博報堂は平均年収1275万円|新卒初任給・賞与ボーナスや残業時間も紹介!

博報堂は平均年収1275万円|新卒初任給・賞与ボーナスや残業時間も紹介!

    株式会社博報堂の平均年収や新卒初任給がどれくらいなのか現役転職エージェントが徹底解説します。

    また、職種別や年代別、競合他社と比較した給与水準、残業時間や賞与ボーナスについても社員の口コミ評判を交えながら分かりやすく紹介します。

    給料以外に福利厚生や激務度を正しく理解し、就職・転職活動の際の企業分析として役立ててください。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

博報堂の平均年収は1275万円

株式会社博報堂は株式会社博報堂DYホールディングスの子会社で未上場のため平均年収を公開していません。

そのため今回は親会社である博報堂DYホールディングス株式会の平均年収を紹介します。

2023年3月期の有価証券報告書によると、平均年収は1,275万円です。

dodaの「平均年収ランキング最新版(業種別)」を見てみると、博報堂が属するインターネット・広告・メディア業界全体の平均年収は423万円です。

また、インターネット・広告・メディア業界の中でも代理店(広告・SP・PR)の平均年収は高く、432万円でした。

ちなみに博報堂の勤続年数と平均年齢は以下のようになっています。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数
2019年3月期 1,064万円 43.4歳 15.4年
2020年3月期 1,078万円 43.6歳 15.6年
2021年3月期 1,090万円 43.9歳 16.7年
2022年3月期 1,036万円 43.2歳 13.7年
2023年3月期 1,275万円 43.9歳 13.6年

出典:有価証券報告書

博報堂の年収は代理店(広告・SP・PR)業界平均よりも非常に高水準であることが分かります。

博報堂への中途入社を目指す人は、転職方法や転職難易度を解説している以下の記事も読んでみてください。

博報堂の年収が高い理由

広告代理店というと「年収1,000万円以上稼ぐ社員が大勢いる」「高年収とやりがいを両立」という華やかなイメージを持たれる人も多いでしょう。

実際に広告代理店の中でも日本を代表する大手総合代理店である電通・博報堂は、平均年収がともに1,000万円を超えており、広告業界の2トップとして高年収が期待できます。

なぜ平均年収が1,000万円を超え、博報堂の年収が高いのかというと、直近の業績の良さが理由の1つです。

2023年3月期の株式会社博報堂DYホールディングスの連結業績は、収益9,911億3,700万円、営業利益467億8,300万円、当期純利益226億2,600万円と、営業利益・経常利益ともに過去最高益を記録しています。

コロナ禍で一時的な落ち込みがあったものの、順調に回復し、大きな伸びを記録しています。

博報堂ではボーナスが業績に連動して支給される仕組みであり、基本給のベース金額も元々高めに設定されていることから、高年収につながっていると考えられます。

また、博報堂をはじめ広告代理店は工場や在庫を持たず、人が考えたアイデアや戦略が唯一の商品です。中でも博報堂は「人が資本」という考え方が色濃く、利益の多くを高年収として社員に還元するなど、人材への投資を惜しみません。

転職エージェント末永 末永

就職・転職難易度が高い企業に中途入社したいなら大手転職エージェントのキャリアアドバイザーに過去の転職決定者の学歴・経歴や面接対策方法を質問するのがおすすめです。

おすすめの大手総合型転職エージェント

博報堂の職種別平均年収

2023年12月時点で大手転職口コミサイト「ライトハウス」に投稿されている年収データを参考に職種別の平均年収を紹介します。

職種 平均年収 平均年齢
営業系 1,046万円 36.0歳
企画・事務・管理計 1,077万円 40.4歳
クリエイティブ系 1,002万円 40.0歳

上記の職種別平均年収は現役社員・元社員の回答を元に算出されていますが、役職や在籍時期にもよって変わってくるので、参考程度に見てもらえればと思います。

博報堂の年代別平均年収

2023年12月時点で大手転職口コミサイト「ライトハウス」に投稿されている年収データを参考に年齢別の平均年収を紹介します。

年代 平均年収 最高年収
25~29歳 830万円 1,150万円
30~34歳 972万円 1,300万円
35~39歳 958万円 1,250万円
40~44歳 1,204万円 1,500万円
45~49歳 1,160万円 1,600万円
50~54歳 1,188万円 1,600万円
55~59歳 1,510万円 1,800万円

成果主義の評価制度を取り入れているものの、年功序列の文化が残っているので年次が上がるにつれて年収が上がっていくようです。30歳前後で1,000万円に到達することが多く、以降は40代、50代と役職に応じて年収が前後します。

上記の年代別平均年収は現役社員・元社員の回答を元に算出されていますが、残業時間やポジションにもよって変わってくるので、参考程度に見てもらえればと思います。

博報堂の新卒社員の初任給

2024年4月入社の新卒社員(総合職)の初任給について詳しく紹介していきます。

学歴 初任給
博士修了 300,000円
修士修了 300,000円
大学卒 300,000円
出典:博報堂新卒採用サイト

博報堂は年棒制で、1年目は360万円です。

なので、博報堂の新卒の初任給は12分割で考えると30万円です。そしてこの金額に超過勤務手当と、業績賞与(年1回:次年度の6月末支給)が上乗せされます。

2024年4月入社の採用人数は博報堂が140名、博報堂DYメディアパートナーズで40名程度になります。

博報堂と競合他社の年収比較

博報堂と同じ広告業界から「電通」「ADK」「サイバーエージェント」との年収を比較してみました。

各社とも2023年12月時点のライトハウスが公開している年収データを元に比較しています。

企業名 平均年収 平均年齢
電通 1,150万円 40.4歳
博報堂 1,040万円 37.7歳
サイバーエージェント 611万円 31.3歳
ADK 675万円 36.4歳

出典:ライトハウス

広告業界を牽引する大手4社の平均年収を比較すると、電通、博報堂が1,000万円越えという結果です。電通と博報堂を比較すると年収は110万円ほどの開きがありますが、どちらも十分に高年収といえるでしょう。

ただ、平均年収は正社員比率や売上業績によって変わってくるため、上記の年収比較は参考程度で見てください。

博報堂と年収の高い企業ランキング

ダイヤモンドオンラインが発表する「年収が高い会社ランキング2023」によると、博報堂は博報堂DYホールディングスとして30位にランクインしています。

企業名 平均年収
日本郵船 1,322万円
ファナック 1,283万円
博報堂DYホールディングス 1,275万円
三井住友トラスト・HD 1,274万円
三井不動産 1,269万円

広告業界最王手である博報堂の前後2社にはファナックや三井不動産などがあります。

やはり博報堂と同じレベルとなると各業界の大手企業が名を連ねてきます。

博報堂の給与・評価制度

博報堂の給与・評価制度について、ワンキャリアプラスの評判・口コミを一部抜粋しました。

評判・口コミ

30代・男性<br>営業

30代・男性
営業

30代で1000万円に到達する人が多く、若手のうちは正直「もらいすぎている」という感覚があるほどの高年収でした。特に裁量労働制に移行する前の1~4年目くらいは残業しただけ残業代が支給されるので、想像以上の年収でびっくりします。


ただ長時間労働で体力勝負なところもあるので、時給換算すると年収はそこまで高くないかなとも思います。


評価制度について、営業はどれだけ大きなクライアントを獲得できるか、年間の利益はどれくらいかなど「数字」で評価されます。クライアント次第なところもあるので、いかに良いクライアントを持つチームに配属されているかも年収アップのポイントです。

ワンキャリアプラスでは、博報堂で働いている人の転職理由や転職ルート、職種ごとのキャリアパスを見ることができます。興味がある人は登録してみてくださいね。

無料登録はこちら(公式サイト)

博報堂の残業時間・ボーナス・福利厚生

平均年収とも深い関わりがあり、働く上で気になる博報堂の残業時間・ボーナス・雇用形態・福利厚生について詳しく紹介していきます。

残業代・残業時間

2024年3月時点の「ライトハウス」によると平均残業時間は58時間です。

博報堂のは3~4年目までは残業時間に応じて残業代が支給されるので、若手のうちは残業時間が高年収につながっているようです。

とくに営業職は担当クライアント次第で夕方以降のミーティングや問い合わせが発生するため勤務時間は長くなりがちで、イベントや撮影等で土日に業務が入ることも少なくありません。

ただし、働き方改革の流れを受けて様々な取り組みがおこなわれており、長時間労働でブラックなイメージはかなり改善されているという口コミが多く見られました。

そのため、従来のような「残業時間で稼ぐ」といった働き方はしにくくなっているのが現状でしょう。4年目以降は裁量労働制へ移行し、みなし残業時間を超えて残業をしたとしても残業代は発生しません。

博報堂は激務なのかなど博報堂での働き方について詳しく知りたいという人は下記の記事も参考にしてみてください。

ボーナス・賞与

博報堂のボーナスは年に1回(6月末)支給されます

企業業績・所属チーム業績・個人の実績評価の3区分で判断され、支給額が決定します。

年収におけるボーナスの比率は高く、会社の業績や個人の査定次第で年収は100万円前後変わってくるようです。

また、部署によっては年に複数回の賞与支給があったり、インセンティブ支給があったりと、所属に応じた臨時ボーナスの制度もあります。

昇進・昇格、および基本給の見直しは年に1回実施されます。年功序列の文化は残っているものの、中途採用社員が順調に昇格していたり、若手から管理職に抜擢されたりといったケースも増えており、実力・成果主義に近づいている印象がある、といった声もありました。

