ブリッジSEの将来性って?海外との橋渡し役には未経験でもなれる?

  • !

    ブリッジSEという言葉をご存知でしょうか。IT業界に携わりがある人であれば、耳にされた人もいらっしゃると思います。さて、ブリッジSEとはどういうSEなのでしょうか。

    今回は、ブリッジSEについてご紹介したいと思います。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

ブリッジSEとは

ブリッジSEとはブリッジシステムエンジニアのことで、日本や中国などのアジアのIT業界で主に使われている言葉です。

近年、システムの開発コストを下げるため、開発を日本ではなく、人件費の安い国に発注する、いわゆる「オフショア開発」が盛んになってきました。

これにより日本で開発するより大幅なコストダウンが狙えますが、他国で開発が進められるため、うまく開発が進まないケースが出てきます。そんなときに活躍するのがブリッジSEです。

ブリッジSEの仕事内容

ブリッジSEとはbrige(橋)つまり、日本と海外の橋渡しをおこなうSEのことを指します。

日本と違い、発注先が海外の場合は、時差や文化の違いから受注側と発注側でずれが生じる可能性があるため、それを防ぐ役割を担います。

具体的には海外の開発拠点でプロジェクトの調整、管理をおこなう場合と、日本から海外拠点を管理する場合があります。

海外で管理をおこなう場合は、プロジェクトマネージャーのように管理業務をおこなうことがほとんどです。開発が期日までに間に合うように、現地での調整が求められます。 また日本から進捗管理をおこなうこともあります。

その場合は、メールやskypeでやり取りを行うことがほとんどですが、場合によっては現地に行くケースも出てきます。

オフショア開発とは

オフショア開発とは、海外の開発会社にシステムやソフトウェア開発を委託、発注することです。

最近ではスマホやアプリ、ソーシャルゲームなどの開発からテスティングなどの運用保守管理をアウトソースする場合が多くなっています。

オフショア開発をおこなうことで、先ほども述べたようにコスト削減というメリットがあります。ほかにも、日本に比べITエンジニアが多いため、大量のエンジニアを確保しやすいというメリットもあります。

また、具体的に日本が進出しているオフショア開発先には、中国やインド、ベトナムなどがあげられます。 インドはIT大国でありエンジニアが多く、中国はオフショア開発の歴史が長く需要も高いです。

それ以上に注目を集めているのがベトナムで、人件費が安く、親日で真面目な国民性もあいまって、ベトナムへオフショア開発を依頼する企業も増えてきています。

ブリッジSEの需要・将来性について

日本のエンジニア不足の増加に伴い、オフショア開発のニーズは高まっています。

海外ではITエンジニアは人気の職業ですので、逆に海外の方が優秀なエンジニアを確保しやすくなっているためです。

また、日本は島国のため天災の影響を受けやすく自然災害で開発がストップしてしまう可能性があります。

そのため、拠点を国内だけでなく海外におく企業も増えてきており、オフショア開発はIT業界にとっては、ベターなものへと変化してきています。

そのため、海外との橋渡しをおこなうブリッジSEのニーズも年々増加しており、将来性は高い職種といえます。

ブリッジSEに必要なスキルとは

ブリッジSEに必要なスキルは、コミュニケーション能力とマネジメント能力があげられます。

最近では通訳からブリッジSEになる方もいるそうで、技術力というよりかは言語力、調整力が求められます。

海外にも日本語を使える人もいる場合が多いですが、日本と海外での伝言、調整役でもあるため、要件を聞いたり、伝えたりするコミュニケーションが大事となります。

また、期日までに開発を完了させるため、日本と海外でのマネジメントも必須となります。わかりやすくいうとプロジェクトマネージャーのような動きを行います。

現地の調整だけでなく、日本と海外での調整も重要といえます。そのため、現地の文化を理解することも必要です。

そのほか、仕様書や要件定義書を理解し落とし込むことも重要です。開発の流れを理解していれば尚良いでしょう。

未経験からブリッジSEになるには

ブリッジSEはプロジェクトマネージャーと似たようなものなので、誰でもブリッジSEになれるというわけではありません。 エンジニアとしての経験がある方であれば、語学力とマネジメント力を磨くことで、ブリッジSEを目指すことが可能です。

エンジニア経験がない人に関しては、まず開発経験を積みながらブリッジSEを目指すことになります。

近年、若い方向けに海外での開発研修をおこなったり、海外の拠点で開発経験を積ませる企業もあるため、未経験からでもプログラム開発と並んで、ブリッジSEの業務を間近で見れる現場もあります。

ブリッジSEになるには

IT業界もグローバル化に伴い、海外との関わりは益々増えてきています。今後も需要は高いポジションですので、ブリッジSEを目指してみるのはいかがでしょうか。

語学力、調整力に加え、技術力もある人であれば高収入も望める職種ですので、興味がある人は是非、チャレンジしてみてください!

転職を考える際は、転職エージェントの利用をオススメします!

転職エージェントでは企業とのやり取りの代行や面接対策といった転職にまつわるサポートを無料でおこなってくれているので、利用すれば心強い存在になってくれます。

そこで筆者がおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介します。ただ、転職エージェントによって特色が違ってくるので、エンジニアに特化した転職エージェントの中から2社、大手転職エージェントの中から2社程度、複数登録し、最終的に自分と相性の合うところを選ぶと転職を成功させやすいですよ!

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENT
に相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント