未経験でIT業界に転職|高確率で内定獲得する方法

7971

    IT業界未経験の人がITエンジニア・プログラマーをはじめとしたIT業界に転職するための方法を解説しています。

    IT業界の企業分類や、年齢別の転職難易度や面接を突破するポイントについても合わせてご説明します。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

IT業界の分類

未経験からIT業界へ転職する方法を説明する前の予備知識として、IT業界の仕事内容についてご紹介します。

「あれ…実際IT業界って何だっけ?実はいまいちよくわかっていないんだよね」という人は、ぜひご一読ください。

IT業界は一括りにされていますが、大きく5つに分類されており、それぞれ仕事内容が異なります。その5つの分類と業務内容の種類について、以下にまとめてみました。

IT業界の5分類

  • インターネット・Web業界
    Webサイト制作やネットワーク構築、ポータルサイトなどのサービス提供をおこなう

  • 通信業界
    端末などのツール開発やインターネット環境、通信回線の整備をおこなう

  • ソフトウェア業界
    ソフトウェア開発をおこない、パソコンなどのハートウェアに処理させたい多種多様な作業を可能にするためのプログラムを作り整備する

  • ハードウェア業界
    パソコンやサーバーなどコンピューター、ストレージや印刷機などの周辺機器、ネットワーク機器・家電などといった電子機器本体の製造・販売をおこなう

  • 情報処理業界
    様々な業界・企業の業務に応じたシステム設計・開発や、システム構築やその後の運用や保守などをおこなう

ひとくくりに「エンジニア」と言っても、どの業界でどんなエンジニアになるかによって、職務内容や身に付くスキルは異なります。
自分はどの業界でエンジニアとして働きたいのかを転職前にしっかり考える必要があります。

次に上記5つの業界の有名な企業を具体的に挙げてみたので、どんな企業が該当するのかぜひ参考にしてみてくださいね。

有名な企業
インターネット/Web業界 Google
Facebook
yahoo!
楽天
通信業界 docomo
KDDI
SoftBank
ソフトウェア業界 日本オラクル
トレンドマイクロ
オービック
ハードウェア業界 Apple
NEC
富士通
情報処理業界 NTTデータ
野村総合研究所
日本IBM

2020年以降のIT業界の職種や企業の動向について、以下の記事で詳しく解説しています。さらに詳細を知りたい人は、ぜひ読んでみてください。

関連記事【2021年最新】今後のIT業界・市場はどうなっていくのか?

未経験からIT業界に転職するための方法

未経験からIT業界へ転職するために、どんな方法があるのか気になりますよね。

エンジニアやプログラマーを目指す方、IT業界のマーケティングや営業職を目指す方に分けてご説明していきます。

未経験からITエンジニア・プログラマーを目指す

未経験から、冒頭でご紹介したような、誰もが知る大手企業のエンジニア・プログラマとして転職するのは非常に難しいです。

その理由は、エンジニアに限らず中途採用の場合は即戦力を求める傾向にあるからです。
さらに大手企業や人気企業の求人には経験豊富なエンジニアがキャリアアップ・年収アップのために多数応募します。

経験豊富なエンジニアでもなかなか内定を獲得することができない狭き門なのです。

加えて新型コロナウイルス流行などによる景気不安から、企業の採用は縮小傾向となっています。
2020年3月〜5月の落ち込み以降、徐々に求人が戻ってきつつありますが、依然として求人数は少ない状態が続いています。

エンジニアにおいては、経験者採用のニーズは相変わらず高いですが、未経験者の求人はほとんどないような状況です。

少しでも転職可能性を上げるために、以下でご紹介する方法をぜひ参考にしてみてください。

1. プログラミングの知識・スキルを学ぶ

現時点でプログラミングの知識やスキルがまったくない場合は、まずプログラミング教室などを利用して基本的な知識をキャッチアップすることをオススメします。

エンジニア・プログラマの世界では、知識や資格よりも実務経験が何よりも必要とされます。そのため少しでも早く企業で実務経験を積むことが大切なのですが、「エンジニアってかっこいい」「手に職をつけておくと将来安定」というイメージでなんとなく挑戦するのは危険です。

一般的に1つのプログラミング言語を習得するのに、1000時間もの学習時間が必要だと言われています。
そのため、書籍を使って独学で、言語の習得を目指す多くの人は途中で挫折してしまうことが多いです。

いざ転職したけれど途中で挫折してしまったり、イメージしていた仕事と違った…となっては本末転倒ですよね?

現在はオンラインで気軽にプログラミングを習得できるサービスがあります。こうしたサービス利用してみて実際にエンジニア・プログラマーの仕事が自分に合っているのか見極めると良いと思います。

末永

プログラミング教室の受講経験は、企業側に意欲や本気度をアピールできる材料にもなりますので、まったくの未経験から転職活動にチャレンジするよりも成功率を上げられる可能性があります。


また、転職活動時に求められるポートフォリオ作成のフォローなどもしてもらえますよ。

未経験におすすめのプログラミングスクール

  • 侍エンジニア
    分割で月額¥2,833から学べるコースや、転職決定で受講料が無料になる転職コースなど豊富なコース選択が可能
  • UZUZカレッジ
    未経験からの就職に強いUZUZが母体!言語の中でも需要の高いJavaをわずか1ヶ月で習得可能。受講後は就職サポートが無料

2. 資格を取得する

エンジニア職種の中でも、特にネットワークエンジニアやインフラエンジニアは、資格を持っていれば未経験からでもチャレンジしやすく、実務経験を積むことで着実に年収・キャリアアップが可能な職種なので狙い目です。

実務で必要なCCNAという資格を取得しておくと、ぐっと可能性が高まります。

UZUZが運営するCCNAという資格取得コースを受講した上でのチャレンジをオススメします。

未経験から資格取得が可能

  • CCNAコース
    UZUZが運営!資格取得だけでなく就職サポートまで一気通貫でフォロー。

それ以外の資格で言うと、「基本情報技術者(FE)」「応用情報技術者(AP)」などもオススメです。

ITの仕組みや周辺知識の全体像を理解することができますし、SI企業などでは、入社後にこれらの資格取得を求められることも多いです。

また、自分で学んで資格取得したということは、学習した証になるので、面接場でもアピールしやすくなるというメリットがあります。

基本情報技術者(FE)は受験資格がない上に、短期間の学習で合格を目指せるため、比較的に取得しやすい資格だと言えますね。IPAの発表によると令和元年度秋期情報処理技術者試験の合格率は24.8%となっています。

一方、応用情報技術者(AP)の受験資格は「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者」としており、基本情報技術者よりも上位の資格になっています。

一定の実務経験がないと合格するのが難しい資格なので、基本情報技術者(FE)よりも取得難易度が高いですね。こちらもIPAの発表によると令和元年度秋期情報処理技術者試験の合格率は23.5%です。

3. 未経験からチャレンジ可能な企業で実務経験を積む

中途採用で未経験エンジニア採用をおこなっている傾向が強いのは、富士通日立NECなどの開発案件を2次請け、3次請けで受注しているような受託のシステム会社ですね。

こうした企業では、開発に人手が必要なため、未経験でも教育制度などを整えて受け入れている企業もあります。
そういった企業を探してみると未経験からチャレンジできる企業を見つけることができるかもしれません。

エンジニアとしての実務経験を積むことさえできれば、上記でご紹介したような大手企業にチャレンジできます。1度迂回するような形にはなりますが、このようなキャリアパスを考えるのが良いでしょう。

リクナビネクストなどの転職サイトで「未経験OK」「未経験歓迎」などと記載されている企業を中心に探してみましょう。

末永

とはいえ、未経験の場合は、実際の開発や設計、保守をやったことがないという懸念点から書類選考でお見送りになってしまうケースも多いです。
自主での転職活動に限界を感じる場合には、豊富な求人をもつ大手エージェントへの相談も検討してみましょう。


未経験OKの求人を保有している可能性がありますし、転職エージェントならあなたの意欲や人柄も含めて企業の採用担当に推薦してくれるので、自主で応募するよりも選考を通過できる可能性が上がります。

オススメの転職エージェント

  • リクルートエージェント
    業界No1の求人数!充実した求人で転職者の8割が利用する定番エージェン
  • doda
    利用者満足度No.1!面接対策を手厚くサポートするエージェント
  • マイナビエージェント
    大手からベンチャー、隠れた優良企業の求人を多数保有。未経験でもチャレンジ可能な求人アリ

IT業界のマーケティングや営業職を目指す

営業職やマーケティング職などの職種を目指す場合についても解説していきます。

営業職の場合は、IT業界未経験であっても何らかの営業経験があれば比較的挑戦しやすい職種であるといえます。

20代であれば営業自体が未経験でも、コミュニケーション能力や人柄がマッチすれば採用可能性があります。

30代以降の場合は、マネジメント経験があること前提で採用されることも多いため、20代よりは採用難易度は高くなりがちです。

一方、未経験からIT業界のマーケティング職を目指すにはIT業界での営業経験があると有利になることが多いです。

マーケターを相手に営業するようなポジション、例えば、Web広告運用会社のアカウントプランナーとして携わり、その後事業会社のWebマーケティング職に転職するというような方法ですね。

そういった営業経験があると、業界やマーケティングの基礎知識が身についていると評価してもらいやすいことと、そもそも顧客のニーズを汲み取り、顧客の課題を解決するという仕事のフローそのものが、マーケティングに通じているからです。

未経験から営業職・マーケティング職を目指す人に向けて詳しく解説している記事がありますので、こちらにも目を通してみてください。

関連記事未経験でも営業職に転職できる?プロがぴったりな業界を大公開!
関連記事【未経験必見】Webマーケティングに転職する方法をプロが徹底解説!

【年齢別】未経験でIT業界へ転職する難易度

年齢別に未経験でIT業界へ転職する際の難易度についてご紹介します。

IT業界も他の業界と同様に年齢によって転職難易度が大きく変わります。20代・30代・40代に分けて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは次で年代別について、それぞれ詳しくお話していきます。

20代でIT業界へ転職する難易度

20代はIT業界が未経験であったとしても、ITエンジニア・プログラマーとして転職できる可能性は高いです。なぜなら、20代は将来の成長に期待をしたポテンシャル採用をしてもらえることがあるからなんです。

侍エンジニアなどのプログラミングスクールに通って一定の知識やスキルを身につけていると、さらに転職できる可能性が上がります。

ただ、IT業界は開発案件によっては残業が多く激務になる傾向があるので、20代で転職を考えている未経験者は、まず周囲のレベルに追いつくことが最低の必須条件となりますね。業務に関わる専門用語や知識は身につけておく必要があります。

30代でIT業界へ転職する難易度

基本的に30代の転職は即戦力となるスキルや経験が求められるので、IT業界未経験からITエンジニアやプログラマーへの転職は難易度が高いです。

とは言え、エンジニアは常に人手不足の状態なので、全く可能性がないというわけではありません。

サーバーエンジニアやネットワークエンジニアなら、未経験でも採用してもらえる可能性はあります。なぜなら、企業側のニーズが高まる一方で、ネットワークエンジニアのなり手が少ないこともあるからです。

一定のスキルや経験を持っているネットワークエンジニアの人であれば、転職に困ることはないでしょう。

UZUZが運営するCCNAという資格取得コースを受講した上でのチャレンジをオススメします。

40代でIT業界へ転職する難易度

30代でのIT業界未経験者でも採用してもらえる可能性があるITエンジニア職でも、40代になると採用が厳しくなり、さらに転職難易度は上がります。

なぜなら、一般的に40代になると企業からマネジメント経験が求められるからなんです。

そもそも同じくらいのスキルや経験があった場合、企業は 若い人材を採用する傾向にあります。それは年齢が若い分、それだけ長く会社で働いてくれる可能性が高いからなんです。

このような採用状況であるのを受け入れられるのであれば、40代からIT業界へチャレンジしてみるのはアリですね。ただ、可能せあれば現在の職種のまま同職種へ転職することをおすすめします。

未経験者がIT企業の面接を突破するポイント

どんなにいきたいIT企業があっても、面接を突破しなければ内定をもらうことはできませんよね。

その一方で、内定をもらえるだけのスキルや経験はあるのに、面接でうまく自分をアピールできずにお見送りになってしまうのも非常に残念なことです。

そこでここからは、未経験でIT業界にチャレンジする人向けに面接を突破するポイントを2つご紹介していきます。ここで紹介するポイントは年齢に左右されない共通のものなので、ぜひ参考にしてくださいね。

上記2つのポイントについて、次でさらに詳しくお話していきますね。

熱量・ポテンシャルがあることを示す

IT業界未経験者を採用する場合、採用企業としてもスキルや経験について正確に評価できないため、以下のようなポテンシャル面で評価することになります。

  • 言語や技術などのキャッチアップは早そうか
  • 将来的に活躍してくれそうか
  • IT業界で働く熱意はあるのか

ポテンシャル採用をおこなう場合、上記のような側面で採用するため、何でも吸収する20代のほうが有利になります。

しかし、20代だからといって必ず面接を通過できるというわけではなく、自身の熱量やポテンシャルをしっかりとアピールできなければ面接突破はできません。

「未経験だからこそスキルや知識について勉強して習得していくという姿勢」「その企業やサービス、製品に関わりたいという強い熱意」「未経験で入社して大変な中でもやり抜く覚悟があるのか」という部分を面接を通じてアピールする必要がありますね。