博報堂の契約社員

博報堂には正社員雇用の他に、契約社員雇用があります。

契約社員は基本的にボーナスが支給されず、正社員と比べると年収が低くなります。ただし、会社の業績が良い場合や所属部署によっては多少ですが、賞与が支給されることもあるようです。

契約期間は3年で2年目の秋に正社員登用試験を受けられますが、契約社員から正社員になるのは非常に狭き門です。

本人の実力はもちろんですが、所属部署がタイミングよく人員不足で新たな正社員を補充したい、といった運の要素も必要になるため、合格率は数%といわれています。

福利厚生

支社配属となる場合の住宅手当、財形貯蓄や社員持ち株会などの制度はありますが、日本の伝統的な大企業に見られる手厚い福利厚生制度はありません。

博報堂らしい福利厚生・働き方改革の考え方として「一緒に働く人同士の時間を大切にする」という考え方があります。

しっかりと休息時間を設けながら各社員・チームのクリエイティビティを重視するもので、「プラ休」「インターバル11」 「スラッシュ7」「サイレント10」といったユニークなルール・マナーの制定など、全社を挙げた取り組みがおこなわれているのが特徴です。

博報堂の年収に対する評判・口コミ

博報堂の年収に対する評価を「ライトハウス」から集めてみました。

現役社員・元社員が年収に対して、どのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

博報堂の年収に対する良い評判・口コミ

評判・口コミ

40代・女性<br>アカウントプロデュース

40代・女性
アカウントプロデュース

昇給は緩やか。賞与に関しては年1回で6月末。年によって金額は異なる。前年度のボーナスがもらえるイメージなので新卒1-2年目はほとんどもらえない。4年目以降は裁量労働制になる。福利厚生は利用しようと思えば色々ある。住宅手当はない。 ライトハウス

評判・口コミ

30代・男性<br>アカウントエグゼクティブ

30代・男性
アカウントエグゼクティブ

年次により基本給と賞与の給与制度が変化する。基本給については、入社から数年は、基本的に年功序列。一定の年次以降は、給与テーブルが変わり、評価により年一回年俸が決まる。賞与については、全社、所属部門、個人の3つの査定があり、それで決定する。

ライトハウス

博報堂の年収に対する悪い評判・口コミ

評判・口コミ

40代・男性<br>アカウントエグゼクティブ

40代・男性
アカウントエグゼクティブ

総じて仕事が好き、長時間労働はいとわない、というカルチャーは強い。良く言えば、クライアントのために何ができるか、というのをしっかり考え抜く。終電がなくなった就業後に朝まで飲みに行く、といった非常に濃密な付き合い。そういった密な付き合いを形成し、業務を円滑に回すというカルチャーはある。

ライトハウス

評判・口コミ

30代・男性<br>アカウントディレクター

30代・男性
アカウントディレクター

現場の風通しは申し分ない。ただし、一定のマネジメントレベルになるとトップダウンが異常に増えている印象。とてもフランクで、部門をまたいでいろんな相談ができる。また一定年次までは地頭が良く、ダイナミックな人材が多いため、刺激が多い。

ライトハウス

博報堂の会社情報・採用情報

博報堂の会社概要と採用情報について紹介していきます。

社名 株式会社博報堂
資本金 358億4,00万円
所在地 東京都港区赤坂5丁目3番1号
赤坂Bizタワー
創業 1895年10月6日
設立 1924年2月11日
代表者 水島正幸
事業内容 顧客企業のマーケティング戦略・計画の立案、各種広告媒体取扱や広告制作、コンサルティング、リサーチ、PR、イベント実施等の専門マーケティングサービスの提供
従業員数 3,918名

(2023年4月1日現在)

博報堂への転職を成功させるコツ

dodaの「転職人気企業ランキング(2022年)」の67位にランクインするほど人気があり、年収も高い博報堂への転職を考えているのなら、転職エージェントを利用すると良いです。

なぜなら、転職エージェントでは博報堂の非公開求人を保有している可能性があるからです。また、博報堂の選考に合わせた応募書類の添削、面接対策なども無料でおこなってもらえます。

ただ、転職エージェントによって保有している求人やサポートに違いがあるので、まずは以下で紹介する転職エージェントの中から2〜3社に複数登録をして、実際にキャリアアドバイザーに会ってみた上で、サポートを任せるエージェントを絞り込むと良いです。

また、転職するべきか迷っている人は、博報堂のような企業からスカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

line

line

人気の転職エージェント