20代で転職を検討されている方へ


未経験で広告業界へ転職するには?事前に知っておくべきこと!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

広告業界は華やかなイメージがあって、憧れから転職先にするのも良さそう…と思っている人も多いのではないでしょうか。この記事を読んでいるアナタもその1人ですよね。

中には新卒の就職活動で広告業界を志望したものの、大手広告代理店はすべて落ちてしまい、結果的に他の業界へ新卒入社をしてしまった人もいるかと思います。他業界で働いていたけど、やっぱり広告業界を諦めきれず、転職したいと考えている人もいるでしょう。

実際に弊社にも広告業界へ転職したいと相談に訪れる方はいます。

ぶっちゃけると広告業界は一般的には業界経験者採用が中心ですが、未経験での採用をおこなっているケースもあります。

未経験でも入社のチャンスがある広告業界へ転職したい人向けに、気になる「未経験で広告業界へ転職するには?」「転職活動をする前に知っておきたいこと」など、転職のプロである筆者が徹底的に解説していきます。

広告業界への転職を検討し始めると、「事前にどのような対策をしたらいいのか」「専門的な知識がなくても大丈夫なのか」など、不安に思うことはたくさんあると思います。その不安を少しでも解消できるような情報をご紹介するので、ぜひ最後まで読んでいてくださいね!

広告業界に未経験で転職をするには?

まず、転職市場として、未経験者を対象と求人は少ないことが一般的です。

これはどの業界にも言えることですが、未経験は即戦力に直結しにくく、企業側にとっては利益につながりにくいからです。

景況感にもよりますが、広告業界では、特に大手総合広告代理店では未経験対象者求人自体が少ないことは注意点としてあります。

広告業界の企業群を整理すると、主に下記があります。

  1. 総合広告代理店(電通や博報堂といった大手から中堅まで様々あります)
  2. インターネット広告を中心としたインターネット総合広告代理店
  3. イベントなどを運営する、イベント会社
  4. 販促やセールスプロモーションを中心とする、SP会社
  5. 制作会社(広告制作会社、Web制作会社)

では、未経験者対象として、どのようにして広告業界に入社するチャンスがあるか?気になりますね。

実際のところ、広告業界での未経験者対象の募集の場合には、25歳以下の第二新卒の若手をメインターゲットとしているケースが多いのが実情です。

これは未経験だからこそ、型にはまることなくキャリア期待できる年齢であることや給与面などの背景があります。

20代後半から30代前半の場合は、ある程度の経験が求められますが、ごく稀に未経験でも広告業界に入社出来ることもあります。

30歳前後の場合は、契約社員や派遣社員などの雇用形態を問わずに、業界での経験を積み、「広告業界での経験があり」という実績を示せることが必要になってきます。

広告業界に未経験で入るチャンスで一番多い職種は「営業職」です。

大手総合広告代理店では、「営業アシスタント職」を募集しているケースもあります。

逆に、専門的な知識やスキルが求められるクリエイティブ求人(コピーライターやデザイナーなど)は未経験では難しい傾向です。

たとえば、実績としては

  • 不動産業界の営業から広告会社の営業
  • CM制作会社 経理から広告会社の営業アシスタント
  • 商社の営業アシスタントから広告会社の営業アシスタント
  • 小売業界の販売からSP会社の営業

などが挙げられます。

アシスタントの場合、アシスタントとして実績を積み、その後、営業を目指す傾向があります。

広告業界として、「経験を積むことが求められる」業界です。

未経験で広告業界へ転職するポイント!


