教員からの転職は可能?おすすめの業種や注意点などを徹底解説!

  • !

教員から転職

    教員からの転職を考えている人の中には「教員から転職できるのか?」や「実際に教員から転職した人の体験談を聞きたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

    教員からの転職は絶対に不可能なわけでなく、しっかりとした対策をして転職活動をすれば転職できる可能性は高いです。

    本記事では、教員から転職率や実際に転職した人の体験談、転職時の注意点などを解説します。ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

教員からの転職事情

教員から他の職業への転職は十分可能です。ただ、注意点として年齢によって転職難易度が異なるため、現在の年齢を考えた上で転職を検討しましょう。

年齢によって転職の難易度が異なるのは、年齢ごとにポテンシャルや素直さ、現在の能力値が様々だからです。

例えば20代であれば、転職先の職種が未経験でも素直さやコミュニケーション力などの将来性を見込んで採用されるケースがあります。

反対に、30代以降になると将来性よりも即戦力で使えるかどうかを重要視しています。

そのため、30代以降では完全未経験の職種への転職は難しくなり、年齢に応じた実務経験やスキル、マネジメント能力が必要となります。

さらに、教員のほとんどは民間企業での就業経験がなく、利益を最優先にして仕事をする経験がありません。

民間企業では、利益を追求していかに効率よく利益を出せるのかを考えながら仕事を進める必要があるため、企業側からすると教育コストもかかってしまいます。

文部科学省がおこなった令和元年度学校教員統計調査と厚生労働省の2019年雇用動向調査結果の概況をもとに算出した教員の転職率は下記の通りです。

教員 全体
転職率 0.46% 15.60%

データからも分かる通り、教員は民間企業での就業経験がないだけでなく、特別なスキルや経験を持っている人が少ないため、全体の転職率よりもかなり低くなっています。

教員から転職したい人に多い理由5選

教員から転職したい人に多い理由は主に以下の5つです。

  • 残業や部活動でプライベートの時間を確保できない
  • 給料が少ない(年功序列の風土がある)
  • 保護者への対応がつらい
  • 生徒指導をうまくできない
  • 教員同士の人間関係が良くない

特に、残業や部活動によってプライベートの時間が少ないにも関わらず、給料が少ないというのが大きな理由として挙げられます。

また、仕事内容だけでなく、保護者や生徒を含め全体的な人間関係も転職に関係しているようです。

また、Yahoo!知恵袋に投稿された実際に教員から転職した人の体験談として下記のような回答がありました。

人物 【20代・男性】

【残業や部活動でプライベートの時間を確保できない】
平日は勤務時間が平均15時間ほどで土曜日は部活動の顧問、唯一休みの日曜日も次の週の授業準備で忙しくためとにかく労働時間が長かったです。
自分のために使える時間が少ないので転職を決意しました。

人物 【30代・女性】

【保護者への対応がつらい】
いわゆるモンスターペアレントと呼ばれる保護者の方への対応が精神的につらいです。
休みも少ないので心身ともに疲れてしまいました。

人物 【30代・女性】

【生徒指導をうまくできない】
自分が担任しているクラスでうまく生徒をまとめることができず、授業を妨害する生徒たちの指導に苦戦しています。
今のところ改善策が見当たらないので、転職を検討しています。

