エンジニアからデザイナーへの転職はあり?

The following two tabs change content below.
末永 雄大

末永 雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

エンジニアとして仕事をしていると、外的な仕事をしているデザイナーのほうが魅力的に感じることが出てきます。
そこでエンジニアからデザイナーへ転職を考える人も少なくありません。

この記事では、エンジニアからデザイナーへ転職を考えている方向けに、エンジニアとデザイナーの違いや、転職した際のメリット・デメリットについて解説します。

︎【無料】デザイナーへの転職なら、元リクルート社員の転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

エンジニアとデザイナーの違いとは

エンジニアはWEB制作の「裏側」を設計するのに対し、デザイナーは「表側」を担当するという違いがあります。
共通するのは、顧客の要望をヒアリングし、要望に沿った
WEBサイトを設計することです。

エンジニアは、WEB上で利用するアプリケーションやサービスを開発します。
開発する際は、クライアント企業の業務分析やマーケティング、コンサルティング業務を行います。

一方デザイナーは、顧客の要望を聞き、ビジュアルや全体のイメージ、サイト構成を構築します。

ソフトを利用してデザインを起こし、WEBサイトで見れるようコーディングを行います。
細かく言うと、
WEBデザイナーは、デザインを担当する「デザイナー」とコーディングを行う「コーダー」の2職種に分類されます

このように、エンジニアはWEB上で利用する「サービス」を開発するのに対し、デザイナーはWEBサイトデザインなどWEBサイトの見た目」を設計します。

︎【無料】デザイナーへの転職なら、元リクルート社員の転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

エンジニアからデザイナーに転職するメリット

エンジニアからデザイナーに転職する場合、仕事内容が多少リンクしているため、今まで培ってきた知識や経験を活かすことができます

例えば、WEB制作に必要なプログラムの設定や、Javascriptなどのプログラミング言語もエンジニアには多少なじみがあるでしょう。
デザインスキルは未熟であっても、細かい
UX(ユーザーエクスペリエンス)部分を理解している人は多いはずです。

そして、エンジニア経験があるデザイナー志望の人の方が採用されやすいことがあります。
システムを組み、プログラムを作成できる、エンジニアとしての経験があるデザイナーは絶対数が少ないため、ニーズは高いでしょう

このようなことから、エンジニアからデザイナーに転職するメリットは大きいと言えます。

︎【無料】デザイナーへの転職なら、元リクルート社員の転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

デザイナーへの転職で+αで必要な知識

デザイナーへ転職するにあたって必要な知識やスキルは以下の通りです。

サイトを作成するための言語知識

デザイナーは、WEBサイトを作成するために、以下の言語を知っておく必要があります。

HTML/CSS

HTMLは、WEBサイトの土台となる言語です。CSSは、文字に色を付けたりといった、WEBサイトの外観を飾るためのものです。

Javascript

WEBサイトに動きを付け加え、クリックすると表示を変化させることが可能となります。

グラフィックツールを使うスキル

グラフィックデザインするためのツールを使うスキルが必要となります。

Photoshop/Illustrator

Photoshopは主に画像の加工、Illustratorはイラストの作成業務に利用します。

Dreamweaver

ホームページの構成からデザインまでできるソフトウェアです。Dreamweaverのスキルを求める企業が多くなっています。

デザインの知識・スキル

レイアウトや配色、色彩の知識があると、より魅力的なWEBサイトをデザインできます。
これらの知識は、本や学習サイト、スクールなどで習得することが可能です。

また、WEBデザイナーとしてステップアップするためには、以下の知識もあるとさらによいでしょう。

HTML5XHTML

新しいHTMLの規格であるHTML5やXHTMLは、最近のWEBサイトに用いられることが多くなっています。

SEO

検索エンジン最適化を図ることで、検索に強いWEBサイトを構築することができます。デザイン以外の部分でも、クライアント企業の要望を満たすことが可能です。

・マーケティングの知識

「クライアント企業が顧客を獲得する」という視点に立って、WEBサイトを制作できます。

︎【無料】デザイナーへの転職なら、元リクルート社員の転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

デザイナーの将来性は?

成長し続けているネット業界で、今後WEBデザインの仕事がなくなることはないでしょう。
ただし、競争が激化していくことが予想されるため、単なる作業者であっては生き残ることは難しくなります。

デザイナーとして生き残るためには、ユーザーがサイトを訪れたときに得られる「感情・経験・行動」までをデザインすることが求められます。
クライアント企業を満足させることに加え、サイトを訪れるエンドユーザーまで見据えた仕事をすることが大切です。

このように、WEBデザイナーになったからといって安泰ということはなく、常により良い技術を提供していこうとする姿勢が求められます。

︎【無料】デザイナーへの転職なら、元リクルート社員の転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

エンジニアからデザイナーへの転職はアリ?

エンジニアからデザイナーへの転職は、これまで培ったスキルを活かせるためとても有効です。

例えば、前職で培ったヒアリングのスキルを活かすことができます。
さらに、
WEB制作に必要なプログラミング言語は、エンジニアにはなじみ深いものであるため、習得する時間を短縮できるでしょう。

また、WEBデザイナーが習得していることが少ないUIUXに精通していることは、ほかのデザイナーと差別化できる強みとなります。

このように、エンジニアからデザイナーに転職することは、メリットが多いでしょう。

︎【無料】デザイナーへの転職なら、元リクルート社員の転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

まとめ

エンジニアからデザイナーに転職することは、今まで培った自分のスキルを活かせるため、メリットが大きいと言えます。

デザイナーという職業は将来なくなることはありません。
スキルアップやトレンドを把握することで、顧客の要望に応えることができるデザイナーとして活躍できるでしょう。

︎【無料】デザイナーへの転職なら、元リクルート社員の転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

エージェントに相談してみよう!

転職サイトに登録して自分で転職先を探すほかに、転職エージェントに相談して転職先を探してもらう方法があります

転職エージェントを利用すると、転職について無料でアドバイスをもらえ、面接日程などの調整も行ってくれます。さらに、求人を出す企業と接点があるため、社内の雰囲気など裏情報を教えてもらえます。

このように、一人で行う転職活動に比べてたくさんのメリットがありますので、転職エージェントの利用をおススメします。

下記リンクより無料相談がお申込みいただけます↓↓

︎【無料】デザイナーへの転職なら、元リクルート社員の転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

大手エージェントに相談することも検討してみてはいかがでしょうか?

弊社のような中小エージェントに相談するメリットは数多くあります。
一方で、「数多くの案件の中から選びたい!」といった要望がある場合は、大手エージェントへの相談を進めております。

そこで、今回IT業界での転職を目指す方におすすめの大手エージェントさんをご紹介させていただきます。
以下がおすすめの大手エージェントさんとその特徴です。ご自身の目的に応じて、是非ご検討ください。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!