2019.08.13

法人営業に転職するための方法

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

企業が顧客となる法人営業は、個人向け営業とは違った魅力があり、やりがいがあるだけでなく、長い目でキャリアを考えたとき非常に役に立つ職業です。

弊社は未経験から法人営業への転職支援実績が多数あり、今回は、その経験をもとに、「法人営業に転職するための方法」をまとめました。
転職成功に向けて、ぜひ参考にしてみてください!

法人営業の魅力って?

冒頭でも触れたとおり、企業を顧客とする法人営業は個人向け営業とは違った魅力があります。

BtoBになりますので、クライアントの規模感によっても大から小まであったり、クライアントの発展を支えたりできるのは法人営業ならでは魅力です。

(1) 取り扱い金額や期間など、スケールの大きさが味わいやすい

まず、個人営業と最も違う点は「取り扱い金額や期間など、スケールの大きさが味わいやすい」という点でしょう。法人営業の場合顧客が企業ですので、事業に必要な商品・サービスなどを売り込むことになります。

多くの場合、個人で購入する商品・サービスと比較して高額であることはもちろん、顧客の事業にとって必要な投資であることも多いでしょう。

転職先企業やポジションによっては、長期的なプロジェクトになったり、グローバルな視点で営業に携われることもありえます。
このような点は、なかなか個人営業では味わうことのできない醍醐味です。

(2) 顧客の成長を一緒に味わえることも多い

また、法人営業の場合顧客の事業の発展・成長に寄り添って仕事ができるケースも少なくありません。
中長期的なお付き合いになれば、「パートナー」と言えるような存在になれることもあるでしょう。

そのような関係となって、一緒に何かに挑戦し、感謝されるというのは、仕事のやりがいとして非常に大きなものになります。

法人営業に転職をする際の志望動機

法人営業の志望動機で非常に重要になるのが「なぜその業界の法人営業に携わりたいのか」という内容です。
業界によって顧客との関わり方や、求められる役割も変わってきますので、業界研究・企業研究の上内容を練りましょう。

《例》

  • 御社の●●というソフトウェアはこれまでになかった仕組みで、中小企業の業務効率向上に非常に有効かつコストパフォーマンスも高く、その価値にとても魅力を感じ、営業職としてより多くの企業へご提案する仕事に携わりたいと考えています。
  • 御社は地域密着型のデベロッパーとして、地域の魅力となる商業施設やコミュニティ施設の企画、設計、建設までを一気通貫で行っているとお聞きしました。故郷のこの地域に役立てるよう、新しい施設開発の提案に携わりたく、御社の営業職を志望しています。

これらはほんの一例ですが、「事業内容、商品・サービス・企業理念への共感」などが志望動機には活用しやすい内容です。
業界・企業についてよく調べた上で、それぞれの企業だからこそ言える内容を考えてみてください。

【プロ直伝】転職面接で面接官に響く志望動機の考え方!【回答例付】

法人営業への転職の自己PRは?

最後に、法人営業を志望する際の自己PRはどのようなものが有効なのでしょうか?
営業職経験者の場合には、法人・個人かかわらずこれまでの営業成績や、営業への取り組み方で、今後活かせる点を伝えるのが一番ですが、未経験者の場合には特にどのような点が効果的か迷うところでしょう。

未経験の場合、自己PRに有効なポイントは以下の通りです。

(1) これまでの仕事の成果・取り組み方

まず挙げられるのは「これまでの仕事の成果・取り組み方」です。
営業職は売上目標という明確な評価指標を持つことになります。ですので、目標達成のための取り組み姿勢が非常に重要です。

これまで売上のような定量的な目標がなかった場合でも、これまでの経験をどのように営業の場面に活かせるか考え、アピール材料としましょう。

《このような流れで考えてみましょう!》

  • 業務上の目標やミッションに対してどのような計画で
  • どのように取り組み
  • どのような成果を出してきたのか
  • この一連の経験からどのようなスキルや考え方が営業の場面で活かせるのか

(2) これまでの業務知識・業界知識

次に挙げられるのは「これまでの業務知識・業界知識」です。これは志望する業界にもよりますが、前職の業界や関連業界が、志望先の営業先として顧客となる場合に有効です。

相手の立場や求められる知識が武器になりますので、それを活かしてどのように営業するかという具体的な考えを伝えると良いでしょう。

(3) 顧客との関わり方

また、接客業、販売業、コールセンター、カウンセラーなど、営業職でなくとも、対外的に人と接する仕事に就いていた方は「顧客との関わり方」というのもアピールできるポイントとなります。

どのように顧客の声を引き出すか、どのように信頼関係を構築するか、そのような工夫の末にどのように売上につなげるかなど、経験を営業活動に活かせるという点をアピールすると良いでしょう。

【転職面接】すぐに使える自己PRの考え方・答え方を伝授【回答例】

法人営業への転職をお考えの方へ

法人営業会社への転職を成功させるためには自己分析が欠かせません。一人で自己分析をするのは、非常に困難かと思いますので、転職エージェントの利用をおすすめします。

弊社では、20代〜30代前半を中心に、年間2000人以上からのご相談をいただいています。

これまで、多くの転職相談にのってきた経験から、法人営業に挑戦することのメリットや気をつけるべきポイント、転職した後のキャリアの可能性について、より具体的で戦略的なお話ができると自負しております。

ぜひ、転職するか迷っている、法人営業への転職を検討している人は、ぜひ1度弊社アクシスにご相談ください。

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。
転職者のキャリア形成や自己実現を応援する上で、たとえ短期的にはしゃがんだとしても、その後にきちんとリターンを獲得できるキャリアプランを提案いたします。

企業ではなく徹底的に個人を向いたキャリアエージェント

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

すべらない転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。