日本と海外の橋渡しを行うブリッジSEの将来性は?

The following two tabs change content below.
末永 雄大

末永 雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

ブリッジseという言葉をご存知でしょうか。IT業界に携わりがある方であれば、耳にされた方もいらっしゃると思います。さて、ブリッジseとはどういうseなのでしょうか。今回は、ブリッジseについてご紹介したいと思います。

ブリッジseとは

ブリッジseとはブリッジシステムエンジニアのことで、日本や中国などのアジアのIT業界で主に使われている言葉です。

近年、システムの開発コストを下げるため、開発を日本ではなく、人件費の安い国に発注する、いわゆる「オフショア開発」が盛んになってきました。これにより日本で開発するより大幅なコストダウンが狙えますが、他国で開発が進められるため、うまく開発が進まないケースが出てきます。そんなときに活躍するのがブリッジseです。

ブリッジseの仕事内容

ブリッジseとはbrige()つまり、日本と海外の橋渡しを行うseの事を指します。日本と違い、発注先が海外の場合は、時差や文化の違いから受注側と発注側でずれが生じる可能性があるため、それを防ぐ役割を担います。

具体的には海外の開発拠点でプロジェクトの調整、管理を行う場合と、日本から海外拠点を管理する場合があります。

海外で管理を行う場合は、プロジェクトマネージャーのように管理業務を行うことがほとんどです。開発が期日までに間に合うように、現地での調整が求められます。

また日本から進捗管理を行うこともあります。その場合は、メールやskypeでやり取りを行うことがほとんどですが、場合によっては現地に行くケースも出てきます。

オフショア開発とは

オフショア開発とは、海外の開発会社にシステムやソフトウェア開発を委託、発注することです。最近ではスマホやアプリ、ソーシャルゲームなどの開発からテスティングなどの運用保守管理をアウトソースする場合が多くなっています。

オフショア開発を行うことで、先ほども述べたようにコスト削減というメリットがあります。ほかにも、日本に比べITエンジニアが多いため、大量のエンジニアを確保しやすいというメリットもあります。

また、具体的に日本が進出しているオフショア開発先には、中国やインド、ベトナムなどがあげられます。

インドはIT大国でありエンジニアが多く、中国はオフショア開発の歴史が長く需要も未だ需要も高いです。それ以上に注目を集めているのがベトナムで、人件費が安く、親日で真面目な国民性もあいまって、ベトナムへオフショア開発を依頼する企業も増えてきています。

ブリッジseの需要・将来性について

日本のエンジニア不足の増加に伴い、オフショア開発のニーズは高まっています。

海外ではITエンジニアは人気の職業ですので、逆に海外の方が優秀なエンジニアを確保しやすくなっているためです。また、日本は島国のため天災の影響を受けやすく自然災害で開発がストップしてしまう可能性があります。

そのため、拠点を国内だけでなく海外におく企業も増えてきており、オフショア開発はIT業界にとっては、ベターなものへと変化してきています。

そのため、海外との橋渡しを行うブリッジseのニーズも年々増加しており、将来性は高い職種といえます。

ブリッジseに必要なスキルとは

ブリッジseに必要なスキルは、コミュニケーション能力とマネジメント能力があげられます。

最近では通訳からブリッジseになる方もいるそうで、技術力というよりかは言語力、調整力が求められます。海外にも日本語を使える方もいらっしゃる場合が多いですが、日本と海外での伝言、調整役でもあるため、要件を聞いたり、伝えたりするコミュニケーションが大事となります。

また、期日までに開発を完了させるため、日本と海外でのマネジメントも必須となります。わかりやすくいうとプロジェクトマネージャーのような動きを行います。現地の調整だけでなく、日本と海外での調整も重要といえます。そのため、現地の文化を理解することも必要です。

そのほか、仕様書や要件定義書を理解し落とし込むことも重要です。開発の流れを理解していれば尚良いでしょう。

未経験からブリッジseになるには

ブリッジseはプロジェクトマネージャーと似たようなものなので、誰でもブリッジseになれるというわけではありません。

エンジニアとしての経験がある方であれば、語学力とマネジメント力を磨くことで、ブリッジseを目指すことが可能です。エンジニア経験が無い方に関しては、まず開発経験を積みながらブリッジseを目指すことになります。

近年、若い方向けに海外での開発研修を行ったり、海外の拠点で開発経験を積ませる企業もあるため、未経験からでもプログラム開発と並んで、ブリッジseの業務を間近で見れる現場もあります。

まとめ

今回はブリッジseについてご紹介しました。IT業界もグローバル化に伴い、海外との関わりは益々増えてきています。今後も需要は高いポジションですので、ブリッジseを目指してみるのはいかがでしょうか。語学力、調整力に加え、技術力もある方であれば高収入も望める職種ですので、ご興味がある方は是非、チャレンジしてみて下さい。

転職エージェントに頼ってみましょう

エンジニアなどのIT業界に強い転職エージェントをご紹介します。
ぜひ、参考にしてみてくださいね!

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!