上記体験談からもわかる通り、教員からの転職を考える理由として多いのが、時間外勤務の多さや勤務時間に対する給与の低さです。

ただ、上記のような理由で転職すると、転職先での将来性や条件面のギャップにより、再び退職してしまう恐れがあります。

そのため、教員から転職するなら自分自身が何を重要視しているかを考えて転職しましょう。

転職エージェント末永 末永

教員からの転職成功には、退職理由や転職軸の明確化が重要です。

それをサポートしてくれるのが転職エージェントです。無料で選考対策はもちろん、あなたがチャレンジできる職種の提案を行ってくれます。

今までの経験と、これから「なりたい姿」を踏まえて最適なキャリアプランを提案してくれるので, 転職で悩んでいるならぜひ登録してみてくださいね。

大手企業への転職に強い転職エージェント

教員から転職する際に考えられる業種

教員からの転職先として考えられる業種には様々ありますが、業種だけで選ぶのではなく、考えている転職先が下記条件に当てはまっているかが重要です。

それぞれ解説していきます。

今後のキャリア設計がしやすい職種

教員は他の業種に比べても専門性が高いため、教員としての経験が転職先の業種で生かせる可能性は低くなります。

逆に、未経験者を積極的に採用している業種には転職しやすく、例を挙げると営業職がおすすめです。

営業職は未経験者でも採用率が高いだけでなく、目標達成までの計画や顧客の課題発見力、提案力など他の職種でも活用できるスキルが身に付きやすいからです。

もし、営業職以外に転職したい業種があるなら、教員からいきなり転職するのではなく、一度営業職で民間企業で働ける能力を身に付けてからにしましょう。

未経験者を積極的に採用している業界・職種

未経験者を積極的に採用している業界・職種を選ぶのは教員からの転職で重要です。しかし、全ての未経験者採用をしている業界がおすすめというわけではありません。

未経験者を積極的に採用している業界でも、おすすめなところとそうではないところは下記の通りです。

おすすめする業界 おすすめしない業界
建築業界
介護業界
運送業
機械業界
製薬メーカー業界(MR)
生命保険業界
不動産業界
OA機器販売業界(オフィス機器)
営業代行業業界

おすすめする業界は、人手不足になっており、採用のハードルが下がっていることが多いです。

実際に、厚生労働省の一般職業紹介状況(令和3年10月分)によると、建築業界の有効求人倍率が5.46倍、介護業界が3.64倍となっており、全体平均の1.06倍よりも高い倍率になっています。

反対に、おすすめしない業界の特徴は、業界や商材に規定されることが多く、業界内での専門性は磨かれても他業界への汎用性が低いからです。

汎用性が低いと今後のキャリアにつながりにくいため、転職活動を進める際は業界や職種を慎重に検討するようにしましょう。

教員から転職する際の注意点

教員からの転職を考えている方が知っておくべき注意点としては、転職すると年収が大幅に下がる可能性が高い ことです。

教員からの転職に限らず、企業は中途採用枠として転職者を募集しているため、基本的に即戦力の人材を期待しています。

しかし、先ほどもお伝えした通り、教員から転職しても即戦力で活躍できる可能性は低いため、その分年収も下がることがほとんどです。

先ほど「20代のうちなら未経験職種でも採用される可能性が高い」と解説しましたが、あくまで採用される可能性だけであり、転職と同時に年収が上がるケースはかなり少ないでしょう。

ただ、転職直後の年収は下がるかもしれませんが、転職先の業界で結果を出せば、教員よりも年収を上げることは可能 です。

教師から転職する際の書類・面接対策

実際に転職先が決まったら選考が開始されますが、一般的な企業の選考は書類選考と面接対策です。選考の中でもとくに重要視されている部分は下記3つです。

上記3つを転職先の採用担当に伝えることができれば、採用される可能性も高まるでしょう。

転職・退職理由のコツ

転職・退職理由を伝える際には、転職を決意した理由が激務や薄給などネガティブでも嘘をつかず、他責にしないで正直に伝える ことが大切です。

転職・退職の理由がどんなものであっても他責にして話すと、企業側から「トラブル時には他責にして改善できなさそう」と感じられてしまいます。

また、面接官は何人もの応募者を面接してきたため、嘘をついても簡単に見透かされてしまいます。

自分を美化しようとして面接時に嘘をつくと、嘘がバレるだけでなく、相手に悪い印象を与えてしまうため絶対にやめましょう。

嘘をつくのではなく、ネガティブな転職・退職理由をポジティブな表現に言い換え ればかえって印象はよくなります。

例えば、激務が原因で転職したいなら「キャリアアップの勉強に当てるために適度な労働時間の企業で働きたい」などに言い換えるのがおすすめです。

志望動機のコツ

志望動機のコツは「その企業を選んだ理由」だけでなく、「転職後にどのような自分になりたいと考えているのか」 もセットで考えることが大切です。

面接官は、企業を選んだ志望動機の中から転職後の覚悟や転職者と企業の考え方のギャップの有無などを判断します。

そのため、企業を選んだ理由だけでなく、将来まで見越して一生懸命に働く覚悟があることを伝えると面接官からは好印象です。

面接官によっては、志望動機次第で採用可否を決めることもあるため、単純な企業のイメージのみの志望動機だけでなく、事前に企業を研究し尽くしたうえで志望動機を考えましょう。

自己PRのコツ

自己PRのコツは、企業が中途採用者に何を求めているのかを考え、企業が求めている人物像に合うような実績やスキルをアピール することです。

たとえ、すごい実績やスキルがあっても、企業の求めている人物像とマッチしていなければ面接官には響きません。

さらに、企業が求める人物像に合うような実績が見つかったら、その実績を転職後どのように生かせるのか もアピールすると好印象です。

注意点として、自己PRは一般的に300字程度、面接だと30秒から1分のケースが多いです。そのため、伝えたいポイントは1つに絞り、簡潔に分かりやすく伝えましょう。

教員から転職した人の体験談

実際に教員から転職した人の体験談は下記の通りです。

【20代・男性】
私は社会人2年目で転職を決意しました。
正直、早期での転職ですので転職活動が難航することは覚悟していたのですが、エージェントの方のサポートもあって3ヶ月ほどで転職することができました。
今ではプライベートの時間も確保できて充実しています。
【30代・女性】
結婚を機に退職して、子供が大きくなったタイミングで転職活動を始めました。
当時は求人サイトで事務職に絞って転職活動を進めていましたが、書類の段階で落とされることが多く苦戦していました。
その後、実際に事務職に転職した友人のアドバイスをもらい、書類内容の見直しや面接でのアピール内容を改善した結果20社ほど応募してなんとか転職することができました。
【30代・女性】
私はワークライフバランスの見直しを考えた際に転職を決めました。
ただ、転職活動の進め方や自分に合った業界がわからなかったので、転職エージェントを利用してキャリア設計から行ってもらいました。
その結果、自分の新しいやりがいを見つけることができ、転職先でも充実した時間を過ごせているので、転職活動を始めたての時にキャリア設計を組み立てておいてよかったと感じています。

同じ人でも、書類の内容や面接でのアピールポイントを修正したことで、転職できた人もいます。

また、1人で転職するのが不安な人は、転職エージェントをうまく活用して転職に成功したようです。

教員からの転職がうまくいっていない人は、自分自身の状況ごとに試行錯誤すれば、転職成功率が高まるでしょう。

教員から転職を考えている全ての人へ

教員から転職を考えている人の中には、時間外勤務や薄給など職場環境が原因だという人が多いです。

現状を変えるための方法として転職を考えるのはよいことですが、転職先を調査 したうえで転職しなければ、同じような理由で転職を繰り返すことになりかねません。

その点、転職エージェントはあなたが何に不満を感じていて、転職先では何を重要視したいのかを整理した上で転職先を提案してくれる のでおすすめです。

ただ、転職エージェントによっても相性があります。

そのため、複数の転職エージェントを利用してみて、相性の良さそうな転職エージェントと転職活動を進めましょう。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

ポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェント
に相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

転職に役立つ関連記事

教員以外の他の職種へ転職する際に役立つ関連記事をまとめてみました。

他の職種の仕事内容や働く上で感じやすい悩み・不満を把握できるので、気になる記事があればぜひチェックしてみてください。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント