間がその分つくれるので、好きなことや趣味に充てられるため、幸せかどうかという意味では、良い改革になっていると考える。

ライトハウス

評判・口コミ

30代・女性<br>事務スタッフ

30代・女性
事務スタッフ

仕事の割に基本給は高い。


事務スタッフは有期雇用3年、半年毎に2,000円の基本給アップ、ボーナスなし。


残業代はキッチリ出ます。


配属先にもよりますが、私は残業事態ほぼないです。


コロナでリモートワークが基本体制になり、リモート手当てなるものも増えました。


リモートですが通勤手当も出社日数に応じてきちんともらえます。

ライトハウス

電通の年収に対する悪い評判・口コミ

評判・口コミ

20代・男性<br>マーケティング

20代・男性
マーケティング

給与制度は年功序列なので、1年目は非常に安いです。


ただし、年功序列ということで、勤続年数が長くなればなるほど、年収はあがります。


おそらくですが、部長や課長レベルになると1,500万円前後が普通で、貰える人は2,000万円以上もらっているのではないでしょうか。


1年目に関しては300万円程度だったので、個人的にはもう少し貰いたかったなという印象です


ただし、この年収の低さは近年の働き方改革による残業時間削減による影響が大きいと思います。


残業時間を削減したことにより、ワークライフバランスを確保できるようにはなりましたが、もらえる給与は少なくなりましたね。

ライトハウス

評判・口コミ

30代・男性<br>シニアエンジニア

30代・男性
シニアエンジニア

評価が良くても夏の賞与学は0.5ヶ月もない。


会社いわく冬に偏るらしいがさすがにない。

ライトハウス

評判・口コミ

20代・男性<br>エンジニア

20代・男性
エンジニア

グレードごとに大まかな目安はあるが、合併前の2社間の格差が大きく、例えばグレード2の一番高い給与とグレード3の一番低い給与では前者のほうが高くなるなど、ロジカルな制度ではなかった。


また電通本体の社員の給与と比べるとべらぼうに低く、逆に言えば本体の高給を維持するため昇給などもかなり渋い。

ライトハウス

電通の会社情報・採用情報

電通の会社概要と採用情報について紹介していきます。

社名 株式会社 電通
DENTSU INC.
所在地 〒105-7001
東京都港区東新橋1-8-1
創業 1901年(明治34年)7月1日
代表者 代表取締役 榑谷 典洋
代表取締役 林 信貴
事業内容 顧客のマーケティング全体に対するさまざまなソリューション提供、広告開発、最適な顧客体験のデザイン、経営・事業コンサルティングなど
従業員数 6,578人(2021年12月末日時点)
平均年齢 45.7歳
平均勤続年数 16.9年

新卒採用情報

電通では「総合職」「デジタルクリエーティブ職」「アート職」の3職種の新卒採用を実施しています。

コース別に採用情報をまとめました。

総合職 【職種】
ビジネスプロデュース
マーケティング
デジタルマーケティング
クリエーティブ
プロモーション
メディア
コンテンツ
PR
グローバル・ビジネスなど
【採用人数】
115名

【初任給】
260,000円
※通勤手当、その他手当:有

【賞与】
年4回
デジタルクリエーティブ職 【職種】
総合職としてデジタルクリエーティブ部署配属
アート職 【職種】
アートディレクター

初任給は、職種に関係なく同額スタートとなります。ここから年次によって昇給をしていくため、入社後数年は年収に大きな差は生まれないでしょう。

電通の中途採用情報や転職しやすい人の特徴について知りたい人は、以下の記事も読んでみてください。

電通への転職を成功させるコツ

dodaの「転職人気企業ランキング(2022年)」の32位にランクインするほど人気があり、年収も高い電通への転職を考えているのなら、転職エージェントを利用すると良いです。

なぜなら、転職エージェントでは電通の非公開求人を保有している可能性があるからです。また、電通の選考に合わせた応募書類の添削、面接対策なども無料でおこなってもらえます。

ただ、転職エージェントによって保有している求人やサポートに違いがあるので、まずは以下で紹介する転職エージェントの中から2〜3社に複数登録をして、実際にキャリアアドバイザーに会ってみた上で、サポートを任せるエージェントを絞り込むと良いです。

また、転職するべきか迷っている人は、電通のような企業からスカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

電通に興味がある人向け関連記事

電通に興味がある人向けに併せて読んでおきたい関連記事をまとめてみました。

気になる記事があれば、ぜひ目を通してみてくださいね!

line

line

人気の転職エージェント