未経験だけど広告業界へ転職したい人向けに、10年以上現役のキャリアコンサルタントとして転職のサポートをし続けている筆者末永が広告業界へ転職するポイントをレクチャーしていきます。

上記でも説明しましたが、未経験者を対象とした求人は非常に少ないです。そのため少ない求人に応募が殺到することもあって、転職エージェントに非公開で求人を依頼している可能性があります

非公開求人はコーポレートサイトには掲載しておらず、見るためには転職エージェントに登録する必要があります。

また、転職エージェントは広告業界の求人を提案してくれるだけではなく、どういう視点で面接をおこなっているのかなど、実際の面接で役立つアドバイスをしてくれます。広告業界の選考に合わせた面接対策や履歴書・職務経歴書の添削などをおこなってくれるので、転職エージェントに登録しておいて損はないですよ!

広告業界に強いエージェントと一緒に転職活動を進めていくことが、転職を成功させる近道です。

そこで広告業界への転職に役立つおすすめの転職エージェントをご紹介します。

20代はまず最初に必ず登録!おすすめエージェント

紹介実績、求人数共に業界No1!転職者の8割が利用している転職エージェント。
大手エージェントの場合は特に、担当になるコンサルタントによって質のばらつきがあるため、マイナビと平行しての登録がおすすめ!

リクルートエージェント

大手エージェントの中でも、特に20代に強みをもつエージェント!
20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅!

マイナビエージェント

リクルートエージェントと並ぶ、業界最大手のエージェント。リクルートと比べると、多くの求人の中から、コンサルタントが厳選して求人を紹介してくれるスタイル!
マイナビ、リクルートと平行して登録し、比較検討しながら利用するのがおすすめ!

doda

広告業界に転職を成功するための志望動機は?

では、未経験から広告業界へ転職をする際にはどのような志望動機が求められているのか、ポイントをご紹介します。

基本的な内容は以下の通り、どの業界でも求められることで大きく変わりません。

  • 広告業界に興味を持ったきっかけ
  • なぜ、その企業なのか具体的な理由
  • これまでの経験からその企業に活かせる強み

これらを基本的な内容として、簡潔にまとめることがポイントになりますが、

特に、「広告でならなければならない」理由が重要になります。

  • チームワークで仕事をしたい
  • クライアントに提案をして広告を作りたい
  • 御社が手がけた○○の広告が好きで興味を持った

などの漠然とした理由や業界への憧れを述べただけでは志望動機としてはとても弱いです。

なぜその企業なのか、具体的なサービスなどに触れつつアピールすることが大切です。

志望動機の例

現在、大手不動産会社にて営業を担当後、マーケティング部に異動になり、ここでの経験が広告業界を志すきっかけになりました。

インターネット広告のキーワード表現を変え、複数のマス媒体を用いた大規模の広告展開を行ったところ、反響があり、契約数が2倍伸ばすことができる体験をして、広告業界に興味を持ちました。

インターネット領域は、マーケティングトレンドや商材などがめまぐるしく変化していきますが、昨今、貴社はインターネット領域にも力を入れており、豊富なデータやキャンペーン実施などの実績などのユーザーに響く広告事業を展開されていております。

貴社は業界のリーディングカンパニーとして、複数のマス媒体を使った広告展開に強みがあり、様々な媒体を使って広告戦略を提案したいと考えており、貴社の営業職を希望しています。

広告業界での経験は少ないですが、昨今、注目されているインターネット広告などの知識は独学で学び、知識は増やしてまいります。

このように広告業界への強い関心、なぜ広告業界を志望するのか、といった自分なりの志望動機が重要となります。

広告業界に転職する前に知っておきたい、広告業界で後悔したことは?

広告業界というと、華やかでクリエイティブな世界でもあり、学生の就職希望業界でもランキングが上位です。

いざ「広告業界に転職するぞ!」となって、自分で色々と調べていると、「広告業界は激務で大変だ」「休みが取れない」などといったことをよく聞き、不安に思う方も多いのではないでしょうか?

そこで、実際に広告業界に転職をされた方で後悔されたことなどがどのようなものがあるのかを紹介していきましょう。

仕事はハードになりがち

広告業界は様々な広告主との仕事をしますので、案件が重なったりしてハードになりがちです。

最近は、電通の長時間労働の過労死が問題になって、長時間労働に関して世間の話題ニュースになっていますので、企業側も労働時間に関しては意識してはいるかと思いますが、広告業界という職業柄、残業がまったくないとは言えず、所属する部署によっては退社しづらい雰囲気があるのも事実です。

ただ、広告業界で働くことによって、関わった仕事が世の中に露出した時の達成感、社会に関わっていることへの満足感があってやりがいを感じて仕事をしている方がほとんどです。

全体としては、仕事が好きな人が多くて勤務時間がストレスにならない人が多いので、ワークライフバランスを意識して働きたいという方にとって、広告業界はあまり向かない環境と言えます。

体育会系で年功序列の傾向

先にも述べましたとおり、華やかでクリエイティブな仕事に関われるというイメージがありますが、実際には、広告主との仕事ですので、裏方で調整ごとが多くて泥臭いです。

業界の体質も体育会系で、実際に、ノリの良い方や人間関係の構築作りが上手な方が多いですね。

ただこれはごもっともといいますか、広告主との仕事で調整ごとも多いわけですから、人柄がとても重要になってきます。

年収アップは人それぞれ

特に広告代理店の場合、入社時は給与が他業界の同性代と比較すると高い傾向です。

ただ、入社後は昇給があまりなくて年収があがらずに後悔したというケースもあります。

昇給制度についてはその企業ごとによって異なりますが、全体としては、広告業界は入社時の給与が高いですが、その後はあまり昇給しない傾向のようです。

そのため、ハードワークにも関わらず年収がネックとなり転職を考える方が多いです。

雇用形態が契約社員のケース

異業種で未経験からの広告代理店の転職は、多少、職種によって差異がありますが、全体的に極めて募集が少ない傾向です。

たとえば、絶対的なことは言えないですが、大手広告代理店の電通の中途入社での正社員での転職はとても狭き門で、ほとんどの中途入社のケースは、契約社員スタートです。

契約社員であっても職種やポジションにもよりますが、ほとんどが近しい業界での実務経験か異業界であっても近い職種の経験が必要になります。

ただ、契約社員であっても、電通の契約社員の給与レンジは高く、他の会社の正社員給与よりも待遇が良いです

優秀な人も多く、契約社員であっても電通での実務経験を持つことはその後のご自身のキャリア評価につながる可能性も高いです。

マス4媒体からインターネットデジタルマーケティングの傾向

最近は、広告主、広告代理店もデジタルマーケティング予算を増やしている傾向です。

時代の流れとして当然のことではあるのですが、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌の4マス媒体からインターネット広告への予算が大きくなっていますので、広告業界で4マス媒体に関わる広告の仕事がしたかったという方にとってはなかなか関われない可能性も出てきます。

ですが、デジタルマーケティングの専門性は今後の必要性は高まりますし、業界全体として、デジタルマーケティング分野の専門性を高めることはご自身のキャリア構築につながっていくかと思います。

実際に広告業界で働いている方は、ハードワークであるものの、仕事にやりがい・達成感を感じている人が続けているという方がほとんどです。
転職を考える際に、ご自身が何を優先にするのか(ワークライフバランスを重視するのか、広告主から発注された仕事をしてやりがい・達成感を優先するのか・・・など)をご自身の中で整理をしてみるとよいのかと思います。

未経験で広告業界へ転職をするには志望動機がキモ!

広告業界の未経験採用では、何よりも「具体的な志望動機」が重要になってきます。

とはいえ、

「自分の考えた志望動機で本当に大丈夫?」

「そもそも面接でどんなこと聞かれるの?不安……」

といったように不安に思っている人が多いのではないでしょうか?

自分の志望動機に自信がなかったり、そもそも面接そのものに不安を感じている人にこそ、転職エージェントがおすすめです。

自分のキャリアや経験で広告業界へ転職できるのかという事前の期待値調整としても利用でき、かつ内定の確率を上げるための、志望企業への推薦履歴書・職務経歴書の添削、面接対策のほか、年収・勤務条件の交渉といった転職活動におけるあらゆるサポートを【無料】でおこなってくれます。もちろん、面接官に刺さる志望動機の考え方についてもアドバイスをしてくれますよ!

転職エージェントは、日々様々な求職者と向き合い続けている「転職のプロ」です。

「広告業界も気になっているけど、本当に自分がどう働きたいのか分からない」「まだ転職するか自体も迷っている」という人も、キャリアアドバイザーが壁打ち役となって、アドバイスをしてくれるので、1度相談をしてみて損になることはないと思います。

とはいえ、キャリアアドバイザーは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアアドバイザーに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度に登録してみて、実際にキャリアアドバイザーと面談をしてみましょう。直接会ってみて、登録した各社と比較検討しながら、自分と相性が合うエージェントと一緒に転職活動を進めていくのがおすすめです。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

20代はまず最初に必ず登録!おすすめエージェント

紹介実績、求人数共に業界No1!転職者の8割が利用している転職エージェント。
大手エージェントの場合は特に、担当になるコンサルタントによって質のばらつきがあるので、マイナビと平行して登録をオススメします。

特徴
【メリット】

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

【デメリット】

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方


転職者から直接ヒアリングしたリクルートエージェントの評判・口コミとは?

2016.03.04

大手エージェントの中でも、特に20代に強みをもつエージェント
新卒サイトの掲載社数、業界No1!
20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅しています。

特徴
【メリット】

  1. 若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート
  2. 20代の若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案を行ってくれます

【デメリット】

  1. 大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 20代で転職を考えている方
  2. 異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方


マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントと並ぶ、業界最大手のエージェント。リクルートと比べると、多くの求人の中から、コンサルタントが厳選して求人を紹介してくれるスタイルです。
マイナビ、リクルートと平行して登録し、比較検討することをオススメしています。

特徴
【メリット】

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます

【デメリット】

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方


実際の口コミから分かるdodaの評判 現役の転職エージェントが評価します!

2017.08.28

第二新卒・未経験転職に強い転職エージェント


ジェイック


第二新卒・未経験の転職に強い転職エージェント。

面接対策・履歴書の書き方・ビジネスマナーなどの無料講座を提供しており、転職決定するまで1対1で個別サポートしてくれます。

特徴
【メリット】

  1. 面接対策・履歴書の書き方の無料講座を受講できる為、面接対策は万全!
  2. 専任のスタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に除外しており、転職後の定着率は94.3%!

【デメリット】

  1. 「無料講座を受講 ➡︎ 求人紹介」 という流れになる為、無料講座の受講が必須となります
こんな人がおすすめ!
  1. 大手の転職エージェントに登録したものの、面接対策に不安のある方
  2. 経歴に自信がないから無料講座を受けてみたい方
  3. フリーターから正社員への就職を目指している方

「大手転職エージェントを利用したけどサポートしてもらえなかった。。」という方も、ジェイックではサポートを受けることが可能です!


ジェイックの評判を転職のプロが徹底分析!気になる口コミなどを大公開!

2018.07.24

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性にオススメの、事務の求人や残業なし・少なめの求人も多数取り扱い!
女性の方は間違いなく登録しておくべきエージェントです!

※サポートエリアが1都3県に限られます。
希望勤務地が上記のサポート対象外の場合は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。


特徴
【メリット】

  1. 女性のアドバイザーが担当
  2. 女性にオススメの求人を多数保有している
  3. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  4. 女性の転職に10年以上のノウハウ

【デメリット】

  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!

  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

特徴
【メリット】

  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる

【デメリット】

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!

  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方



ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

特徴
【メリット】

  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)

【デメリット】

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!

  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方


JACリクルートメントの評判・口コミから分かる利用すべき人  

2018.10.15