広告営業の志望動機のコツを徹底解説!【転職エージェント監修】

  • !

PC デスク

    こんにちは!すべらない転職エージェントの末永です。

    広告営業に転職したい人向けに志望動機の書き方やポイントを、サイバーエージェントで広告営業の経験のある転職のプロが解説します。

    志望動機は転職成功のための設計図となるものです。しっかり考えていきましょう!

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

広告営業の志望動機は自己分析が重要

広告営業へ転職する際、志望動機の明確化が重要なポイントになります。

「なぜ広告営業に転職したいのか?」という部分を自分なりの言葉に置き換え、自分だけの表現でしっかりと伝えることで履歴書も書きやすくなりますし、面接で伝えるべきことも整理することができます。

志望動機を明確にするためには、深いレベルの自己分析が不可欠です。

ここでは、広告営業への転職を考える際に意識しておきたい自己分析のポイントについて詳しく解説していきます。

強み・弱みを整理する

広告営業への転職にかぎった話ではありませんが、自己分析では強みだけでなく弱みについても客観的に見つめることが必須です。

社会人であれば、自分の強みやセールスポイントについてはある程度見えてくるかもしれませんが、弱みについては意外とわかりにくい場合があります。

また、自分では弱みだと思っているポイントが実はあなたにしかない強みだったり、貴重な武器だったりすることもあります。

自己分析を深いレベルでおこなうことによって自分の強みや弱み、広告営業職としての武器を整理することができ、転職活動における課題が見えやすくなります。

強みや弱みを具体的に把握することにより、職業適性を知ることにもつながります。

自分なりのストーリーにする

自己分析をただのデータとして終わらせてしまったのでは、転職活動の資料として活かすことができません。

企業側が本当に求めているものは、あなただけのストーリーです。

「前職では一般営業が中心だったが、転職後は広告営業に携わり、よりクリエイティブな仕事がしたい」など、感情の動きをストーリーにのせて伝えることによって人柄が見えやすくなり、オリジナルの言葉として相手の心を揺さぶることができます。

ストーリーには、原体験が不可欠です。

原体験とは「あなたの心に深く根ざしている体験」のことで、ほとんどの場合、それは子どもの頃の体験と密接に結びついています。

子どもの頃から社交的で、リーダーシップに恵まれていた人は成長してからもプレゼン能力に長け、営業職に向いている可能性があります。

自己分析でも原体験を振り返ることで、あなた自身も気づかない本当の性格や資質が見えてきます。

面接での質問を想定する

面接対策の一環としておこなわれることの多い自己分析では、面接での質問を具体的に想定しておくことがポイントです。

面接での質問をあらかじめリストアップしたうえで自己分析を繰り返すことで、「面接で本当に伝えるべき内容」を具体的に整理することができます。

面接がもともと苦手な人は、質問をシミュレーションすることで自信につながるかもしれません。

広告営業の面接でよく聞かれる質問としては、以下のようなものが挙げられます。

  1. 前職での経験
  2. 将来のビジョン
  3. 前職を通して得られたスキル
  4. 前職を辞めることになった理由

面接での質問にはさまざまなバリエーションがありますが、基本的には上のようなカテゴリに分類できるとされています。

最近では変化球に近い質問を取り入れる企業も増えていますが、自己分析を繰り返して面接内容をシミュレーションしておけば対応力もあがりますので、その意味でも自己分析は面接対策において不可欠であると言えます。

客観的な意見を参考にする

自分ひとりで自己分析をおこなうことは、あまり効果的ではありません。

自己分析では客観性が不可欠であり、専門的なメソッドを理解しないかぎり、「主観的な自分探し」で終わってしまいます。

そこでおすすめなのがプロの力を借りることです。大手転職エージェントではプロのキャリアアドバイザーによる面接指導が受けられます。

キャリアアドバイザーに自己分析の添削も依頼することができ、プロによる客観的な添削を受けることによって「他人から見た強み・弱み」を視覚化することができます。

履歴書や面接では「客観的な自分」をアピールすることで実績やスキルを伝えることができ、「物事を客観視できる人材」という印象を強めることができます。

自己分析は繰り返しおこなう

自己分析を1度きりで終わらせてしまったのでは、自己分析の効果を充分に引き出すことはできません。

面接対策の一環として自己分析を何度も繰り返すことで強みや弱み、セールスポイントがより具体的に見えるようになり、面接でもゆとりをもって面接官にアピールすることができます。

自己分析をより効果的におこなうポイントは、フェーズごとに目標を設定することです。

「強みや弱みを整理する」「性格について深く掘り下げる」「原体験を深掘りする」など、それぞれのステップごとにゴールを設定し、少しずつ自分について知っていく、というイメージすることで自己分析の効果がより向上し、有効な面接対策につながります。

フェーズ終了後はキャリアアドバイザーによる添削指導を受け、課題をその都度アップデートすることで分析の精度を高めていくことが理想的なパターンです。

自己分析のやり方について詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

【無料】企業への転職なら、年間3000人の転職相談を受けているすべらないキャリアエージェントにぜひご相談ください!

広告営業の仕事内容

広告営業の業務は主に、「自社メディアのクリエイティブ」、「クリエイティブの広告制作代行」の2つに分けられます。

最近では後者の広告制作代行がメインの業務となっていますが、規模の大きい企業では自社メディアによって何本もの広告を配信し、企業ブランドを高めている場合もあります。

広告営業に共通する主な仕事内容についてひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

ブリーフィング・オリエンテーション

広告営業では、入念なブリーフィングが不可欠です。

ブリーフィングやオリエンテーションに充分な時間をかけるほどクリエイティブのクオリティが向上するといっても過言ではありません。

広告営業におけるブリーフィングでは背景の説明や情報共有、資料の整理が中心となります。

事前のヒアリングで収集したクライアントのニーズをいったん資料に落とし込んだうえで、もう一度説明をおこなっていきます。

ブリーフィングやオリエンテーションは日本ではあくまでも「仮の打ち合わせ」といった程度に認識されており、完成された資料を用意する必要はありません。

ただ、ブリーフィングやオリエンテーションの段階でクライアントと広告に関するニーズや運用戦略を共有しておかなくてはならないため、あらかじめ資料や基礎データをリサーチする必要があります。

ブリーフィングのスキルによって営業スタッフとしての力量が問われるとまで言われていますので、「広告営業は最初が肝心」とおさえておきましょう。

コンペ

企画コンペは広告業界では当たり前におこなわれています。コンペは、企業との契約を結ぶための非常に重要なイベントであり、営業職がその力を発揮できます。

企画コンペで成功をおさめるためには、事前にしっかりとした戦略と計画を立てる必要があります。

とくに、準備段階では徹底したリサーチが不可欠であり、コンペ後のヒアリングをスムーズにおこなううえではずせないプロセスでもあります。

営業職の仕事内容は会社や役職によって異なりますが、幅広い分野での情報収集活動が重要であると言えます。

収集した情報は実際の広告制作の土台になりますし、もちろん、コンペでライバル企業に差をつけるうえでも大きな意味を持ちます。

競合他社とは違った存在感を示すことが重要であるため、クライアントのニーズや要望をしっかりと把握しているかどうかが結果に影響を与える可能性があります。

コンペでは、どのようなイメージの広告をつくりたいのか、どのような分野の広告制作が得意なのか、ということをグラフとともにアピールすることがポイントです。

プロジェクトチームのアサイン

広告制作は、原則としてチームでおこなわれます。

案件は基本的にプロジェクト単位でおこなわれ、外資系企業ではプロジェクトごとに違うメンバーが割り振られるケースもあります。

クライアントへのヒアリングを含めると、広告制作は数ヶ月から数年単位の期間が必要となりますので、プロジェクトメンバーとの連携が重要な意味を持ちます。

メンバーひとりひとりの特性や能力を理解し、苦手分野を互いにカバーしながらアフターフォローまでつなげるのが基本的な流れです。

もちろん、ただ単にコミュニケーションを取るだけでなく、他部門のメンバーとも信頼関係を築き、アンテナをつねに張っておくことでクリエイティブの精度を高めることができます。

スケジューリング

広告営業の世界で重要となるのがスケジューリング能力です。

ここまで見てきたように、広告制作では事前のヒアリングからクリエイティブの制作、入稿、納品まで、長期戦であれば半年以上の期間がかかる場合があります。

ほとんどの場合、一連の工程がストレートに進むことはなく、入稿までにクリエイティブの再考、ヒアリングのやり直しが数回入るのが一般的なパターンです。

広告営業担当者はまず、案件をオファーされた段階で全体のプロセスを俯瞰し、それぞれの工程でどのくらいの時間が必要になるのかをシミュレーションします。

大まかなクリティカルパスを想定しておくことで細かいプロセスを把握することができ、また、クライアントからの差し戻しなど、突発的なスケジュール変更にも柔軟に対応することが可能になります。

また、最近ではウェブ広告の普及によって広告制作のスパンも短くなっており、「納品まで約1ヶ月」という短期戦でのオファーも増えてきています。

広告営業担当者としては、どのような制作期間になっても対応できるよう、若いうちからさまざまなパターンの案件を経験しておくことが重要です。

【無料】企業への転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れているすべらないキャリアエージェントにぜひご相談ください!

広告営業に求められるの特徴

広告営業の世界で歓迎される人材の特徴について整理しておきましょう。これらの特徴を実際の経験を含め志望動機で著すと評価されます。

無形法人営業の経験がある

広告営業は企業を相手にする業界ですので、法人営業の経験があれば現場でもアドバンテージとして活かすことができます。

営業職の中でもとくに無形営業はプレゼンテーションが難しく、営業担当者の力量が問われる分野と言われています。

言い換えれば、無形法人営業の経験と実績は広告業界でも大きな武器となり、スキルと資質の証明としてアピールできるのです。

頭の回転が早い

広告営業にかぎらず、人を相手にする仕事では臨機応変さが何よりも求められます。

オーソドックスな商談はもはや存在せず、クライアントに合わせたきめ細かい「オーダーメイド営業」ができなければ務まらない業界とも言えます。

ヒアリングから入稿まで、クライアントからの想定外の質問・要求に迅速に対応できるだけのゆとりをもち、トラブルをつねに想定しておくことで臨機応変力は自然ときたえられます。

情緒的コミュニケーションができる

広告営業は数字やデータを扱う職種ですが、理論だけではクライアントに納得してもらうことはできません。

広告営業は「顔の見える仕事」ですから、気持ちの通った、心が伝わるコミュニケーションが自然と実践できるかどうかがポイントになります。

一般的な感覚で考えても、数字だけに説得してくるような相手に人間味は感じられませんよね。

情緒的コミュニケーションに向いている人は、「雑談力」に長けています。

新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、あらゆるメディアにアンテナを張り、つねに最新の情報をアップデートすることで雑談力はきたえられていきます。

もちろん、ただの雑談で終わらせず、何気ない会話から本題である商談につなげ、クライアントに納得感を与えられるスキルを持っている人材が広告業界では重宝されます。

好奇心がある

広告営業は、ある意味で時代と寄り添う仕事でもあります。マーケティングとはつまり消費者ひとりひとりの心理であり、希望であり、流行です。

半年前に通用していた当たり前の常識が永遠に通用するとはかぎりません。流行り廃りの激しいIT業界などでは数週間単位でトレンドが移り変わっていくケースもあります。

好奇心が強く、世間の小さな動きをもらさずキャッチアップできる敏感さを持っておくと、広告営業の世界でも有利に業務を進めることができます。

人と関係構築ができる

広告営業で重要となるのは、クライアントとのコネクションだけではありません。

規模の大きいプロジェクトでは他部門のメンバーと連携を取り合う必要が出てきますし、場合によっては他業種のプロフェッショナルから角度の違うアドバイスを取り入れる場面が出てくるかもしれません。

業種の垣根を超え、シームレスにコミュニケーションを広げられるスキルを磨いておくことで広告営業でも大きなアドバンテージとなります。

︎︎[完全無料]すべらないキャリアエージェントは、無形商材法人営業への転職支援が得意です!

広告営業の志望動機の書き方

転職活動の志望動機で人事が重視しているのは以下の3つです。

人事が重視していることは、評価のポイントになるので志望動機を考える際に意識して入れる必要があります。

広告営業を志望する理由

まずは、広告営業を志望する理由についてわかりやすく書きましょう。

広告営業の経験があるなら、「前職の経験を活かしてさらなるキャリアアップにつなげたい」などと書くのが良いですし、未経験でも、「新たな分野にチャレンジすることで視野を広げたい」と書けば熱意と意欲が伝わります。

応募企業を選ぶ理由

業界への転職理由以上に重要となるのが企業への志望動機です。

どの企業も熱意ある人材を求めています。企業の公式Webサイトやパンフレットから企業の業績、実績、主力事業をチェックすることで志望動機が固まっていきますので、事前のリサーチは充分な時間をかけておこないましょう。

過去の実績や活かせるスキル

広告営業では、専門的なスキルや資格が必須となる場面はそれほどありません。

ただ、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、論理的思考力は業務を進めるうえでも大きなアドバンテージになりますので、自己分析の結果を通してスキルをアピールしていきましょう。

︎︎[完全無料]「志望動機が思い浮かばない...」転職支援のプロから客観的なアドバイスをもらい、面接官に刺さる志望動機を作りませんか?

広告営業の志望動機の差別化ポイント

転職活動では「履歴書の段階でいかに差をつけるか」がポイントとなります。履歴書の志望動機で「おっ」と思わせるポイントについて見ていきましょう。

数字を積極的に使う

実績やスキルは、言葉で説明するだけでは伝わりません。数字によって根拠を示すことで説得力が増し、ライバルとの差別化をはかることができます。

「前職では1年間で成約率を5%上昇させました」のように、過去の実績を数字で示すことができればより効果的です。

業界・職種に関する経験を書く

広告営業の経験者であれば、履歴書の段階で具体的な経験をアピールをしていきましょう。

実績をただ示すのではなく、「業務の経験から人間的な成長へとどのようにつなげているのか」をひとつのストーリーとしてアピールすることで人柄が伝わり、入社後の働き方を具体的にイメージしてもらうことができます。

︎[完全無料]転職サイトに出ていない独自の優良求人を多数保有しています。転職相談はこちらから。

【ケース別】広告営業の志望動機の例文

最後に実践編として、広告営業への転職で有利になる志望動機のポイントについて見ていきましょう。

広告営業経験者の場合

大手広告代理店にて営業を6年ほど経験しています。

前職では主に法人営業を担当しており、転職後はクライアントの顔がより見えやすい個人営業を経験してみたいと思い、この度エントリーさせていただきました。

貴社ではとくに大手メディアへの営業に強く、幅広い人脈が構築できる点も大きな魅力です。

広告営業未経験者の場合

IT関連の企業で8年ほど勤務し、マーケティング、特に商品のブランディングを担当していました。

広告営業職には以前より関心があり、様々なクライアントと緊密なコミュニケーションを取ることができる業務に携わりたいと思い、この度エントリーさせていただきました。

入社後は現職でのマーケティングの知識・経験を活かし、クライアントの広告戦略の支援を一貫しておこないたいと思っております。

【無料】企業への転職なら、年間3000人の転職相談を受けているすべらないキャリアエージェントにぜひご相談ください!

広告営業への転職にはプロの転職エージェントがおすすめ

広告営業に転職するためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

なぜなら、一般公募をかけている企業の中には、転職者様がキャリアを築けないブラック企業が存在するにも関わらず、転職者様はどの企業がブラックなのか分からないことが多いからです。

すべらないキャリアエージェントは、中小エージェントならではの強みを活かして、転職者に紹介する企業の選別をおこない、ブラック企業の求人を弾いているので、実質的に優良求人しか保有していないのが特徴です。

その結果、以下のような口コミや評判をいただいております。

他にも、以下のような他の転職エージェントに負けない強みがあります。

  • 転職サイトに載っていない優良求人を保有
  • 志望する企業向けにカスタマイズされた面接練習の実施
  • 転職支援のプロによる転職者の長期的なキャリア設計のコンサルティング

本気で転職を成功させたいと考えている人は、ぜひ一度すべらないキャリアエージェントに相談ください

営業職でキャリアアップしたい20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。

ポイント

  1. 会社に依存せず市場価値を高めたい営業マンに向けた転職支援!
  2. 営業職のキャリアアップを考えた無形商材法人営業の求人を多数保有
  3. あなたの自己実現ビジョンを軸としたキャリア形成をサポート

【無料】転職サポート申し込み

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A