また、IT業界は未経験ではありますが他職種で培ってきた経験や実績から、自分の粘り強さやチャレンジ精神を自己PRとして伝えるのも効果的です。

実績に基づいて自分自身をアピールできるため、面接官に納得感を与えられます。

志望動機を深堀りする

まず、志望動機を深掘りする前に必要なのが自己分析です。なぜなら、面接官に納得してもらうためには「そもそもなぜ未経験でIT業界を志望するのか」「数多くあるIT企業の中でうちの会社なのか」という部分を具体的に語れるようにしておかなければならないからなんです。

エピソードや動機が具体的であればあるほど「本気である」という印象を相手が感じやすく、本気度や熱意、やる気が伝わりやすくなります。

自己分析を終えたら次に志望動機の深掘りへと入っていきます。面接官に自身の熱量・ポテンシャルを示すためには、志望動機の深堀りが重要です。深堀りしたほうが良いのは、以下に挙げた5つですね。

考える点
なぜIT業界を選んだのか ・IT業界に対する対する理解の深さ
・IT業界の現状と今後の課題
・IT業界の将来性について調べる
なぜその分野に進もうと思ったのか ・幅広い事業分野がある中で、なぜその分野を選んだのか
・どのような仕事をおこなうのか理解する
なぜその企業に入社したいと思ったのか ・選択した理由を深掘りし、それを踏まえた上で入社したいと思った理由を考える
その企業に入社して何がしたいのか ・入社後、その仕事を通して何がしたいのか
・企業にどのように関わって成果を出すのか
自分には何ができるのか ・IT業界での実務未経験でも、プラスになる要素があるか

上記5つのポイントは、業界や会社、仕事内容のリサーチすることで考えられるようになります。具体的なリサーチ方法を挙げるなら3C分析がおすすめです。3C分析をおこなえば、ある程度業界や企業について立体的にわかってきます。

一方、未経験からIT業界へ転職する際の志望動機として、IT業界を選ぶ必然性やどのように活躍していきたいのか不明確なものはNGとなるので注意が必要です。具体的には以下のものが該当します。

NG志望理由:IT業界に興味がある

「興味がある」はきっかけに過ぎません。

なぜ興味を持ったのか、興味があるのなら実際にどのようなことをしているのかを具体的に伝える必要があります。

例えば、アプリケーション制作に興味があるから、入社後の研修を期待するのではなく独学で言語を学び、プライベートでアプリケーションを作成しているなど。

NG志望理由:パソコンが好きだから

「パソコンが好きで、パソコンを使った仕事がしたい」は志望動機として弱いです。

なぜなら、現代のビジネスシーンではどこの会社も仕事でパソコンを使っています。そのため、パソコンを使った仕事をしたいでIT業界を選ぶ必然性が感じられません。

志望動機を伝える際にはパソコンが好きだから、実際にどのような行動をしたのか、パソコンを使って会社でどのように活躍できるかなどを伝える必要があります。

NG志望理由:モノ作りが好きだから

「モノ作りが好きだから」は企業によっては、良い志望動機になることもあります。

しかし、これだけでは面接官に刺さる志望動機にはなりません。この理由に対して「たくさんある企業の中で、なぜこの企業を選んだのか」というを深掘りして付け足す必要があります。

志望動機の基本的な考え方について、さらに詳細を知りたい人は以下の記事も参考にしてみてくださいね。

関連記事転職面接での志望動機の考え方を解説|面接官に響く回答例つき

未経験からIT業界への転職を考える人にオススメの転職エージェント

未経験でIT業界への転職を考えているなら、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントは転職者の強みや長所に合わせて、求人情報の提案をしてくれます。

また、今までの経験やスキルをIT業界で活かすにはどうしたら良いのか、そのアドバイスもしてくれるので非常に心強い存在です。

他にもIT業界未経験の場合に採否の大きな評価材料になる履歴書や職務経歴書の添削、志望企業に合わせた面接対策などを無料で受けられるので、内定獲得に向けた対策をおこなうことができます。

以下に筆者がおすすめする転職エージェントをいくつかご紹介します。まずは様々な求人を豊富に取り扱っている大手転職エージェントの中から2社ほど複数登録してみてください。

それぞれの求人やサポートの質を比較しながら、最終的に1番相性の合うキャリアアドバイザーと一緒に転職活動を進めれば、未経験でもIT業界へ転職できる可能性を高められますよ。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

IT業界へ転職したい人におすすめの関連記事

IT業界へ転職したい人向けに、おすすめの関連記事をまとめてみました。

職種や言語、年収などに分けて紹介しています。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント