未経験での転職、プログラマーになるには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

転職を検討する上で「何か手に職をつけてキャリアを積んでいきたい」、「これからも需要が高そうなIT業界での仕事に関心がある」と言った思いから、プログラマーという仕事に関心を持たれる方は少なくありません。

しかし、そんな思いと同時に「未経験からでもプログラマーに挑戦できるの?」という疑問を持っている方も多いことと思います。

そこで今回は未経験からプログラマーに転職を志す方が知っておきたいプログラマーの市場価値や転職の実態、転職の際に具体的に押さえておきたい転職理由や志望動機などについてご紹介していきます!

プログラマーとエンジニアの違いって?

プログラマーとエンジニアは、似ているようで異なる職種を指します。

言葉としての定義は、プログラマーはプログラムを作成する人、エンジニアは技術者や技師といった意味ですが、ここではエンジニアを、システムエンジニア(SE)として説明します。

一番大きな違いは、プロジェクトにおいて役割が異なることです。具体的には、エンジニアがシステム全体の「設計」を担当するのに対し、プログラマーは設計に従って「プログラムを書く」という役割を担います。

これらの役割を想像するとお分かりいただけるように、エンジニアは顧客と打ち合わせする場面があるのに対し、プログラマーにはそれがありません。ですから、エンジニアには顧客とスムーズに意思疎通できるコミュニケーション能力が求められます。

また、エンジニアは、基礎的なプログラミングの理解とともにプログラマーを管理する能力を求められますので、実質的にプログラマーの上位職となります。ですから、プログラマーとして一定年数働くと、キャリアアップとしてエンジニアへ転職する方が多いです。

プログラマーの市場価値や魅力とは?

プログラマーの市場価値は近年高まりつつあります。

以前は、より上流工程に位置付けられる企画・設計などの部分が重視される傾向にあり、「決められ仕様の通りにプログラミングをできる人なら誰でも良い」というスタンスが強く、その働きに対して報酬も安くされることが少なくありませんでした。

しかし最近では、プログラマーの腕次第でWebサイトやアプリケーションなどの機能性やビジネスの成果が左右されるという認識が醸成され、優秀なプログラマーを求める企業が増えています。

それと同時にプログラマー=仕様書通りにプログラミングというスタンスから、プログラマーであってもユーザーの視点を考慮したり、ビジネス全体に目を向けて仕事に取り組める人材が求められるようになってきました。

以上のことから、目的意識を持ち挑戦を重ねていけば、市場価値が高められるチャンスが数多くあるのが現在のプログラマーという職業の置かれる境遇と言えます。

→未経験から最短でエンジニア転職を目指すなら、プログラミング教室『TECH::EXPERT』がオススメです!

未経験からプログラマーに転職するには?

未経験からプログラマーに転職するには、大きく以下の3つの方法があります。

  1. 転職サイトや志望企業の会社HPから直接エントリーする
  2. 転職エージェントを利用して転職する
  3. プログラミングスクールに通い、スキルを身につけて転職をする

 

①転職サイトや志望企業の会社HPから直接エントリーする

書類選考において、企業は応募書類の情報をもとに、1次面接に進めるか、お見送りにするかを判断しています。

特に転職サイトの場合に多いのですが、実際には「できれば一定のスキルや経験があった方が良い」という採用要件にも関わらず、「まずはとにかく応募を集めたい」という意図で、「未経験歓迎」と謳って応募のハードルを下げているケースがあります。

「未経験歓迎だから」という理由でエントリーしたにも関わらず、他の応募者の中にぴったりの経験スキルも持つ方がいた場合、経験者と相対比較され、「経験やスキルがない」という理由でサクッとお見送りになってしまうのです。

今、何社か応募しているのに、書類選考や1次面接で上手くいかないという方は、こういった状況になっている場合が多いと思います。

 

②転職エージェントを経由して転職する

転職エージェントは、過去に未経験の方を紹介した実績がある企業に対して、「過去に未経験のAさんを採用していただいたと思うのですが、今回も良い方なので一度お会いしていただけないでしょうか?」といったように、応募書類だけではわからない、あなたの人柄やポテンシャルも含めて企業側にプッシュしてくれるので、未経験でも書類選考を通過できる可能性が高まります。

また、未経験でも入社可能性の高い企業の求人をスクリーニングして紹介してもらえるというだけでも、効率的に転職活動を進めることができるためメリットと言えるでしょう。

そこで、現役の転職エージェント・キャリアコンサルタントとして多くの転職者をサポートしてきた私が「対象者別にオススメなエージェント」を紹介してみたいと思います!

まず前提として、

「転職エージェントによって、得意な領域や業界が異なる」

「担当コンサルタントは基本的に選べないため、馬が合わなかったり、納得のいくサポートを得られない可能性もある」

いったリスクが想定されるので、転職エージェントには2~3社同時登録して、比較検討してみることをオススメします。

エンジニア・デザイナーに特化した転職エージェント

末永

エンジニア・デザイナーでの転職をお考えの方は、マイナビITレバテックキャリアをオススメします。

マイナビITとレバテックキャリアはIT/Web業界のエンジニアに特化したエージェントで、専門性の高さにおいてはエージェント界隈ではトップレベルと言えます。

他のエージェントでもエンジニアやデザイナーといった求人の取り扱いはもちろんありますが、こうした特化型のエージェントを使うことで、実際にエンジニア経験のあるコンサルタントからの転職アドバイスを受けられる、最新のIT業界の転職事情などの濃い情報が得られるという点で、大手エージェントと合わせて検討しておきたいところです。

「転職するか分からないけれど相談だけ」という場合でも気軽に相談に乗ってくれますので、これからのキャリアに悩んでいる方は一度相談をしてみることをオススメします。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

プログラマーに限らず幅広い選択肢から自分のキャリアを見つめ直したい

末永

「プログラマ以外でも自分に合う仕事があれば検討したい」「自分にどんな仕事があっているのか、キャリアを考えるところから相談したい」という方には、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手の総合型エージェントがオススメです。

大手のエージェントに登録しておくメリットは大きく2つあります。

1つ目は、特に大手メーカーなどにその傾向が強いですが、特定の大手エージェント1社のみに求人を依頼しているという企業もあり、大手エージェントに登録をしていないと紹介を受けられない求人が存在するという点です。

そのため、大手メーカーや上場企業などへの転職を検討されている方は、大手エージェントは必ず押さえておくべきです。

2つ目は、全業界・職種の求人を網羅しているので、幅広いキャリアの提案が可能という点です。

「自分の進むべき業界・職種が定まっていない」という方は、まず大手エージェントに登録してみて、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談してみると良いと思います。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

③プログラミングスクールに通い、スキルを身につけて転職をする

プログラミングの基礎知識や、プログラミング言語を扱った経験があるだけで、全くの未経験から転職する場合に比べて選択肢の幅はぐっと広がります。

また、実際にプログラミングに挑戦してみることで、仕事のイメージがつきやすくなりますし、本当に自分がプログラマ・エンジニアに向いているのか?ということを具体的に考える機会になります。

とはいえ、初心者が独学でプログラミングを学ぼうとした場合、挫折率が90%とかなり高いのが実情です。

プログラミングスクールを利用することで、初心者でも挫折することなく、プログラミングを学ぶことができます。

未経験にオススメのプログラミングスクール

末永

「せっかくプログラミングスクールに通ったけど途中で行かなくなってしまうのでは」

「プログラミングスクールに通っても、転職できなかった」と不安になるかと思います。

プログラミングスクールのTechCamp講座の修了率が98%を超えています。

また、講座終了後、転職先企業の紹介を受けることが可能です。

転職エージェントを利用したり、転職サイトから自分でエントリーをしなくても、TechCampのアドバイザーにあなたのスキル習熟度や志向性にあった、転職先を提案してもらうことができます。

講座受講後の転職の成功率は97%を超えています。

転職の企業の案件の中には、大手企業や急成長しているベンチャー企業もあり、独力で転職活動をした場合には、非常に内定可能性の低い企業にもチャレンジできる可能性が広がります。

※以下から相談申し込みページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

どの言語を学べばいいの?

未経験でプログラマーへの転職を考えるとき、どのプログラミング言語を学ぶべきか迷われる方も多いのではないでしょうか。

以下におすすめのプログラミング言語をまとめましたので、ご覧ください。

Python(パイソン)

Pythonは、人工知能や深層学習分野で使われるプログラミング言語です。

文法がシンプルで、初心者にとっても比較的わかりやすいことが特徴です。

Pythonがおススメできる理由は、これから伸びる分野である、AIや深層学習分野で使われるプログラミング言語だからです。現在の案件数は他の言語に比べて少ないものの、そもそもPythonプログラマーの絶対数が少ないため、企業からの需要は高い水準にあります。

Ruby(ルビー)

Rubyの特徴は、コードが短い記述で済むため、開発にストレスがかからないことです。

ですから、開発の工程が他の言語に比べて短く、スタートアップ企業のWEBアプリに活用されています。

大企業の開発には向いていない面がありますが、中小企業のシステム開発分野では最もRubyが熱いと言えます。

Rubyの特徴・できることってなに?

Java(ジャバ)

Javaは、OSなどの開発環境に依存せず、汎用性が高いことが特徴です。

どんなコンピュータにも搭載できるため、大型の業務案件に利用されることが多く、需要は非常に高い水準にあります。

現在はAndroid端末のアプリ開発に利用されるケースも多くなっています。

記述するコードが長いため、学習の難易度は比較的高めですが、プログラミング言語の基礎をしっかり学ぶことができます。

Javaはもうオワコン?大人気Javaの将来性について考える

JavaScript(ジャバスクリプト)

JavaScriptは、WEBページに動きを付けることができる言語で、プログラミングの工数は比較的少なめです。

動きのあるWEBページの需要は非常に高いため、JavaScriptプログラマーの需要は非常に高いです。

ただし、JavaScriptの知識だけでは業務を完結できず、他の言語の知識が必要になってくる場合が多いです。ですから、JavaScriptを学ぶ際は、サーバーサイドの知識も併せて学習すると良いでしょう。

javascriptエンジニアの仕事って何するの?転職のポイントは?

C言語 / C++(シープラプラ)

C++とは、C言語の機能を拡張した言語で、C言語・C++ともに家電やロボット、家庭用ゲーム機などの制御に利用されています。

学習するには、他の言語と比較にならないほど非常に難易度が高いことが特徴ですが、コンピュータの処理は非常に速く、サクサク動くアプリを作成することができます。

古くからある言語であるため、需要は非常に高いと言えます。

・分野ごとのオススメ言語はコレ!
言語を選択する基準について、収入面や学習のしやすさ、仕事のしやすさの面で言語を分類しました。

・高所得を狙うなら・・・Python
・最も習得しやすい・・・Python、Ruby、JavaScript
・応用性が高い・・・C言語/C++(シープラプラ)、
・案件数が最も多い・・・Java

未経験でプログラマーになるために必要なこと

では次に、未経験からプログラマーになるためにはどのようなことが求められるのか理解していきましょう。

知識・技術を身につけるための自発的な勉強姿勢

未経験からプログラマーに転職するためには自発的な勉強姿勢が必要不可欠となります。未経験から基本的なスキルを身につけるだけではなく、この仕事を続けていく上では最新の技術を身につけ続ける必要があるためです。

ですので、これまでの仕事などにおいて自己研鑽に励んだ成果につながった経験などがあれば、1つのアピールポイントとなります。

また、転職前に独学や週末のスクールを活用してのプログラミング学習の経験などもアピール材料として有効です。

論理的思考力

最適なコードを書くためには、データ処理に求められる手順などを常に考えて対処していく力が必要です。

プログラミング経験がなくとも、さまざまなデータやケースを参照した上で顧客の課題解決に取り組んだ経験などがあればアピールポイントとなります。

コミュニケーション力

また、コミュニケーション力も重要な素養の1つです。

IT業界ではSEやクライアント企業など立場の違う人と一緒になりソフトウェアやWebサービスなどを作り上げていくことが殆どです。ですので、立場を超えて意見を交わし、協働して仕事を進めた経験などは非常に有効と言えます。

このように、未経験からプログラマーになるためには活かせるポイントが複数あります。これまでの経験を振り返り、アピールとなりそうなポイントを整理してみましょう。

プログラマーに未経験での転職理由は?

次に、未経験からプログラマーに転職する際にどのような転職理由を伝えれば良いのかについてご紹介していきましょう。

(1)技術を活かした仕事をしていきたいという思い

  • 「専門的なスキル・技術を身につけられる仕事に取り組みたい」
  • 「自分の技術を活かして、クライアントに喜ばれる仕事をしてみたい」など

未経験からプログラマーを志す場合、非常に多いのが「手に職をつけたい」という系統の理由です。

こうした転職理由の場合、研修制度などに寄りかかるような姿勢ではなく、自発的に勉強をする姿勢を併せて明確に伝えることが大切です。

(2)プログラミングそのものに関心があったことがきっかけ

  • 「学生時代にプログラミングに関する授業を受けて、以前から関心があった」
  • 「週末に独学で勉強したところ、仕事として取り組みたくなった」 など

プログラミングに関心があったことがきっかけ、というケースも少なくありません。

このような場合、実際にプログラミングの経験があればそれ自体がアピールポイントとなることもありますのでどの程度の理解があるのか、その上で今後どのようにスキルアップをしていきたいかを伝えると良いでしょう。

(3)顧客としての原体験がきっかけ

  • 「利用しているWebサイトの便利さから関心を持った」
  • 「クライアントとして依頼したことのあるクラウドサービスを通じて関心を持った」 など

自分が顧客側として何らかの経験を通じ、関心を持ったという理由もOKです。

特に、そのサービスの主要ターゲットとしての経験があるのであれば、その視点を活かしてプログラミングに取り組めることが強みとなる場合もあるので、適宜アピール材料として伝えると良いでしょう。

これらはあくまで一例ですが、いずれもポジティブに挑戦してみたいという姿勢であるのが共通のポイントです。また、転職を志すきっかけとなった原体験などが具体的である方が説得力も上がりますので、その点を意識して伝える内容を考えてみましょう。

→未経験から最短でエンジニア転職を目指すなら、プログラミング教室『TECH::EXPERT』がオススメです!

プログラマーに未経験で転職をする際に志望動機は?

次に、未経験からプログラマーを志望する際の志望動機について見ていきましょう。

一般的な志望動機において、盛り込みたいポイントは以下の3つです。

  • IT業界やプログラマーという職業へ関心を持ったきっかけ(転職理由)
  • その中でなぜ、その企業なのかという具体的な理由
  • これまでのあなたの経験から活かせる強み

《例文》

(1)

私は●●を取り扱う小売企業に現在勤めています。ここでの経験がプログラマーを志すようになったきっかけです。

数年前までは、手書き伝票を利用していたため非常に業務効率が悪かったのですが、顧客管理システムを導入したところ大きな時間短縮となっただけでなく、システムを利用した売上情報の分析から、新しいキャンペーンを打ち出し同部門の業績が1.5倍になりました。この実体験からITの力の大きさを知ると同時に、自分自身がその分野に携わりたいと考えるようになりました。

《例文》

(2)

御社は顧客管理システムを主力商品として持ち、スマートフォンを活用した営業効率アップの仕組みも積極的に開発しているとお聞きし、その点に非常に魅力を感じています。

漠然としたイメージだけを述べるのではなく、すべての項目において原体験や自発的に学んだこと、これまでの経験から活かせるポイントを具体的に述べることが重要です。

プログラマーに転職をした場合の給与や年収は?

また、転職の際には給与・年収も事前に確認しておきたいポイントですよね。

平均年収.jpのデータによれば、プログラマーの平均年収は420万円、月収は29万円となっています。(出典:プログラマーの年収は高い低い?フリーランス・独立プログラマーの年収や言語別年収給料|平均年収.jp

ただし、企業の規模や取り扱うプログラミング言語によっても年収に差が出るのがこの業界。せっかく未経験から転職するのであれば需要も高く、それに伴って年収も高い言語を選ぶことも可能です。

以下は、プログラミング言語ごとの、平均年収をまとめたものです。

第1位「Scala」(626万円)
第2位 「Python」(601万円)
第3位 「Kotlin」(577万円)
第4位 「Swift」「Ruby」(562万円)
第6位 「Java」(552万円)
第7位 「Perl」(551万円)
第8位 「C言語」(538万円)
第9位 「JavaScript」(536万円)
第10位 「PHP」(522万円)
(C++は調査対象外)

参考:スタンバイ(https://jp.stanby.com/)調べ (2017年)

このように、プログラミング言語によって平均年収は異なりますので、言語を選択する際に参考にしてください。

どのような基準で選んだら良いのか分からないといった場合には、専門知識を持つ転職エージェントに相談するといった手段もオススメです!

プログラマーへの転職に年齢は重要項目か

プログラマーへ転職する際は、年齢が一つの重要項目となります。

20代前半であれば、企業は採用者に対し、経験よりも将来性に対するポテンシャルを重視します。ですから、年齢が若いほど、経験が無くても将来性があると感じられる人は採用されやすいでしょう。

26歳以降であれば、採用担当者からは、将来性よりも人間力を注視されるでしょう。ある程度社会人としての経験があるため、どのような考え方を持っているのか、コミュニケーション能力が高いのかといったことを評価されます。

30代以降であれば、企業は技術力やリーダーとしての能力を重視します。ですから、30代以降で未経験であれば、20代の転職に比べてやや厳しくなります。

なぜ未経験の分野へ転職するのか熱意をアピールしたり、プログラミングスクールへ通う・自作のアプリなどを提示したりするといった、時間やお金をかけた努力が必要となります。

いずれの年代においても、その人の人間性や、どのくらい本気で未経験の職にチャレンジしたいと思っているかが採用の鍵となります。ですから、年齢だけであきらめず、熱意をもって転職活動を行いましょう。

プログラマー・エンジニアへの転職をお考えの方へ

末永

結論として、転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントは、選考に必要な書類の添削や、面接対策を行います。

そして、どんなに優秀な方でも面接対策を入念に行わないと面接で落ちる可能性が高いです。

したがって、転職では、優秀なキャリアアドバイザーに会えるかどうかが、転職を成功させる鍵となります。

しかし、キャリアアドバイザーのスキルや経験はピンキリで、基本的に指名することはできません。

なので、定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

未経験からプログラマーになるためのプログラミングスクール

スクール受講後の就職率は98%を誇り、エンジニア未経験からの就職・転職にオススメのプログラミングスクール。 独学で挫折してしまう人が多い中、受講者の96%がカリキュラムを完了し、卒業できている。

特徴
【メリット】
  1. 独学で挫折する方が多い中、TechCampの修了率は96%
  2. カリキュラムの修了後の就職率は98%という安心感
【デメリット】
  1. 一定の費用が必要となります

こんな人がおすすめ!
  1. プログラミングを1から教えて欲しい方
  2. 未経験からエンジニアとして就職したい方
  3. プログラミング学習から就職活動まで一貫してサポートして欲しい方

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04