法人営業に転職する方法は?志望動機&面接でのポイントを解説!

    こんにちは!すべらない転職の末永です。

    法人営業に転職する人に向けて、仕事の特徴や魅力、転職の際のポイントなどについて解説していきます。

    私末永はすべらないキャリアエージェントではたらく人のキャリアについて支援しており、その立場から今回は解説をしていきます!

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

法人営業の特徴

法人営業の特徴は、企業やクライアントに対して自社商品の提案・発注をおこない、商品を導入した後のフォローリングが必要な商材が多いという点ですね。

法人を対象に営業活動をおこなうので、自分が会社の代表であるという自覚や責任感が必要になります。

また、顧客のエージェントのような役割も担うことになるため、顧客のニーズや経営戦略を理解した上で営業活動するのが大きなポイントになりますね。

法人営業の種類は4つある

まず、法人営業は扱う商材として「無形商材」「有形商材」の2種類に分かれ、さらにこの2つの商材を売る営業手法が4つあります。

無形商材は形がない商品で、具体的には保険、アプリ、人材サービスなどが挙げられます。一方、有形商材は目に見える商品で、具体的にはウォーターサーバー、自動車、食料品などが挙げられます。

法人営業は無形商材・有形商材だけではなく、さらに4つの種類に分かれます。それぞれの特徴や必要なスキルなど、わかりやすく以下の表にまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

新規開拓営業 新しい顧客を獲得するというのが新規開拓営業です。ガッツがあり、人に好かれやすい人に向いています。

事業を大きくするには新しい取引先を増やす必要があります。初めての相手が理解できるような説明をロジカルにできることが重要ですね。

また、新規の場合はなかなか成約しないことも多く、諦めない忍耐力があることが望まれます。
深耕営業 既存顧客に向けて、新しいニーズを引き出すことや、課題解決のための商品を提案するのが深耕営業です。共感能力が高い人に向いています。

取引先と深い関係を築き、継続的に取引ができるようにすることが求められます。提案力や相手の課題を見極める能力が深耕営業には必要です。
ルート営業 決められた顧客を回って営業するのがルート営業です。既存顧客に対する営業なので、深耕営業と似たような意味で使われることが多いですね。

外回りでの営業が多いので、外勤での営業に抵抗がない人に向いています。新たなニーズへのヒアリング力やビジネスマナーが求められます。
反響営業 問い合わせがあった顧客に対して営業するのが反響営業です。顧客ニーズを掴めるヒアリング力の高い人に向いています。

問い合わせは電話、インターネット、メールなど様々です。 顧客が自社商品に興味を持っていることが多いので効率的に営業を進めやすいです。

ただ、他社製品との比較を検討していることもあり、差別化や自社製品の強みを熟知することが重要です。

法人営業のやりがい・魅力

法人営業のやりがい・魅力について、以下にまとめてみました。ぜひ目を通してみてくださいね。

決裁者に会うことができる

法人営業は商品導入の具体的なメリットや魅力、費用対効果などを提案して受注するという側面が強いです。

そのため、会社の決定権を握る経営陣などを相手にプレゼンをおこなうケースが多くなります。商品に関する知識だけではなく、業界の知識や知見、マーケティングなどが身につきます。

人脈を得ることができる

法人営業という仕事を通して、数多くの様々な会社の経営陣にプレゼンなどをおこなうことによって、人脈を得ることができます。

また、業務をこなしていくことで、顧客や仕入先からの紹介でさらに人脈が広がり、新規ビジネスを立ち上げられることもあります。

営業力を高めることができる

法人営業の場合は、企業に納得してもらえるような根拠を伴う論理性の高い合理的な提案力が身につきます。

また、個人営業よりも法人営業のほうが単価は高いので、大きな金額を扱う交渉ができるようになりますね。

業務を通して合理的で論理性が高い営業力を身につけられるのは、大きな魅力だと言えます。

市場価値が上がりやすい

営業職の中でも法人営業は市場価値が高くなりやすい傾向が見られます。

一般的に35歳を過ぎると市場価値が下がると言われていますが、法人営業の場合は年齢を重ねると信用を得ることができ、人脈も増えていればそれだけ市場価値も高くなります。

また、顧客となる企業が置かれている状況を綿密に調査して、課題の洗い出しをおこなった上で提案することができるという点も評価されますね。

大きなプロジェクトに参加しやすい

法人営業は取り扱い金額・機関など、スケールの大きさを味わいやすいのが魅力です。法人営業は顧客が企業になるので、事前に必要な商品・サービスを売り込んでいきます。

転職先企業のポジションによっては、長期的なプロジェクトになる場合やグローバルな視点で営業に携われることもあります。

個人営業ではなかなか味わうことができないので、法人営業の大きな魅力だと言えるでしょう。

【完全無料】経歴や人柄を考慮して、あなたに本当に合った求人を提案いたします!まずはすべらないキャリアエージェントの転職のプロたちにご相談ください!

法人営業に向いている人の特徴

法人営業に向いている人の特徴を以下にまとめてみました。

  • コミュニケーション力がある人
  • 学習意欲がある人
  • 論理的思考力がある人

法人営業は、まず結論から話せるかどうか、論理的に話せるかどうかという部分が重要なポイントになります。

顧客の事業内容や市場などを事前にリサーチする意欲がある人や、顧客の課題感や情報を把握しながら論理的に物事を考えられる人も、法人営業に向いていると言えますね。

法人営業で市場価値を高められるおすすめ業界

法人営業の中でもとくに市場価値を高められるおすすめの業界を、わかりやすく以下にまとめてみました。

  • 人材採用&育成
  • 集客&販売促進
  • IT&システム化による業務改善
  • 資金繰り&財務会計

法人営業向けのビジネスの中でも、成長のための投資としてお金が使われているような分野は、とくに需要が大きくおすすめの業界だと言えます。

成長のためにお金を惜しまない企業・分野のほうが取引額が大きくなりやすく、自分の市場価値も高めることができます。

すべらないキャリアエージェントでは、あなたの市場価値を高められる企業の求人を提案します。市場価値を高めたいと考えている人は、ぜひご相談ください。

未経験で法人営業に転職する方法

未経験から法人営業に転職するなら、まず個人営業で数字目標を追う経験を積むのが望ましいです。つまり、1度迂回してから法人営業に転職するという形になりますね。

ただ、まったくの営業未経験からでも法人営業に転職することも可能です。例えば、リクルートライフスタイルジョブズ住まいカンパニーのカウンター職などが挙げられます。

他にも、Web制作代行や求人広告営業、営業代行やウォーターサーバー・電話回線などの営業が選択肢として挙げられますね。

ちなみに、20代で個人営業の経験があり数値を追っている人であれば、法人営業への転職はそこまで難しくありません。

一方、30代で個人営業の経験がある場合は難易度が高まります。その理由は20代と比較をして30代は即戦力採用するケースが多くなるからなんです。

ですので30代の場合は、1度迂回をして法人営業経験を積んでから応募するのがベストだと言えますね。

法人営業の採用面接で見られているポイント

法人営業の採用面接で見られているポイントは、個人営業経験者なのか、それとも営業未経験者なのかという2つのパターンで変わってきます。

それぞれのパターンに分けて、どこが見られているのかご紹介しますね。

個人営業経験者の場合

個人営業経験者の場合は、以下のような部分が採用面接で見られています。

  • 目標達成のプロセスに再現性があるか
  • 法人営業をやる目的が明確化
  • やりきり力

個人営業経験者は、転職しても再現性高くできるかどうか、活躍できるかどうかという部分が確認されますね。

営業経験がある人ならすぐ活躍することができるので、モチベーションがどこにあるのか、頑張り続けられるのかという点も見られます。

また、複数の目標を法人営業で追う必要があるため、やりきる力の有無もチェックされますね。

営業未経験者の場合

営業未経験者の場合は、以下のような部分が採用面接で見られています。

  • 目標の達成意欲が高い
  • 法人営業をやる目的
  • ストレス耐性があるか

営業未経験者は、過去の経験から目標をどのように達成していくのか見られますね。仕事で数字を追った経験がないからこそ、過去の経験から問われることになります。

やったことがないことなので、一定挫折する前提で考えられるのか、乗り越えるだけの動機や耐性があるのかどうか、という部分も確認されますね。

法人営業へ転職する際の志望動機の考え方

法人営業の志望動機で重要なのは「なぜ、その業界の法人営業に携わりたいのか」という部分です。

もちろん、業界により顧客との関わり方や求められる役割に違いがあります。だからこそ、企業研究や業界研究をしっかりとおこなった上で志望動機を考えることが大事です。

ここで、事業内容や商品、サービス、企業理念への共感などに活用しやすい例文をご紹介しますね。

例文1

御社の●●というソフトウェアはこれまでになかった仕組みで、中小企業の業務効率の向上に有効かつ、コストパフォーマンスも高いと思っております。

その価値に大きな魅力を感じ、営業職としてより多くの企業へ、ご提案する仕事に携わりたいと考えています。

例文2

御社は地域密着型のデベロッパーとして、地域の魅力となる商業施設やコミュニティ施設の企画、設計や建設までを一気通貫でおこなっているとお聞きしました。

故郷であるこの地域のお役に立てるよう、新しい施設開発の提案に携わりたく、御社の営業職を志望いたしました。

以下の記事では、志望動機で面接官が知りたいことや、考え方のポイントについて解説しています。不安な人はこちらも合わせて読んでみてくださいね!

関連記事転職面接での志望動機の考え方を解説|面接官に響く回答例つき
【無料】法人営業への転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れているすべらないキャリアエージェントにぜひご相談ください!

法人営業へ転職する際の自己PRの作り方

法人営業に転職する際の自己PRですが、営業経験者と営業未経験者で大きく異なってきます。

まず、営業職経験者の場合は、法人・個人に関わらずこれまでの営業成績、営業への取り組み方で今後活かせる点を伝えるのがベストです。

一方、営業未経験の場合は、どのような点を伝えるべきか悩んでしまうと思います。未経験でも自己PRに有効なポイントは3つあります。

1.これまでの仕事の成果・取り組み

営業職は売上目標という明確な評価指標を持つことになるので、目標達成への取り組み姿勢が重要です。

売上のような数字で表せない目標だった場合でも、これまでの経験をどのように営業面で活かせるのか考え、アピールしていきましょう。

自己PRを考える流れ

  1. 業務上の目標やミッションに対してどのような計画で?
  2. どのように取り組んだ?
  3. どのような成果を出してきた?
  4. 一連の経験からどんなスキル・考え方が営業面で活かせる?

2.顧客との関わり方

接客業・販売業・コールセンター・カウンセラーなど、営業職ではなくても人と接する仕事をしていた人は、顧客との関わり方をアピールできます。

どのように顧客の声を引き出すのか、信頼関係をどのように構築するのか。そして、その結果を売上にどう繋げていくのかなど、経験を営業活動に活かせる点をアピールすると良いです。

以下の記事では、自己PRで話しておくと良い内容や履歴書に書くコツなどについて解説しています。不安な人は合わせてご覧になってみてくださいね!

関連記事履歴書の自己PRってどう書く?書き方とポイントを例文付きで伝授!

3.これまでの業務知識・業界知識

これまでの業務知識や業界知識は、志望する営業先として顧客となる場合に有効です。

相手の立場や求められる知識が武器になるので、どのように活かして営業するのか具体的な考えを伝えるのが良いですね。

ただ、志望する業界にもよるので、しっかりと企業研究をおこなった上で考えましょう。

【無料】法人営業への転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れているすべらないキャリアエージェントにぜひご相談ください!

法人営業へ転職するならエージェントの利用がおすすめ

ここまで、法人営業への転職を成功させるための方法について解説してきました。

しかし、現職の業務をおこないながら自分一人で転職活動をするのはは難しいと思います。

そこでおすすめなのがプロの転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは求人の紹介や、面接の対策をおこなってくれます。

特に、法人営業への転職を希望される人におすすめなのが、弊社すべらないキャリアエージェントです。

弊社は、営業職への転職支援が得意で、実際に営業職を希望される転職者様のご縁を多数お繋ぎしております。

また、徹底的なヒアリングによりあなたのキャリアプランにあった本当におすすめな求人のみをご紹介いたします。

弊社は、リクルートグループのような大手企業から、メドレーネオキャリアのようなベンチャー企業まで厳選した優良求人を保有しております。

【完全無料】でご利用いただけますので、法人営業職への転職をお考えでしたら、すべらないキャリアエージェントをご活用ください。

営業職のキャリアアップを支援する転職エージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. 弊社の戦略的キャリアプランにより年収360万の人が年収700万の営業職へ転職成功!

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A